iPhone 11を安く買うなら

ASUS JAPANの新製品発表会レポート!ZenBook Pro DuoやZenFone 6など世界最高レベルの技術を体感

新製品発表会レポート

2019年8月20日、東京の神田明神ホールにてASUS JAPANの新製品発表会がありました。

このたび、メディア枠として招待を頂いたので発表会に参加。当日の様子を詳しくレポートしていきます。

1.ASUS JAPANの新製品発表会に参加してきました

1-1.ジョニー・シー会長が登壇、新製品がお披露目

台湾から来日されたジョニー・シー会長が登壇。

小走りでマイクに向かう姿は、御年67歳とは思えないほど若々しいです。

ジョニー・シー会長

ジョニー・シー会長

冒頭の挨拶では、30周年を迎えたASUSの歴史について力説。

日本での展開は2000年から。現在、ASUSの代名詞となっているSIMフリースマホ「ZenFoneシリーズ」は、2014年から日本市場に参戦しました。

asusの歴史

一通りASUSの紹介を終えたあと、いよいよ新製品の紹介。

今回発表されたのは、

  • ZenBook Pro Duo
  • ZenBook 14/15
  • ZenFone 6

の3製品です。

asusの新製品発表会

asusの新製品発表会2

ZenBook Pro DuoとZenFone 6は世界初の試みが取り入れられており、その注目度は非常に高いです。

ジョニー・シー会長はここで一旦降壇。インテル・マイクロソフト社の祝辞を挟み、各製品の紹介に入ります。

1-2.世界初!デュアル4Kディスプレイ搭載のZenBook Pro Duoの紹介

まず紹介されたのがZenBook Pro Duo。

様々な機能が搭載されいますが、何といっても2画面で操作できるデュアル4Kディスプレイ(メイン画面 3840×2160、サブ画面 3840×1100)が特徴的です。

ZenBook Pro Duoの紹介

ノートパソコンながら、世界で初めて4Kデュアルディスプレイを搭載したZenBook Pro Duo。通常の画面と合わせて、キーボード部分にもディスプレイが内蔵されています。

ZenBook Pro Duoの紹介2

ZenBook Pro Duoの紹介12

メインターゲットはマルチタスクを必要とするクリエイター。動画・画像編集の際に、手元の操作とクリエイティブを分けて表示することができます。

クリエイター以外にも、コーディングを行うエンジニアや音楽プロデューサーも非常に使い勝手がいい作りとなっています。

ZenBook Pro Duoの紹介3

ZenBook Pro Duoの紹介4

ZenBook Pro Duoの紹介5

ライティングを主な仕事とする私も上の画面で調べ物をしながら、下の画面で執筆できるためとても便利だと思いました。

会場には、ファイナルファンタジーシリーズなどを手掛けるイラストレーター有田さんが登壇。実際のイラストをZenBook Pro Duoで描画・編集した感想を述べていました。

ZenBook Pro Duoの紹介6

ZenBook Pro Duoの紹介7

ZenBook Pro Duoの紹介8

ZenBook Pro Duoの紹介9

ZenBook Pro Duoの紹介10

ZenBook Pro Duoの紹介11

ちなみに、廉価版であるZenBook 14/15にはデュアルディスプレイが付いていないものの、キーボード部分にタッチパッド(ScreenPad 2.0)が搭載されています。

1-3.4800万画素カメラのZenFone 6に写真家も舌を巻く

今回の新製品発表会の目玉であるZenFone 6。既に発売されていた海外では、大きな話題となっており、日本のファンはいまかいまかと待ち構えていました。

まず、ZenFone 6で目を引くのがデザイン。

zenfone6の発表

zenfone6の発表2

ノッチすらもないオールスクリーンで画面占有率は92%とのこと。

そして、本作の最大の特徴であるフリップカメラ。インカメラを起動すると、アウトカメラが反転する形で立ち上がる構造となっています。

フリップカメラ

今までメインカメラとインカメラのスペックが違うのは当たり前でした(インカメラはアウトカメラより劣る)。

しかし、ZenFone 6ではインカメラでもメインのアウトカメラにて撮影可能に。4800万画素の解像度でセルフィーを楽しめます。自撮り動画も4K画質です。

フリップカメラの紹介

フリップカメラの紹介2

フリップカメラの紹介3

フリップカメラの紹介4

フリップカメラの紹介5

画素数だけでなく超広角カメラも搭載。実際、広角カメラで撮影した画像が表示されたとき、会場から「すげ~」と声が聞こえました。

パノラマ写真の紹介

プロの写真家である谷口氏も登壇。ZenFone 6で撮影した写真を次々と発表していきます。

zenfone6のカメラ機能

zenfone6のカメラ機能2

zenfone6のカメラ機能3

zenfone6のカメラ機能4

zenfone6のカメラ機能5

zenfone6のカメラ機能6

zenfone6のカメラ機能7

中でもスカイツリーがてっぺんまですべて収まった写真は筆者も思わず絶句。すごすぎる・・。

zenfone 6フリップカメラが凄い!ZenFone 6を完全レビュー【安く購入できるMVNOも】

1-4.最後に販売価格&30周年記念モデルの発表で閉幕

新製品発表会も大詰めに。再びジョニー・シー会長が登壇して、新製品の価格が発表されました。

新製品の価格

販売価格

  • ZenBook 14:144500円
  • ZenBook 15:222500円
  • ZenBook Pro Duo(Core i9モデル):466500円
  • ZenBook Pro Duo(Core i7モデル):361500円
  • ZenFone 6(256GBモデル):82500円
  • ZenFone 6(128GBモデル):69500円

ZenFone 6を販売するMVNO

筆者が目を引いたのは、ZenFone 6の価格。OPPOやファーウェイなど、ライバルのハイスペスマホは10万円を超える中、ZenFone 6はおよそ7~8万円に価格が抑えられました。

ZenFone 6の価格発表の際、会場からは「おお~」と声が漏れたのも頷けます。

新製品の発表2

最後に、ASUS30周年を記念して、ZenBook Edition 30(149030円)とZenFone 6 Edition 30(103030円)が発売されることも発表されました。

30周年記念モデルの特徴

  • 30周年記念ロゴ入り
  • 限定ホワイトカラー(ZenBook Edition 30)
  • 限定マットブラックカラー(ZenFone 6 Edition 30)
  • 30ヶ月保証あり(ZenFone 6 Edition 30)

2.今回は発表された3製品(ZenFone 6・ZenBook 14/15・ZenBook Pro Duo)を実機撮影

会場では、今回発表された新製品のデモ機が並べられていました。さっそく手にとって実機撮影してみます。

やはりZenFone 6はカメラ性能が目を引きます。撮影画面を覗き込んでみると、オリジナルの風景そのままが画面内に映し出されていました。

zenfone6

zenfone6 2

zenfone6 3

zenfone6のカメラ性能

zenfone6のカメラ性能2

zenfone6のカメラ性能3

zenfone6のカメラ性能4

zenfone6の内部

こちらは本体内部の展示。ちなみに、ASUSはマザーボードの開発力で世界一を誇ります。

ZenBook 14/15は、手元にアプリを複数並べて撮影してみました。

ZenBook14/15

ZenBook14/15

タスクの切り替えを手元のタッチパッドで行えるのは便利です。

ZenBook Pro Duoは、2画面操作を体感。

ZenBook Pro Duo

ZenBook Pro Duo

メイン画面でイラストを見ながらサブ画面で編集。すべてのクリエイターが、喉から手が出るほど欲しいツールでしょう。

3.【まとめ】恐るべしASUS JAPAN!最先端を走る企業を目の当たりにしました

今回参加したASUS JAPANの新製品発表会。感想は、ただただ技術力の高さに驚くばかり。

既存製品の強化版ではなく、フリップカメラや4Kデュアルディスプレイなど独自のテクノロジーを取り入れている点が、ASUSらしくて素晴らしいと思いました。

とくに、フリップカメラはインカメラの概念を変えてしまう発明です。2画面搭載のZenBook Pro Duoも、一度味わうと元に戻れなさそう。個人的にも、絶対欲しいと感じました。

キャンペーン速報

楽天モバイル公式サイトにて、キャンペーンで端末がありえないセール価格に。

キャンペーン期間:9月12日~9月30日(21:59)まで

通常価格 セール価格
HUAWEI nova lite 3
※人気
26880円 7680円
(分割345円)
HUAWEI nova lite 2 25980円 6980円
(分割314円)
HUAWEI nova 3 54800円 42680円
(分割1920円)
HUAWEI P30 lite 32880円 29880円
(部活1334円)
HUAWEI P20 69800円 48680円
(分割2190円)
HUAWEI P20 lite 31980円 7680円
(分割345円)
AQUOS zero
SH-M10
89980円 79680円
(分割3585円)
AQUOS R2 compact
SH-M09
69800円 62500円
(分割2812円)
AQUOS sense2
SH-M08
※目玉
29800円 9780円
(分割440円)
AQUOS R compact
SH-M06
67800円 49180円
(分割2213円)
AX7
29880円 4780円
(分割215円)
ZenFone 5 52800円 30680円
(分割1380円)
HTC U12+ 89800円 74680円
(分割3360円)
HTC U11 life 39800円 13680円
(分割615円)
LG Q Stylus 39800円 14680円
(分割660円)
Essential Phone 49800円 29480円
(分割1326円)

在庫限り

セール中の端末一覧を見る

スマホ代が3000円以下格安SIMの総合比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。