【2019年】QTモバイルを通信速度から評判まで完全解説

qtモバイル九州電力グループのQTnet が提供するQTモバイル。光インターネットのBBIQでも有名です。 もともとは、BBIQスマホ(ビビックスマホ)としてサービス提供していました。

QTモバイルの知名度を上げたのは、何といっても川口春奈さんのテレビCMでしょう。キュートなCMに目を奪われた視聴者も多いのではないでしょうか。

この記事では、QTモバイルの評判や通信速度を詳しく解説。 また、サービス内容から申し込み方法まで説明しています。ぜひ、参考にして下さいね。

スマホ代が8000円から990円に↓

>>QTモバイルの公式サイトへ

1.【結論】あえてマイナーなQTモバイルを使うべき?おすすめな人は限られます

ずばり、QTモバイルがおすすめな人って?

結論を急ぐわね。OK、30秒で解説するわね。

ハルルこと川口春奈さんのCMが可愛いQTモバイル。 九電グループの格安SIMです。

QTモバイルのCM2イメージガールの川口春奈さん

大手ならではの安心感がありますが、格安SIM全体から見るとかなりマイナーな存在です。 業界シェアはTOP20にも入っていません。

そんなQTモバイルは、おすすめな人が限られます。具体的には、以下に当てはまる人のみ契約すべきです。

QTモバイルがおすすめな人

  • あり得ない安さで契約したい
  • ドコモ端末で乗り換えたい
  • キャンペーンを利用したい

まず、月額料金ですが、QTモバイルは初年度の利用料金が尋常じゃない安さです。

人気の3GBプランは990円、6GBプランは1690円となります。2年目からは値上がりしますが、それでも他社より安いです。

大手キャリアの利用料金と比較すると、その差は歴然。

3GBプランの価格

  • ドコモ:6000円~
  • QTモバイル:990円(2年目から1550円)

もはや半額どころの騒ぎではありません。2年目から値上がりするので、そのタイミングで他社に乗り換えるのも、賢い契約方法です(違約金無しで解約できる)。

また、ドコモ端末から乗り換えたい方もQTモバイルはおすすめ。

au・ソフトバンク端末は、他にもっとおすすめの格安SIMがあるので、QTモバイルを選ばないほうがいいです。 詳しくは、「こちら」で解説しています。

その他、QTモバイルはキャンペーンが大好き。キャンペーンの適用条件も甘いので、ただでさえ安い格安SIMをさらにお得に契約したいなら、QTモバイルを選ぶ価値がありますよ。

ばり得キャンペーンで6GBプランが800円に

 

2019年5月31日までにQTモバイルへ申し込めば、6GBプランの価格が12ヶ月も大幅割引となります。

 

■6GBプランのキャンペーン価格:1690円 → 990円

 

6GBで1000円以下はありえない価格設定なので、この機会にキャンペーンを活用してみましょう。データSIMもキャンペーン対象です。

キャンペーンの適用はこちら↓

>>QTモバイルの公式サイトへ

2.まずは確認!QTモバイルのメリットとは?

QTモバイルにはどんなメリットがありますか?

価格の安さが一番目立つわね。詳しく説明していくわ。

①最初の1年が激安(最強メリット)

論より証拠。人気の6GBプランで他の格安SIMとQTモバイルを料金比較してみましょう。

6GBプランの料金

格安SIM 月額料金
QTモバイル 1690円
UQモバイル 2980円
BIGLOBE
モバイル
2150円
mineo 2190円
楽天モバイル 2480円
OCNモバイル
ONE
2150円
IIJmio 2220円

2年目(13ヶ月以降)からは、2250円に戻るのですが、最初の1年目は驚くほど安いです。

他のデータ容量も同様で、1/3GBなら月額1000円以下。10GBでも3000円を切る安さとなっています。

QTモバイルで最初の1年目が安いのは、とくにキャンペーン扱いではなく、いつでも実施しています。

②マルチキャリア対応で乗り換えはSIM入れ替えのみ

QTモバイルは、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアすべての回線を利用できます。

3つのキャリアに対応する格安SIMは、QTモバイルの他は「mineo」だけ。かなり珍しい存在です。

中古端末も含めて、すべてのキャリアで持ち込み契約(SIMカード単体契約)できるのは、大きな強みとなっています。

SIMロック解除は不要。手持ち端末のSIMカードを入れ替えるだけで、スマホ代が半額以下になりますよ。

③端末補償サービス(ワイド)は5台まで保証対象

QTモバイルでは端末の故障に対して、修理・交換に応じてくれる端末補償サービス(ワイド)があります。

同様の端末補償サービスは他社でも利用できますが、QTモバイルの端末補償サービス(ワイド)が凄いのは、1契約で最大5台まで登録できることです。オプション料金は月額500円。

5台登録すれば、1台あたり月額100円で保証してくれることに。

オプション料金以外の負担

  • 修理:無料
  • 交換:1回目 4000円、2回目 8000円

対象は、QTモバイル以外で購入したAndroid・iPhone端末はもちろん、タブレットやモバイルWi-Fiルーターも保証してくれます。新型iPhoneなど高額機種に付けておきたいオプションです。

スマホ代が8000円から990円に↓

>>QTモバイルの公式サイトへ

3.ここがダメ!QTモバイルのデメリット

逆に、デメリットや注意点はありますか?

ええ、あるわ。こちらもしっかりと確認してちょうだい。

①A・Sタイプは、契約しないほうがいい

トリプルキャリア対応がウリのQTモバイルなのですが、A/Sタイプは契約しないほうがいいです。その理由は、もっといい格安SIMが別にあるからです。

結論を言うと、Aプランなら同じau回線のUQモバイル、Sプランなら同じソフトバンク回線のLINEモバイルの方がいいです。

  • UQモバイル:auのお膝元、かけ放題付きで通信速度が激速
  • LINEモバイル:ソフトバンク傘下、SB回線で最安&カウントフリーあり

この2社は、QTモバイルが逆立ちしても勝てません。まず、Aプラン(au回線)は、auのサブブランドであるUQモバイルが圧倒的です。

CMでもお馴染みのUQモバイルは、通信速度が1日中速く、全プランに5分かけ放題が付いています(月額1980円~)。

そして、Sプラン(ソフトバンク回線)はLINEモバイルが最強です。QTモバイルのSプランは通信速度が遅すぎですし、プラン価格も高いです。

LINEモバイルは、ソフトバンクグループに入ったことをきっかけに、通信速度もプラン価格も優遇されています。さらに、LINE・SNSがカウントフリーで使い放題なので、QTモバイルは歯がたちません。

②Sタイプは速度が遅いうえ、速度制限の条件が厳しい(最悪)

QTモバイルのSタイプは、通信速度が遅いです。さらに厄介なのが、速度制限の条件。

A・D・Sタイプとも3日間の速度制限が設けられていますが、Sタイプだけやたら厳しい条件です。

速度制限の条件

  • Aタイプ:3日で6GBを超えると速度制限
  • Dタイプ:3日で366MB(低速通信時)を超えると速度制限
  • Sタイプ:各プランで規定以上のデータ容量を消費すると速度制限

Sタイプの速度制限条件が曖昧だったので、QTモバイルに電話して詳しく聞き出しました。

Sタイプは3日で以下のデータ容量を消費すると速度制限

  • 1GB:360MB
  • 3GB:500MB
  • 6GB:800MB
  • 10GB:2GB
  • 20GB:3GB
  • 30GB:4GB

着目したいのが、6GB以下の小中容量プラン。360~800MBは、アプリのダウンロードで超えてしまうデータ消費量です。

これだけの消費で速度制限にかけるのは、なんともひどい話です。

Sタイプは通信速度が遅いので、どのみちおすすめしませんが、速度制限の条件も最悪なので絶対に契約しないほうがいいです。

4.QTモバイルの通信速度は遅い?

QTモバイルの通信速度が気になります。

結論を言うと、そこまで速くはないけど普通に使えるレベルよ。解説していくわね。

4-1.Dタイプはまずまず、A・Sタイプは遅い

QTモバイルは、Aタイプ(au回線)・Dタイプ(ドコモ回線)・Sタイプ(ソフトバンク回線)で通信速度が変わります。

実測値だと、最大速度で40Mbps程度、最低通信速度で1Mbps程度です。ただし、平均速度はDタイプが最も速いです。

以前は、Aタイプが速かったのですが、2017年の後半あたりからドDタイプの方が速くなってきました。au回線よりドコモ回線が速くなったのは、QTモバイルに限らず他の格安SIMでも同様です。

そして、Sタイプは残念ながら最も遅いです。

快適な通信速度にこだわるなら、Aタイプ(au回線)は「UQモバイル」、Sタイプ(ソフトバンク回線)は「LINEモバイル」に契約するといいですよ。

4-2.全プラン、お昼の速度低下は避けられない

QTモバイルで最も速度低下が起きる時間帯は、昼の12時30分頃です(A・D・Sプラン共通)。

この時間帯は、仕事や学校の昼休みに重なるため、スマホ利用者が一気に増えます。その結果、帯域制限(通信速度の調整)が起こり、一気に通信速度が落ちるのです。

通信速度が低下する理由格安SIMは帯域幅が限られる

SNSやテキスト中心のWEB閲覧くらいなら問題ありませんが、この時間帯の動画再生は厳しくなります。

QTモバイル以外の格安SIMも同じ問題が起きていますが、12時から13時は1Mbps程度まで速度低下することがあるので、注意しましょう(Wi-Fiで乗り切るのがおすすめ)。

4-3.ユーザーの評判は及第点、だけど期待しすぎない方がいい

QTモバイルの通信速度に関する口コミを調査してみました。

朝夕通勤時間帯、お昼時間帯は1M切ります。他の時間帯は10M程度です。
(価格.comより)

私は音声のタイプA契約なのですが、昼や夕方などのいわゆる混雑時は1M程度、それ以外は10M程度出ています。
(価格.comより)

QTモバイルの速度です(15.8Mbps)。ソフトバンク回線!まあまあ速いですよ〜!快適
(TWitter)

意図的に良い口コミだけを集めたわけではありませんが、まずまずの高評価でした。 3Mbpsあれば高画質の動画再生ができるため、10Mbpsを超えれば十分に高速です。

ただし、お昼は1Mbpsを切るときもあり厳しいとの声も。お昼に速度低下する原因は先に述べた通りです。

また、お昼ほどではありませんが、夕方も通勤ラッシュで速度が落ちます。この時間帯をやり過ごせるかが重要です。

その他の時間帯は、口コミから快適にデータ通信ができると考えて間違いないですよ。

あまり期待し過ぎではいけませんが、「普通にスマホが使えればいい」との条件なら十分に満たしています。

4-4.速度切り替えアプリが使えるのはDタイプのみ

速度切り替えアプリとは、高速通信から低速通信に切り替えることで、データ消費を節約する機能です。 ワンタップで高速・低速の切り替えができます。

ちょっとしたWEB閲覧やSNSくらいなら低速通信でも十分です。便利な速度切り替えアプリですが、このアプリが使えるのはDタイプ(ドコモ回線)のみ。

AタイプとSタイプは使用できないのでご注意を。

スマホ代が8000円から990円に↓

>>QTモバイルの公式サイトへ

5.QTモバイルの料金プランとサービス内容を考察

だいぶQTモバイルについて分かってきました。あとは、月額料金が気になります。

詳しい料金体系を説明するわ。

5-1.料金プランはシンプルな従量制(Sプランが高い)

QTモバイルは、Aタイプ(au回線)、Dタイプ(ドコモ回線)、Sタイプ(ソフトバンク回線)の3回線が用意されています。

それぞれの料金プランは以下の通りです。

Aタイプ・Dタイプ

データ容量 月額料金
音声通話SIM データSIM
12ヶ月まで 1GB 890円 1450円
3GB 990円 1550円
6GB 1690円 2250円
10GB 2690円 3250円
20GB 4690円 4900円
30GB 6690円 6900円
13ヶ月以降 1GB 1450円 800円
3GB 1550円 990円
6GB 2250円 1550円
10GB 3250円 2550円
20GB 4900円 4200円
30GB 6900円 6200円

Sタイプ

データ容量 月額料金
音声通話SIM データSIM
12ヶ月まで 1GB 1140円 700円
3GB 1240円 800円
6GB 1940円 1400円
10GB 2940円 2400円
20GB 4890円 4000円
30GB 6890円 6000円
13ヶ月以降 1GB 1700円 800円
3GB 1800円 900円
6GB 2500円 1550円
10GB 3500円 2550円
20GB 5100円 4200円
30GB 7100円 6200円

まず、AタイプとDタイプの月額料金は同じです。Sタイプは見ての通り、Aタイプ・Dタイプと比べて、月額料金がやや割高です。

毎月の料金は従量制で決まります。最初の12ヶ月は料金が安くなります。

SIMカードですが、通常は音声通話SIM(データ+通話コース)での契約となります。データSIM(データコース)電話番号が付与されないタイプのSIMカードです。

BBIQ会員が端末セットを購入すると10%割引

BBIQ会員の方(BBIQ光インターネットの契約者)は、端末をセットで契約すると、端末代金が10%割引されます。

条件を満たしていれば申し込みをしなくても自動で割引に。端末代金の10%OFFは、思った以上に大きい割ですよ。

5-2.値上がりのタイミングで解約するのもあり

QTモバイルでは、13ヶ月以内に解約すると、違約金が発生します。

13ヶ月以内の解約

  • Dタイプ:(12ヶ月-利用月数)×1000円
  • Aタイプ:9500円
  • Sタイプ:9500円

※A/Sタイプは、MNP転出する場合のみ違約金発生

裏を返せば、13ヶ月たった時点で解約すれば違約金なし。 QTモバイルは、13ヶ月目から利用料金が値上がりするのですが、上手く回避できます。

また、大きな声では言えませんが、解約新規で再契約するのもありです(電話番号は変わりますが)。ちょっとした裏技ですが、13ヶ月以降の値上がりが気になるなら、使える手です。

5-3.最初は3/6GBで契約するのがおすすめ

小容量から大容量まで幅広い料金プランを利用できるQTモバイルですが、とりあえず3/6GBあたりで契約するのがおすすめです。

3GBの価格

  • A/Dタイプ:990円
  • Sタイプ:1240円

6GBの価格

  • A/Dタイプ:1690円
  • Sタイプ:1940円

3/6GBなら月額2000円以下。SNS・LINE・ネット閲覧は普通にできますし、少しくらいなら動画も視聴できます。

参考:3/6GBで出来ること(1日あたり)

3GB 6GB
メール 2万通 4万通
LINE 5万通 10万通
LINE
音声通話
5時間33分 11時間6分
LINE
ビデオ通話
19分30秒 39分
Youtube
(低画質)
33分 1時間6分
Youtube
(高画質)
9分 18分
Yahoo!
トップページ
400回表示 800回表示
Twitter 200回表示 400回表示
Facebook 200回表示 400回表示
Googleマップ 133回表示 266回表示
音楽
ダウンロード
25曲 50曲
アプリ
ダウンロード
2.5回 5回

なお、データ容量が物足りない場合は、あとから無料で変更できます。10GBでも3000円程度なので、大手キャリアと比べて圧倒的に安いです。

5-4.オプションで10分/無制限かけ放題が使える

QTモバイルではオプションで10分かけ放題と無制限かけ放題を利用できます。

オプション料金

  • 10分かけ放題:月額850円
  • 無制限かけ放題:月額2500円

かけ放題は、固定通話宛ても対象。IP電話ではないため、自分の090/080/070電話番号を使用できます。

ただし、通話する際は専用アプリ「QTモバイル電話」を経由する必要があります。 10分かけ放題なら、毎月の通話時間が45分を超えるとお得になる計算です。

通話アプリ経由なしの無制限かけ放題はY!mobileのみ利用可

ちなみに、通話アプリ経由なしの無制限かけ放題は、格安SIMでは「Y!mobile」しかサービス提供できていません。

Y!mobileなら月額1000円で、無制限かけ放題(通話アプリ経由なし)が使えます。 頻繁に通話する方は、QTモバイルではなくY!mobileを選びましょう。

通話アプリの割引率は他社より低い

かけ放題オプションに加入しなくても、QTモバイル電話アプリは無料で利用可能。通話料が、20円/30秒から15円/30秒になります。

お得に見えますが、他社の通話アプリでは通話料が半額(15円/30秒)になるのが普通です。QTモバイルは割引率が低いので少し残念ですね。

5-5.その他のサービス内容まとめ

テザリングは使える?

無料で使えます。申し込み不要で、契約したその日から利用可能です。

ただし、手持ちの端末で持ち込み契約する場合は、回線との相性問題でテザリングが使えない場合があります。

データ繰越はある?

あります。翌月末まで繰り越されます。

メールアドレスは貰える?

無料で貰えますが、フリーメールを使った方がいいでしょう。携帯会社が変わったら、取得したQTモバイルのメールアドレスは消滅します。

支払い方法は?

クレジットカードのみです。BBIQ会員なら口座振替が使えます。

オプションは加入すべき?

全部無視で構いません。ただ、端末補償サービスは新規契約時しか加入できないので注意しましょう。

6.店舗に行く必要なし!QTモバイルの契約方法

あとは契約するだけですね。どこの店舗に行ったらいいのでしょう?

契約はオンラインが基本よ。ネットから申込むのが初めてでも心配不要よ。

QTモバイルの店舗は九州の一部しかありません。ですが、オンラインで10分もあれば契約できます。

まず、QTモバイルに新規契約・MNPするには以下のものが必要です。

事前に用意するもの

  • 本人確認書類(音声通話SIMのみ)
  • クレジットカード
  • MNP予約番号(MNP乗り換えのみ)

現在の電話番号を維持するなら、MNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(9:00~22:00)
  • ドコモ:151(9:00~20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00~20:00)

準備が整ったら、以下の流れで契約していきます。

1.「QTモバイルの公式サイト」にアクセス

2.「お申し込み」をタップ

3.サービス内容を選択

サービス内容は以下の内容を選択していきます。

  • 回線(Aタイプ・Dタイプ・Sタイプ)
  • コース(音声通話SIM・データ通信専用SIM)
  • データ容量(1~30GB)
  • 端末セット・SIMカードのみ
  • オプション

4.MNP情報を入力(MNP乗り換えのみ)

qtモバイルのMNP情報

MNP情報は、

  • 電話番号
  • MNP予約番号
  • MNP予約番号の有効期限

の3点を入力してください。

5.希望の端末を選択(端末セットのみ)

qtモバイルの端末

iPhoneの購入も可能です。端末の支払は一括・分割(24回)を選択できます。

6.契約者情報の入力

氏名や住所を入力します。

7.クレジットカード情報を入力

8.最終確認して申し込み

9.本人確認書類をアップロード

以上で申し込みは完了です。

SIMカードの到着を待つ間は、現在の携帯会社の契約で通話もデータ通信も使えるので安心してください。

SIMカードが到着したら、開通センターに連絡して、開通手続き(MNP転入)を行いましょう。開通手続き後、契約先が現在の携帯会社からQTモバイルに切り替わります。

手持ちの端末で乗り換える方は、最後に初期設定(APN設定)を行って乗り換え完了です。APN設定は、初心者でもマニュアルに沿って5分ほどで手続きできますよ。

スマホ代が8000円から990円に↓

>>QTモバイルの公式サイトへ