新制度の事業者変更(再転用OK)で光コラボの乗り換えが便利に

事業者変更

2019年7月から総務省主導のもと事業者変更が始まりました。

この制度が導入された背景には、光コラボ間の乗り換えをスムーズにして、ユーザーの利便性を高める狙いがあります。

今回は、難しいイメージのある事業者変更について、その仕組みを徹底解説。

どんな利便性が高まったのか、どうやって転用手続きを行うのかまで詳しく説明していきます。ぜひ、参考にして下さいね。

1.事業者変更(再転用OK)の導入で何が変わるのか?

事業者変更の導入で何が変わるんですか?

一番は、工事不要で乗り換えできること。フレッツ光から光コラボへスムーズに転用できるのよ。

事業者変更の導入で、今までと比べて以下の点が変わります。

今まで

  • 事業者の乗り換えに工事費が必要
  • 再転用が難しい
  • 光電話の電話番号が変わる

 

これから

  • 事業者の乗り換えに工事費が不要
  • 再転用が簡単にできる
  • 光電話の電話番号を維持できる

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

1-1.フレッツ光・光コラボ間の乗り換えがスムーズになる

事業者変更とは、フレッツ光あるいは光コラボ間で契約先を乗り換えることです。

ドコモ光からソフトバンク光、フレッツ光からビッグローブ光などの乗り換えが該当します。

事業者変更自体は今までも可能だったのですが、必ず工事が必要でした。

しかし、今回始まった新制度で工事が不要に。面倒だった光回線サービスの乗り換えが、とても簡単になりました。

POINT
光コラボの事業者は、フレッツ光と同じフレッツ回線を使用するため工事なしでも転用できる

1-2.再転用(光コラボ→他の光コラボ・フレッツ光)も可能に

事業者変更で転用したあと別の光コラボに乗り換え、あるいはフレッツ光に戻ることを再転用と言います。

今までの再転用は面倒な手続きがあったのですが、新しい制度では通常の転用と同じく簡単に乗り換えできるようになりました。

フレッツ光から光コラボしたいけど、そのあと戻せなくなったら怖い。そんな心配も不要です。

1-3.工事不要なのでネットの不通期間も無い

工事なしの事業者変更で地味に大きいメリットなのが、不通期間無しで乗り換えられることです。

今までは、工事が必要だったため(屋外工事が不要でも宅内工事があった)、ネットが使えない不通期間が生じていました。

しかし、これからの事業者変更では手続き上の切り替え作業のみとなるため、不通期間はなしに。面倒な光回線の乗り換えが便利になります。

1-4.光電話の引き継ぎも可能に(アナログ戻し不要)

今まで光コラボの乗り換えで不便だったのが光電話(光回線を利用した光IP電話サービス)です。

契約先が変わると、これまで使っていた電話番号が継続して使えませんでした。

アナログ戻しといって、NTTのアナログ回線に一度戻す手続きをすれば電話番号は継続できるのですが、初心者には難しい手続き。多くの方が断念せざるを得ない状況でした。

しかし今回の事業者変更から、光電話の引き継ぎがOKに。電話番号が変わること無く、光電話を継続して利用できます。

注意
フレッツ光・光コラボで付与されたメールアドレスの引き継ぎはできません

2.確認しておきたい事業者変更を行う際の注意点

メリットばかりに見えますが、事業者変更のデメリットはありますか?

いくら工事不要でも、解約金は発生すること。あと、光コラボ以外は対象外なのも注意が必要よ。
事業者変更の注意点
  • 他社に転用する際に解約金が発生する
  • 光コラボ以外の事業者(auひかりやNURO光など)は対象外

注意点1:他社に転用する際に解約金が発生する

同じNTT回線を使った光コラボ間の乗り換えでも、解約金は発生するので注意が必要です。

光回線の解約金は、事業者によってバラバラですが、9500円から20000円くらい請求されます(契約期間によっても変わる)。

また、工事費の残債が残っている場合は、解約後も請求が続きます。

MEMO
解約金は「キャンペーンを利用」すれば無料になることもあります

注意点2:光コラボ以外の事業者(auひかりやNURO光など)は対象外

今回の事業者変更の対象になっているのは、フレッツ光と光コラボだけです。

フレッツ回線を使わない光コラボ以外の事業者は、今回の制度の対象外となります。

光コラボ事業者

 

光コラボではない主な事業者

光コラボではない事業者で、とくに注意したいのがauひかりです。

ドコモ光とソフトバンク光が光コラボなので勘違いしやすいのですが、auひかりはフレッツ回線を使っていないので(ダークファイバーと呼ばれるNTT回線を利用)光コラボに含まれません。

そのため、ドコモ光からauひかりといった事業者変更はできないので気をつけましょう(解約金を支払う従来の変更方法となる)。

3.事業者変更がおすすめな人とは?

事業者変更の仕組みは分かりましたけど、どんな人が利用すべきですか?

現状に不満を持っている人と、スマホセット割を適用させたい人が向いているわね。

以下に当てはまる人は、事業者変更の活用をおすすめします。

  • 現在利用中の光コラボの通信速度が遅い
  • スマホと同キャリアに合わせてセット割を適用したい
  • 光コラボが微妙だった場合、フレッツ光に戻れる保険が欲しい

まず、おすすめしたいのが通信速度に満足していない人。 せっかくの光回線なのに10Mbpsもでない・・。そんな場合は、事業者変更で乗り換えるといいでしょう。

v6プラス対応の光コラボなら、通信速度は期待できます。

また、契約中のスマホと同キャリアに合わせて(ドコモユーザーならドコモ光)、セット割を適用したい人もおすすめ。

セット割の存在は知っていたけど、乗り換えが面倒と感じていた方は、この機会に事業者変更するといいですよ。

その他、フレッツ光より安い光コラボは魅力だけど、もし満足できなかったら困る・・。

そんなケースで身動きが取れなかった方でも、今回の制度で再転用ができるため(フレッツ光に戻せる)、安心して光コラボに乗り換えできます。

4.初心者でもできる!事業者変更のかんたん手順

事業者変更って、初心者でも簡単に手続きできますか?

ええ、簡単よ。現在の契約先から、事業者変更承諾番号さえ取得すれば、あとは普通に申し込むだけよ。

事業者変更のやり方はとっても簡単。初心者でもすぐに実行できます。

大きな流れとしては、事業者変更承諾番号を取得して契約したい事業者に申し込む流れとなります(スマホのMNP乗り換えと似ている)。

詳しい手順は以下の通りです。

STEP.1
事業者変更承諾番号を取得する

事業者変更承諾番号は、現在契約中のサービス会社のお問い合わせより取得可能です。発行手数料として3000円かかります。

STEP.2
事業者変更を申し込む

希望の光コラボ事業者へ申し込みを行います。発行した事業者変更承諾番号の有効期限は5日なので、期限内に申し込みましょう。

事業者変更承諾番号は申込先のフォームに入力します。

STEP.3
契約書類を受け取って機器を設置する
STEP.4
利用開始日に回線切り替え

元の契約先は、自動解約となるため連絡不要です。

以上で事業者変更は完了です。

5.事業者変更で利用したい注目の光コラボ

事業者変更で転用するなら、光コラボが絶対お得。とくに、おすすめな事業者を紹介するわね。

事業者変更で利用したい光コラボはずばり、

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光

となります。フレッツ回線のままで、月額料金を大きく下げることが可能です。

①ドコモ光【プロバイダはGMOとくとくBBを推奨】

ドコモユーザーなら、最大1600円のスマホセット割(ギガホ・ギガライトは最大1000円)を受けられるドコモ光。

光コラボの全事業者で、最もユーザー数が多い人気ぶりです(毎日3000人が加入している)。

フレッツ光マンションタイプが4500円なので、ドコモ光ならスマホセット割を考慮して毎月1500円ほど安くなります(マンションタイプ+ギガホ・ギガライトで月額3000円)。

プロバイダはv6プラス対応のWi-Fiルーターが無料で使えるGMOとくとくBBが圧倒的におすすめ。

ドコモ光の公式特典に加えて、15000円キャッシュバック&dポイントが貰えます。

月額料金

  • マンションタイプ:4000円
  • 戸建てタイプ:5200円

CHECK!

ドコモ光の申し込みへ(GMOとくとくBB)

ドコモ光【2019年】ドコモ光の評判とは?メリット・デメリットから通信速度まで解説

②ソフトバンク光【エヌズカンパニー経由で高額CB】

ソフトバンクユーザーなら、最大1000円のスマホセット割が受けられるソフトバンク光。

公式キャンペーンにて事業者変更の乗り換えで必要な解約金&工事費の残債を負担してくれる(最大10万円まで)大盤振る舞いもあり。

正規代理店のエヌズカンパニーを通して契約すれば、新規契約ではなく転用でも15000円の高額キャッシュバックが貰えます。

月額料金

  • マンションタイプ:3800円
  • 戸建てタイプ:5200円

CHECK!

ソフトバンク光の申し込みへ(エヌズカンパニー)

ソフトバンク光【2019年】ソフトバンク光のすべてが分かる!メリット・デメリットから通信速度の評判まで完全解説

6.【まとめ】事業者変更を活用して光コラボに乗り換えよう

この記事では、事業者変更の仕組みについて詳しく解説してきました。

事業者変更では、フレッツ光と光コラボにて工事不要で乗り換えが可能に。光電話の引き継ぎもできますし、不通期間もありません。

面倒だった光回線サービスの転用が、とっても楽になりました。

事業者変更の手順もかんたん。事業者変更承諾番号を取得して希望の事業者に申し込むだけです。

今まで手続きの煩雑さが壁になって光コラボに乗り換えできていなかった方は、この機会に希望の事業者へ転用するといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。