Y!mobile(ワイモバイル)

機種代が無料?Y!mobile(ワイモバイル)に一括0円の端末はある?

ワイモバイルの一括0円

Y!mobile(ワイモバイル)は端末を一括0円で購入できるのでしょうか。一括0円で端末を購入できれば、文字通り端末代金は無料となります。もし利用できるなら申し込みたいですよね。

この記事では、Y!mobileで一括0円の端末はあるのか詳しく調査してみました。iPhoneの販売状況なども含めて詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてくださいね。

【Y!mobileの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

ワイモバイル詳しくはこちら>>

  • 格安スマホNo1の通信速度
  • 全プランに10分かけ放題付き
  • 無条件で初年度は1000円引き
  • SIM単体契約で最大14400円割引
  • 平均の通信速度が30Mbps超え

Y!mobileの公式サイト

1.Y!mobile(ワイモバイル)で一括0円を利用できる?

さっそく、Y!mobile(ワイモバイル)で一括0円を利用できるのか詳しく見ていきましょう。

1-1.タイムセールで一括0円あり

Y!mobileでは、端末代金を大幅に値下げするタイムセールを頻繁に実施しています。タイムセールはオンラインストア限定で、店舗では利用できません。タイムセールでは、すべての機種が一括0円ではありませんが、一括108円、一括540円と激安価格になっています。

購入できるのはSIMフリースマホのみ。ガラケーやモバイルWi-Fiルーターの販売はありません。

▼本日も開催

Y!mobileのタイムセール会場へ

アウトレットも見逃せない

タイムセールではアウトレット品が販売されることがあります。アウトレット品とは、未使用の状態で返品された端末など、いわゆる訳あり新品のことです。完全な新品ではないため、傷が付いている可能性が稀にありますが、ほぼ新品同様と考えて問題ありません。

タイムセールでアウトレット品を購入できるかは運次第です。ちなみに、執筆時点では人気のAndroid ONEシリーズが一括100円で販売されていました。

ワイモバイルのアウトレット

端末代金は98%OFF。販売開始と同時に一瞬で在庫切れになるのは間違いありません。アウトレットについて詳しくは、「Y!mobile(ワイモバイル)で購入できるアウトレット」の記事を参考にしてください。

Y!mobileのアウトレット会場へ

1-2.一部の店舗で一括0円を実施している場合も

Y!mobileショップに限りますが、不定期で一括0円のキャンペーンを行っています。実施店舗は東京、大阪、名古屋など大都市圏が中心となりますが、地方でもときどき一括0円のキャンペーンを見かけます。どの店舗で一括0円が行われているか見分ける方法ですが、Twitterをチェックするのが一番です。

最寄りのY!mobileショップのTwitterアカウントをフォローして、随時キャンペーン情報を受け取りましょう。運が良ければ一括0円キャンペーンを利用できますし、運が悪ければいつまで経っても目ぼしいキャンペーンが無いことも・・。

ちなみに、現在一括0円キャンペーンを実施している店舗を探す場合は、Twitterで「ワイモバイル+一括0円」で検索してみるといいですよ。数は少ないですが、一括0円を利用できる店舗が出てきます。ただし、電話予約が必須、0円になるのは2台目からなどの条件が付く場合が多いので注意しましょう。正直、店舗の一括0円はあまり使えないと思っておいた方がいいです。

ちなみに、ヨドバシカメラやビックカメラなど家電量販店では、一括0円キャンペーンがほとんど行われていません。総務省が携帯会社に向けて過度なキャンペーン合戦をしないように指導したことが原因となっています。家電量販店も一括0円は自粛している状態で、今後の利用も期待できないでしょう。

1-3.iPhoneの一括0円は無い

Y!mobilleでiPhoneの一括0円を期待する方は多いでしょう。結論から言うと、iPhoneの一括0円は残念ながらありません。タイムセールを長年見ていますがiPhoneが販売された実績はなく、今後も購入は期待できないでしょう。Y!mobileショッなら一応iPhoneの一括0円がありますが、こちらは2台目を契約する方のみ対象です。

iPhoneの一括0円

2台目契約の条件が付いている

1台目は通常価格なので、あまり魅力的とは言えません。実質、一括0円でiPhoneを購入することはできないと考えておきましょう。

実質負担額が大幅割引されることはある

一括0円がないiPhoneですが、キャンペーンで実質負担額が大幅に割引されることがあります。過去の例だと、「期間限定でiPhoneSE(Y!mobile版)が大幅値下げ」されていました。iPhoneSE(32GB)が一括10584円でiPhoneSE(128GB)が一括21384円です。

一括0円と比べるとかなり高く見えますが、市場価格が6~7万円のiPhoneSEが1万円程度で購入できるのは衝撃です。AndroidのSIMフリースマホと比べて端末価格が高いiPhoneはなかなか一括0円の対象にはなりません。しかし、Y!mobileでは実質負担額が市場価格より安いので、iPhoneをお得に購入したい方にはおすすめの格安SIMです。

最新のiPhoneは購入できませんが、2年程度の型落ち(執筆時点ではiPhone6s)なら公式サイトにて販売していますよ。もちろん、SIMカードとセット契約も可能です。

1-4.一括0円だけでなく実質0円も利用したい

実質0円とは、毎月の月額割引によって実質負担額が0円になることです。端末代金が12000円なら、1年かけて毎月1000円の割引を行うことで最終的な端末代金を0円にします。一括0円の方が、いきなり端末代金が0円となるためインパクトはありますが、実質0円でも十分にお得です。

Y!mobileではときどき実質0円の端末が販売されます。時期はランダムなので開催していない場合も多いのですが、実質0円の端末を見つけたらラッキーです。

例えばこちらの端末。

実質0円の端末

ドコモ・auからの乗り換えを条件に、実質0円が実施さていました(ソフトバンクはY!mobileの親会社なので優遇されないことが多い)。10000円のキャッシュバックも付いているため非常にお得です。

実質0円の端末は、人気が劣る機種のケースが多いのですが、あまり端末の種類にこだわらない方なら気にならないでしょう。上記のキャンペーン端末(現在はキャンペーン終了)もロングセラーを続けるAQUOSシリーズです。実質0円は頻繁に利用できるわけではありませんが、公式サイトを見て実施しているかどうか確認しておくといいでしょう。

1-5.iPhone、Android Oneが実質0円になることも

Y!mobileで人気のiPhoneシリーズ、Android Oneシリーズが実質0円になることがあります。実質0円のタイミングは、新機種発売による在庫処分の意味合いが強いです。在庫処分といっても一世代前の型落ちなので十分に使えます。また、旧機種を売り切れにしておくと人気があると見せかけることができる大人の事情もあります。

過去の例だと、Android One S1/S2が取扱を終了する前に、一気に値下がりしていました。おそらく、新機種のS3/S4発売を見越してのことだと思います。iPhoneシリーズもiPhoneSEが一括数百円まで値下がり。一時的なキャンペーンでしたが、かなりのインパクトでした。iPhoneSE2の発売を見越した在庫整理だったのかも知れません。

iPhone、Android Oneなどの人気シリーズは、実質0円になると一瞬で売り切れるのがデメリットです。いつ、実質0円になるのかも分からないので購入できるかは運次第ですね。日頃から、Y!mobileの公式サイトに張り付いておく、あるいは公式Twitterをフォローしておくと最新情報を入手できます。

2.Y!mobile(ワイモバイル)の一括0円に関するQ&A

Q1.MNPで一括0円を利用できる?

新規契約であれば、ほとんどのケースでMNPでも一括0円を利用できます。ただし、ソフトバンクからY!mobileに乗り換える場合は、一括0円の対象外となったり、割引額が減額されたりする可能性があります。その理由は、Y!mobileはソフトバンクグループだからです。

ソフトバンクからY!mobileに乗り換えても、ソフトバンクグループから見れば同じ会社内で顧客が移動したに過ぎません。そのため、積極的にキャンペーンを実施することが無いのです。

Y!mobileからソフトバンクに乗り換える場合は利益が積み上がるためか優遇してもらえるのですが、ソフトバンクからY!mobileに乗り換える際は一括0円などの大きなキャンペーンを期待しない方がいいですよ。ちなみに、以下の画像は一括0円端末の申し込み画面です。MNPを選択すると、ソフトバンクからの乗り換えを選べないことが分かります。

MNPでソフトバンクを選べないタイムセール端末の契約画面、ソフトバンクからMNPができない

Q2.一括0円を利用したときの月額料金はどうなる?

一括0円で端末を手に入れても、回線の契約が必要です。一括0円で端末を購入する場合は、音声通話SIMで契約します。データプランの契約はできません。

選べる料金プランは、以下の3種類です。

  • スマホプランS(2GB):月額2980円(1年目1980円)
  • スマホプランM(6GB):月額3980円(1年目2980円)
  • スマホプランL(14GB):月額5980円(1年目4980円)

すべてのプランに10分かけ放題が付いています。2年以内に解約すると解約金が約1万円必要です。一括0円で購入した端末を最低維持費で運用するならスマホプランSで契約しましょう。端末によっては月額割引(2年間の割引制度)が効いて1980円以下で運用できる場合もあります。

ワイモバイル 毎月の利用料金

一括540円の端末だが月額842円で運用できる

スマホプランについてさらに詳しく知りたい方は、「Y!mobileの料金プラン」の記事も参考にしてくださいね。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)の一括0円について詳しく解説してきました。一括0円はレアなので頻繁には利用できませんが、一括100円や一括500円ならY!mobileのタイムセールでほぼ毎日購入できます。回線契約が必要ですが、圧倒的な低価格で端末を購入できますよ。

iPhoneの一括0円はありませんが、大幅割引のキャンペーンがときどき行われています。詳しくは公式サイトをチェックしてみて下さいね。

【Y!mobile】もはや格安SIMではない速度
ymobile
  • 全格安SIMで通信速度No1
  • 初年度1980円から契約可
  • 実質0円の人気機種が多数
  • 新型iPhoneの利用OK
  • 全プランに10分かけ放題

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

▼WEB契約なら10分

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。