iPhone 11を安く買うなら

Y!mobile(ワイモバイル)にはタイムセールがある!540円で端末を購入できます

ワイモバイルのタイムセール

Y!mobile(ワイモバイル)で利用できるタイムセール。どのような内容か気になりますよね。

スーパーなどで圧倒的な値引きを意味するタイムセールは、ワクワク感が止まりません。Y!mobileでも、端末代金がびっくりするような安さになります。

この記事では、Y!mobileのタイムセールについて解説。

開催時間からiPhone販売の有無、回線契約の必要性まで詳しく説明しています。ぜひ、参考にして下さいね。

限定キャンペーンあり

1.Y!mobileのタイムセールで端末代金が大幅割引に

タイムセールではどれくらい安くなりますか?

一番安くて108円を見たことがあるわ。
108円!?

そうよ。540円の端末もよく見かけるわね。

1-1.毎日21時からオンライン限定で開催

Y!mobileのタイムセールは21時から開催。開催日は不定期ですが、最近はほぼ毎日開催されています。

気になる方は、さっそく21時以降にタイムセール会場を覗いてみましょう。タイムセールが終わるのは翌朝の9時まで。在庫が切れた時点で終了です。

なお、タイムセールはオンライン限定です。ワイモバイルショップでは利用できません。

タイムセールはこちら

1-2.iPhoneは無いけど、Android Oneが安い

タイムセールでは、ありえない価格の安さで端末を購入できます。何が購入できるかは、その時の在庫状況によって変わるので運次第です。

ただし、iPhoneの販売は無いのでご注意を。Y!mobileでiPhoneを購入したい方は、「ワイモバイルオンラインストア」にて購入できます。

執筆時点では、iPhone 6sが一括540円でした。

では、タイムセールではどの端末が狙い目なのか。よく発売されているのが、Android Oneシリーズです。

Y!mobile専売のAndroid Oneは、iPhoneのような見た目のカッコよさは無いものの、防水対応と操作性の良さから人気を得ています。

Android One以外なら、SIMフリースマホのHUAWEIシリーズがよく出回っていますよ。

運が良ければ一括100円で購入できる場合も。

ワイモバイルのタイムセール

その他、ポケットWiFiの端末が出回ることもあります。

1-3.Android Oneのスペックは十分すぎる

ほとんどの人にとっては、購入すれば初めて使うことになるであろうAndroid One。

ちょうどこの日はAndroid One X4が一括540円でした。

一括540円

Android One X4のスペックは以下の通り。

発売日 2018年6月7日
メーカー シャープ
メモリ 3GB
容量 32GB
カメラ アウト:1640万画素
イン:800万画素
バッテリー容量 3100mAh
防水
おサイフケータイ
ワンセグ
対応

このスペックで540円です。普通に考えてやばいですね・・。

カメラはiPhoneシリーズ並の綺麗さで、メモリも3GBあるのでサクサク動きます。

防水性で、日本製独自のおサイフケータイやワンセグにも対応していますよ。日常使いなら十分すぎる端末です。

android one x4Y!mobile(ワイモバイル)のAndroid One X4を完全レビュー アンドロイドワンワイモバイル販売のAndroid One(アンドロイドワン)を完全ガイド

1-4.端末が激安の理由はほとんどがアウトレット(新古品)だから

タイムセールで販売されている端末は、新品のSIMフリースマホとアウトレットの2種類あります。 目玉となるのがアウトレット品です。

アウトレットはいわゆる新古品で、新品状態で返品された端末などが再販されています。

実質無料の1円機種が出ることも(回線契約は必要)。購入して8日以内なら初期不良に対する交換保証があるので安心です。

なお、どの端末がアウトレットかはタイムセールのページで記載されていますよ。

また、タイムセールとは別にアウトレット専用ページもあります。アウトレットについて詳しくは、以下の記事も参考にして下さいね。

ワイモバイルのアウトレットY!mobile(ワイモバイル)で購入できるアウトレットを完全調査

1-5.端末だけでなく、SIMカード単体契約もお得に

実は、Y!mobileのタイムセールでは端末だけでなくSIMカード単体契約の割引が出ることもあります。

SIMカード単体契約とは、その名の通りSIMカードだけを契約して端末は自分で用意すること(今使っている端末でもOK)。割引額は、5000円~10000円です。

さらに、タイムセールとは別に実施されているSIMカード単体契約の割引特典(14400円割引)も合わせれば、およそ25000円の割引額に。

こちらの特典については、「Y!mobileのキャンペーン」の記事にて実施状況をまとめています。

2.お得なY!mobileのタイムセールだけど、注意点があります

タイムセール、めっちゃお得ですね。

そうね。ただし、いくつか注意点があるから確認してちょうだい。

注意点1:アウトレット端末は解約金が+2万円加算される

タイムセールで一番注意したいのが、解約金のルールです。

通常、Y!mobileでは2年以内の解約に対して、9500円の解約金(契約解除料)がかかります。しかし、タイムセールのアウトレット端末は解約金が+2万円に。

理由は、2年契約を前提とした購入サポートが解除されるためで、通常の解約金とは別に必要な解約金となります。つまり、アウトレット端末の解約金は3万円ということに・・。

もちろん、2年以内に解約しなければ大丈夫(機種変更してもOK)です。短期解約ができない点に注意しておきましょう。

注意点2:端末のみ契約は不可!回線契約が必須です(機種変更は割高に)

Y!mobileのタイムセールで勘違いしてはいけないのが、端末のみを購入できるわけではないということ。必ず回線契約が必要となります。

端末だけを安く購入できるなら、転売屋が儲かって仕方ありませんからね。

加入できるプランはスマホプランS/M/Lです。 以前、スマホプランSが対象外だったのですが、現在はすべてのプランが選べます。

スマホプラン

プランS プランM プランL
月額料金 1980円 2980円 4980円
データ容量
(無料で2年増量)
3GB 9GB 21GB
データ容量 2GB 6GB 14GB
無料通話 10分かけ放題

回線契約のやり方は、タイムセール会場で希望の機種を選んで「お申し込み」をタップ。契約画面に移るので、画面の指示に従って申し込みましょう。

なお、タイムセールは、新規契約・MNP・番号移行(ソフトバンクからの乗り換え)にて利用できます。機種変更は端末価格が上がるので注意してください。

注意点3:アウトレットは付属品&メーカー保証が無い

安く購入できるのが魅力的なアウトレットですが、注意点として付属品がありません。充電器とイヤホンが無いので、必要な場合は別途購入しましょう。

また、新品端末なら利用できる1年間のメーカー保証もありません。

初期不良が起きた場合の返品(8日まで)はできますが、それ以外の保証は無いことを覚えておきましょう。

タイムセールはこちら

3.【まとめ】Y!mobileのタイムセールを上手く活用してみよう

この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)のタイムセールについて詳しく解説してきました。

オンライン限定のタイムセールでは、驚くような安さで端末を購入できます。スマホプランとのセット契約が条件ですが、これからY!mobileに乗り換えたい方は利用したいところです。

タイムセールの開催時間は午後9時です。最近は毎日タイムセールを行っているので、気になる方は開催ページを覗いてみて下さい。

タイムセール経由でY!mobileに契約する際は、一部注意点もあるので(とくにアウトレット)事前に確認してくださいね。

15555円分のPayPay

Y!mobileの公式サイトへ

 

SIM単体契約14400円割

Y!mobileの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。