iPhone 11を安く買うなら

Y!mobile(ワイモバイル)のかけ放題は格安SIMで一番!その理由を詳しく説明します

ワイモバイルのかけ放題

Y!mobile(ワイモバイル)は、かけ放題を利用して通話料を押さえることができます。

かけ放題のサービス内容は、他社と比較にならないほど安くて高品質です。 通話に弱いと言われる格安SIMの常識を覆しています。

今回は、そんなY!mobileのかけ放題について徹底解説。いかに好条件でかけ放題を使えるのか、そして注意しておきたいポイントについてまとめました。

時間無制限で使えるスーパーだれとでも定額についても。

Y!mobileで、どんなかけ放題を使えるのか気になっていた方は、ぜひ参考にしてくださいね。

限定キャンペーンあり

1.Y!mobileのかけ放題は格安SIMの中で最も条件がいい

Y!mobileのかけ放題って、どんな内容ですか?

料金プランの中に10分かけ放題が含まれているわ。オプションで無制限かけ放題もあるわよ。

さっそく、Y!mobileのかけ放題について詳しいサービス内容を見ていきましょう。

1-1.超少数派!アプリ経由ではないかけ放題が使える

格安SIMのかけ放題は、IP通話や専用アプリを経由する必要があると聞きました。

いいえ、Y!mobileならau・ドコモ・ソフトバンクと変わらず、通常発信でかけ放題が使えるわ。

かけ放題自体はどの格安SIMでも利用できます。珍しくありません。

ですが、ほぼすべての格安SIMにて、かけ放題は専用アプリ経由で発信する必要があります(楽天でんわ、BILOBEでんわなど)。

050通話/IP電話では無いのですが、毎回発信する度に専用アプリを立ち上げる必要があるので面倒です。

対して、Y!mobileは専用アプリを経由せず、通常発信でかけ放題が有効となります。

格安SIMで専用アプリを経由しないかけ放題は、Y!mobileの他に「UQモバイル」だけ。超レアな存在です。

ちなみに、かけ放題の音質は大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と変わらず、非常に良いです。

1-2.10分かけ放題がプラン込み:オプション契約は不要

Y!mobileのかけ放題はオプション扱いではなく、最初からプラン込となっています。

詳しいプラン内容は以下の通り。

スマホプラン(かけ放題付き)

プランS プランM プランL
月額料金 1980円 2980円 4980円
データ容量 3GB 9GB 21GB
無料通話 10分かけ放題

1980円で契約できるプランSにも、10分かけ放題が付いているのは嬉しいですね。通話回数は無制限。国内通話なら固定電話宛でもかけ放題が適用されます。

10分を超えた場合は、超過分のみ通常の通話料金(20円/30秒)が発生します。

長電話になるときはLINEなど無料通話アプリに、その他の通常通話は10分かけ放題を使うといいですよ。

筆者の場合は、LINEが使えない飲食店や美容室の予約で、頻繁に10分かけ放題を使っています。

1-3.スーパーだれとでも定額なら無制限かけ放題に

10分かけ放題で物足りないなら、時間無制限のスーパーだれとでも定額を利用しましょう。こちらはオプション扱いです。

利用料金は月額1000円。大手キャリアの無制限かけ放題は2700円なので相当安いです。

スーパーだれとでも定額

スーパーだれとでも定額

スーパーだれとでも定額に加入すべきは、毎月の通話時間が10分かけ放題を除いて25分を超えている人です。

単に25分では無いですよ。10分超過分の25分です(1分あたり40円×25分で1000円になる)。

スーパーだれとでも定額に申し込み場合は、契約途中に表示される「オプション、子回線プラン等」から選択できます。

スーパーだれとでも定額の申し込み

Y!mobile申し込み後でも、My Y!mobileから「料金プラン/オプションの確認・変更」→「だれとでも定額」→「加入」にて途中契約が可能です。

なお、スーパーだれとでも定額のオプション料金(1000円)は、スマホプランS/M/Lの月額基本料金とともに、初月日割りとなります。

60歳以上ならスーパーだれとでも定額が無料に

60歳以上の方で、かんたんスマホにてY!mobileに契約した場合は、スーパーだれとでも定額が無料となります。

IP通話ではなく通常通話が無料で使い放題のサービスは、国内でY!mobileだけです。ご家族に60歳以上の方がいる場合は、Y!mobileなら非常にお得ですよ。

1-4.無制限かけ放題が使えるのはY!mobileだけ

格安SIMで、無制限かけ放題が使えるのはY!mobileだけです。

以前、楽天モバイルでも無制限かけ放題がありましたが、こちらは専用アプリ経由。しかも、現在はサービス終了しています。

その他、無制限かけ放題に近いのはOCNモバイルONEでしょうか。

TOP3かけ放題といって、通話時間の長い3人だけ無制限かけ放題が適用されるオプションがあります(月額850円)。

ただし、専用アプリ経由の通話になるため、TOP3かけ放題に850円を支払うなら、Y!mobileのスーパーだれとでも定額(月額1000円)を使ったほうがマシです。

結論として、格安SIMで無制限かけ放題が使えるのはY!mobileだけ。通話重視の方なら、最高の選択肢となります。

1-5.注意点:かけ放題対象外の通話あり

Y!mobileのかけ放題は、以下の通話に対して対象外となります。

かけ放題の対象外

  • 国際電話(海外から国内への通話も含む)
  • 留守番電話(再生も含む)
  • 着信転送サービス
  • 0570(ナビダイヤル)
  • 0180(テレドーム)
  • 104(電話番号案内)

留守番電話ですが、録音はもちろんメッセージを再生する場合も通話料が発生します。0570、0180はNTTが提供するサービスです。

お問い合わせ先の電話番号に頭文字として、0570や0180が付いていたら、かけ放題の対象外となり通話料が発生します。

104もNTTが提供するサービスで、住所と名前から電話番号を検索できます。こちらも通話料が発生するので注意して下さい。

その他の注意点2つ

その他、Y!mobileのかけ放題には以下の注意点があります。

注意点

  • かけ放題を途中で外せない
  • 家族間・同キャリア間の無料通話は無い

スーパーだれとでも定額はオプション扱いですが、10分かけ放題はプラン込み。そのため、かけ放題を外すことはできません。

また、家族間・同キャリア同士(Y!mobileからY!mobile)の無料通話はなし。同グループのソフトバンクへ通話する際も、無料通話はないので注意して下さい。

2.比較すれば一発で分かる!通話重視ならY!mobileのかけ放題を使うべき

かけ放題って他の格安SIMでも使えますよね?本当にY!mobileが優れているんですか?

そういうと思って、比較表を作ったわ。Y!mobileが以下に好条件か分かるわよ。

2-1.他社の格安SIMと条件比較(Y!mobileが最強)

本当にY!mobileのかけ放題が優れているのか、筆者のゴリ押しではないのか。他社と比較してみましょう。

主要格安SIM:かけ放題のサービス内容

利用料金 通話方式 無制限かけ放題
Y!mobile プラン込:10分 通常通話 あり
UQモバイル 丸プラン込:5分 通常通話 なし
楽天モバイル 丸プラン込:5分 アプリ経由 なし
mineo 三角850円 アプリ経由 なし
LINEモバイル 三角880円 アプリ経由 なし
IIJmio 三角830円 アプリ経由 なし

控えめに言っても、Y!mobileが最も有利なのは一目瞭然ですね。

UQモバイルと楽天モバイルはY!mobileに似たプラン込みのかけ放題を提供しています。

ですが、利用条件はY!mobileが上。かけ放題の時間は長いですし、通常通話にて発信できます。

その他、無制限かけ放題が使えるのもY!mobileだけです。

2-2.大手キャリアと比較しても安い

今度は大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と比較してみましょう。

Y!mobileのかけ放題は他の格安SIMと違い、大手キャリアと同等の品質。ならば価格の違いが気になるところです。

Y!mobileと大手キャリアのかけ放題

5分/10分
かけ放題
無制限
かけ放題
Y!mobile プラン込
(10分)
1000円
au 1700円
(5分)
2700円
ドコモ 1700円
(5分)
2700円
ソフトバンク 1700円
(5分)
2700円

ご覧の通り、Y!mobileと比べて大手キャリアのかけ放題は、2~2.5倍の料金に。

もし、Y!mobileのかけ放題がアプリ経由であったり、品質が悪かったりするなら納得できますが、同等のサービス内容でこの価格差はありえません(良い意味で)。

通話料を節約したい人にとって、Y!mobileはベストな選択肢となっています。

2-3.逆に通話が要らないなら別の格安SIMでいい

ここまで、Y!mobileのかけ放題がいかに有利なのか解説してきました。間違いなく、国内でトップクラスの好条件でしょう。

ただ逆に言えば、あまり通話をしない人にとっては魅力が半減。 わざわざY!mobileを契約しなくていいかもしれません。

通話はすべてLINEで済ませる、99%ネットしか使わない・・そんな方は、以下の格安SIMも検討してみましょう。

かけ放題が要らない方向けの格安SIM

少しでもかけ放題を使うのであれば、Y!mobileを選びましょう。上記3社のかけ放題は、アプリ経由ですし、別途850円くらいのオプション料金がかかります。

あくまで、かけ放題を使わない場合の選択肢として考えてくださいね。

3.【まとめ】Y!mobieのかけ放題は、料金・品質ともに国内トップです

Y!mobileのかけ放題は料金・品質ともに国内でトップの実力を持っています。

かけ放題のサービス内容を復習

  • 10分かけ放題がプラン込
  • スーパーだれとでも定額が月額1000円
  • アプリ経由のかけ放題ではない
  • 無制限かけ放題を使えるのはY!mobileだけ

データ通信費が安くても通話サービスに弱い格安SIM。ですが、上記の通りY!mobileだけは通話に強い格安SIMとなっています。

無制限かけ放題(スーパーだれとでも定額)を使わなくても、プラン込の10分かけ放題だけで通話料は大幅に節約できるはず。

通話料が気になっている方は、Y!mobileなら最高の選択肢となりますよ。

15555円分のPayPay

Y!mobileの公式サイトへ

 

SIM単体契約14400円割

Y!mobileの公式サイトへ