おすすめの格安SIM比較

20GB~50GBの大容量が使えるおすすめの格安SIMとは?

大容量の格安sim

格安SIMの料金プランで、20GBを超えると大容量プランと呼ばれます。大容量プランは利用できるデータ容量が多いため、動画視聴、アプリのダウンロード、テザリングなどを頻繁に利用する人に向いています。

今回は20GB以上の大容量プランが使える格安SIMをあらゆる角度から比較してみました。これから大容量プランの契約を検討している人はぜひ参考にしてくださいね。

データ容量別の比較

データ容量 料金目安
(月額)
おすすめな人
1GB 1350円 普段はLINEしか使わない
とにかくスマホ代を最安値にしたい
3GB 1700円 LINEとSNSをよく使う
スマホ代を月額2000円以内に収めたい
5~6GB 2200円 動画を少し楽しみたい
通話料含めて3000円以内に収めたい
7GB 2600円 移動中はゲームが手放せない
WEBサイト閲覧が好き
10GB 3250円 速度制限にかかりたくない
動画を思いっきり楽しみたい
20GB以上 4700円~ テザリングをたくさん使いたい
シェアプランで契約したい

【利用者急増中の格安スマホ】

\本田翼のCM効果で人気爆発/

lineモバイル詳しくはこちら>>

格安SIMの総合ランキングはこちら

1.月20GB以上の格安SIMを選ぶ方法

(1)動画を見るなら通信速度が最重要

20GB以上の大容量を使いたい理由は動画を見たいから・・そんな場合は通信速度が最重要です。大容量プランで最もやってはいけないのが安さだけで選んでしまうこと。数百円の差で最安値を狙うくらいなら、多少高くても通信速度が速い格安SIMを選んだほうがマシです。通信速度が遅いとせっかくの大容量がまったく活かせません。

LINEやSNS程度の利用なら通信速度は関係ありませんが、大容量を使いたいあなたはそうで無いはず。あとから後悔しないためにも、通信品質が高い格安SIMを選びましょう。

(2)テザリングの利用条件も判断基準に

テザリングでスマホをモバイルWi-Fiルーター化すれば、あらゆる通信機器と接続が可能です。大手キャリアと違い、格安SIMでは無料でテザリングが使えます。ですが、気をつけないのが手持ちの端末で持ち込み契約するとき。

端末セットの契約なら気にしなくていいのですが、持ち込み契約の場合は端末の種類と利用する回線によってテザリングの可否が変わります。格安SIM会社によってテザリング条件が細かく分かれるため、事前に確認しておくことが重要です。

(3)複数SIMを使うならシェアプランの有無を確認

大容量プランで契約して複数のSIMカードを分け合いたい場合は、シェアプランの有無を確認しておきましょう。シェアプランがあれば、一つの契約で複数のSIMカードを使い分けできます。家族で乗り換えはもちろん、一人で複数の通信機器(タブレットなど)を接続したい場合でも重宝できますよ。

シェアプランが使える格安SIMですが、どちらかと言えば少数派です。また、追加できる最大SIM枚数や手数料もルールが異なるため、シェアプランを利用予定なら事前に確認しておきましょう。

2.月20GB以上でおすすめの格安SIMを比較

格安SIM 月額料金 通信速度 テザリング シェアプラン
mineo 20GB:4,590円
30GB:6,510円
まる20Mbps 二重丸
楽天
モバイル
20GB:4,750円
30GB:6150円
まる15Mbps 三角
BIGLOBE
モバイル
20GB:5,200円
30GB:7,450円
まる15Mbps まる
DMM
モバイル
20GB:4,680円
30GB:-
バツ5Mbps 三角
イオン
モバイル
20GB:4,680円
30GB:6,080円
まる20Mbps まる
Uモバイル 2880円
(25GB)
バツ5Mbps 三角
OCNモバイル
ONE
20GB:4,850円
30GB:6,750円
三角10Mbps 三角
QT
モバイル
20GB:4,900円
30GB:6900円
三角10Mbps 二重丸
エキサイト
モバイル
20GB:4,680円
30GB:6680円
三角10Mbps 三角

(1)【3キャリア対応でテザリング不可の心配なし】mineo

mineo

mineoは関西電力グループのケイ・オプティコムが手掛ける格安SIMです。20GBプランではもっとも安く利用できます。そのため、コスパ重視ならmineoがおすすめです。また、mineoは通信速度が比較的速く安定しているので、動画視聴も快適です。

シェアプランはありませんが、あらかじめ登録したメンバー間で余ったデータ容量を分け合うパケットシェア機能が使えます。家族以外の友人にもデータ容量を送れるパケットギフトも他社にはない独自の機能です。

さらに、ドコモ・au・ソフトバンクすべての回線に対応。以前はau版iPhone×au回線の組み合わせでテザリングできなかったのですが、現在はテザリング対応に変わっています。手持ちの端末で最も乗り換えやすいのも、mineoの特徴と言えるでしょう。

20GB・30GBのプランの料金(音声通話SIM)

■Aプラン

  • 20GB:4,590円
  • 30GB:6,510円

■Dプラン

  • 20GB:4,680円
  • 30GB:6,600円

■Sプラン

  • 20GB:5030円
  • 30GB:6950円

シェアプラン

なし

テザリング条件

■iPhone

  • Aプラン・Sプラン:利用可
  • Dプラン:au版iPhone不可

■Android

  • Aプラン・Sプラン:利用可
  • Dプラン:ドコモ版Android不可

詳細ページ公式ページ

(2)【大容量プランで安くて速い】楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは20GBと30GBの2種類の大容量プランがあります。最安値ではないものの2番目の安さです。ただし、楽天モバイルには楽天サービスの共通ポイントである「楽天スーパーポイント」に対応しています。毎月の利用料に応じてポイントが貯まるため、ポイント分を考慮すると最安値に近づきます。楽天市場でのポイントも常に2倍となる特典があります。

利用料金のポイント支払いも可能です。通信速度は標準以上でテザリングも快適です。ドコモ・au回線に対応しているのもメリット。ドコモ、auユーザーの方は、同回線のプランを利用することで乗り換えやすくなります。シェアプランは使えません。個人で大容量プランを安く使いたい人には、最もおすすめできる格安SIMです。

20GB・30GBのプランの料金(音声通話SIM)

  • 20GB:4,750円
  • 30GB:6,150円

※au・ドコモ回線共通

カウントフリー

なし

テザリング条件

■iPhone

  • au回線:テザリング不可
  • ドコモ回線:利用可

■Android

  • au回線:利用可
  • ドコモ回線:ドコモ版Androidで利用不可

詳細ページ公式ページ

(3)【シェアプランで家族のMNP可】BIGLOBEモバイル

biglobeモバイル

BIGLOBEモバイルは他社にはない動画見放題のオプションサービス「エンタメフリーオプション」が最大の魅力です。エンタメフリーオプションは、Youtubeを始めとする人気動画アプリがカウントフリーで使い放題に。画質は標準に設定されますが、普通に動画を楽しむ分には十分です。

さらに、BIGLOBEモバイルはシェアプランの使い勝手にもメリットが。利用料金は普通なのですが、他社ではめったに対応していない家族名義のMNP転入に対応。シェアされる側の子回線に、名義変更無しでそのままMNP転入できます(通常は主回線に名義を揃える必要がある)。

現在の携帯会社から自分の名義をそのまま引き継げるので、家族で利用したい場合は利便性が非常にいいです(エンタメフリーオプションは個別に加入する必要あり)。

20GB・30GBのプラン料金(音声通話SIM)

  • 20GB:5200円
  • 30GB:7450円

※タイプA・D共通

カウントフリー(月額480円)

Youtube、Youtube Kids、AbemaTV、U-NEXT、Google Play Music、Apple Music、Spotify、AWA、Amazon Music

テザリング条件

  • タイプA:iPhone 8以降がテザリング不可
  • タイプD:ドコモ版Androidがテザリング不可

詳細ページ公式ページ

(4)【シェアプラン最安値】DMMモバイル

dmmモバイル

DMMモバイルは月額料金が安いことが最大の特徴です。20GBプランはmineo(Aプラン)に次いで2番目の安さ。しかし、DMMモバイル本当にお得なのはシェアコースを使ったときです。イオンモバイルやエキサイトモバイルなど他のシェアプランに比べてDMMモバイルは圧倒的な安さです。

シェアプランの料金比較(音声通話SIMを3枚追加した場合)

  • DMMモバイル:6,080円
  • イオンモバイル:6,380円
  • エキサイトモバイル:6,580円

見ての通りDMMモバイルが6,080円で最も安いです。20GBプランでシェアプランを使いたいならDMMモバイルが一番お得ですよ。

20GBのプランの料金

  • 音声通話SIM:4,680円
  • データSIM:3980円

シェアプラン

  • SIM追加手数料:月額300円/枚
  • 最大追加枚数:3枚

テザリング条件

  • iPhone:テザリング可
  • Android:テザリング不可の端末あり

詳細ページ公式ページ

(5)【30GB以上は最安値】イオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイルは流通大手のイオンが手掛ける格安SIMです。ライトユーザー向けの500MBプランからヘビーユーザー向けの50GBまで、幅広く料金プランが用意されています。しかもいずれも料金が安く、30GB、40GB、50GBの大容量プランでは業界最安値です。音声通話SIMの月額料金に+700円を支払えばシェア音声プランが利用できます。

シェア音声プランでは最大5枚のSIMカードを追加可能。家族でデータ容量をシェアすることができます。選べる回線はドコモ回線とau回線の2つ。手持ちの端末(iPhone含む)に合わせて選択できます。au回線は以前はiPhoneでのテザリングができませんでしたが、現在は利用可能となっています。

20GB以上のプラン料金(au・ドコモ回線共通)

  • 20GB:4,680円
  • 30GB:6,080円
  • 40GB:7,980円
  • 50GB:10,800円

シェアプラン

  • SIM追加手数料/枚:(音声通話SIM 月額700円・データSIM 月額140円)
  • 最大追加枚数:5枚

テザリング条件

■iPhone

  • au回線:テザリング可(iOS12から)
  • ドコモ回線:テザリング可

■Android

  • au回線:テザリング可
  • ドコモ回線:ドコモ端末はテザリング不可

詳細ページ公式ページ

(6)【格安SIMで唯一の25GBプラン】Uモバイル

Uモバイルは使い放題プランや2段階制プラン、さらにソフトバンク回線のプランなど、ユニークなプランを豊富にそろえる格安SIMです。そんなUモバイルでは20GBと30GBの間の容量である25GBのプランが利用できます(U-mobile MAX)。25GBのプランは珍しいです。

特徴は何といっても月額料金の安さ。25GBも使えて2,380円はありえない破格です。音声通話SIMでも2,880円という安さで利用できます。他社の10GBプランより安い異常事態となっています。ただし、通信速度は遅いのがデメリットです。価格の安さより通信品質にこだわるなら契約しないように気をつけましょう。

25GBのプランの料金(U-mobile MAX)

  • 音声通話SIM:2,880円
  • データSIM:2380円

シェアプラン

なし

テザリング条件

詳細情報なし

詳細ページ公式ページ

3.月20GB以上の格安SIMではどれくらい使えるの?

3-1.20GBで出来ること

大容量プランの基準は厳密には決まっていませんが、一般的には月20GB以上を大容量プランと呼んでいます。20GBを超えると、かなりのデータ容量となりますが、具体的にはどれくらいスマホが使えるのでしょうか。

1ヶ月あたり

用途 1ヶ月あたり 1ヶ月あたり
メール 400万通 600万通
LINE 1000万通 1500万通
LINE通話 1110時間 1665時間
LINEビデオ
通話
65時間 97時間30分
YouTube
低画質
110時間 165時間
YouTube
高画質
30時間 45時間
Yahoo!
トップページ
80000回表示 120000回表示
Twitter 40000回表示 60000回表示
Facebook 40000回表示 60000回表示
Googleマップ 26600回表示 39900回表示
音楽
ダウンロード
5000曲 7500曲
ゲームアプリ
ダウンロード
500回 750回

1日あたり

用途 1日あたり 1日あたり
メール 13万3333通 20万通
LINE 33万3333通 50万通
LINE通話 37時間 55時間30分
LINEビデオ
通話
2時間10分 3時間15分
YouTube
低画質
3時間40分 5時間30分
YouTube
高画質
1時間 1時間30分
Yahoo!
トップページ
2666回表示 4000回表示
Twitter 1333回表示 2000回表示
Facebook 1333回表示 2000回表示
Googleマップ 886回表示 1330回表示
音楽
ダウンロード
166曲 250曲
ゲームアプリ
ダウンロード
16回 25回

これだけデータ容量がると、LINE、SNSなどの軽い用途は、もはや全くデータ消費量を考える必要がありません。動画再生も画質にこだわらなければ毎日4~5時間は視聴可能です。よほどのヘビーユーザーでなければWi-Fi環境なしでも問題ありません。

3-2.大容量プランがおすすめな人

大容量プランは以下のような人におすすめです。

  • 動画視聴やアプリのダウンロードを頻繁に行う
  • LINEのビデオ通話を長時間利用したい
  • 自宅にWi-Fiがないけどデータ容量をたくさん使う
  • テザリングで他の通信機器を接続したい

大容量プランは利用できるデータ容量が多いので、大量のデータ通信を毎日必要とする人に向いています。とくに動画再生は10GB以下のプランならあっという間に使い切ってしまうので非常に快適になります。LINEビデオならデータ残量を気にせず使えるレベルです。

また、自宅にWi-Fi環境がないけど、大量のデータ容量を使う人も大容量プランが向いています。Wi-Fiがない人は、大容量プランだとテザリングでスマホをモバイルWi-Fiルーター化できるのもメリット。20GB以上あれば、テザリングも十分に使用できます。

3-3.カウントフリーがあれば20GBもいらない?

動画視聴やLINEのビデオ通話などを長時間利用する場合は20GB以上の大容量プランを契約するのが理想ですが、利用料金が一気に高くなります。そこで利用したいのがカウントフリー(データフリー)です。カウントフリーとは特定のサービスで、データ通信量を消費せず使い放題になるサービスのこと。

毎月利用するアプリ・サービスが決まっているならカウントフリーをうまく利用すれば、大容量プランを契約しなくても10GB以下の料金プランで済ませることができます。

カウントフリー 格安SIM オプション料金
(月額)
動画・音楽
(Youtube含む)
BIGLOBEモバイル 480円
音楽 OCNモバイルONE 無料
LINE・SNS LINEモバイル 無料
ゲーム・SNS Lineks Mate 500円
SNS DMMモバイル 250円

まず、一番おすすめなのがBIGLOBEモバイルのカウントフリー「エンタメフリーオプション」です。唯一の動画見放題サービスで、対象アプリにYoutubeが含まれているのが特徴。Abema TVやU-NEXTもデータ消費無しで見放題です(有料コンテンツは別途費用あり)。

データ容量の大量消費はYoutubeが9割という方は、月額480円で利用できるBIGLOBEモバイルのエンタメフリーオプションを契約するといいですよ。音楽アプリのカウントフリー(AppleMusic、Google Play Music含む)もオプション内に付属しています。

LINEとSNS(Twitter・Facebook・Instagram)を頻繁に使うならLINEモバイルがおすすめ。オプション料金は無料。月額1690円から契約できるコミュニケーションフリープランにLINE・SNSのカウントフリーが含まれています。データ消費のメインがゲームならLinks Mateを使いましょう。対象のゲームアプリは限られますが、月額500円で使い放題です。

3-4.無制限プランとの違い

大容量プランを契約するくらいなら無制限プランを使いたい・・。そう考える人も多いことでしょう。結論から言うと、格安SIMの無制限プランはあまりおすすめできません。その理由は、低速通信の使い放題プランだからです。一部、LTE使い放題を掲げる格安SIMもありますが、実際は低速通信となります。

速度制限時の通信速度と近いため、確かに使い放題ですが、動画やゲームなどはまともに楽しむことはできません。それでもいいという方は、「無制限プランが使える格安SIM」の記事を参考にして下さい。快適にデータ通信を楽しみたいなら、大容量プランのほうが断然おすすめです。

3-5.大容量プランは格安SIMより大手キャリアが有利?

大容量プランになれば、格安SIMより大手キャリアのほうが有利との声が一部上がっています。しかし、冷静に比較してみると利用料金は明らかに格安SIMのほうが安いです。

大手キャリア

  • 20GB:9000円程度
  • 30GB:11000円程度

格安SIM

  • 20GB:4800円程度
  • 30GB:6000円程度

大手キャリアの価格はau・ドコモ・ソフトバンクでほとんど変わりません。ご覧の通り、格安SIMなら半額の価格で大容量プランを使えます。もちろん、通信速度は格安SIMのほうが劣るので単純に有利とはいい切れませんが、それでもスマホ代がおよそ半額となるメリットには敵いません。

ただし、50GB以上は大手キャリアに軍配

ただし、ひと月で50GB以上を使いたい場合は、大手キャリアに軍配があがります。もし、50GB以上を使いたいならソフトバンクのウルトラギガモンスターがおすすめです。「ソフトバンクオンラインショップ」にて新規契約・MNPすると余計な手数料無しで申込みできますよ。

4.まとめ

今回は20GB以上の大容量プランがある格安SIMを比較しました。大容量プランになると月額料金もかなり高くなりますが、動画視聴やゲームアプリなどデータ消費量を気にせず使用できます。

動画のヘビーユーザーや、自宅にWi-Fi環境がない人には大容量プランがおすすめです。カウントフリーもうまく使いこなせると、さらに使用できるデータ容量が増えますよ。ぜひ、あなたにぴったりの1社に契約してみてくださいね。

\20GBプランの最安値/

mineoの公式サイト

今売れている格安スマホとは?【2018年】

【LINEモバイル】

\LINE・SNS好きの味方/

lineモバイル詳しくはこちら>>

  • LINEアプリがカウントフリー(通話含む)
  • LINE Payでも支払いOK
  • Twitter・Instagram・Facebookが使い放題
  • トップクラスの通信速度
  • プランは月額500円からの選択可

LINEモバイルのレビュー

 

【UQモバイル】

\速い、安い、かけ放題/

UQモバイル詳しくはこちら>>

  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

UQモバイルのレビュー

 

【mineo】

\安さとサポートが決め手/

mineoのレビュー詳しくはこちら>>

  • 3大キャリアに完全対応
  • 2年連続で顧客満足度1位
  • ユーザー数増加数No.1
  • 解約金・契約縛りが0
  • キャンペーンが激アツ

mineoのレビュー

 

あわせて読みたい
格安sim 通信速度 おすすめの格安SIM比較

格安SIMの通信速度を比較【安定感を重視】 

2018.1.28
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
格安SIMを使いたいけど、通信速度が速くないと嫌! 月額料金が安くなることは分かっていても、通信速度を犠牲にするのは我慢できないですよね。今まで通りの快適なネット通信ができな …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。