iPhone 11を安く買うなら

Y!mobile(ワイモバイル)で家族割を適用する方法【あとから追加申し込みもOK】

ワイモバイルの家族割

Y!mobile(ワイモバイル)で家族割を利用したいけど、どうすればいいのか分からず困っていませんか?

Y!mobileでは簡単な手続きで家族割を利用できます。適用条件もゆるく、離れている家族や同居中のカップルでも申請可能ですよ。

この記事では、家族割の適用条件やあとから追加で申し込みできるのかなど、気になる疑問をすべて解説していきます。

これから家族でY!mobileを利用しようと考えている方は、ぜひ参考にして下さいね

限定キャンペーンあり

1.Y!mobile(ワイモバイル)の家族割とは?まずはサービス内容を理解しよう

家族割について、詳しく知りたいのですが・・。

OK、内容はすごくシンプルよ。適用条件も合わせて解説していくわね。

1-1.家族全員(主回線除く)ずっと500円割引に

Y!mobileの家族割(家族割引サービス)を利用すると、毎月の月額基本料金が500円割引となります。

ワイモバイルの家族割

シンプルに、永年500円引きなので分かりやすいですね。

割引されるのは副回線(2回線目以降)から。3人家族なら、主回線(1回線目)を除く、2人分が割引となります。

家族割の対象プランは以下の通り。

対象プラン

  • スマホプランS/M/L
  • データプランL
  • Pocket WiFiプラン

ガラケー向けのケータイプランは対象外なので注意してください。

申し込んだ月から適用される
家族割は申し込んだ月から即適用されます。月途中でも割引額は日割り計算されて適用されますよ。

1-2.家族間無料通話は無いけど、10分かけ放題が付いている

残念ながら、Y!mobileの家族割には家族間の無料通話がありません。

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)で家族間の無料通話を利用していた方は通話料に気をつけましょう。

ただし、スマホプランS/M/L(スマホ向けの料金プラン)には10分かけ放題が付いています。

スマホプラン

プランS プランM プランL
月額料金 1980円 2980円 4980円
データ容量 3GB 9GB 21GB
無料通話 10分かけ放題

長電話しなければ、通話料はプラン料金内に収まりますよ。

1-3.適用条件はゆるゆる(家族の証明さえできれば適用)

家族割の適用条件は、家族であることを証明できればOKです。

家族の条件

  • 血縁関係がある
  • 同じ住所で生計を共にしている

上記の条件ですが、かなりゆるいです。血縁関係ありといっても、通常は「3親等まで」などの条件が付きますが、特になし。

また、生計を共にしている場合もOKなので、同棲しているカップルや内縁関係でも家族割を適用できます。

離れて暮らす家族の場合は、家族確認書類(住民票・戸籍謄本)を提出すれば家族としてみなされ割引が適用されます。

家族割の適用条件

家族割の適用条件

家族割を適用できる最大数は9回線(9人)まで。SIMカード単体契約でも、MNPでも適用されます。

ちなみに、一人で複数回線を契約する場合も家族割として500円割引されます(法人契約は不可)。

MEMO
家族割の詳しい申込み方法は次章で解説します。

1-4.月額料金シミュレーション(家族4人分のスマホ代)

Y!mobileで家族割を利用すると、月額料金はどれくらい安くなるのかシミュレーションしていきましょう。

ここでは、夫、妻、子供2人の4人家族を想定。料金プランは夫と妻がスマホプランM(9GB)で子供2人がスマホプランS(3GB)に加入すると仮定します。

家族4人分の月額料金(合計8420円)

  • 夫:2980円
  • 妻:2480円
  • 子供:1480円
  • 子供2:1480円

家族全員でスマホ代が1万円以内に収まりました。全員、10分かけ放題が付いているので通話料もほぼかからないでしょう。

4人家族の場合は、割引額が1500円。1年、2年と続けば節約効果は数万円となります。

MEMO
ソフトバンク光かソフトバンクAirを利用する場合、家族割より割引額の大きい「おうち割光セット」を利用できます。

請求は分けることができる

一人暮らしをしている大学生など、親と請求を分けたいケースもあるでしょう。

Y!mobileの家族割は、請求をそれぞれ別に分けることができるので安心してください。もちろん、請求は別でも家族割は適用されたままです。

オンラインは初期費用0円

Y!mobileの公式サイトへ

2.あとから追加する形でOK!Y!mobile(ワイモバイル)の家族割に申し込む方法

家族割の申し込みはどうすればいいですか?ワイモバイルショップに家族で行けば簡単そうですが・・。

もちろん、それでも契約できるわ。ただ、ワイモバイルショップだとキャンペーンが適用できなかったり、あとから追加契約しにくかったりするから、オンライン契約の方がいいわよ。

STEP1:主回線(1回線目)を通常申し込み

まず、主回線(1回線目)は、通常通りY!mobileに申込みます。

オンラインストアにアクセスして、希望の端末を選択(SIMカード単体契約の場合はSIMカードのアイコンをタップ)。

後は、画面の指示に沿って料金プランやオプションを選択していき、個人情報・支払い情報を入力すれば完了です。

本人確認書類が必要なので事前に準備しておきましょう。MNP(電話番号そのままで乗り換え)する方は、こちらからMNP予約番号を取得できます。

MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(9:00~22:00)
  • ドコモ:151(9:00~20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00~20:00)

オンライン契約はこちら↓

Y!mobileの公式サイトへ

契約に必要な時間は10分程度です。MNP乗り換えの場合でも、SIMカードの到着を待つ間は現在の携帯会社で通話・ネットを利用できますよ。

ワイモバイルオンラインストアで契約【開通まで図説】Y!mobile(ワイモバイル)にオンラインストアで契約する方法

STEP2:副回線(2回線目以降)を家族割引サービスのチェックを入れて申し込む

主回線(1回線目)の申し込みが終わったら、今度は福回線(2回線目以降)の申し込みです。

副回線の申し込みでは、通常申し込みに加えて以下の2点を行います。

  • 「家族割引サービス」にチェック
  • 「家族割引サービスの申込み情報」を記入

副回線は先に主回線の契約が完了(SIMカードが実際に使える)してから、契約しましょう。

「家族割引サービス」にチェック

副回線も主回線と同様に、オンラインストアから申し込みを行います。その際、料金プランの選択画面にて「家族割引サービス」のチェック項目が表示されます。

ワイモバイルの家族割

ここにチェックを入れてください。

「家族割引サービスの申込み情報」を記入

ここで、主回線の家族であることを紐づけます。

「家族割引サービス」にチェックを入れていると、個人情報を記入するページで「家族割引サービスの申込み情報」という記述欄が現れます。

こちらに、以下の項目を記入すれば家族割が適用となります。

ワイモバイルの家族割申し込み

入力項目

  • 主回線の電話番号
  • 主回線の契約名義
  • 主回線の契約氏名
  • 主回線の契約氏名(ふりがな)

これで主回線と副回線が家族であることが紐づけられて、家族割が適用されます。

家族と同居していない、あるいは家族でないけど同居している場合は、申込み完了後に家族証明書(住民票か戸籍謄本)をアップロードします。

以上で、家族割の適用は完了です。

注意

契約事務手数料は家族の人数分が必要です。

ワイモバイルのお問い合わせ

【補足】店舗契約の場合は、家族でワイモバイルショップに来店するだけ

店舗契約したい場合は、以下の必要書類を持って「ワイモバイルショップ」に来店しましょう。

必要書類

  • 本人確認書類(家族全員)
  • 家族確認書類

もし、家族全員で来店できない場合は、来店できない人の「家族割引サービス同意書」を持参しましょう。家族確認書類は住民票か戸籍謄本が必要となります。

ワイモバイルショップに来店したら、あとはスタッフに申し出るだけです。

オンライン契約より損する可能性が高いので注意

店舗契約の場合、オンライン契約と比べて損する可能性があります。その理由は、キャンペーンが適用できないからです。

Y!mobileのキャンペーンはオンライン限定の場合が多く、ワイモバイルショップに行くとかなり損をします。

過去の例だと、一人あたり15000円の還元があったこともあり、家族全員で計算するとかなりの金額です。

Y!mobileの最新キャンペーンについては、「こちらの記事」にて確認して下さいね。

3.Y!mobile(ワイモバイル)の家族割に関するQ&A

最後に、家族割に関する疑問点をまとめたから確認してちょうだい。

Q1.途中で主回線を変更できる?(主回線の解約など)

途中で主回線を変更したい場合は、ワイモバイルショップにて変更手続きを行います。オンラインからは変更できないため注意しましょう。

なお、変更手続きなしで主回線が解約すると家族割が終了します。

  • 主回線の解約 → 家族割引サービスが終了
  • 副回線の解約 → 2回線以上残っていれば家族割引サービスは継続

必ず主回線が解約する前に、変更手続きを行っておきましょう。

Q2.シェアプランとの違いは?

Y!mobileでは家族割と似た仕組みとしてシェアプランが利用できます。シェアプランとは、一つの契約で最大3回線までデータ容量を分け合える仕組みのことです。

ワイモバイルのシェアプラン

例えば、スマホプランL(21GB)を3人でシェアすれば、月額4980円となります。

ただし、シェアプランは子回線となれるのがデータSIM(音声通話ができないタイプのSIMカード)だけ。 LINEやIP電話で代用することはできますが、通常のスマホとして使うには不便です。

一人で複数回線を使うなら便利ですが(タブレットと併用したい場合など)、家族で使うにはやや不向きであることを覚えておきましょう。

ワイモバイルのシェアプランY!mobile(ワイモバイル)のシェアプランを完全解説
MEMO
家族でシェアプランを使いたいなら、Y!mobileよりIIJmioの「ファミリーシェアプラン」の方が便利です。データ通信費も安いですし、家族間の通話料も割引されます。

Q3.他社の家族割よりお得なの?

家族割が使える格安SIMは3社しかありません。

家族割のある格安SIM

  • Y!mobile:500円割引
  • UQモバイル:500円割引
  • mineo:50円割引

ご覧の通り、家族割がまともに使えるのは事実上Y!mobileかUQモバイルのみ。格安SIMで家族割を利用したいなら、2択となっています。

Y!mobileとUQモバイルの月額料金は同じ。ただし、Y!mobileの方がかけ放題の時間が長いです(UQモバイルは5分かけ放題)。

ですので、Y!mobileの方がおすすめなのですが、UQモバイルには口座振替が使えるメリットもあります。家族の年齢も考慮して、どちらの家族割を利用するか決めましょう。

UQモバイルの家族割を適用条件から申込方法まで全解説

4.【まとめ】申し込みは簡単!Y!mobileの家族割を適用しよう

この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)の家族割について、適用条件から申込み方法まで詳しく解説してきました。

Y!mobileの家族割は住所が離れていても利用できますし、家族の定義もゆるいです。

家族あるいは同居人であることを証明するだけで、毎月500円の割引が効くので利用しない手はありません。

申込み方法は、先に主回線の契約を済ませて、あとから副回線の契約を追加していく形で構いません。家族でY!mobileを利用する場合は必ず申し込みしておきましょう。

最大6千円分のPayPay

Y!mobileの公式サイトへ