Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)のシェアプランを完全解説

ワイモバイルのシェアプラン

Y!mobile(ワイモバイル)で利用できるシェアプランはどのようなサービス内容なのでしょうか?

通話機能のシェア機能や家族で利用できるのか、毎月の維持費など気になることがたくさんありますよね。この記事では、Y!mobileのシェアプランについて徹底解説。詳しいサービス内容から申込み方法まで言及しています。ぜひ、参考にして下さいね。

【Y!mobileの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

ワイモバイル詳しくはこちら>>

  • 格安スマホNo1の通信速度
  • 全プランに10分かけ放題付き
  • 無条件で初年度は1000円引き
  • SIM単体契約で最大14400円割引
  • 平均の通信速度が30Mbps超え

Y!mobileの公式サイト

1.Ymobile(ワイモバイル)のシェアプランとは?

さっそく、Y!mobileのシェアプランについて詳しい内容を見ていきましょう。

1-1.最大3枚のSIMカードにデータ容量をシェアできる

Y!mobileのシェアプランは最大で3枚まで(親回線を入れると最大4枚)データシェアが可能です。端末なしでSIMカードのみ追加するシステムとなります。

シェアプランの仕組み

シェアプランの仕組み

シェアする側を親回線、シェアされる側を子回線といいます。シェアプランの対象プランは、スマホプランS/M/LとデータプランS/Lです。Y!mobileに契約するほとんどの方が対象となります。なお、シェアプランを使っても通信速度の劣化はありません。

キャンペーンで増量したデータ容量もシェアできる

現在、Y!mobileに契約するとデータ増量無料キャンペーンを利用できます。データ増量無料キャンペーンは2年間、スマホプランS/M/Lのデータ容量が増量されます。

データ増量無料キャンペーン

  • スマホプランS:2GB→3GB
  • スマホプランM:6GB→9GB
  • スマホプランL:14GB→21GB

Y!mobileのシェアプランではキャンペーンで増量したデータ容量もシェアすることが可能です。スマホプランLなら最大で21GBまでデータシェアできます。

1-2.家族で個別に電話番号を持つことはできない

シェアプランを使ってシェアできるのはデータ容量だけです。通話機能をシェアすることはできません。スマホプランは音声通話機能付きのSIMカードですが、子回線はデータ通信専用のSIMカードとなります。そのため、家族で乗り換えるのは難しいでしょう。シェアされる子回線では、通話機能がないため電話番号がありません。

LINEなどアプリ経由の通話なら可能ですが、通常の音声通話は使えないためメインのスマホとするのは難しいです。また、シェアプランを家族割として適用させることもできないため注意してください。もし家族でシェアプランを使いたい場合は、「シェアプランを利用できる格安SIM」の記事から、Y!mobile以外の格安SIM会社を検討しましょう。

1-3.シェアプランの利用料金・維持費

シェアプランを利用するには、基本使用料が必要です。詳しい料金体系は以下の通りです。

プラン 基本使用料
(3回線まで共通)
毎月の維持費
スマホプランS(2GB) 980円 2960円
スマホプランM(6GB) 490円 3470円
スマホプランL(14GB) 0円 4980円
データプランS(1GB) 980円 2960円
データプランL(7GB) 0円 3696円

※毎月の維持費はプラン価格+基本使用料

Y!mobileのシェアプランはSIMカード毎にかかるSIM追加手数料や初期費用が無いため非常にシンプルです。また、シェアするSIMカード枚数で基本使用料が変わらないのも特徴的です。そのため、どうせシェアプランを使うなら3回線まで使い切った方がお得です。毎月の維持費はプラン価格とシェアプランの基本使用料の合計となります。

通話料と端末代金は含みません。最安はスマホプランSとデータプランSの2960円ですね。スマホプランLとデータプランLなら基本使用料が無料なので、プラン価格だけでシェアプランを利用できます。スマホプランS/M/Lの詳しい内容が気になる方は、「Y!mobile(ワイモバイル)のスマホ向け料金プラン」の記事を参考にして下さい。

スマホプランS・データプランS以外の基本使用料が安い理由

実は、スマホプランSとデータプランS以外のプランも本来は基本使用料が月額980円かかります。しかし実際は、スマホプランMの基本使用料は月額490円、スマホプランLとデータプランLにいたっては無料です。なぜ、基本使用料が安くなっているかというとシェアプランセット割が適用されるからです。

シェアプランセット割は、スマホプランM/L、データプランLに加入すれば自動で適用されます。2014年から始まったキャンペーンですが、今のところ終了未定でずっと続いています。いつ終わるか分からないキャンペーンですが、執筆時点ではシェアプランセット割が健在なので、お得にシェアプランを利用することができますよ。

1-4.シェアプランとは違うデータプランシェアとは?

Y!mobileではデータプランシェアというサービスがあります。シェアプランと名前が似ていますが、内容はまったく異なります。データプランシェアは親回線でスマホプランS/M/Lのいずれか、子回線でデータプランSを同時契約している場合、両者のデータ容量を合算できるサービスです。

例えば、スマホプランM(6GB)とデータプランS(1GB)に加入している場合は、合計7GBを複数の端末で分け合うことができます。メリットとしてデータ消費の無駄を防ぐことが可能です。便利なデータプランシェアですが、スマホプランとデータプランを同時契約していることが前提なので、この条件に該当する方は少ないでしょう。

なお、もしデータプランシェアを利用する場合は、月額無料で申し込み可能です。データプランシェアに申し込む場合は、My Y!mobileにログインして「データプランシェア申込/解除」から手続きを行いましょう。

1-5.シェアプランがおすすめな人

Y!mobileのシェアプランは以下に当てはまる方の利用がおすすめです。

  • タブレット・iPadを2台持ちしたい
  • アプリ専用のサブ機を作りたい
  • データ容量を無駄に余らせたくない

子回線に電話番号が割り当てられないシェアプランは、家族で利用するのは難しいでしょう。そのかわり、自分で複数の通信機器とネット接続したい方には使い勝手がいいです。とくに、データプランLの方は基本使用料が無料なので、とりあえず申し込んでおくのも一つの手です。最もシェアプランに向いているのは、タブレットやiPadを使う方です。

使い方は、メインのSIMカードはスマホに、シェアプランで発行した子回線のSIMカードをタブレットに挿入します。これで、一つの契約でスマホとタブレットを2台持ちすることが可能です。注意点として、Y!mobileでタブレット・iPadを使う場合はSIMフリー化されている必要があります。SIMフリー版タブレットを購入するか、キャリア版タブレット・iPadなら事前に「SIMロック解除」を行っておきましょう。

その他、アプリ専用のサブ機を作りたい方やデータ容量を余らせたくない方にもシェアプランはおすすめです。Y!mobileではデータ容量の翌月繰り越しに対応していません。無駄なくデータ容量を使い切るなら、シェアプランを使った方がいいですよ。

2.Ymobile(ワイモバイル) シェアプランの申し込み方法

ここでは、シェアプランの申込み方法と注意点について詳しく解説していきます。

2-1.申し込みはワイモバイルショップにて

シェアプランに申し込むにはワイモバイルショップで手続きを行います。オンライン(My Y!mobile含む)、電話からは申し込みできません。最寄りのワイモバイルショップを探す方法は、「Y!mobile(ワイモバイル)を店舗で契約する方法」の記事にて解説しています。ワイモバイルショップで申し込む際は、親回線・子回線の名義は同一人物であることが条件です。

対象プランはスマホプランS/M/L、データプランS/L、対象機種の条件はありません。なお、Y!mobileの新規契約時にシェアプランを申し込まなかった場合は、SIMカードを追加するごとに契約事務手数料3000円がかかるので注意してください。

2-2.初月にシェアできるデータ容量は3GBまで

シェアプランの利用開始月は、どのプランでも最大3GBまでしかシェアできないルールです。子回線で3GB以上データ消費すると速度制限がかかります(子回線のみ)。翌月からは通常に戻り、各プランの基本データ容量をシェアできるようになります。

解約金は不要

シェアプランを解約する際は、申し込みと同様にワイモバイルショップにて手続きします。子回線のSIMカードに解約金はかからないので安心して下さいね。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)のシェアプランについて詳しく解説してきました。シェアプランは最大3枚までSIMカードを追加することができます。通話機能はありませんが、スマホプランL・データプランLなら無料でシェアプランを使えるのが魅力的です。

シェアプランの申し込みはワイモバイルショップにて手続きを行いましょう。家族で利用するには難しいY!mobileのシェアプランですが、一人で複数の通信機器を使う場合には重宝できるサービスですよ。

【Y!mobile】もはや格安SIMではない速度
ymobile
  • 全格安SIMで通信速度No1
  • 初年度1980円から契約可
  • 実質0円の人気機種が多数
  • 新型iPhoneの利用OK
  • 全プランに10分かけ放題

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

▼WEB契約なら10分

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。