Y!mobile(ワイモバイル)でセット購入できるタブレット【口コミも調査】

ワイモバイルのタブレット

Y!mobile(ワイモバイル)で購入できるタブレットってどうなの・・・?

ワイモバイルはスマホだけでなくタブレットも取り扱っています。どんな端末があるのか、口コミやスペックが気になるところです。

そこでこの記事では、ワイモバイルで購入できるタブレットを全比較。また、タブレット向けの料金プランについても詳しく考察していきます。

ぜひ、参考にして下さいね。

CHECK!

ワイモバイルの詳細を見る

1.口コミはどう?Y!mobile(ワイモバイル)で購入できるタブレット

ワイモバイルで購入できるタブレットが気になります。

OK、すべての端末を紹介していくわね。

まずは、ワイモバイルで購入できるすべてのタブレット(全4種類)を、口コミも合わせてご紹介していきますね。

MEMO
タブレット端末のみ購入することはできません(データSIMとセット契約する必要あり)

※各端末の口コミは価格.comを参考にしています

①MediaPad T2 Pro

MediaPad T2 Pro

スペック

メーカー HUAWEI
カラー ホワイト
ブラック
OS Android 6.0
CPU MSM8939 1.5GHz/1.2GHz(オクタコア)
RAM
(メモリ)
2GB
ROM
(ストレージ)
16GB
画面サイズ 10.1インチ
カメラ性能 アウト:800万画素
イン:200万画素
バッテリー容量 6500mAh

MediaPad T2 Proは10.1インチのワイド画面が特徴的です。一人だけでなく、家族や友達と楽しめるサイズとなっています。

6500mAhの大バッテリーに消費電力を抑えるオクタコアCPUを搭載。スペック的には、必要十分です。

HUAWEI(ファーウェイ)」らしく、高コスパなのも魅力の端末です。

POINT
どのタブレットを選べば良いかわからない場合は、こちらの端末がおすすめ

口コミ

メモリーは2Gと少ないけど利用用途が動画鑑賞だけと決まってるので問題なし。

処理速度はまぁまぁで、YouTubeの視聴には問題ありません。

10インチのフルHDタブレットがこの価格で買えるということで、価値があると思います。

この値段のタブレットに多くを求めることも無いと思うので使用範囲を限定すれば安定して使える機種だと思います。

②Mediapad M3 Lite s

Mediapad M3 Lite s

タブレットで映画や音楽を楽しみたい方は、Mediapad M3 Lite sがおすすめです。

SIMフリースマホでも圧倒的な人気を誇る「HUAWEI(ファーウェイ)」が開発した、スーパーワイドサウンドシステムで迫力のある音を楽しめます。

他のタブレットと比べて、音圧が全然違いますよ。

画面サイズは8インチでバッテリーは4650mAhとなります。メモリは2GBと標準ですが、独自のUI設計でサクサクと快適にアプリが動作します。

スペック

メーカー HUAWEI
カラー ホワイト
OS Android 7.0
CPU MSM8940(オクタコア)1.4GHz+1.1GHz
RAM
(メモリ)
2GB
ROM
(ストレージ)
16GB
画面サイズ 8インチ
カメラ性能 アウト:800万画素
イン:800万画素
バッテリー容量 4650mAh

口コミ

メモリ2GBではサクサクは望めないが、コスパは良い。

アプリを外部ストレージ(SDカード)にインストールできないので、追加するアプリは厳選しないとやはり直ぐにいっぱいになってしまう。

カメラは前後800万画素でほどほどの画像が撮れるのだが、ピントがなかなか合わずイラつく。

画面タッチも反応したのかしてないのかがわかりにくく、切り替わるまでのタイムラグが考えられないほど長い。

③Lenovo TAB4

Lenovo TAB4

スペック

メーカー レノボ
カラー ブラック
OS Android 7.1
CPU MSM8953(オクタコア)2.0GHz
RAM
(メモリ)
2GB
ROM
(ストレージ)
16GB
画面サイズ 10インチ
カメラ性能 アウト:800万画素
イン:200万画素
バッテリー容量 7000mAh

10インチの大きな画面が特徴的なLenovo TAB4。フルセグにも対応しているため、タブレットでゴロゴロしながらテレビを見たい方にぴったりです。

また、防水に対応しているため、お風呂でテレビを見ることもできます。

大きな画面に目を引かれますが、指紋認証や最新OS搭載など細かな機能も充実。バッテリーは7000mAhの大容量です。

見た目もスッキリとしたデザインで大人向けのカラーとなっています。

口コミ

解像度低いのになぜか綺麗です。Z300Mは同じ解像度で画面が滲んでた。

やはり10インチはデカいです

結果的に、コスパ抜群なので、安さ重視の人にはいいと思います。

思っていたより処理速度が遅いです

④Lenovo TAB3

Lenovo TAB3

スペック

メーカー レノボ
カラー ブラック
ホワイト
OS Android 6.0
CPU MT8735 1.3GHz(クアッドコア)
RAM
(メモリ)
2GB
ROM
(ストレージ)
16GB
画面サイズ 8インチ
カメラ性能 アウト:500万画素
イン:200万画素
バッテリー容量 4290mAh

そこまで高機能を求めない方は、Lenovo TAB3がいいでしょう。

画面サイズは8.0、バッテリーは4290mAh、カメラ性能は500万画素と、どれも標準レベルですが、日常使いには十分なスペックです。

画面はHDディスプレイで綺麗な映像が広がります。 また、ドルビーのスピーカーを搭載しているので、音質が非常に良いのも特徴的です。

防水、テレビ視聴の機能を求める方は、ワンランク上のLenovo TAB4を購入しましょう。特に不要な方は、コスパの良いLenovo TAB3で十分ですよ。

口コミ

普段使いには全く不自由が無く快適ですので、パソコンは殆ど使わなくなりました。

最近AmazonプライムビデオやNETFLIXの録画機能が外部SDカードに保存できるようになり、使い勝手が更に向上しました。

値段に文句はないですが、無線LANが802.11aに対応していないところがマイナスですね。

この値段で使えるタブレットと思えば、カメラ以外は不満は感じません。

2.タブレット向けの料金プランとは?

タブレットの契約だと、どんな料金プランになりますか?

データベーシックプランで契約するか、シェアプランを使うかの2択ね。

①タブレット単体で契約するならデータベーシックプランS/L

ワイモバイルでタブレットを利用する場合は、端末とデータSIMをセット契約します。用意されている料金プランは、以下の2つです。

データ容量 月額料金
データベーシックプランS 1GB 1980円
データベーシックプランL 7GB 3696円
MEMO
実際の利用料金は、タブレットの端末代金も合わせて請求される

データ容量を使い切ったら、128kbpsの通信制限がかかります(500MB/500円で追加チャージ可)。

なお、いつ解約しても解約金は0円です。

TOPIC
タブレットを安く購入できる「セットでおトクキャンペーン2」は2019年9月で終了
ワイモバイルのデータsimプランY!mobile(ワイモバイル)のデータSIMプランはおすすめしない?

②スマホと2台持ちするならシェアプラン

ワイモバイルのタブレットは、シェアプラン(子回線専用プラン)で利用することもできます。

シェアプランとは、親回線から子回線へデータ容量を分け合う仕組みのこと。1人で利用してもOKです。

シェアプラン

シェアプラン

シェアプランは、スマホとタブレットの2台持ちに便利です。

スマホベーシックプラン」の親回線でスマホを利用。余ったデータ容量を子回線のSIMカードにシェアしてタブレットで使えます。

シェアプランの利用料金

月額基本料金 シェアプラン
利用料
合計
(維持費)
スマホベーシックプランS
(3GB)
1980円 980円 2960円
スマホベーシックプランM
(9GB)
3680円 490円 4170円
スマホベーシックプランR
(14GB)
4680円 490円 5170円
データベーシックプランL
(7GB)
3696円 0円 3696円

※月額基本料金は新規割適用の価格
※旧プラン(スマホプランS/M/L・データプランS/L)でも利用可

シェアプランを利用する際は、各プランの月額基本料金+シェアプラン利用料の合算となります。

スマホベーシックプランM/Rなら、シェアプラン利用料を安く抑えることができますよ。スマホとタブレットでSIMカードを分けるよりお得です。

ワイモバイルのシェアプランY!mobile(ワイモバイル)のシェアプランとは?毎月の維持費も丸わかり

3.【注意】Y!mobile(ワイモバイル)のタブレットはオンラインストアで購入できない

オンラインで注文できないんですか?

ええ、残念ながらタブレットは実店舗限定なの。

現在、ワイモバイルのタブレットはオンラインストアで購入できなくなっています。

オンラインでタブレットを購入しようとすると、「在庫のある店舗を確認」のボタンしか表示されずカートに移動できません。

オンラインストアで購入不可

オンラインストアで購入不可

そのため、ワイモバイルでタブレットを購入する場合は、実店舗の「ワイモバイルショップ」を利用しましょう。

なお、「スマホの契約」ならオンラインストアで手続きできます(オンラインなら契約事務手数料0円)。

4.【まとめ】タブレットを安く使おう

この記事ではY!mobile(ワイモバイル)のタブレットについて、料金プランからおすすめ端末まで詳しく解説してきました。

料金プランは大手キャリアよりも格安となるので、通信費の節約が見込めます。 端末はファーウェイとレノボシリーズから、好きな端末を選択可能です。

契約の際は、データベーシックプランを利用します。

既にスマホベーシックプランを契約している、あるいはこれからスマホと2台持ちしたい方は、シェアプランを利用するとお得ですよ。

ワイモバイルでタブレットを安く利用しましょう。

CHECK!

ワイモバイルの詳細を見る