Y!mobile(ワイモバイル)

キャンペーンで安い!Y!mobile(ワイモバイル)のタブレットを全解説

ワイモバイル タブレット
まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

Y!mobileで購入できるタブレットってどうなの・・・?

格安SIMカードやスマホ、ポケットWi-Fiの提供で有名なY!mobile(ワイモバイル)ですが、タブレットも取り扱っています。

そこで気になるのは、Y!mobileでタブレットを購入するメリットはあるのか?お得な気もするし損する気もするし、ちょっとよく分からないですよね。

この記事では、Y!mobileのタブレットについて、料金プランからキャンペーンの有無まで徹底調査しました。おすすめのタブレット端末も合わせて紹介しているので、ぜひ参考にして下さいね。

1.キャンペーンを利用してタブレットを購入できる?

Y!mobileのタブレットについて、一番気になるのがキャンペーンの有無ですよね。ここではキャンペーンを利用して、お得にタブレットを購入できるのか?解説していきます。

1-1.セット購入で月額料金が激安に

Y!mobileタブレットのキャンペーンは、セット契約した方が対象となります。キャンペーン名は、「セットでおトクキャンペーン2」です。キャンペーン内容と適用条件は以下の通りです。

セットでおトクキャンペーン2

キャンペーン内容

データプランSの基本使用料が毎月割引されます。また、端末によっては機種代0円になります。

  • 割引額:1500円(月額2480円→月額980円)
  • 機種代0円対象:Lenovo TAB3、MediaPad M1、Car Wi-Fi

※MediaPad M1 Car Wi-Fiのみ最大1980円割引となります

適用条件

スマホ、ガラケー、ポケットWi-FiのいずれかでY!mobileと契約していたらキャンペーンが適用されます。

1-2.レノボタブレットが0円で購入できる

セットでおトクキャンペーン2で特に目玉となっているのが、人気のレノボシリーズが0円になることです。0円対象のLenovo TAB3は最新の人気機種なので、抱き合わせで契約させられた感がまったくありません。

Lenovo TAB3は通常購入した場合、税込36936円かかります。キャンペーン適用されると、36936円→0円となります。

こちらが、セットでおトクキャンペーン2を適用して、機種代を無料(一括0円)にした明細の画面です。

ワイモバイル タブレットキャンペーン

キャンペーン適用で端末代が0円

Lenovo TAB3を通常購入する画面ではキャンペーン適用になりませんので、こちらの「キャンペーン適用ページ」から購入しましょう。

2.Y!mobileでタブレットを契約した際の料金プラン

ここでは、Y!mobileでタブレットを契約した際の料金プランについて詳しく解説していきます。

2-1.データプランS/L

Y!mobileでタブレットを契約する際は、データ通信専用プランを利用します。用意されているのは、データプランS/Lです。

  • データプランS(1GB):月額1980円
  • データプランL(7GB):月額3696円

実際の利用料金は、上記の基本料金とタブレットの端末代金が合わせて請求されます。

通信速度制限

データプランSの高速データ通信量は1GB、データプランLの高速データ通信量は7GBとなります。それぞれ高速データ通信量を使い切ったら、通信速度制限にかかり通信速度が128kbpsの低速通信となります。

速度制限は翌月になれば解除されますが、翌月まで待てない場合は500MB/500円で追加容量を購入することも可能です。

2-2.解約方法

データプランS/Lは、

  • Y!mobileショップ
  • 電話

のいずれかで解約ができます。お近くにY!mobileショップ、あるいはY!mobile取扱店が入っている家電量販店がある場合は、店舗で解約手続きを行うといいでしょう。

Y!mobileショップまで行くのが面倒な場合は、カスタマーセンターから解約が可能です。

■カスタマーセンター電話番号:116(固定電話は0120-921-156)

あわせて読みたい
ワイモバイル
Y!mobileを解約するには?解約金から最低利用期間まで全解説Y!mobileの解約ってどうすればいいんだろう・・ Y!mobileを解約する際に、まず気になるのが解約金の有無ですよね。そして...

2-3.契約期間と解約金

データプランS/Lは契約期間が3年と決まっています。3年以内に解約すると、契約解除料として解約金(違約金)が9500円かかります。

■契約期間:3年/解約金:9500円

3年ごとに訪れる2ヶ月間の更新月に解約すれば解約金は0円です。更新月に解約しなければ、再度3年の自動更新が続きます。

契約期間がないベーシックプラン

契約期間のルールがどうしても嫌な場合は、契約期間なしのベーシックプランに加入できます。

  • データベーシックプランS(1GB):3980円
  • データベーシックプランL(7GB):5696円

データベーシックプランは通常のデータプランS/Lに比べて、月額料金が2000円高くなります。そのため、5ヶ月以上継続利用するなら解約金(9500円)ありのデータプランS/Lで契約した方がお得です。

データベーシックプランは短期間だけY!mobileタブレットを利用したい方のみ契約しましょう。

2-4.シェアプランも利用可能

Y!mobileのタブレットはシェアプラン(子回線専用プラン)も利用できます。シェアプランとは、親回線から子回線へデータ通信量を分け合う仕組みのことです。1人でシェアプランを利用することも可能です。

ワイモバイルのシェアプラン

Y!mobileのシェアプラン

シェアプランは、スマホプランS/M/LかデータプランS/Lに加入していれば利用できます。利用料金は以下の通りです。

  • スマホプランS、データプランS:月額980円(1GBをシェア)
  • スマホプランM:月額490円(3GBをシェア)
  • スマホプランL、データプランL:月額0円(7GBをシェア)

スマホプランS/M/Lは、キャンペーンが効いてデータ通信量が2倍となるため実質は、

  • スマホプランS → 2GB
  • スマホプランM → 6GB
  • スマホプランL → 14GB

のデータ通信量をシェアできます。Y!mobileはデータ通信量の繰越ができないので余った容量を無駄にしないためにも、とりあえずシェアプランに申し込んでおくのも一つの手でしょう。データプランLの方は割引が効いて月額利用料0円となります。

2-5.月額料金は安い?

Y!mobileのタブレット利用料金は安いのでしょうか?ドコモのタブレット利用料金と比較してみましょう。

Y!mobile

  • 1GB:月額1980円(スマホとセットなら980円)
  • 7GB:月額3696円

ドコモ

  • 2GB:月額5500円
    (データSパック3500円+基本使用料1700円+WEB接続料300円)
  • 5GB:月額7000円
    (データMパック5000円+基本使用料1700円+WEB接続料300円)

Y!mobileとドコモは同じデータ通信量の料金プランが無いためやや比較しずらいのですが、両者を1GBあたりのデータ通信量で計算し直すと、

  • Y!mobile:1GBあたり1980円(スマホとセットなら980円)
  • ドコモ:1GBあたり2750円

となりました。auとソフトバンクもドコモとタブレット利用料金はほぼ同じです。

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)とY!mobileのタブレット利用料金を比較すると、約800円Y!mobileの方が安いことが分かります。年換算すると約1万円なので、決して小さな差ではありません。

3.口コミ評価の高いタブレット端末

Y!mobileで口コミ評価の高いタブレットをご紹介します。

※端末のみ購入はできない

Y!mobileではタブレットを端末のみ購入することができません。必ず、データプランの契約が必要となります。

3-1.Lenovo TAB4

Lenovo TAB42018年3月発売

10インチの大きな画面が特徴的なLenovo TAB4。フルセグにも対応しているため、タブレットでゴロゴロしながらテレビを見たい方にぴったりです。また、防水に対応しているため、お風呂でテレビを見ることもできます。

大きな画面に目を引かれますが、指紋認証や最新OS搭載など細かな機能も充実。カメラはハイスペックスマホと同等の1600万画素を搭載。バッテリーは7000mAhの大容量です。

見た目もスッキリとしたデザインで大人向けのカラーとなっています。Y!mobileのタブレットで何を選べば良いのかわからない方は、Lenovo TAB4を購入すれば間違いありませんよ。

3-2.Mediapad M3 Lite s

Mediapad M3 Lite s

2018年3月発売

タブレットで映画や音楽を楽しみたい方は、Mediapad M3 Lite sがおすすめです。SIMフリースマホでも圧倒的な人気を誇るHUAWEIが開発した、スーパーワイドサウンドシステムで迫力のある音を楽しめます。他のタブレットと比べて、音圧が全然違いますよ。

画面サイズは8インチでバッテリーは4650mAhとなります。メモリは2GBと標準ですが、独自のUI設計でサクサクと快適にアプリが動作します。

3-3.Lenovo TAB3

Lenovo TAB3

そこまで高機能を求めない方は、Lenovo TAB3がいいでしょう。画面サイズは8.0、バッテリーは4290mAh、カメラ性能は500万画素と、どれも標準レベルですが、日常使いには十分過ぎるスペックです。画面はHDディスプレイで綺麗な映像が広がります。

また、ドルビーのスピーカーを搭載しているので、音質が非常に良いのも特徴的です。防水、テレビ視聴の機能を求める方は、ワンランク上のLenovo TAB4を購入しましょう。特に不要な方は、コスパの良いLenovo TAB3で十分ですよ。

4.Y!mobileのタブレットに関するQ&A

4-1.ケース・カバーは購入できる?

Y!mobile内でタブレットのケースやカバーを購入できるかについては、機種によって変わります。

ネット通販の場合、

から、カバーを含めた周辺機器(充電器やアクセサリーなど)が購入可能です。

ただし、タブレットの周辺機器は充実度が乏しく、希望の端末のケース・カバーが見つからない可能性の方が高いでしょう。その場合は、家電量販店、楽天市場、Amazonなどで別途カバーを購入しましょう。

4-2.購入できるタブレットはSIMフリー端末?

Y!mobileのタブレットは残念ながら基本的にSIMフリー端末ではありません。Y!mobileのSIMロックがかかっているため、Y!mobile解約後に他社のSIMカードを使う場合は、SIMロック解除が必要となります。SIMロック解除はMy Y!mobileかY!mobileショップにて手続きが可能です。

基本的にはSIMロックがかかっているY!mobileのタブレットですが、一部SIMフリー端末もあります。現在販売されている機種は、SurfaceがSIMフリー端末です。

Y!mobileオンラインストアのタブレット販売ページからは、SIMフリー端末かどうか記載が無いため判断するにはY!mobileのスタッフに質問する必要があります。

Y!mobileのSIMロック解除についてはこちらの記事でも解説しています。

あわせて読みたい
対象機種なら5分!Y!mobile(ワイモバイル)のSIMロック解除方法Y!mobileで購入した機種をSIMロック解除するにはどうすればいい? Y!mobile(ワイモバイル)のSIMロックがかかって...

5.まとめ

いかがでしたか?

この記事ではY!mobile(ワイモバイル)のタブレットについて、料金プランからおすすめ端末まで詳しく見てきました。料金に関しては大手キャリアよりも格安となるので、通信料金の節約が見込めます。端末もレノボシリーズをはじめ人気機種が用意されていますよ。

Y!mobileのタブレットはスマホとセット契約すればキャンペーンが適用となります。スマホプランにまだ契約していない方は、タブレット契約を機会に検討してみるといいでしょう。

スマホもY!mobileに変える場合はこちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
ワイモバイルオンラインストア
オンラインストアでY!mobile(ワイモバイル)と簡単契約する方法オンラインで楽にY!mobileと契約したい・・・ いざY!mobile(ワイモバイル)に契約しようと思っても、なかなか重い腰が上...
まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)