コメント欄にご質問・感想をどうぞ

LINEモバイルの料金プランとは?初期費用・オプション・日割りの有無も分かる

lineモバイルの料金プラン

お知らせ

2020年4月より、楽天モバイル(楽天アンリミット)がキャリア移行に伴い破格のキャンペーンを行っています。

 

キャンペーン内容

  • 1年間無料
  • 最大20800円分のポイント還元

楽天アンリミットは、月額2980円でデータ使い放題。速度制限時も1Mbpsが保証されます。

控えめに言って大手3キャリア&全格安SIMを凌駕する最強プランです。

実際の使い心地をレビューしているので、ぜひご覧ください。

>楽天アンリミットの体験レビューを見る

この記事で分かること

  • LINEモバイルの料金表&オプション一覧
  • 乗り換えに必要な全費用(初期費用含む)の内訳
  • 日割り請求の例
  • ドコモ・au・ソフトバンク回線の具体的な違い

LINEモバイルではどんな料金プランを利用できるのか気になりますよね。毎月どれくらい料金がかかるのか、乗り換え前に知りたいところです。

この記事では、LINEモバイルの料金プランを徹底解説。他社にはないデータフリーオプションについても言及しています。

また、初期費用や日割りの有無、通話料についても解説していきますよ。

3GBで1480円、12GB使っても3200円までスマホ代を節約できるLINEモバイル。この記事を参考に、毎月かかる利用料金を把握しましょう。

CHECK!

LINEモバイルの体験レビューを見る

5ヶ月半額

LINEモバイル

1.LINEモバイルの料金プランとは?

LINEモバイルの料金って、分かりやすいですか?

ええ、毎月使いたいデータ容量を選ぶだけよ。

こちらが、LINEモバイルの料金プランです。

料金プラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
500MB 600円 1100円
3GB 980円 1480円
6GB 1700円 2200円
12GB 2700円 3200円
TOPIC
全格安SIMの中でトップクラスの安さ

ご覧の通り、料金表はとってもシンプル。メインでスマホを使うなら、通話機能付きの音声通話SIMで乗り換えましょう。

データ容量は、迷うならとりあえず3GBがおすすめ。あとからいつでも、無料でプラン変更ができます。

回線は、

  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク

のトリプルキャリアに対応。他社だと、ソフトバンク回線は高くなりがちですが、LINEモバイルはドコモ・auと共通価格。

最も安くソフトバンク回線を利用できます。

トリプルキャリア対応なので、手持ちのキャリア端末をそのまま使えます(SIMロック解除不要)。

次章で詳しく説明しますが、LINEモバイルにはデータフリー(特定アプリが使い放題)を付けることができます。LINEアプリなら、無料でデータフリーが使えますよ。

TOPIC
2020年2月から新プランに移行

LINEフリープラン

データ容量 月額料金
データSIM データSIM
SMSあり
音声通話SIM
1GB 500円 620円 1200円

※データフリー:LINEアプリ

コミュニケーションフリープラン

データ容量 月額料金
データSIM
SMSあり
音声通話SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円

※データフリー:LINEアプリ、Twitter、Instagram、Facebook

MUSIC+プラン

データ容量 月額料金
データSIM
SMSあり
音声通話SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円

※データフリー:LINEアプリ、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC

注意
旧プランは新規受付終了

2.全プランにデータフリーオプションが付く

データフリーオプション?

LINEやSNSが使い放題になるオプションのこと。LINEモバイルらしく、LINEアプリは無料で使い放題よ。

LINEモバイルの最大の特徴がデータフリーオプションです。LINE・SNSのサービスに、データフリー(カウントフリー)を活用できます。

MEMO
データフリーとは、対象アプリのデータ消費がなくなること。対象アプリは速度制限時でも高速通信が可能。

データフリーオプション

データフリー対象 オプション料金
LINEデータフリー LINE 0円
SNSデータフリー LINE・Twitter・Facebook 280円
SNS音楽データフリー LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC 480円

料金プランを選択する際は、上記のデータフリーオプションを必ず選択します。

オプションと名前が付いていますが、LINEデータフリーなら0円です。

InstagramがSNSデータフリーに入っていないのは残念ですが、ヘビーユーザーなら月額480円の元は取れるでしょう。

POINT
Instagramは画像を読み込むので、データ消費が大きい
lineモバイルのカウントフリーLINEモバイルはカウントフリー(データフリー)とは?【対象外サービスに注意】

3.その他のオプションまとめ

他にもオプションって、あるんですか?

ええ、一覧にまとめたから確認してね。

LINEモバイルでは、データフリーオプションのほか以下のオプションに申し込めます。

オプション一覧

オプション名 月額料金
10分電話かけ放題オプション 880円
端末保証オプション 450円※
Wi-Fiオプション 200円
ウイルスバスターオプション 420円
LINE MUSICオプション 750円
留守番電話プラス 300円
割込通話 200円
グループ通話 200円
通話明細 100円
迷惑電話ストップ 100円

※持ち込み端末は500円

加入者が多いオプションは、10分電話かけ放題と端末保証です。

端末保証オプションは、新規契約時しか加入できません。端末価格が5万円を超える場合は、加入を検討するといいでしょう。

MEMO
フィルタリング・留守番電話・転送電話はオプション料金なしで利用OK

4.初期費用は3400円

初期費用が気になります。

初期費用が3400円かかるわ。その他、乗り換えに必要な費用も合わせてチェックしてね。

LINEモバイルの初期費用は3400円です。契約するプランやSIMカードタイプに関わらず請求されます。

初期費用の内訳

  • 登録事務手数料:3000円
  • SIMカード発行手数料:400円

その他、現在の携帯会社を解約した場合、以下の費用もかかります。

その他の費用

  • MNP転出手数料:2,000~3,000円
  • 解約金:0~9500円

すべてを合わせて、LINEモバイル乗り換えに必要な費用は5400円~15900円と考えておきましょう。

LINEモバイルに乗り換えれば毎月4000~5000円くらいスマホ代が安くなるので、3~4ヶ月で元が取れますよ。

5.初月の利用料金は日割りあり

初月の料金って、日割りがありますか?

ええ、もちろん。日割りありだから、いつ契約しても損しないわよ。

初期費用を除く初月の利用料金は、日割り請求(通話料除く)となります。月末の契約でも損しないので安心して下さい。

例:3GBプラン(1480円)を20日に契約

→請求額は残り10日分の493円

※30日の月で計算

なお、料金は日割りでもデータ容量は日割りになりません。そのため、月末契約なら1日分の日割り請求で満額のデータ容量を貰えますよ。

6.ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の違いと選び方

LINEモバイルは3回線が選べますけど、何か違いってあるんですか?

基本サービスは同じだけど、オプション内容が一部異なるの。選び方も含めて説明するわね。

はじめはドコモ回線しか対応していなかったLINEモバイル。今では、トリプルキャリア対応の格安SIMとなりました。

TOPIC
2018年にソフトバンク回線、2019年にau回線の提供スタート

プラン価格はどの回線を選んでも同じです。

POINT
LINEモバイルのソフトバンク回線は、ソフトバンク系格安SIMの中で最安値

各回線の違いは、

  • 通信エリア
  • 通話オプション

の2点となります。

MEMO
速度は横並びだが、ソフトバンク回線がドコモ・au回線より若干速い

違い1:通信エリア

  • ドコモ回線 → ドコモ
  • au回線 → au
  • ソフトバンク回線 → ソフトバンク

違い2:通話オプション

ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
留守番電話 無料
留守番電話プラス 月額:300円
保存件数:20件
保存期間:72時間
月額:300円
保存件数:99件
保存期間:1週間
月額:300円
保存件数:100件
保存期間:1週間
グループ通話 月額:200円
最大3人
月額:200円
最大6人
迷惑電話ストップ 無料
最大30件
月額:100円
最大30件
月額:100円
最大20件

通話オプションについて、若干サービス内容が異なるものの、あまり気にするレベルではありません。

各回線の選び方は、手持ちのキャリア端末を利用する場合は同キャリアの回線で契約します。

同キャリアに回線を合わせれば、一部の古い端末を除いてSIMロック解除が不要となります(SIM入れ替えだけで乗り換えOK)。

回線の選び方

  • ドコモ端末を利用 → ドコモ回線
  • au端末を利用 → au回線
  • ソフトバンク端末を利用 → ソフトバンク回線

SIMフリースマホあるいは端末セットで契約する場合は、どの回線を選んでもOK。強いて言えば、速度面でやや有利なソフトバンク回線がおすすめです。

7.通話料は30秒あたり20円

通話料って、どれくらいかかりますか?

30秒で20円が基本だけど、もっと安くする方法があるわよ。

LINEモバイルの通話料は20円/30秒となります。この金額は大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)も他の格安SIMも同じです。

通話料を下げたい場合は、いつでも電話を使うといいでしょう。無料で使えるいつでも電話は、通話料を半額(10円/30秒)にできます。

毎月の通話時間が長い場合は、かけ放題の利用も検討しましょう。

lineモバイルの通話料LINEモバイルの通話料は高い?

8.この記事のまとめ

この記事では、LINEモバイルの料金について詳しく解説してきました。

LINEモバイルはどの料金プランにもデータフリーが付いているため、LINEやSNSをたくさん使う方はデータ消費を節約できます。

新プラン移行により、プラン内容はとってもシンプルに。好きなデータ容量と回線を選べば簡単に契約できます。

手持ちのキャリア端末を使う場合は、同キャリアの回線を選んで下さいね。

大手キャリアから乗り換えると、半額から3分の1くらいスマホ代を節約できますよ。

おさらい

LINEモバイルの料金はいくら?

音声通話SIMは1100円、データSIMは600円から契約できます。全プラン、データフリーオプション(無料あり)を付けられます。

 

初期費用はいくらかかる?

登録事務手数料+SIMカード発行手数料で3400円です。

 

ドコモ・au・ソフトバンク回線に違いはある?

通信エリアと通話オプションに違いがあります。速度はほぼ横並びです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。