LINEモバイル(ラインモバイル)

毎月いくら?LINEモバイルの料金プランを全解説

lineモバイルの料金プラン

LINEモバイルに乗り換えると、利用料金はどうなるのでしょうか?

この記事では、LINEモバイルの料金プランをすべて解説。通話料やデータフリーの内容まで初心者でも分かりやすく説明しています。また、料金プランの選び方や月額料金シミュレーションも行っているため参考にして下さいね。

【LINEモバイルの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

lineモバイル詳しくはこちら>>

  • LINEアプリがカウントフリー(通話含む)
  • LINE Payでも支払いOK
  • Twitter・Instagram・Facebookが使い放題
  • トップクラスの通信速度
  • プランは月額500円からの選択可

LINEモバイルの公式サイト

1.LINEモバイルの料金プランとは?

LINEの料金プランは、

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

の3種類があります。また、それぞれのプランでドコモ回線・ソフトバンク回線の選択が可能です。詳しいプラン内容を見ていきましょう。

(1)LINEフリープラン(月額500円~)

LINEフリープランは普段LINEくらいしかスマホを使わないライトユーザー向けの料金プランです。月額500円から利用できるLINEモバイルの最安プランとなっています。

LINEフリープランの内容

■データフリー:LINEアプリ

データ容量 月額料金
データSIM データSIM
SMSあり
音声通話SIM
1GB 500円 620円 1200円

LINEフリープランで選べるデータ容量は1GBのみです。シンプルで分かりやすいですね。また、LINEアプリがデータフリー(カウントフリー)となります。データフリーでは、対象アプリに限り、データ消費量が0となります。

LINEアプリがデータフリーなので、LINEアプリの無料通話、トーク、画像・動画送信、タイムラインの閲覧がすべて使い放題です。LINEさえ使えればOKな方には十分なプランです。

(2)コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープランはLINEモバイルで最も人気のプランです。選べるデータ容量はシンプルに4種類。最大の特徴は、LINEアプリに加えてSNSがデータフリーになることです。詳しい料金プランの内容は以下の通りです。

コミュニケーションフリープランの内容

■データフリー:LINEアプリ、Twitter、Instagram、Facebook

データ容量 月額料金
データSIM
SMSあり
音声通話SIM
3GB 1110円 1690円
5GB 1640円 2220円
7GB 2300円 2880円
10GB 2640円 3220円

コミュニケーションフリープランはスマホ利用の8割以上はLINEとSNSという方にはぴったりのプランです。特に、大量の画像を表示するInstagramはデータ消費が大きいので、データフリーなのは非常に助かります。1GBプランはありませんが、小容量なら3GBから契約可能です。

(3)MUSIC+プラン

MUSIC+プランはコミュニケーションフリープランにLINE MUSICを合わせた内容です。詳しくは以下の通りです。

MUSIC+プランの内容

■データフリー:LINEアプリ、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC

データ容量 月額料金
データSIM
SMSあり
音声通話SIM
3GB 1810円 2390円
5GB 2140円 2720円
7GB 2700円 3280円
10GB 2940円 3520円

コミュニケーションフリープランと比べてやや値上がりした感がありますが、LINE MUSICがデータフリーになれば、かなりのデータ消費を節約できます。LINE MUSICはダウンロード・ストリーミングで予想以上にデータを消費するため、データフリーが付いていると安心です。逆に、LINE MUSICを使っていない方には不要な料金プランと言えるでしょう。

1-4.音声通話SIMとデータSIMはどっちを契約する?

LINEモバイルの料金プランで気になるのが、SIMカードの種類です。選択できるのはデータSIM(LINEフリープランはSMSありなしを選べる)と音声通話SIMの2種類です。データSIMの方が安いので魅力的ですが、通常は音声通話SIMを選びます。音声通話SIMとは電話番号が付与される音声通話機能付きのSIMカードのことです。

MNPの手続きを行えば、現在の電話番号を引き継ぐこともできます。対してデータSIMは電話番号が付与されないSIMカードとなります。データ通信専用なので、使用できるのはネットやアプリのみ。ただし、LINEやSkypeでの通話は可能です。以上をまとめると、メインのスマホとしてLINEモバイルに乗り換えるなら音声通話SIMを選びましょう。

1-5.ソフトバンク回線とドコモ回線は何が違う?

LINEモバイルは2018年からソフトバンク回線のプラン提供をはじめました。今まではドコモ回線しか選択できませんでしたが、ソフトバンク回線を選べるようになったのは大きな利点です。気になる、ドコモ回線・ソフトバンク回線の違いですが、料金プランはまったく同じです。

3つの料金プラン(LINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プラン)ともに、ドコモ・ソフトバンク回線は同じ価格となります。通信速度は現在のところソフトバンク回線の方が速いです。ドコモ回線と比べてソフトバンク回線の方が、ユーザー数が少ないため回線混雑による速度低下が起きにくいことが要因です。

その他、両回線で大きく違う点は、手持ちの端末を使う場合の乗り換えやすさです。ドコモ回線を選べばドコモ端末、ソフトバンク回線を選べばソフトバンク端末が乗り換えやすくなります。具体的には同キャリア・回線にすることでSIMロック解除の手続きを行わず、SIMカードを入れ替えるだけでLINEモバイルに契約できます。

すべての端末がSIMロック解除不要になるわけではありませんが、手持ちのドコモ・ソフトバンク端末を使いたい方にとっては利便性が大きく向上しています。

※LINEモバイルでau端末を使いたい場合は必ず「au端末のSIMロック解除」を行って下さい

lineモバイル ソフトバンク回線
LINEモバイルのソフトバンク回線を通信速度から料金プランまで全解説LINEモバイルのソフトバンク回線はどのようなサービス内容なのでしょうか。通信速度やドコモ回線との違いが気になりますよね。この記事では、...

SIMロック解除なしの詳しい条件(iPhone含む)

ドコモ回線でドコモ端末、ソフトバンク回線でソフトバンク端末を使う場合は、多くのケースでSIMロック解除が不要となります。詳しい条件は以下の通りです。

ドコモ回線

  • iPhone:iPhone5c以降はSIMロック解除不要
  • Android:ほぼすべての機種がSIMロック解除不要

ソフトバンク回線

  • iPhone:iPhone5c以降はSIMロック解除不要
  • Android:2017年8月以降の端末はSIMロック解除不要

ドコモ・ソフトバンク回線では、スマホの他に近年発売されたタブレット・iPadも、同キャリアならSIMロック解除不要となります。

1-6.通話料・SMS送信料

LINEモバイルの通話料とSMS送信料は以下の通りです。

  • 通話料:30秒あたり20円
  • SMS送信料:3~30円

通話料もSMS送信料も通常の価格設定となります。どちらも受信側に利用料金はかかりません。通話は国内通話の料金です。国際通話の場合は相手国によって利用料金が変わります。

通話料を安くする方法

LINEモバイルで気になるのが通話料です。LINEモバイルでは、通話料を半額にすることが出来るいつでも電話アプリを利用できます。いつでも電話はアプリを経由して通話するだけで20円/30秒の通話料が10円/30秒になります。LINEの無料通話と違って自分の電話番号を使えるため、仕事やエステサロンの予約などでも活用できますよ。

いつでも電話の利用条件はLINEモバイルに音声通話SIMで契約するのみ。追加料金はかかりません。なお、LINE通話などを除く通常通話で、毎月の通話時間が約45分の方は月額880円の10分かけ放題に加入するとお得ですよ。

1-7.利用できるオプション一覧

LINEモバイルでは以下のオプションに申し込むことができます。

オプション名 月額料金
10分電話かけ放題オプション 880円
端末保証オプション 450円
Wi-Fiオプション 200円
ウイルスバスターオプション 420円
LINE MUSICオプション 500円
留守番電話プラス 300円
割込通話 200円
グループ通話 200円
通話明細 100円
ナンバーブロック 100円

オプションで加入者が多いのが、10分電話かけ放題オプションと端末保証オプションです。端末保証オプションは持ち込み端末に保証を付ける場合は、月額550円となります。端末価格が4万円を超える場合は、オプションの加入を検討するといいでしょう。故障端末の修理・交換に対応してくれます。

なお、LINEモバイルでは月額無料で利用できるオプションとしてフィルタリング、留守番電話、転送電話が使用できます。フィルタリングは小さな子供にスマホを与える時に重宝します。留守番電話は他の格安SIMだと有料の場合が多いので、無料で使えるのはありがたいです。

1-8.初期費用と日割りの有無

まず、LINEモバイルの初期費用は3400円です。登録事務手数料3000円とSIMカード発行手数料400円が初回のみ請求されます。そして、初期費用を除く初月の利用料金ですが、こちら初月無料となります。サービス利用開始日はSIMカードの発送から2日後(MNPの場合は開通手続き後)となりますが、いつ利用開始日になっても初月の利用料金は発生しません。

そのため、契約タイミングは約1ヶ月分の月末より月初の方がお得です。月初なら約1ヶ月分の利用料金を無料にできます。なお、初月の利用料金が無料となるため日割り請求はありません。

1-9.選択できる支払い方法

LINEモバイルは月末締めで翌月に1ヶ月分の利用料金が請求されます。

支払い方法は以下の3つです。

  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Pay カード

口座振替とデビットカードは使用できません。LINE PayとLINE Pay カードの違いですが、LINE PayはLINEアプリ内のクレジットカード決済機能、LINE Pay カードはLINEアプリと連動するプリペイドカードです。支払い方法の中で注目なのがLINE Pay カードです。LINE Pay カードは電子マネーのようなチャージ式のタイプです。

つまり、LINE Pay カードならクレジットカードが無くても銀行振込でチャージできます。また、LINE Pay カードのオートチャージ機能を使えば、残高不足分を自動で口座引き落とししてくれます。つまり、口座振替払いでLINEモバイルと契約している状態となるのです。どうしてもクレジットカードを作成できない方は、LINE Pay カードの利用を検討してみましょう。

毎月LINEポイントが貯まる

LINEモバイルは毎月、利用料金の1%のLINEポイントが貯まります。貯めたLINEポイントはLINEアプリで確認可能。LINEモバイルの利用料金にそのまま充てることができます(Amazonギフト券やnanacoポイントに交換することも可能)。ポイントを獲得できる格安SIMは以外に少ないので、LINEモバイルは恵まれていると言えるでしょう。

1-10.最低利用期間と解約金の有無

LINEモバイルは音声通話SIMで契約した場合に限り、最低利用期間が設定されます。最低利用期間は12ヶ月です。12ヶ月以内に解約すると、解約金(違約金)として9800円が請求されます。なお、12ヶ月が過ぎたらいつ解約しても解約金は無料です。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)では自動更新で2年縛りが永久に続きますが、LINEモバイルは12ヶ月利用すればあとは自由です。

ちなみに、他の格安SIMも12ヶ月の最低利用期間と約1万円の解約金が最も多い設定です。LINEモバイルを解約する際は、マイページから簡単に手続きができます。解約日の指定はできず、いつ申請しても月末解約となります。

lineモバイルの解約
LINEモバイルを解約する方法【解約金・最低利用期間も解説】LINEモバイルを解約するにはどうすればいいのでしょうか? この記事では、LINEモバイルの解約方法を詳しく解説。最低利用期間と解...

2.LINEモバイルの料金プランは安い?

LINEモバイルの料金プランは他社と比べて安いのでしょうか。実際に比較してみました。

2-1.大手キャリアと比較

まずは、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)とLINEモバイルの利用料金を比較してみましょう。ここでは、ドコモのカケホーダイライトプランとLINEモバイルのコミュニケーションフリープランを同じ5GBで比較してみます。

ドコモの月額料金 7000円

  • カケホーダイライトプラン(5分かけ放題):1700円
  • ベーシックパック(5GB):5000円
  • SPモード:300円

LINEモバイルの月額料金 3100円

  • コミュニケーションフリープラン(5GB):2220円
  • 10分電話かけ放題オプション:880円

※備考:LINE・Twitter・Instagram・Facebookがデータフリー

両者を比較した結果、月額料金の差は3900円となりました。LINEモバイルの方がかけ放題の時間が長く、LINEとSNSがデータフリーなのにこの金額差です。auとソフトバンクもドコモとあまり利用料金が変わらないので、ほぼ同じ結果です。長期間LINEモバイルを使えば大手キャリアとの金額差は恐ろしいことになります。

わずか1年で5万、2年で10万・・・年月が経つごとに通信費の差は広がっていきます。

2-2.他の格安SIMと比較しても安い

大手キャリアと比べると月額料金が半額以下になるLINEモバイル。では、他の格安SIMと比べるとどうでしょうか。申し込みが多い1/5/10GBプランで比較してみました。

格安SIM 1GB 5GB 10GB
LINEモバイル 1,200 2,220 3,220
楽天モバイル 2,150 2,960
mineo 1,410 3,130
IIJmio 3,260
BIGLOBEモバイル 1,400
OCN モバイル ONE 3,000
イオンモバイル 1,280
DMMモバイル 1,260 1,910 2,890
nuroモバイル 2,000 3,000

※1GBはLINEフリープラン、5/10GBはコミュニケーションフリープランの価格

結果は、1GBプランで最安値、5/10GBプランは標準の価格設定であることが分かります。一見すると普通の結果に見えますが、忘れてはいけないのがLINEモバイルはデータフリーがプラン価格に含まれていることです。他社はデータフリー(カウントフリー)がオプション扱いなので、純粋なデータ容量だけの金額です。

そう考えると、LINEモバイルはデータフリーが付いて最安値付近の価格設定なので相当安いことが分かります。

3.LINEモバイルの料金プランはどうやって選ぶ?

ここでは、LINEモバイルの料金プランの選び方について詳しく見ていきましょう。

3-1.希望のデータフリー(カウントフリー)を決める

最初に決めたいのが、データフリー(カウントフリー)の内容です。LINEモバイルでは全プランにデータフリーが標準で付いています。

LINEモバイルのデータフリー

  • LINEフリープラン:LINE
  • コミュニケーションフリープラン:LINE、Twitter、Instagram、Facebook
  • MUSIC+プラン:LINE、Twitter、Instagram、Facebook、LINE MUSIC

データフリーの決め方は単純です。普段、動画もゲームもやらない(またはWi-Fiで楽しんでいる)、そしてLINEしか使わないならLINEフリープランを選びます。そして、LINE MUSICのヘビーユーザーならMUSIC+プランを選びます。その他の方は、コミュニケーションフリープランを選択すればOKです。

どれを選べば良いのかわからない方も、コミュニケーションフリープランを選べば間違いありません。

3-2.データ容量の選び方

データ容量は、普段どれくらいのデータ消費を行うかで決めます。ほとんどの方が2~3GBで収まるので、データ容量は3~5GBあたりが多くなるでしょう。ヘビーユーザーの方は10GBプランを選びます。

LINEモバイルの欠点として大容量プランが無いので、普段20GB以上のデータ消費を行う方は上手くデータフリーを活用してデータ消費を節約するか、LINEモバイル以外の「大容量プランが使える格安SIM」に契約するのが賢明です。

参考までに、1GB、3GB、5GBで何ができるのか確認してみて下さい。

1GBで出来ること

用途 1ヶ月あたり 1日あたり
メール 20万通 6666通
YouTube低画質 5時間30分 11分
YouTube高画質 1時間30分 3分
Yahooトップページ 4000回表示 133回表示
Googleマップ 1330回表示 44回表示
音楽 250曲ダウンロード 8曲ダウンロード
ゲームアプリ 25回ダウンロード 0.8回ダウンロード

3GBで出来ること

用途 1ヶ月あたり 1日あたり
メール 60万通 2万通
YouTube低画質 16時間30分 33分
YouTube高画質 4時間30分 9分
Yahooトップページ 12,000回表示 400回表示
Googleマップ 3990回表示 133回表示
音楽 750曲ダウンロード 25曲ダウンロード
ゲームアプリ 75回ダウンロード 2.5回ダウンロード

5GBで出来ること

用途 1ヶ月あたり 1日あたり
メール 100万通 3万3333通
YouTube低画質 27時間30分 55分
YouTube高画質 7時間30分 15分
Yahooトップページ 2万回表示 666回表示
Googleマップ 6650回表示 221回表示
音楽 1250曲ダウンロード 41曲ダウンロード
ゲームアプリ 125回ダウンロード 4回ダウンロード

プラン変更は無料で出来る

LINEモバイルはあとからいつでもプラン変更できます。「LINEモバイルのプラン変更」は無料で手続きできるので、どれくらいデータ容量を消費しているかわからない場合は、とりあえず3GBプランを選んでおきましょう。3GBで足りなければ、あとで5GB以上のプランに変更すればいいだけです。余り悩みすぎないようにして下さいね。

3-3.端末セットの月額料金をシミュレーション

LINEモバイルではSIMカードとともに格安スマホ端末(SIMフリースマホ)をセットで購入できます。すべての端末で、一括払いだけでなく分割払いに対応しています。分割払いの回数は24回。約3万円の端末なら月々1300円くらいで申し込みできます。

ここでは、人気のSIMフリースマホ「HUAWEI P20 lite」を端末セットで購入した場合の月額料金をシミュレーションしてみましょう。

月額料金シミュレーション

■合計 4212円

  • コミュニケーションフリープラン(5GB):2220円
  • 端末代金(HUAWEI P20 lite):1390円
  • ユニバーサルサービス料:2円
  • 通話料(30分):600円

端末セットで契約した場合のリアルな月額料金を算出すると月額4212円となりました。コミュニケーションフリープランの5GBに申し込み、通常通話をいつでも電話(LINEモバイルの通話アプリ)で30分使ったと想定しています。気になる端末代金は、24回の分割払いで毎月1390円です。総額は33360円となります。端末代金の支払いが終わると、月額料金は2822円です。

月額料金はもちろん契約内容によって上記の結果とは変わりますが、おおよその平均値として参考にして下さい。端末代金を含めて4000円程度で収まるのは非常に安いです。初期費用を抑えたい方は、分割払いで端末セットを申し込みましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、LINEモバイルの料金について詳しく解説してきました。選べる料金プランは3種類で内容は非常にシンプルです。どの料金プランにもデータフリーが付いているため、LINEやSNSをたくさん使う方はかなりのデータ消費を節約できます。

料金プランを選ぶ際は、データフリーのサービス内容と毎月使うデータ容量の目安から決めて下さいね。他の格安SIMと比べても安いLINEモバイル。乗り換えると、相当な通信費を節約できますよ。

【LINEモバイル】LINE・SNS好きの味方
LINEモバイル
  • LINEアプリがカウントフリー(通話含む)
  • LINE Payでも支払いOK
  • Twitter・Instagram・Facebookが使い放題
  • トップクラスの通信速度
  • プランは月額500円からの選択可

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい
lineモバイルのプラン変更 LINEモバイル(ラインモバイル)

LINEモバイルでプラン変更する方法

2018.9.11
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
LINEモバイルでプラン変更するにはどうすればいいのでしょうか。LINEモバイルでは簡単な手続きで、料金プランの変更ができます。最初に決めた料金プランが気に入らず途中で変えたくなる …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。