Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)で法人契約するための全知識

ワイモバイル 法人

Y!mobile(ワイモバイル)の法人契約が気になるけどサービス内容がよく分からないとお悩みではありませんか?

Y!mobileの法人契約は個人向けのプラン内容よりも分かりにくいです。月額料金の仕組みや申込み方法が分からず途方に暮れる方も多いことでしょう。この記事では、Y!mobileの法人プランについて徹底解説。プラン内容から申込方法まで詳しく説明しています。ぜひ、参考にして下さいね。

1.Y!mobile(ワイモバイル)の法人プランとは?

さっそく、Y!mobileの法人プランについて詳しい内容を見ていきましょう。

1-1.スマホ向けの料金プラン

Y!mobileに法人契約した際のスマホ向け料金プランは以下の通りです。

プラン 月額料金 法人割
(2回線以上)
ビズ割
(6回線以上)
スマホプランS
(2GB)
2980円 2480円 1980円
スマホプランM
(6GB)
3980円 3480円 2980円
スマホプランL
(14GB)
5980円 5480円 4980円

※全プランに10分かけ放題付き&2年の契約期間あり

スマホプランS/M/LはY!mobileのメインプランです。全プランに通話回数が無制限の10分かけ放題(固定電話宛ても含む)が付いています。スマホプランは通常契約だと割高ですが、契約回線が増えるごとにお得になります。6回線以上ならビズ割が効いて1980円から利用可能。大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と比べて、コスパは圧倒的です。

注意点として2年以内に解約すると9500円の解約金がかかります。2年を過ぎても自動更新される仕組みなので(いわゆる2年縛り)、解約金の支払いは覚悟しておきましょう。2年毎に訪れる契約更新月(2ヶ月)のみ無料で解約できます。なお、解約金が嫌なら、契約期間の縛りが無いスマホベーシックプランが利用できます。

ただし、月額料金が高く契約のメリットはほとんどありません。

スマホベーシックプランの月額料金

  • スマホベーシックプランS(2GB):5480円
  • スマホベーシックプランM(6GB):6480円
  • スマホベーシックプランL(14GB):8480円

この価格設定なら解約金を払ってでも、通常のスマホプランに加入した方がましです。素直にスマホプランに契約しましょう。

個人契約と違い途中で値上がりしない

個人契約向けのスマホプランは、2年目からワンキュッパ割が終わって1000円値上がりします。

個人契約のスマホプラン

  • スマホプランS:1年目1980円、2年目以降2980円
  • スマホプランM:1年目2980円、2年目以降3980円
  • スマホプランL:1年目4980円、2年目以降5980円

個人契約に対してY!mobileの法人契約では2年目以降も月額料金が変わりません。スマホプランSでビズ割を利用中なら月額料金は1980円で固定。契約途中に値上がりすることなく、定額で継続利用できますよ。

月額500円でデータ増量できる

スマホプランに限り、月額500円でデータ増量オプションを利用できます。データ増量オプションでは、スマホプランS/M/Lのデータ容量を1.5倍にすることが可能です。

データ増量オプション

  • スマホプランS:2GB→3GB
  • スマホプランM:6GB→9GB
  • スマホプランL:14GB→21GB

スマホプランLなら、500円で7GBも増量できるのでかなりお得です。データ容量が多いと仕事でテザリングを使うときなど(テザリングの利用料金は無料)に重宝しますよ。

1-2.ガラケー向けの料金プラン

個人契約ではスマホだけど、法人契約ではガラケーを使うのはよくあるパターンです。Y!mobileに法人契約した際のガラケー向け料金プランは以下の通りです。

プラン 契約期間 月額料金
(パケット代は別)
パケット定額
ケータイプランSS 2年 934円 0~4500円
(最大2.5GBまで)
ケータイベーシックプラン
SS
なし 2434円 0~4500円
(最大2.5GBまで)

ご覧の通り、シンプルなプラン内容です。2種類ありますが、違いは契約期間の有無です。ケータイプランSSは2年の契約期間があり、2年以内に解約する場合は9500円の解約金が発生します。また、2年が過ぎても契約は自動更新されます。対して、ケータイベーシックプランSSは契約期間なし。解約金も必要ありません。

なお、両プランともにデータ通信(パケット)を利用する際は、別途利用料金がかかります。110MBまでは従量制で、110MB以降は2.5GBまで4500円の定額です。

1-3.その他のプラン

その他、Y!mobileの法人契約では、ポケットWi-Fiとタブレット向けの料金プランが用意されています。詳しい内容は以下の通りです。

ポケットWi-Fiプラン

プラン 契約期間 月額料金
(パケット代は別)
Pocket WiFiプラン2 さんねん
(7GB)
3年 3696円
Pocket WiFiプラン2 ベーシック
(7GB)
なし 5696円

データプラン(タブレット向け)

プラン 契約期間 月額料金
(パケット代は別)
データプランS
(1GB)
3年 1980円
データベーシックプランS
(1GB)
なし 3980円
データプランL
(7GB)
3年 3696円
データベーシックプランL
(7GB)
なし 5696円

スマホ・ガラケー向けの料金プランと比較して契約期間が3年なのはデメリットです。解約金は9500円となります。プラン内容についてですが、ポケットWi-Fiプランはともかくデータプランは契約するメリットがあるとは思えません。1GBで1980円の月額料金は割高です。他の格安SIM会社なら1GBで1000円以下が普通です。

LINEモバイルのデータプランなら1GBで500円。いかにY!mobileが高いか分かります。ただし、Y!mobileは通信速度が速いため価格より品質を重視するのなら契約するのもありでしょう。

1-4.法人向けプランの通話料

Y!mobileの通話料は、個人・法人契約に関わらず30秒あたり20円です。ガラケー(ケータイプランに加入)に限りソフトバンク・Y!mobile宛の通話は、1~21時までなら無料となります。

■通話料:30秒/20円

スマホプランは全プランに10分かけ放題が付いているため、通話料は10分を超過した通話時間に課金されます。

1-5.無制限かけ放題が月額1000円で利用できる

月額1000円のオプション料金を支払えば、無制限かけ放題のスーパーだれとでも定額に加入できます。

■スーパーだれとでも定額:月額1000円(個人契約でも加入できる)

サービス内容は、国内通話なら相手先が携帯電話、固定電話にかかわらず通話し放題となります。Y!mobileは国際ローミングに対応しているため国際通話も利用できますが、こちらは定額にならないので注意してください。

ちなみに、自分の電話番号で完全無制限のかけ放題が使える格安SIMは、個人・法人向けプランともにY!mobileしかありません。他の格安SIMは最長で10分かけ放題、あるいは専用アプリ経由やIP通話での完全かけ放題となります。純粋な完全かけ放題はY!mobileしか使えないことを覚えておきましょう。

ガラケーはスーパーだれとでも定額の加入は必須

ガラケーは通話専用機として利用するのが普通です。通常、データ通信は使いません。ガラケーを通話専用機とするなら、スーパーだれとでも定額の加入は必須です。そのため、ガラケー向けのプランであるケータイプランSSに加入する場合は、月額基本料金とスーパーだれとでも定額を合わせて、月額1934円で利用すると想定しておきましょう。

1-6.端末のセット購入も可能

プラン価格には端末代金が含まれていません。もし手元に端末がない場合は、SIMカードとともに端末セットで契約できます。スマホはもちろん、ガラケーやタブレットも購入可能です。一例として、スマホを購入する場合は以下のようなラインナップとなります。

セット購入できるスマホ

  • iPhoneシリーズ
  • Android Oneシリーズ
  • かんたんスマホ
  • その他SIMフリースマホ(Android端末)

iPhoneシリーズは最新iPhoneではなく、2年型落ち(執筆時点はiPhone6s)のiPhoneです。選べる機種は個人向けプランに比べるとやや限られますが、選択肢の幅としては十分でしょう。端末の故障や紛失が心配な場合は、月額690円で故障安心パックプランに加入できます。

故障安心パックについて詳しくは、「Y!mobile(ワイモバイル)で端末が故障したときの修理・保証」の記事で解説しています。

端末はレンタルすることも可能

もし、資産計上したくないなどの理由で端末の購入を避けたい場合は、端末レンタルサービスの利用がおすすめです。端末レンタルサービスは、その名の通り端末を購入ではなくレンタルすることが可能です。セット購入できる端末ならほぼレンタル対応です。

端末レンタルサービスでは、端末レンタル中に故障、紛失などのトラブルがあっても、専用のサポート窓口に相談できます。資産計上を回避できるだけでなく、サポートの面でも安心できます。

手持ちのキャリア端末を利用する場合はSIMロック解除を

端末セットではなく、SIMカード単体で契約する場合は手持ちの端末を利用します。その場合、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の端末を使用する場合は、必ずSIMロック解除を行いましょう。

SIMロック解除の手順

Y!mobileはソフトバンクグループですが、ソフトバンク端末もSIMロック解除が必要です。なお、SIMフリースマホあるいはSIMロック解除済みのキャリア端末の場合は、そのままSIMカードを差し替えるだけでOKです。

1-7.法人契約ならBizコンシェル / 法人請求照会サービスを利用できる

法人契約では管理者向けのサービスとして、

  • Bizコンシェル(スマホ向け)
  • 法人請求照会サービス(ガラケー向け)

を利用できます。月額料金は無料です。両者のサービス内容は以下となります。

Bizコンシェル / 法人請求照会サービス

  • 請求照会
  • 請求書のダウンロード
  • 回線・グループ管理
  • 端末管理(Bizコンシェルのみ)

Bizコンシェル・法人請求照会サービスを利用するときは、それぞれの専用サイトにログインして、希望のサービスを選択するだけです。経費の計上に欠かせない請求書など簡単に作成・ダウンロードできますよ。

1-8.法人窓口の問い合わせ先

Y!mobileの法人窓口は、新規契約の申し込み・見積もりの依頼はワイモバイル法人ダイレクト、既に契約中の方はワイモバイル法人お客さまセンターに問い合わせます。

  • ワイモバイル法人ダイレクト(新規契約者向け):0120-346-156
  • ワイモバイル法人お客さまセンター(既存契約者向け):0120-923-157

※受付時間9:00~18:00、土日祝除く

ワイモバイル法人ダイレクトでは、申し込み・見積もりの他にデモ機の貸出しも行っていますよ。なお、スマホやパソコンの操作方法についてサポートして欲しいときは、月額500円で有料サポートオプションのワイドサポートに加入できます。

ワイドサポートについて気になる方は、ワイモバイル法人ダイレクトで見積もりを依頼する際に、詳しいサポート内容を質問してみましょう。

2.Y!mobile(ワイモバイル)で法人契約する方法

ここでは、法人プランの詳しい契約方法について解説していきます。

2-1.準備しておく必要書類

Y!mobileに法人契約するには以下のものが必要です。

  • 法人印
  • 担当者の名刺・社員証
  • 法人の確認書類(登記簿謄本、履歴事項全部証明書、印鑑証明書から1点)
  • 担当者の本人確認書類

法人印は、口座振替払いを希望するなら金融機関お届け印を使います。担当者の本人確認書類は運転免許証やパスポートの写しがおすすめです。健康保険証は公共料金の支払明細や住民票など補助書類が必要となります。なお、必要書類の準備は申し込み後でも構いません。

Y!mobileの法人契約は申込書の記入が必要なので、その際に必要書類が整っていればOKです。

2-2.法人契約の申込み手順

Y!mobileの法人契約はワイモバイル法人ダイレクトから申し込みます。

■ワイモバイル法人ダイレクト:0120-346-156(受付時間9:00~18:00、土日祝除く)

連絡後、新規契約を希望すれば申込書を送付してくれます。申込書を受け取ったら必要事項を記入。必要書類も合わせてメールかFAXで送付します。その後、申込み内容に問題なければ、申込書の原本を指定の住所に送付する流れです。あとは、Y!mobile側の書類確認と端末・SIMカードの発送を待つのみとなります。

最初の申し込みから端末・SIMカードを受け取るまでは、およそ1~2週間かかることを覚えておきましょう。なお、初回の支払いでは契約事務手数料3000円も合わせて請求されます。

2-3.法人契約で利用できるキャンペーン

Y!mobileの法人契約では以下のキャンペーンが利用できます。

  • ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム
  • PHSからの契約変更事務手数料無料プログラム
  • ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと無料キャンペーン

ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラムは、ワイモバイルからソフトバンクにMNPする際に、解約金とMNP転出手数料が無料となります。Y!mobileの法人プランに契約する際は使えません。また、その他の2つのキャンペーンもPHSユーザー向けのキャンペーンとなっているため利用できる方は少ないでしょう。

残念ながら法人契約のキャンペーンは、ほとんど利用できません。法人契約は対象外ですが、個人契約向けのキャンペーンが気になる方は、「Y!mobile(ワイモバイル)の最新キャンペーン」の記事を参考にして下さい。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)の法人契約について、詳しいプラン内容から申込方法まで解説してきました。法人契約は個人契約と比較して、スマホプランの優遇が目立ちます。途中で割引キャンペーンが終了して値上がりすることがないので、長期契約でも安心できるのが魅力です。

法人プランに申し込む際は、申込書を専用窓口から取り寄せましょう。必要事項を記入して送付すれば、サービス利用を開始できますよ。毎月の通信費を圧縮したい方は、Y!mobileの法人契約を検討してみて下さいね。

Y!mobileの注目記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。