【2019年】5インチ台のおすすめスマホ7選

5インチ スマホ

この記事では、5インチ台のスマホをご紹介しています。

スペックに優れた機種から低価格で購入できるスマホまでバランスよく掲載。お得な購入情報もあるので、損をしない選択ができますよ。

SIMフリースマホ、大手キャリアのどちらも対応しています。ぜひ、参考にしてくださいね。


1.5インチ台のおすすめスマホ

5インチのスマホってどんな機種がありますか?

ハイスペックからコスパに優れた機種まで様々よ。厳選したから参考にしてちょうだい。

(1)【一番人気はやはりコレ】iPhone XS

iPhoneXS

メーカー Apple
発売日 2018年9月
画面サイズ 5.8インチ
メモリ 4GB
ストレージ 64/512GB
カメラ メイン:1200万画素
イン:700万画素
バッテリー 2658mAh
防水・防塵

4インチ台だったiPhone 7/8に比べて、一回り大きくなったiPhone XS。スペック面でとくに進化したのがカメラです。

iPhoneのカメラは、白いモヤがかかったようなボヤけがあったのですが、iPhone XSで鮮明な写真を撮れるようになりました。また、背景のボケ感も撮影後にコントロールできる使用に。

その他、Super Retinaディスプレイで圧倒的な画面の美しさを楽しめます。当然ながら、最新ゲームもサクサクと動きます。

iPhone XSを安く買うには?

ドコモ・au・MVNOの方は、代理店経由でソフトバンクに契約すると、iPhone XSを安く購入できます。最大で11万円キャッシュバック(1台あたり)も。

キャンペーン期間外も6~7万円くらい、お問い合わせで安くなるケースが多いです。現在、ソフトバンクの方は、ソフトバンクオンラインショップで機種変更すれば、店舗手数料なしでiPhone XSに乗り換えできます。

>>無料でおとくケータイに問い合わせる(全額CBの可能性も)

>>ソフトバンクオンラインショップで機種変更する(SBユーザー向け)

(2)【コンパクトなのに高性能】AQUOS R2 compact

AQUOS R2 compact

メーカー SHARP
発売日 2019年1月
画面サイズ 5.2インチ
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ アウト:2260万画素
イン:800万画素
バッテリー 2500mAh
防水・防塵

AQUOSシリーズの中でも、コンパクトを追求したAQUOS R2 compact。ご覧の通り、コンパクトながらハイスペックな性能を備えます。このサイズで、4GBメモリ&2000万以上のカメラ性能は他にありません。

ハイスピードIGZO対応でなめらかならスクロールを体現。ダブルノッチデザインの見た目も可愛らしいです。

5.2インチと非常にコンパクトなので、親指ですべての操作を行えます。おサイフケータイにも対応していますよ。

大手キャリアはソフトバンクで購入できる

これからソフトバンクへ乗り換える方は、代理店を通せば大幅割引(一括0円になることも)を利用できます。一分で終わるので無料で問い合わせてみましょう。

現在ソフトバンクの方は、オンラインショップで機種変更すれば、余計な手数料を取られません。

>>無料でおとくケータイに問い合わせる

>>ソフトバンクオンラインショップで機種変更する(SBユーザー向け)

格安SIMでも取扱あり

AQUOS R2 compactは格安SIMでも購入できます。スマホ代も一緒に安くしたいなら、ソフトバンクではなく格安SIMへ乗り換えましょう。

取り扱いのある格安SIM(MVNO)

(3)【ミドルクラスの王様】AQUOS sense2 SH-M08

SH-M08

メーカー SHARP
発売日 2018年12月
画面サイズ 5.5インチ
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
カメラ アウト:1200万画素
イン:800万画素
バッテリー 2,700mAh
防水・防塵

AQUOSシリーズの中でも、圧倒的な人気を誇る「AQUOS sense2 SH-M08」。5.5インチながら、ベゼルレスで5.0インチのスマホとほぼ同等サイズです。

日本製スマホの割に価格帯も安く、よく売れるのでほとんどの格安SIM(MVNO)が取り扱っています。カメラはAIに対応。決してハイレベルではありませんが、十分に綺麗な撮影が行えます。

レスポンスも速いです。「普通レベルのスマホが欲しい」そんな需要に応える、人を選ばない機種です。

※格安SIMで購入できます

UQモバイルでキャッシュバックあり

UQモバイルのシークレットページでAQUOS sense2が現金13000円CBの対象に。キャッシュバック条件は、このリンクを経由して契約するだけ。料金プランなどは何も変わりません。

>>UQモバイルで購入する(13000円CB付き)

その他、安く買える格安SIM

あらゆる格安SIMで取り扱うAQUOS sense2 SH-M08ですが、安いのは以下の2社です。

>>OCNモバイルONE(最安値で購入できます)

>>楽天モバイル(楽天会員は割引あり)

(4)【もはやタダ同然の価格に】ZenFone Live (L1)

ZenFone Live (L1)

メーカー ASUS
発売日 2018年12月
画面サイズ 5.5インチ
メモリ 2GB
ストレージ 32GB
カメラ アウト:1300万画素
イン:500万画素
バッテリー 3000mAh
防水・防塵

近年発売されたスマホの割にはスペックが抑えられているZenFone Live (L1)。そのかわり、1万円台と圧倒的な安さで購入できるのが魅力です。

ちなみに、スペックが低いと言っても一昔前のiPhoneシリーズ(iPhone 7/8あたり)と同等の性能を持っています。1300万画素のカメラはSNS投稿に必要十分。

3000mAhのバッテリーも十分な容量です。5インチスマホで最安を求めるなら、この機種を選びましょう。

※格安SIMで購入できます

ZenFone Live (L1)がワンコインに?

OCNモバイルONEにてZenFone Live (L1)が480円に。あり得ない安さです。その他だと価格は普通ですが、Youtubeをよく見るならBIGLOBEモバイルがおすすめです。

>>OCNモバイルONE(スマホなのに480円)

>>BIGLOBEモバイル(Youtube見放題に)

(5)【頑丈で壊れにくい】Android One S5

Android One S5

メーカー SHARP
発売日 2018年12月
画面サイズ 5.5インチ
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
カメラ アウト:1200万画素
イン:800万画素
バッテリー 2700mAh
防水・防塵

SHARPが手がけるAndroid One S5。耐衝撃が特徴的な機種で、コンクリートの地面に落とした程度ではまず壊れません。5.5インチとまずまずの大きさですが、7.1mmのスリムなボディで片手操作ができます。

SHARPらしくフルHD+IGZOディスプレイなのも魅力です。ただし、FPS系のゲームはややカクつくので、注意して下さい。そのかわり、機種代金は安価です。

Y!mobileかソフトバンクで購入できる

Android One S5の販売先は、Y!mobileとソフトバンクの2つです。Y!mobileは月額1980円から利用できます。

格安スマホを使いたいならY!mobileへ。大容量・同キャリア無料通話など大手キャリア独自のサービスを使いたいならソフトバンクで購入しましょう。

ソフトバンクは代理店の「おとくケータイ」を通せば、Android One S5が一括0円になる可能性があります。

>>Y!mobileで購入する

>>おとくケータイで一括0円を問い合わせる(ソフトバンクで契約したい方向け)

(6)【小さなエクスペリア】Xperia XZ2 Compact

Xperia XZ2 Compact

メーカー Sony
発売日 2018年4月
画面サイズ 5.0インチ
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ アウト:1900万画素
イン:500万画素
バッテリー 2870mAh
防水・防塵

5.0インチのXperia XZ2 Compact。コンパクトなXperiaシリーズとして不動の人気を誇ります。

ハイエンドのXperia XZ2 Premiumと比べて、メモリとインカメラが劣りますが、その他のスペックは同等です。ゲームはサクサクとプレイが可能。

前作よりやや大きくなりましたが、それでも非常にコンパクトです。イヤホンジャックが無い点には気をつけましょう。インカメラ(自撮り)を重視する方はスルーした方がいいです。

ドコモ専売の機種です

Xperia XZ2 Compactはドコモ専売です。ドコモ以外では購入できません。

ちなみに、ドコモオンラインショップなら、店舗手数料がかからないので1万円くらい安くXperia XZ2 Compactを入手できます。

>>ドコモオンラインショップで購入する

(7)【docomo withで安い】arrows Be F-04K

arrows Be F-04K

メーカー 富士通
発売日 2018年5月
画面サイズ 5.0インチ
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
カメラ アウト:1220万画素
イン:800万画素
バッテリー 2580mAh
防水・防塵

5インチ台のスマホで最小サイズとなるarrows Be F-04K。過去のarrowsシリーズは価格のわりにスペックがイマイチでしたが、今回のarrows Be F-04Kは日常使いに全く問題ないスペックを備えます。

まず、ゲーム・アプリに関しては最新のものでも快適に楽しめます。電池持ちもまずまず。カメラ性能もSNSに投稿するくらいなら問題ありません。

そして何より、この機種は頑丈さがウリです。コンクリートに打ち付けても壊れないので、アウトドアにも向いています。

その他、水で丸洗いすることも可能です。くっきり表示機能もあるので、ご両親のスマホにも◯。

docomo with対象(一番スペックが高い)

執筆時点では、最も性能が高いdocomo with対象機種です。docomo withは永年1500円割引が効く、大手キャリアで最安のプランとなっています。現在ドコモの方は機種変更しましょう。

>>docomo withで購入する

※オンラインなら店舗手数料がかからないので、さらに1万円くらい安くなります

\毎月のスマホ代が4000円OFF/格安SIMの総合比較詳しくはこちら>>


2.5インチ台のスマホはどんな特徴がある?

最後に、5インチスマホの特徴を簡単にまとめたわ。ざっとでいいから見てちょうだい。

(1)5インチ台はもはや小型サイズに

大手キャリアの端末も合わせて種類が豊富なのは5.2インチ画面の端末。5.2インチは現在の標準サイズとなっています。

5.0インチは元々大画面として位置づけられていましたが、現在では既に小型サイズとして扱われています。

5インチ台の端末なら動画やゲームも大きな画面で操作がしやすく十分に楽しめます。4インチ台ほどではありませんが、持ち運びも便利です。

ネットサーフィンをするうえでも、5インチ台の画面サイズなら文字が読みやすいのもメリットです。

(2)4インチ台も人気

手の小さい女性やポケットの収まりを気にする方に人気の4インチ台。スマホ全体のトレンドとして大型化していますが、小型サイズも依然として需要があります。

小さい画面サイズとして扱われているのは、4インチから5インチまでの画面サイズ。4インチ画面のメリットはなんといっても持ち運びに便利なこと。

動画再生などの迫力はやや劣りますが、扱いやすさでは群を抜いています。

【2019年版】4インチ台のコンパクトなおすすめスマホ5選

3.【まとめ】5インチ台のスマホを楽しもう


5インチ台は扱いやすいわりに迫力もあるので、人気の画面サイズです。ポケットに収まりやすく、片手でも持ちやすいので落としにくいのも特徴的です。この記事を参考に、お気に入りの端末をぜひ見つけて下さいね。

なお、6インチのスマホでも構わない方は、以下の記事で最新のおすすめスマホが分かりますよ↓

もう一度、5インチスマホの比較を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。