Redmi Note 9Sの評判やデメリットをレビュー【楽天モバイル対応】

Redmi Note 9Sをレビュー

この記事のポイント

  • Redmi Note 9Sは良い意味でスペックに対して価格が見合っていない最強コスパ機種
  • 2万円台なのに5020mAhバッテリーや4800万画素の4眼カメラを搭載
  • コスパ重視すべての人におすすめできる名機種

「Redmi Note 9Sが気になる。詳しい特徴やデメリットを知りたい!」

Redmi Note 9Sは中国のスマホメーカー「Xiaomi」から発売されているSIMフリースマホです。

2万円台という安さで3Dゲームもプレイできるスペックと高性能なカメラ、大容量バッテリーを搭載しています。

コストパフォーマンスの高さは2020年に発売されたスマホの中でも断トツでしょう。

ただXiaomiはまだ日本での知名度が低いため、Redmi Note 9Sがどのようなスマホかイマイチ分かりませんよね。

本記事ではRedmi Note 9Sのスペック・特徴とデメリットについて徹底解説します。

このスマホの評価
コスパ
(5.0)
カメラ
(4.0)
操作性
(3.0)
スペック
(4.0)
バッテリー
(5.0)
総合評価
(4.5)
格安SIMとセットで大幅割引
OCNモバイルONEで、
\限定スマホセール中!1円~
OCNモバイルONE/OCN光

1.Redmi Note 9Sのスペック

発売日 2020年6月9日
メーカー Xiaomi
重量 約209g
画面 6.67インチ、FHD+
2400×1080
OS MIUI 11
(Android 10)
CPU Qualcomm Snapdragon 720G
メモリ 4GB / 6GB
ストレージ 64GB / 128GB
カメラ性能 アウト:4800万画素+800万画素+500万画素+200万画素
イン:1600万画素
外部メモリ microSDカード
(最大512GB)
バッテリー容量 5020mAh
本体カラー インターステラーグレー
オーロラブルー
グレイシャーホワイト
防水 ×
おサイフケータイ ×
ワンセグ ×
DSDV

2.評判・口コミから分かるRedmi Note 9Sのメリット

この端末って、何が優れているんですか?

一言で言えばコスパモンスターよ。特徴を見たらビックリするかも。

①高性能なのに2万円台

Redmi Note 9S最大の特徴はコストパフォーマンスの良さです。

6.67インチの大型ディスプレイに高性能なCPU、4眼カメラ、大容量バッテリーなどを搭載しており、スペックが非常に充実しています。

本来なら4万円前後で発売してもおかしくないスペックですが、Redmi Note9Sの販売価格は2万円台とリーズナブルです。

2020年に発売されたSIMフリースマホの中でもトップクラスのコストパフォーマンスを誇ります。

②5020mAhの大容量バッテリー

Redmi Note 9Sは5020mAhの大容量バッテリーを搭載しています。音楽再生なら最大147時間、ゲームなら最大13時間連続で利用が可能です。

さらに最大18Wの急速充電にも対応しています。バッテリー容量が多いスマホは充電が遅いことも多いですが、Redmi Note 9Sは充電速度も速いです。

22.5Wの急速充電器が同梱されているので、別途急速充電器を買う必要がないのもうれしいポイントと言えますね。

③4800万画素の4眼カメラ搭載

Redmi Note 9Sはカメラ性能の良さも特徴です。とくに優秀なのがアウトカメラで、4800万画素のメインカメラを含む4眼カメラを搭載しています。

4眼カメラ

  • 4800万画素のメインカメラ
  • 800万画素の超広角カメラ
  • 500万画素のマクロカメラ
  • 200万画素の深度カメラ

メインカメラは4800万画素と画素数が高く、きめ細やかな美しい写真を撮影できます。

明るい昼間はもちろん、夜景の撮影もばっちりです。200万画素の深度カメラを活用することで、背景をぼかした美しいポートレートも撮れます。

さらに超広角カメラとマクロカメラ搭載で、広い背景を含めた写真や被写体に最短2cmまで接近した迫力のある写真の撮影も可能です。

Redmi Note 9Sなら、ハイエンドモデルにも負けない多彩な写真を撮影できます。ここ最近はスマホのカメラ性能が大きく向上していますが、2万円台でここまで撮影できるスマホは他にありません。

④ゲームアプリがサクサク動く

Redmi Note 9Sなら重たい3Dゲームアプリもサクサク快適にプレイ可能です。

CPUにはミドルハイレンジのSnapdragon 720Gを搭載しています。名前に「G」がつくCPUはグラフィック性能が高く、ゲームのプレイに最適です。

Snapdragon 720Gも性能が高く、3Dゲームもサクサク動作しますよ。

さらにRedmi Note 9Sにはメモリが6GBのモデルも用意されています。6GBあれば、メモリが足りずに動作が不安定になることもありません。

手ごろな価格でゲームを快適にプレイしたい人にはRedmi Note 9Sがピッタリです。

3.評判・口コミから分かるRedmi Note 9Sのデメリット

逆に悪い点はありますか?

ちょっと重いのと有機ELディスプレイじゃないくらいかしら。致命的なデメリットはないわ。
MEMO
くまなくリサーチしましたが、Redmi Note 9Sに対する致命的な悪評は見つかりませんでした(かなり凄い)

①やや重量が重い

Redmi Note 9Sは重量が209gとやや重いです。

最近のスマホはディスプレイの大型化が進んでおり、重量も重くなっています。それでも、200gオーバーのスマホは多くありません。

実際に他の主要なスマホと重量を比較してみました。

(表)

Redmi Note 9Sはディスプレイサイズとバッテリー容量が非常に大きいため、他のスマホよりも重量が重いです。

実際にRedmi Note 9Sを手に持つと、ズッシリとその重みを感じます。気になる人は店頭で手に持ってみるのがおすすめです。

②画質は最高クラスではない

Redmi Note 9Sのディスプレイは有機ELではなく液晶ディスプレイです。解像度はFHD+(2400×1080)なので決して画質が悪いわけではありませんが、やはり有機EL搭載モデルには劣ります。

手ごろな価格で有機EL搭載スマホを使いたい場合は同じXiaomiのMi Note 10 Lite(約4万円)やOPPO Reno3 A(約3万円)などがおすすめです。

ただ、ディスプレイサイズは6.67インチと非常に大きく迫力があります。そこまでディスプレイにこだわりがないのであれば、Redmi Note 9Sでも問題なくゲームや動画視聴を楽しむことが可能です。

③完全防水・おサイフケータイに非対応

Redmi Note 9Sは防水・おサイフケータイには非対応です。どちらも日本で需要が高い機能なので、海外メーカーであるXiaomiのスマホに搭載されていないのは仕方がありませんね。

なお、防水については「P2i」という独自の防水規格を取得してはいます。少し水滴がかかったり、汗をかいた手で触ったりするくらいなら大丈夫です。

しかし、一般的な防水対応スマホと比べると防水性能は高くありません。防水を重視する人はIP規格の防水性能を持ったスマホがおすすめです。

④スマホケースがあまり売られていない

Redmi Note 9Sは専用のケースがあまり売られていません。

世界的には高いシェアを誇るXiaomiですが、日本ではまだまだ知名度が低いです。同じ中国メーカーであるHUAWEIOPPOと比べるとケースの種類は多くありません。

ケースにこだわりがある人は要注意です。

Redmi Note 9S自体は国内でも人気が高く、Xiaomiの知名度も少しずつですが高くなっています。今後、より多くのケースが発売されることに期待しましょう。

4.Redmi Note 9Sがおすすめな人

結局、Redmi Note 9Sはどんな人におすすめなんですか?

コスパ重視のすべての人におすすめできる機種よ。

スペック・特徴やデメリットを踏まえると、Redmi Note 9Sは以下に当てはまる人におすすめです。

  • コストパフォーマンス重視
  • 3Dゲームを快適にプレイしたい
  • カメラ性能の良いスマホが欲しい
  • バッテリー持ちを重視する
  • 防水やおサイフケータイは不要

Redmi Note 9Sはコスパの良さが最大のメリットです。単にスペックが高いスマホやカメラ性能が良いスマホなら他にもたくさんありますが、2万円台でここまで充実しているスマホは他にありません。

手ごろな価格でゲームを快適にプレイしたい人や、カメラ性能の良いスマホが欲しい人にピッタリです。

バッテリー容量が大きく充電速度も速いので、バッテリー持ちを気にする人にも向いています。

Redmi Note 9Sは優秀なスマホですが、防水やおサイフケータイには対応していません。防水やおサイフケータイが欲しい人はAQUOS sense3やOPPO Reno3 Aなどがおすすめです。

逆に言えば、防水やおサイフケータイが不要なら、2万円台のスマホはRedmi Note 9S一択と言っても過言ではありません。

格安SIMとセットで大幅割引

5.まとめ

Redmi Note 9Sは2万円台という手頃な価格ながら高性能なCPUを搭載、3Dゲームもサクサク快適です。

4眼カメラ搭載で夜景やポートレート、マクロ撮影などハイエンドモデル顔負けの写真も撮影できます。

国内での知名度は低く、ケースの種類が少ないなどデメリットもありますが、コストパフォーマンスは2020年に発売されたスマホの中でも間違いなくトップクラスです。

コスパに優れるAndroidスマホが欲しい人は、ぜひRedmi Note 9Sを検討してみてください。

2021年おすすめの携帯会社とは?

【キャリアを選ぶなら】楽天モバイル

公式キャンペーン

 

3278円でデータ無制限、20GB以内のデータ消費に収まれば2178円以下に。現在、ポイント還元で実質0円で端末購入できます。
さらに、3ヵ月無料キャンペーン中(2021年4月~)。契約事務手数料&解約金は0円です。

レビューを見る

【格安SIMを選ぶなら】J:COMモバイル

公式キャンペーン

 

データ容量をあまり使わないなら、J:COMモバイルが狙い目です。最安980円(税込1078円)から。

iPhoneやGalaxyをセット購入できます。今なら、WEB申込み限定で3300円の契約事務手数料が0円です。

レビューを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。