格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

今さら聞けないSIMフリースマホとは?図解で丸わかり

SIMフリースマホ

最近よく聞くSIMフリースマホって何・・・?

SIMフリースマホだと良い事があるらしい・・と教えてもらったけど、そもそもSIMフリースマホとはどういうスマホなのか?何となく想像はついても詳しくは分かりませんよね。

そこで、この記事では今さら聞けないSIMフリースマホの意味について、初心者の方でも分かるように詳しく解説しました。意味だけでなく、メリット・デメリットから購入方法まで説明しているので、ぜひ参考にして下さいね。

1.SIMフリースマホとは?

さっそく、SIMフリースマホの意味について理解していきましょう。

1-1.図解で分かるSIMフリースマホ

SIMフリースマホとは、あらゆるSIMカードが利用できるスマートフォンを指します(SIMフリーのフリーとは自由を意味している)。SIMとはスマートフォンに挿入するICチップのことです。契約している通信事業者が個人情報の管理に使用しています。

関連記事:SIMカードとは?

SIMフリースマホとは

※SIMフリー端末と呼ばれることも

SIMフリースマホは別名SIMフリー端末といいます。世間一般ではスマホのことを端末と呼ぶ人もいますよね。SIMフリースマホとSIMフリー端末はどちらも同じ意味なので、混乱しないようにしましょう。

1-2.通常のスマホはSIMロックがかかっている

私たちが使う大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のスマートフォンは自社のSIMカードを他社で使用できないようにロックをかけています。つまり、大手キャリアはSIMフリースマホとは逆の、SIMロックをかけたスマートフォンとなっているのです。

SIMロックがかかっていると、他社のSIMカードが利用できません。そのため、格安料金を提供するサービス会社があったとしても、自由に契約することができないのです。

1-3.格安スマホと呼ばれることも

格安スマホとは、格安SIMカードを挿入したスマートフォンを意味するため、厳密にはSIMフリースマホと意味が異なります。しかし、説明がややこしいので家電量販店などでは、格安スマホ=SIMフリースマホとして端末を販売しています。

あまり言葉の定義にこだわっても仕方ないので、格安スマホをSIMフリースマホとして説明している場合は、深く考えずに受け流しましょう。

格安スマホの意味については以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
格安スマホ
30秒でわかる格安スマホとは?これ以上損しないための全知識広告でたまたま見かけた格安スマホ。何だか良さそうだけど内容がよく分からない・・・ あなたは、格安スマホという言葉は知っていても、ち...

1-4.性能の優劣は無い

SIMフリースマホは格安スマホと混同されるからなのか、値段が安くて性能が劣るというイメージがあります。しかし、実際は大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)で販売しているスマートフォンと比べて、性能が劣るわけでもなければ決して安いとも限りません。

アップルストアでは最新のSIM フリー版iPhoneを販売しています。SIMフリー版iPhoneも、もちろんSIMフリースマホの一種です。最新のiPhoneはご存知の通り、ハイスペックで価格が非常に高いですよね。

SIMフリースマホだからといって決して安くてロースペックというわけではないのです。Androidも、ハイスペックからロースペックまで様々な機種が揃います。

アプリも普通に使える

SIMフリースマホでも通常のスマートフォンと同じ使い勝手でアプリが利用できます。AndroidならGoogle Playストア、iPhoneならアップルストアからアプリのダウンロードが可能です。LINE、Youtube、Google Chromeなども問題なく使用できます。

2.SIMフリースマホのメリット・デメリット

SIMフリースマホの全体像が掴めたら、具体的なメリット・デメリットについて見ていきましょう。まずはメリットからです。

2-1.メリット

(1)格安SIMが使える

SIMフリースマホを使う目的の99%は格安SIMの利用です。格安SIMとは、月額料金の安いSIMカードを指します。大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)と比べて毎月の利用料金が半額以下になることも珍しくありません。

格安SIMを提供する会社は国内で500社以上と言われています。SIMフリースマホならほぼすべての格安SIM会社と契約することが可能です。

※au系の格安SIMのみ一部制限

格安SIM会社は、ドコモ、au、ソフトバンクから通信回線をレンタルして運営しています。その中で「au回線をレンタルしている格安SIM会社」は一部のSIMフリースマホが利用できません。

その理由は、au回線は特殊な通信規格を採用しているため、一部のSIMフリースマホと相性が合わないからです。

国内で販売しているSIMフリースマホなら大丈夫ですが、海外製のSIMフリースマホで、au回線の格安SIMを利用する場合は注意が必要です。必ず、事前に格安SIM会社の公式サイトで端末別の動作確認をチェックして下さい。

(2)機種の種類が豊富

SIMフリースマホは幅広い種類から端末を選ぶことができます。ハイスペックの機種なら一眼レフ並のカメラやパソコン級のメモリを供えています。低価格にこだわるなら、2万円以下で必要十分な機能を供えた機種を選ぶこともできます。

最新の人気機種を知りたい方は、以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
SIMフリースマホランキング
【完全比較】格安スマホ端末(SIMフリースマホ)おすすめランキング格安スマホ端末に乗り換えたいけど、どれを選べばいいのかまったく分からない・・・。 格安スマホ端末(SIMフリースマホ)は、格安SI...

(3)コスパのいい機種が多い

SIMフリースマホは海外製の機種がメインとなります。国内製の機種も選択できますが、海外製はなんといってもコスパが桁違いです。

海外製のSIMフリースマホは、日本製独自のワンセグやおサイフケータイ機能を削ぎ落とす代わりに、メモリやカメラの性能を上げてさらに圧倒的な低価格を実現しています。イメージとしては通常5万円の機種でも、SIMフリースマホなら2~3万円で購入できます(性能レベルは同じ)。

(4)海外で格安運用できる

旅行や出張で頻繁に海外へ出る方は、SIMフリースマホが強力な相棒になってくれます。大手キャリアのスマートフォンを海外に持っていく場合は、海外対応のモバイルWi-Fiルーターのレンタルが一般的です。

しかし、経験がある方なら分かると思いますが、通信速度が非常に遅くて都市部を離れた瞬間に圏外になることも多いです。SIMフリースマホなら、海外で現地対応のSIMカードが使えます。当然、Wi-Fi経由よりも通信品質がいいですし、価格も激安で利用できます。

海外によく行く方ならSIMフリースマホを使った方が圧倒的に便利ですよ。

2-2.デメリット

SIMフリースマホは、大手キャリアのサポートが無くなることがデメリットです。言い換えると、端末自体には特にデメリットはありません。詳しい内容を見ていきましょう。

(1)故障時の対応を自分で行う

SIMフリースマホが故障したら基本的に自己責任となります。大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)の場合は、ショップで対応してくれますが、SIMフリースマホの場合はメーカーに自分で問合せなければなりません。

格安SIM会社によっては修理対応を受け付けてくれますが、多くの場合は端末保証オプションに加入する必要があります。SIMフリースマホのメーカー保証は1年です。1年を過ぎたら、有償で修理依頼する流れとなります。

あわせて読みたい
壊れたスマホ
故障したらどうする?格安スマホの修理方法と保証のすべて格安スマホの修理ってどうすればいいの・・・? 大手キャリアと違い、自己責任となる格安スマホの修理。どんなに気をつけても、うっかり地...

(2)初期設定を自分で行う

SIMフリースマホでは故障時の対応だけでなく、初期設定も自分で行います。

初期設定で行うのは、

  • SIMカードの交換
  • APN設定

です。APNとはインターネットに接続するために必要な設定のことで、大手キャリアの場合はスタッフが事前に設定してくれています。難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実際は初心者でも5~10分程度で完了します。

あわせて読みたい
格安スマホの設定
5分で完了!格安スマホの初期設定大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)では、契約が完了するとすぐにスマホを使えますよね。 これは、あらかじめスマホを使うために...

※格安SIMカードとセットでSIMフリースマホを購入した場合、APN設定は不要です

3.SIMフリースマホの購入方法

ここではSIMフリースマホはどうやって購入するのか?詳しく解説していきます。

3-1.格安SIMカードとセット契約

SIMフリースマホを使う目的の99%が格安SIMの利用です。だったら、最初から格安SIMカードとセットでSIMフリースマホを購入するのが楽ですよね。実際、ほとんどのユーザーがSIMフリースマホと格安SIMカードをセット契約しています。

セット契約にすると、特典として端末代金が大幅に割引されるのも大きなメリットです。SIMフリースマホを購入する場合、特別な理由がなければ格安SIMカードとセット契約を行いましょう。

格安SIM選びで迷う場合は以下の記事を参考にして下さい。

https://l-kyojin01.jp/archive/4036

3-2.家電量販店・オンラインショップ

格安SIMでセット契約できるSIMフリースマホは、人気機種が網羅されているため初心者の方なら困ることはありません。しかし、上級者の方はもっと幅広い選択肢でSIMフリースマホを選びたいでしょう。

その場合は、家電量販店とオンラインショップからSIMフリースマホを購入します。家電量販店は「ヨドバシカメラ」や「ビックカメラ」など大手企業の方が品揃えはいいです。

オンラインショップはAmazonが定番です。Amazonなら「中古品のSIMフリースマホ」も購入できます。SIMフリー版iPhoneが欲しい場合はアップルストアから購入しましょう。その他、海外のオンラインショップからもSIMフリースマホの購入が可能です。

SIMフリースマホ購入後は、格安SIMカードを単体契約して使います。契約の際は、SIMカードサイズに気をつけてくださいね。

4.SIMフリースマホに関するQ&A

4-1.電話番号はどうなるの?

現在のスマートフォンからSIMフリースマホに機種変更する場合でも、今使っている電話番号を引き継ぐことができます。電話番号の引き継ぎはMNPという手続きが必要です。MNPの詳しいやり方は以下の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
Phone
4ステップで完了!キャリアから格安スマホにMNPする全手順格安スマホでも電話番号を変えたくないからMNPしたい!だけど、何だか難しそう・・・ あなたは、そんな悩みをお持ちではありませんか?...

なお、メールアドレスに関してはキャリアメールの使用ができなくなります。フリーメールなら引き続き使用可能です。アプリやLINEアカウントの「データ移行」も可能です。

4-2.大手キャリアでも使えるの?

通常は格安SIMカードを使うためSIMフリースマホは購入します。しかし、わけあって大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)に戻したい場合もあるでしょう。その際は、手持ちのSIMフリースマホで大手キャリアと契約ができます。

料金プランは限られますが、大手キャリアではSIMカードのみの契約ができます。

外部参考:SIMフリースマホで大手キャリアと契約する方法

4-3.SIMロック解除した端末はSIMフリースマホ?

2015年5月以降に発売された機種なら、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)のスマートフォンでもSIMロック解除ができます。SIMロック解除を行えば文字通りSIMフリー化が可能です。

ここで疑問なのが、SIMロック解除した端末はSIMフリースマホなのか?についてです。解釈としてはSIMフリースマホとして認識して問題ありません。XperiaでもGALAXYでもSIMロックを解除したらSIMフリースマホです。

ただし、世間一般でSIMフリースマホという言葉を使う場合は、格安SIM会社で販売している最初からSIMロックされていない端末を指すことを覚えておきましょう。

あわせて読みたい
SIMロック解除とは?自分でできる解除方法と手続きに必要な全条件SIMロック解除って何・・・? 理解できそうでよく分からないSIMロック解除という言葉。また、意味だけでなくデメリットの有無や手続...

5.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、SIMフリースマホの意味について詳しく解説してきました。SIMフリースマホとは、あらゆるSIMカードが利用できるスマートフォンのことです。

au系の格安SIMで一部利用できないケースがありますが、基本的にはどの通信事業者とも契約できるスマートフォンと考えていいでしょう。

SIMフリースマホは格安SIMカードとセットで契約できます。様々なタイプの端末があるので、自分にぴったりの一台を見つけてみてくださいね。

2018年7月の注目キャンペーン
  • LINEモバイル:スマホ代 月300円キャンペーン(8/31まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(7/31まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

 

あわせて読みたい