AQUOS R2 compact SH-M09をデメリットまで詳しくレビュー!一番安いMVNOも合わせて紹介

SH-M09

今やコンパクトサイズのハイエンド機種は絶滅寸前となっています。そんな中登場したのが、AQUOS R2 compact SH-M09。

5.2インチと手のひらにすっぽりと収まるサイズでありながら、高い性能をあわせ持ちます。

今回は、AQUOS R2 compact SH-M09のメリットだけでなくデメリットについても深く追求。

スペック評価からユーザーの口コミ分析まで、AQUOS R2 compact SH-M09を詳しくレビューしていきます。

安く購入できるMVNO(格安SIM)も紹介しているので、ぜひ参考にして下さいね。

1.AQUOS R2 compact SH-M09のメリットとは?

やっぱり一番のメリットはサイズですか?

そうね、その他のも色々と長所があるから見てちょうだい。

①手のひらに収まるコンパクトサイズ

なんといっても、一番の魅力はコンパクトサイズのボディ。機種名に「compact」を入れているだけあり、本当にミニサイズです。

SH-M09

ただ、ベゼル幅は極限まで狭いので、画面に迫力があります。画面上部はノッチ式の切り抜きデザイン。

シャープらしく液晶は非常に綺麗です(解像度2280×1080のIGZOディスプレイ)。

画面は強化ガラスなので、液晶割れしにくいのが特徴的。側面もアルミフレームなのでそう簡単には壊れません。iPhone SEが好きだった人は、ドはまりする機種でしょう。

②カーナビに便利!みちびきGPS対応

地味なメリットですが、日本製のGPSみちびきに対応しているのは高評価。

みちびき以外のGPSは海外製なので、高い建物や山間部に弱いです(角度が鋭いので電波が遮断される)。

都市部にお住まいの方は、ビルの間でGPSがぐるぐる回るのを体験したことがあるでしょう。

日本製のみちびきGPSは、誤差数cmと言われるほど高性能です。カーナビ代わりにGPSアプリを使っている方は、正確に目的地へ付けます。

海の上に目的地が表示されることも無くなりますよ。

なお、みちびきGPSは今後7機体制になるとのことで、さらに精度が上がります。

③快適すぎるレスポスンスが気持ちいい

高速レスポンスに関しては、間違いなく全SIMフリースマホでトップクラスです。

SH-M09

CPUはSnapdragon 845、OSはAndroid 9 Pieと最新技術を搭載。

さらに、シャープ独自のハイスピードIGZOディスプレイで、スワイプしかときの残像を残しません。

センサーの感度もよく、サクサクとアプリを操作できます。荒野行動など、高フレームレートのゲームもヌルヌルと動くので、高スコアを叩き出すことも可能です。

④完全防水でお風呂でも使える

完全防水は嬉しいですね。実は、海外製のSIMフリースマホはほとんどが防水非対応。

どんなにハイスペックでも防水に対応してないんじゃ・・と萎えるのですが、AQUOS R2 compact SH-M09はしっかりと防水対応です。

キャップを締めておく必要はありますが、防水レベルはIPX5/8の最高クラス。水没しても壊れない頑丈な設計です。

お風呂でも、動画や音楽を流してスマホを楽しめますよ。リラックスしながら、電子書籍を読むのもありですね。


2.ここがダメ!AQUOS R2 compact SH-M09のデメリット

逆にデメリットは何がありますか?

カメラとバッテリーがやや弱いわね。詳しく説明するわ。

①高価格なのにカメラ画質が悪すぎる

シャープのスマホは昔からカメラ性能が弱点でした。今回もそれは変わらず。

一応、スペック上では2000万を超える画素数なのですが、実際に使用してみると画質にアラが目立ちます。

ちょっとズームするとその差は歴然。2万円以下で購入できる「HUAWEI nova lite 3」に負ける始末です。

カメラが悪いといっても、一応iPhone 7くらいの画質はあります。ですが、この価格帯なら、もっと性能を上げてほしかったですね。

ダブルレンズにも対応していませんし。次作は改善してほしいものです。

②安っぽさはないけど、オシャレなデザインではない

好みが分かれるところですが、AQUOS R2 compact SH-M09をオシャレという人はいないでしょう。オシャレ感度は、やはり海外製スマホの方が高いですね。

SH-M09の前面

SH-M09の前面2

SH-M09の裏面

最近だと、グラデカラーが綺麗なOPPOや高級感のあるHUAWEI、iPhoneは言わずもがなです。

日本製スマホはデザインが残念と言われ続けているので、どうにかしてほしいものです。安っぽさはないのですが・・。

なお、端末の側面はダイヤモンドカットの仕様で、わりと高級感があります。

見方によっては高級感がありますね。

③バッテリーが少しもの足りない

おそらく、コンパクトサイズを保つためだと思われますが、バッテリー容量がイマイチです。

2500mAhも決して低い数字ではありませんが、せめて3000mAhは欲しかったですね。 使い方次第ですが、2500mAhでは1日充電が持ちません。

ヘビーな使い方をするのなら、モバイルバッテリーの併用が必要です。なお、充電時間はおよそ2時間半です。寝る前に充電すれば問題なしですね。

3.AQUOS R2 compact SH-M09のカメラ性能をチェック

ここでは、実際の写真を元にカメラ性能を確認していくわね。

3-1.アウトカメラ&夜景撮影

まずは、背面のアウトカメラから見ていきましょう。

SH-M09のアウトカメラ

SH-M09の2

SH-M09のアウトカメラ3

SH-M09のアウトカメラ4

感動するほど綺麗というわけではありませんが、十分な画質ですね。

次は、夜景撮影をチェック。

SH-M09の夜景撮影

SH-M09の夜景撮影2

SH-M09の夜景撮影3

SH-M09の夜景撮影4

こちらも、まずまずの綺麗さです。

3-2.インカメラ&接写

今度は、インカメラと接写を見ていきましょう。まずは、インカメラから。

SH-M09のインカメラ

SH-M09のインカメラ2

髪の毛や猫のひげなど、毛先まで捉えていますね。

次は、アウトカメラに切り替えて接写で撮影。

SH-M09の接写

SH-M09の接写2

期待していませんでしたが、接写は思いのほか綺麗に撮影できました、発色がいいです。

4.AQUOS R2 compact SH-M09のスペックをレビュー

スペック評価について知りたいです。

OK、少しマニアックな解説になるけど、頑張って付いてきてね。

4-1.まずはスペック表をチェック

AQUOS R2 compact SH-M09のスペックはこちら。

発売日 2019年2月21日
メーカー シャープ
サイズ 高さ:約131mm
幅:約64mm
厚さ:約9.3mm
重量 約135g
画面 5.2インチ
CPU Snapdragon 845
SDM845
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ性能 アウト:2260万画素
イン:800万画素
外部メモリ microSD
(最大512GB)
バッテリー容量 2500mAh
本体カラー ホワイト
ブラック
防水
おサイフケータイ
ワンセグ ×
DSDS ×

スペック表だけを見て、全体の良し悪しを判断しにくいかと思いますが、各項目の数字はおおむね標準を上回っています。

高性能なCPUが目立ちますね。あとは、なんといっても5.2インチのコンパクトサイズが目を引きます。

日本製らしくおサイフケータイに対応。海外製SIMフリースマホの2強、HUAWEIとZenFoneは非対応です。

ワンセグとフルセグは、同じシャープ製でも対応・非対応が分かれますが、今回は非搭載となりました。

OSはAndroid 9 Pie。生体認証は、顔・指紋に対応しているのでセキュリティは問題ありません。

その他、ハイレゾ対応(ハイレゾ対応イヤホンが別途必要)&Jアラート機能ありとなっています。

4-2.AQUOS R compact SH-M08から大幅進化

前作の「AQUOS R compact SH-M08」(M07はコンパクトシリーズではない)とスペック比較してみましょう。

発売日 2019年2月21日 2018年1月25日
サイズ 高さ:約131mm
幅:約64mm
厚さ:約9.3mm
高さ:約132mm
幅:約66mm
厚さ:約9.6mm
重量 約135g 約140g
画面 5.2インチ 4.9インチ
CPU Snapdragon 845
SDM845
Snapdragon 660
SDM660
メモリ 4GB 3GB
ストレージ 64GB 32GB
カメラ性能 アウト:2260万画素
イン:800万画素
アウト:1640万画素
イン:800万画素
外部メモリ microSD
(最大512GB)
microSD
(最大400GB)
バッテリー容量 2500mAh 2500mAh
本体カラー ホワイト
ブラック
ホワイト
ブラック
防水
おサイフケータイ
ワンセグ ×
DSDS × ×

実際に比べてみると、1年と短期間のわりに、大幅進化しています。

まず、CPUの処理能力が1.5倍の大幅アップ。アプリ操作時のサクサク感が全然違います。

また、メモリも3GBから4GBにアップしたので、マルチタスクが使いやすくなりました。ストレージ(本体容量)は2倍に、カメラ機能も向上しています。

逆に変わらなかったのはバッテリー容量。コンパクトサイズを維持するため、増量が難しいのかもしれませんね。

画面サイズはAQUOS R compact SH-M08が0.3インチアップ。ですが、重量は軽くなっています。 このあたりは、シャープさんグッジョブです。

5.AQUOS R2 compact SH-M09を購入したユーザーの口コミ

実際、購入した人の口コミが気になります。

良い口コミ、悪い口コミの両方を紹介するわ。

ここでは、価格.comを参考に、AQUOS R2 compact SH-M09の口コミを検証してみます。

ハイスピードIGZOに対応できないアプリもあるようで、オンにするとポケモンgoではカーブボールがうまく投げられません。

アプリによってオンオフは設定可能なので、うまく動かない場合は変更も必要だと思います。

本機は2500 mAhなので、数値通りに、やはり使っているとこちらの方が減りが早いと感じました。

Snapdragon 845搭載機種であるため、サクサク動く。Antutuベンチマークのスコアは約28万5千点。

有機ELディスプレイではないが、さすがAQUOS、液晶でも十分にきれいだと感じる。120Hzで駆動するなめらかハイスピードモードをオンにすると明らかに滑らかになったと実感することができる。

2260万画素の高画質カメラと謳っているが、少し暗いところでの撮影もノイズまみれ。光学式手振れ補正を搭載したことは評価できるが、ピントも合わないことが多く、全体的に満足度は低い。

総合的に、買ってよかったと思える端末。細かい不満点はわずかにあるものの、コンパクトでハイエンド、持ち運びやすく大画面というこれらのメリットは相当大きいように思える。

軽量かつ大画面、さらに横幅が4インチ台と最高です。大画面化しつつiPhone7とほぼ変わらないサイズで素晴らしい。

ハイエンドでこの携帯性を持ち合わせた機種は、今ではこれだけです。この一点において買う価値ありです。

口コミの総評として、一番のウリである携帯性は完璧な評価でした。大型化の流れで今やほとんど見かけなくなったコンパクトスマホ。その役割は、十分に果たしているといえます。

評価を下げたのは、やはりバッテリーとカメラの機能。ベンチマークスコアはいいので、この2点が惜しいポイントですね。

今作のAQUOS R2 compact SH-M09は相当売れていますし、おおむねユーザーの満足度は高かったです。

細かな欠点はあるけど、総合的に見れば満足できる機種との評価でした。

6.AQUOS R2 compact SH-M09がおすすめな人

結局、AQUOS R2 compact SH-M09は買いですか?

おすすめな人をまとめたから、自分が当てはまるか確認してちょうだい。

AQUOS R2 compact SH-M09は、以下に当てはまる方におすすめです。

  • コンパクトなスマホを探している
  • iPhone SEが好きだった
  • サイズは小さくてもハイスペックがいい
  • おサイフケータイを使いたい
  • 防水機能は外せない
  • カメラ性能は普通でいい
  • 大容量バッテリーでなくてもいい

上記のうち、3つ以上当てはまれば買いでしょう。 一番大きいのは、やはりサイズです。

このサイズでハイスペックのスマホは、もうほとんどありません。6インチ以上の大画面が主流なので、コンパクトサイズを求めるなら他に選択肢はないと考えたほうがいいでしょう。

iPhone SE2が発売されれば別ですが、現状はAQUOSのcompactシリーズが小さなスマホの中では一番です。

その他、防水機能やおサイフケータイ機能を重視する方もおすすめ。漠然と日本製スマホ(シャープは既に海外の会社ですが)が安心できる方も向いています。

逆に不向きなのが、カメラとバッテリーを重視する人です。

カメラ・バッテリーはAQUOS R2 compact SH-M09の弱点なので、こだわりが強い方は避けたほうが無難です。「こちらの記事」を参考に、別の端末を探してみましょう。

7.安いのはどこ?AQUOS R2 compact SH-M09を購入できるMVNO(格安SIM)

この端末、結構高いですよね・・。できるだけ安く購入したいのですが。

MVNOを通せば、最大2万5千円くらい安くなるわよ。

AQUOS R2 compact SH-M09は定価8万円を超える高級機種です。ですが、以下のMVNO(格安SIM)なら安く購入することが可能です。

※価格は常に変動しているので、最新情報は各公式サイトにてご確認下さい

①尋常じゃない安さ!OCNモバイルONE

MVNOの中であり得ない安さなのがOCNモバイルONE。執筆時点では55800円に。とんでもない安さです。

この金額で購入するには、音声通話SIMで契約する必要があります。 そのため、データSIMを希望なら別の格安SIMを使いましょう。

OCNモバイルONEは他のAQUOSシリーズも安いので、ぜひ販売ページを覗いてみて下さい。

>>OCNモバイルONEの公式サイトはこちら

②次に安い!キャンペーンも豊富なIIJmio

OCNモバイルONEから結構引き離されますが、2番目に安いのがIIJmio。価格は64800円です。

IIJmioはキャンペーンを頻繁に行う格安SIMです。初期費用0円や月額料金の長期割引など、タイミングが良ければ適用できます。

キャンペーンは、公式サイトからWEB契約すれば適用されます(MNPももちろんOK)。

>>IIJmioの公式サイトはこちら

③楽天会員なら割引あり!楽天モバイル

楽天会員なら検討したいのが楽天モバイルです。AQUOS R2 compact SH-M09の価格は69800円。

ただし、楽天会員なら初年度が毎月500円割引(ダイヤモンド会員ならさらに500円引き)なので、端末代金は実質6000円引きの63800円です。

また、楽天市場の獲得ポイントが常に2倍となるため、楽天ユーザーの方は相当お得となっています。料金プランは、5分かけ放題付きのスーパーホーダイ(月額1480円~)がおすすめです。

>>楽天モバイルの公式サイトはこちら

8.【まとめ】手のひらサイズのハイスペック機種は本当に希少です

当サイトでは、「コンパクトサイズのスマホ」(情報が古いのであまり見ないでほしい・・)の特集記事を組んだことがあるのでよく分かるのですが、小さなサイズでハイスペックの端末は本当に数が少ないです。

コンパクトかつまともな性能に絞ればAQUOSのcompactシリーズくらいしか無いのではと思うほど、本当に希少です。

今回のAQUOS R2 compact SH-M09も、カメラやバッテリーに不満が残るものの、案の定ユーザーから大人気でした。

価格は決して安くはありませんが、MVNO(格安SIM)で購入すれば、定価よりだいぶ安くなります。

コンパクトサイズだけど、高機能なスマホが欲しい方は、AQUOS R2 compact SH-M09を検討してみましょう。

キャンペーン速報

①楽天モバイル

キャンペーン

人気機種が、期間不定期で大幅割引に。

キャンペーン端末(一部)

キャンペーン価格 割引額
HUAWEI P30 lite 一括:29819円
分割:1366円
-3061円
AQUOS sense2 SH-M08 一括:24800円
分割:1136円
-5000円
OPPO Reno 10x Zoom 一括:95880円
分割:4694円
-4000円

キャンペーンの適用条件は、通話SIMで申し込むのみ。端末のみ購入はできません。

POINT
どの端末を選ぶか迷ったら、HUAWEI P30 liteがおすすめ。価格の割に高性能です。

CHECK!

キャンペーン中の端末を見る

②IIJmio

oppoキャンペーン

OPPOの新端末購入で最大5000円のギフト券あり。

  • キャンペーン名:OPPO新端末発売記念キャンペーン
  • キャンペーン期間:2019年10月18日~2019年12月2日まで

キャンペーン期間内に、以下のOPPO端末を申し込めば(音声通話SIMとセット契約)、選べるe-GIFTが貰えます。

キャンペーン端末

対象端末 価格 ギフト券
Reno A 一括:34800円
分割:1500円×24回
5000円分
A5 2020 一括:24800円
分割:1050円×24回
3000円分

おすすめは断然「OPPO Reno A」です。実質5000円引きなので、29800円に。およそ3万円で、7万円くらいの機種と同等のスペックを体感できます。

POINT
選べるe-GIFTはAmazonギフト券に交換できる

ギフト券の付与ですが、10月31日まで申し込めば、2020年1月中に、11月から12月2日までに申し込めば2020年12月月中に付与されます。

CHECK!

IIJmio公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。