iPhone 11を安く買うなら

【2019年版】4インチ台のコンパクトなおすすめスマホ5選

4インチのスマホ

コンパクトなSIMフリースマホが欲しい!

どんどん大型化が進むスマホ業界。その反面、小さな画面サイズの端末も大人気です。

コンパクトサイズなら持ち運びも便利ですし片手操作もラクラク。女性や子供の手にもぴったりと収まり、とても使いやすいです。

この記事では4インチ台のコンパクトなスマホを厳選してご紹介します。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.完全比較!4インチ台のおすすめスマホとは?

4インチ台のスマホって本当にあるんですか?

もちろんよ。ただし、数は限られるわね。ここでは、日常使いに問題ないレベルのスマホに厳選して紹介するわ。

さっそく、小さな画面サイズでもサクサクと動作する4インチ台のおすすめスマホをご紹介します。Androidはほとんどが大型化してしまったため、iPhoneが紹介の中心となります。

お得な購入方法も合わせてご覧ください。

(1)【4インチ台の最高スペック】iPhone 8

iPhone 8

メーカー Apple
発売日 2017年9月
画面サイズ 4.7インチ
メモリ 2GB
ストレージ 64/256GB
カメラ アウト:1200万画素
イン:700万画素
バッテリー 1821mAh
防水・防塵

2018年に最も売れたスマホはiPhone XS・・ではなくiPhone 8でした。その理由は大幅に値下がりしたから。

iPhoneシリーズでは最後の4インチ台となるiPhone 8。その使いやすさから、未だに購入を求める方が後を絶ちません。

前作iPhone 7からガラス仕様に進化。また、30分で50%を充電できる高速充電にもiPhone 8から搭載されています(ワイヤレス充電も対応)。

なお、iPhoneシリーズでホームボタンが使えるのもiPhone 8で最後です。

ソフトバンクの代理店でiPhone 8が0円?

ソフトバンクの代理店「おとくケータイ」でiPhone 8が大幅割引されています。時期によっては一括0円が出ることも。

キャンペーン期間外でも、お問い合わせすれば0円に近づく大幅割引に。1分のお問い合わせで、iPhone 8をタダで入手できるかもしれません。

>>おとくケータイに問い合わせてみる(無料)

オンラインショップなら手数料なしに

iPhone 8をキャリアショップではなくオンラインショップにて購入すれば、店舗独自の手数料(頭金)を取られずに済みます。およそ1万円は得する計算です。

>>ドコモオンラインショップで購入する

>>ソフトバンクオンラインショップで購入する

iPhone8を安く買うiPhone 8が最後の値下げ!最大限に安く買う方法を紹介

(2)【大幅値下げで今がチャンス】iPhone 7

iPhone7

メーカー Apple
発売日 2016年9月
画面サイズ 4.7インチ
メモリ 2GB
ストレージ 256GB
カメラ アウト:1200万画素
イン:700万画素
バッテリー 1624mAh
防水・防塵

圧倒的な人気と実力を誇るiPhone7。発売当時の人気は凄まじく、テレビでは大ニュースになっていました。

iPhone 7はiPhone6から大きくモデルチェンジ。ここから、おサイフケータイと防水機能に対応しました。

また、ホームボタンは感圧式に変更。スピーカーがステレオに変わり、イヤホンもケーブルレスに変わるなど先進的な進化を遂げた端末です。

新型iPhoneの発売に伴い、大きく値下げされたiPhone 7。4インチスマホの中でも狙い目の機種です。

格安SIMはUQモバイルとY!mobileが安い

iPhone 7を購入できる格安SIMは、UQモバイル・Y!mobile・BIGLOBEモバイルの3社。執筆時点では最も安いのがY!mobileとなっています。

iPhone 7(32GB)の価格

格安sim iPhone7一番お得なのは?iPhone 7を安く買うなら格安SIM

(3)【4インチスマホの王様】iPhone SE

iphonese

メーカー Apple
発売日 2016年3月
画面サイズ 4インチ
メモリ 2GB
ストレージ 32/128GB
カメラ アウト:1200万画素
イン:120万画素
バッテリー 1,624mAh
防水・防塵

コンパクトスマホの代名詞とも言えるiPhoneSE。やや古い機種になってしまいましたが、未だに根強い人気を誇ります。

サイズは小さいですが、iPhone6sと同等のスペックを備えているiPhone SE。2016年モデルにしては、パフォーマンスレベルが高いです。ApplePay、指紋認証、siriなどiPhoneシリーズでお馴染みの機能はすべて使えます。

4インチ台では最小サイズとなるiPhoneSE。その可愛さから人気が衰えないのですが、残念ながら既に生産は終了。

販売元も続々と減っています(大手キャリアは完全終了)。残り少ないiPhoneSE。欲しい方は早めに確保しましょう。

Y!mobileでiPhone SEが0円に(在庫切れ間近)

iPhone SEの購入はY!mobileが最後のチャンスだと思って下さい。執筆時点でカラーは残り1種類。

32GBモデルは機種代0円です。回線契約は必要ですが、プランSなら月額1980円~です。UQモバイルのiPhoneSEは完売しました。

ワイモバイルのiPhone seY!mobileのiPhoneSEが値下げしすぎで在庫切れに? 格安sim iPhoneseまさかの0円?iPhone SEを安く買うなら格安SIM一択

(4)【まだまだ使える】iPhone6s

iPhone6s

メーカー Apple
発売日 2015年9月
画面サイズ 4.7インチ
メモリ 2GB
ストレージ 32/128/256GB
カメラ アウト:1200万画素
イン:500万画素
バッテリー 非公開
防水・防塵

やや古い機種となるiPhone 6sですが、まだまだ現役で使用可能です。画面サイズは4.7インチ。コンパクトサイズで女性の手にもピッタリです。

iPhone6sはRetinaHD対応。高画質な動画をそのままの品質で再生することができます。

Apple Storeでは随分と前に取扱が終了したiPhone 6s。ですが、ドコモWithと格安SIMにて、安価に手に入れることができます。

新型iPhoneが発売されるたびに、値下がりを狙って売れまくるiPhone 6s。コスパを求めるなら、最高の選択肢です。

Y!mobileでiPhone 6sが540円に

格安SIMでiPhone6sを購入するなら、UQモバイルかY!mobileが圧倒的に安いです。なかでも、Y!mobileは32GBモデルが540円に(UQモバイルは13476円)。

128GBモデルでも、Y!mobileは約1万円となっています。

ワイモバイルのiPhone 6sY!mobile(ワイモバイル)のiPhone 6sが500円まで緊急値下げ!さらに15555円が貰える 格安SIM iPhone6s一括540円?格安SIMでiPhone 6sを安く買う方法

(5)【唯一のAndroid端末】AQUOS R compact SH-M06

SH-M06

メーカー SHARP
発売日 2018年1月
画面サイズ 4.9インチ
メモリ 3GB
ストレージ 32GB
カメラ アウト:1640万画素
イン:800万画素
バッテリー 2500mAh
防水・防塵

4インチスマホの中では最も大型となるAQUOS R compact SH-M06。とはいえ、手のひらサイズにピッタリ収まり片手でも余裕で操作できます。

日本製のSIMフリースマホでは独占状態となっているAQUOSシリーズ。Androidは6インチが主流となりつつあり、4インチ台でおすすめできる唯一の機種です(他のAndroidはスペックがゴミ)。

IGZO液晶ディスプレイ搭載の美しい画面に加え、3GBメモリや1640万画素のカメラ性能は、4インチスマホの中で最高峰です。おサイフケータイとワンセグにも対応しています。

なお、大手キャリアは同スペックのモデルをAQUOS R compactの表記で発売しています(SH-M06と名前が付いているのはSIMフリースマホ)。

AQUOS R compact SH-M06は販売終了間近

AQUOSシリーズで最後の4インチ台となるかもしれないAQUOS R compact SH-M06。後継機種の発売で取扱終了が相次いでいます。購入したい場合はお早めに。

おすすめの購入先

後継機種のAQUOS R2 compact SH-M09が登場

2019年、大幅にバージョンアップしたAQUOS R2 compact SH-M09が発売されました。

画面サイズは5.2インチなので4インチ台ではないのですが、今からAQUOS R compact SH-M06を購入するよりAQUOS R2 compact SH-M09の方が絶対におすすめです。

スペック面ではメモリが4GBに。ハイエンドクラスのCPUと64GBストレージを搭載。アウトカメラは2260万画素に進化しました。発売直後から、相当な売れ筋商品となっています。

おすすめの購入先

5.0インチの機種も見逃せない

4インチではありませんが、5.0インチのスマホも片手にすっぽり収まるコンパクトサイズです。

おすすめできる5.0インチスマホは、

  • Xperia XZ2 Compact(ハイスペック)
  • arrows Be F-04K(docomo with対象)

の2機種です。以下の記事でそれぞれレビューしているので、気になる方は参考にしてください。

5インチスマホ【2019年】5インチ台のおすすめスマホ7選

おすすめしない4インチスマホ

4インチ台だからって、何でもおすすめしていませんか?

いいえ、ちゃんと厳選しているわ。逆におすすめできない機種も教えてあげる。

FLEAZシリーズ

SIMフリースマホのFLEAZシリーズは4インチ台の機種がいくつもあります。

ですが、あまりにもスペックが低いため購入はおすすめしません。同額で、何倍も高性能なSIMフリースマホはたくさんあります。

CAT S40

SIMフリースマホで最も頑丈なCAT S40。タフネススマホとして有名ですが、とにかく分厚くて使いづらいです。

最近のスマホは壊れにくい設計になっています(ゴリラガラス採用など)。あえてCAT S40を買う必要はありません。

TORQUE G03

こちらは大手キャリアで最も頑丈なスマホです。CAT S40と同じ理由ですが、非常に使いづらいので、4インチ台というだけで購入しべきではありません。

Galaxy Feel

性能面では問題ありませんが、後継機種の発売でdocomo withの対象外に。ちなみに、後継機種は4インチ台ではありません。

g06+

iPhone SEと同サイズの4インチですが、今から買うにはスペックが低すぎます。また、中古以外で販売している通信事業者もありません。

Xperia J1 Compact

4.3インチですが2015年発売と古いので却下。スペックはそこそこですが、今からこの機種を買うメリットは何もありません。


2.コンパクトなスマホの特徴とは?

最後に、コンパクトサイズのスマホについて特徴をまとめたわ。

(1)使いやすさが最大のメリット

コンパクトなSIMフリースマホを持つ最大のメリットは、何と言っても操作がしやすいことです。

  • 手のひらに収まりやすい
  • 片手で操作しやすい
  • 女性でも使いやすい
  • ポケットに入りやすい

など、操作性や携帯性に優れています。また、見た目が可愛いのも女性からも根強い人気を誇ります。

コンパクトサイズの定義は人それぞれですが、画面サイズが4インチ台であればコンパクトな端末と言えます。

画面サイズが小さいからといってスペック面で劣るわけではありません。動画はもちろん、ネットサーフィンや通話品質、通信速度など大型スマホと比べてまったく遜色はありません。

(2)4インチ以下のスマホはない

近年、スマホの画面サイズは大型化しています。5.2インチが標準サイズで、5.5インチでもやや大きい程度という扱いに変わってきています。

大型化の流れに押されて、3インチ台の生産はなくなりました。小型サイズのスマホは4.0インチが最小です。

一応、2011~2012年頃に発売された3インチ台のスマホがありますが、もはやおもちゃとしても使えないでしょう。まともにアプリが動作しません。

3.【まとめ】絶命寸前の4インチ台スマホを手に入れよう

この記事では、4インチ台のコンパクトなスマホをご紹介していきました。

大型化の流れで年々4インチ台のスマホは減っています。在庫切れ間近のスマホもあるため、ご注意を。ぜひ、お気に入りの1台を見つけてみて下さいね。

なお、4インチじゃなくてもいいかな・・と感じた方は、「こちらの記事」もご参考に。

キャンペーン速報

楽天モバイル公式サイトにて、キャンペーンで端末がありえないセール価格に。

キャンペーン期間:9月12日~9月30日(21:59)まで

通常価格 セール価格
HUAWEI nova lite 3
※人気
26880円 7680円
(分割345円)
HUAWEI nova lite 2 25980円 6980円
(分割314円)
HUAWEI nova 3 54800円 42680円
(分割1920円)
HUAWEI P30 lite 32880円 29880円
(部活1334円)
HUAWEI P20 69800円 48680円
(分割2190円)
HUAWEI P20 lite 31980円 7680円
(分割345円)
AQUOS zero
SH-M10
89980円 79680円
(分割3585円)
AQUOS R2 compact
SH-M09
69800円 62500円
(分割2812円)
AQUOS sense2
SH-M08
※目玉
29800円 9780円
(分割440円)
AQUOS R compact
SH-M06
67800円 49180円
(分割2213円)
AX7
29880円 4780円
(分割215円)
ZenFone 5 52800円 30680円
(分割1380円)
HTC U12+ 89800円 74680円
(分割3360円)
HTC U11 life 39800円 13680円
(分割615円)
LG Q Stylus 39800円 14680円
(分割660円)
Essential Phone 49800円 29480円
(分割1326円)

在庫限り

セール中の端末一覧を見る

スマホ代が3000円以下格安SIMの総合比較

3 COMMENTS

megane

「コンパクトなSIMフリースマホ」という表題なのに、スペックに肝心の本体サイズが記載されていないのが不思議。
誠意ある記事とは思えません。

返信する
ごうな

AtomやPalmPhoneもあるのに「4インチ未満のスマホは無い」と言い切るのはおかしい。Atomは2018年発売、PalmPhoneに至っては2019年発売の最新端末で、どちらも日本国内で流通してるうえ技適も取得してるというのに。

返信する
管理人より

ご指摘ありがとうございます。AtomやPalmPhoneについて、精査して記事への反映を検討したく思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。