コメント欄にご質問・感想をどうぞ

AQUOS sense3 SH-M12をレビュー!スペックから安く買えるMVNOまで詳しく

AQUOS sense3 SH-M12をレビュー

AQUOS sense3 SH-M12はシャープから発売されているSIMフリースマホです。コスパの良さで大ヒットしたAQUOS sense2の後継モデルに当たります。

防水&おサイフケータイ対応という特徴はそのままに処理性能の向上や大容量バッテリー搭載、MIL規格準拠、DSDV対応など全体的なスペックや機能が大幅に進化しています。

日本製のコスパに優れるSIMフリースマホが欲しい人におすすめです。

本記事ではAQUOS sense3 SH-M12を徹底レビューし、スペックやメリット・デメリットをまとめました。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.AQUOS sense3 SH-M12の外観

AQUOS sense3 SH-M12の見た目が気になります。

柔らかい印象のデザインね。液晶はシャープらしく綺麗よ。

こちらが、AQUOS sense3 SH-M12です。

sh-m012

sh-m012 裏面

歴代のアクオスシリーズ同様、シンプルな見た目です。人を選ばないデザインと言えます。

欲を言えば、全面の液晶がノッチだったら良かったのですが。ただ、フルHD+の画面は非常に綺麗です。

角が丸いので可愛らしさもあり。女性にもおすすめできるデザイン性です。


2.AQUOS sense3 SH-M12のスペックとは?

実際、スペックはどうですか?

詳しい説明に入る前に、スペック表を見せるわね。性能について、あとから詳しく説明するから意味が分からなくてもOKよ。

まずはAQUOS sense3 SH-M12のスペックを一覧表にまとめました。

発売日 2019年11月27日
メーカー SHARP
サイズ 高さ:約147mm
幅:約70mm
厚さ:約8.9mm
重量 約167g
画面 5.5インチ、FHD+
2160×1080
OS Android 9
CPU Snapdragon 630
(オクタコアCPU)
メモリ 4GB
ストレージ 64GB
カメラ性能 アウト:1200万画素+1200万画素
イン:800万画素
外部メモリ microSD
(最大512GB)
バッテリー容量 4000mAh
本体カラー ライトカッパー
シルバーホワイト
ブラック
防水 防水:IPX5・IPX8
防塵:IP6X
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV
TOPIC
楽天モバイルから発売されている「AQUOS sense3 lite」はほぼ同じスペックですが、カメラがシングルカメラになっている、DSDV非対応など細かい違いがあります。

3.AQUOS sense3 SH-M12のメリット5つ

この端末って、何が優れているんですか?

シャープらしい画面の美しさは魅力ね。長持ちするバッテリーや防水対応なのもメリットよ。

ここからはAQUOS sense3 SH-M12のメリットを見ていきましょう。

①最大1週間長持ちするバッテリー

AQUOS sense3 SH-M12最大のメリットはバッテリーです。

これまでAQUOSのバッテリー容量は3000mAh前後でしたが、AQUOS sense3 SH-M12はシリーズ史上最大となる4000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

バッテリー容量が増えたことで、最大1週間という電池持ちを実現しています。

従来のAQUOSも電池持ちは良かったですが、AQUOS sense3 SH-M12の電池持ちはそれ以上です。

また、AQUOS sense3 SH-M12は急速充電技術「USB Power Delivery」に対応し、付属の充電器を使って通常の2.5倍の高さで充電ができます。

急速充電を利用する際は電池の劣化が心配かもしれません。

しかし、AQUOS sense3 SH-M12は急速充電を繰り返しても電池が劣化しにくいように充電を賢くコントロールする「インテリジェントチャージ」に対応しているので安心です。

②シャープらしい美しいディスプレイ

液晶画面

AQUOS sense3 SH-M12はシャープが独自開発したIGZO液晶ディスプレイを搭載しています。 美しいディスプレイで写真や動画、ゲームなどを楽しめます。

コントラストやバックライト輝度を自動調整する「アウトドアビュー」に対応しており、屋外でも画面が見やすいです。

③防水・防塵に対応

AQUOS sense3 SH-M12は防水・防塵に対応しています。防水等級はIPX5/8、防塵等級はIP6Xとどちらも最高等級で、水回りでも故障の心配は不要です。

防水対応スマホでもお風呂での使用はできないモデルが多いですが、AQUOS sense3 SH-M12なら

  • 湯船や温泉、石けん、洗剤、入浴剤の入った水には浸けない
  • 浴室温度40℃以下、湿度99%以下で連続使用2時間以内の範囲で使用

といった条件を満たせば、お風呂でも安心して使えます。

耐衝撃性にも優れている

AQUOS sense3 SH-M12は防水・防塵だけでなく、耐衝撃をはじめとする以下の19項目の「MIL規格」をクリアしています。

MIL規格クリア

  • 防水(浸漬/雨滴)
  • 防塵
  • 防塵(風塵)
  • 耐衝撃/耐振動
  • 耐日射
  • 耐湿
  • 高温保管(固定/変動)
  • 高温動作(固定/変動)
  • 低温動作/低温保管
  • 温度耐久
  • 低圧保管/低圧動作
  • 氷結(結露/氷結)

本体は曲げや捻りに強いアルミボディを採用し、高いところから落下しても壊れにくいです。1つのスマホを長く安心して使いたい人に向いています。

④CPU・RAM・ROMは日常使いに問題なし

AQUOS sense3 SH-M12はハイスペックスマホではないものの、日常使いには全く問題ないスペックです。

CPUにはミドルレンジ向けの「Snapdragon 630」を搭載しています。比較的処理性能が高く、SNSやブラウジングといった軽いアプリならサクサク快適です。

メモリも4GBあり、よほど重たいものでなければ3Dゲームも動きます。ROMも64GBあるので、大量にゲームや写真、動画を保存するのでなければ十分です。

約3万円という価格を考慮すると妥当なスペックで、コスパパフォーマンスは高いです。

⑤シリーズ初のDSDV対応

AQUOS sense3 SH-M12は2枚のSIMカードを同時に待受けできる「DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しています。DSDV対応はAQUOSシリーズでは初めてです。

2つの電話番号を使い分ける、大手キャリアと格安SIMを併用するなど、多彩な使い方ができます。

DSDV対応スマホ自体は珍しいものではありませんが、防水・おサイフケータイ・DSDVのすべてに対応しているスマホはほとんどなく貴重です。

4.AQUOS sense3 SH-M12のデメリット2つ

逆に悪い点は何かありますか?

カメラ性能は他の海外製スマホより落ちるわね。あと、デザインも最新とは言えないわ。

たくさんのメリットがあるAQUOS sense3ですが、デメリットもいくつかあります。

①同価格帯でカメラ性能に優れる機種が他にある

AQUOS sense3 SH-M12はカメラ性能にこだわる人には向きません。

背面カメラは標準レンズと広角レンズのデュアルカメラになりAI機能に対応するなど、前モデルより確実に性能は良くなっています。

しかし、同価格帯(3万円前後)には

など、AQUOS sense3 SH-M12よりカメラ性能が良いスマホがたくさんあります。

できる限り安くカメラ性能のいいスマホを買いたいならAQUOS sense3 SH-M12ではなく上記のようなスマホがおすすめです。

②流行りのノッチデザインではない

ここ最近のスマホはディスプレイ上部に切り欠けがある「ノッチ」を採用したデザインが流行しています。対して、AQUOS sense3 SH-M12のディスプレイにはノッチがありません。

ノッチについては好みが分かれており、中にはノッチが嫌な人も一定数います。

しかし、一般的にはノッチがあるとディスプレイが広くなり、スタイリッシュに見えます。 ノッチがあるスマホと比べるとベゼルが太く、やや古い印象です。

デザインについてこだわりがある人は、一度実物を家電量販店などでチェックすることをおすすめします。

5.同時期発売の AQUOS sense3 plusと比較

そういや、AQUOS sense3 plusが発売されたって聞いたんですが、何か違いはあるんですか?

AQUOS sense3の上位互換の端末ね。

AQUOS sense3とほぼ同じ時期にAQUOS sense3 plusという兄弟モデルも発売されています。名前が似ていますが、どのような違いがあるのでしょうか?

AQUOS sense3とAQUOS sense3 plusのスペックを一覧表にまとめました。

AQUOS sense3 AQUOS sense3 plus
販売価格 約35,000円 約45,000円
発売日 2019年11月27日 2019年12月13日
メーカー SHARP SHARP
サイズ 高さ:約147mm
幅:約70mm
厚さ:約8.9mm
高さ:約160mm
幅:約75mm
厚さ:約8.7mm
重量 約167g 約175g
画面 5.5インチ、FHD+
2160×1080
6.0インチ、FHD+
2220×1080
OS Android 9 Android 9
CPU Snapdragon 630
(オクタコアCPU)
Snapdragon 636
(オクタコアCPU)
メモリ 4GB 6GB
ストレージ 64GB 64GB
カメラ性能 アウト:1200万画素+1200万画素
イン:800万画素
アウト:1220万画素+1310万画素
イン:800万画素
外部メモリ microSD
(最大512GB)
microSD
(最大512GB)
バッテリー容量 4000mAh 4000mAh
本体カラー ライトカッパー
シルバーホワイト
ブラック
ムーンブルー
ホワイト
ブラック
防水 防水:IPX5・IPX8
防塵:IP6X
防水:IPX5・IPX8
防塵:IP6X
おサイフケータイ
ワンセグ
DSDV

似ている部分も多いですが、細かい部分ではAQUOS sense3 plusのほうがAQUOS sense3より優れています。

CPUはAQUOS sense3がSnapdragon 630なのに対して、AQUOS sense3 plusはより性能が高いSnapdragon 636を搭載しています。

ディスプレイもサイズ・解像度ともにAQUOS sense3 SH-M12より大きいです。

メモリ容量も6GBと大容量なので、3Dゲームをプレイするなどスペックを求めるならAQUOS sense3 plusを選びましょう。

一方、AQUOS sense3はMIL規格に準拠していましたが、AQUOS sense3 plusはMIL規格に準拠していません。壊れにくさはAQUOS sense3が上です。

その他、バッテリー持ちが良い、防水・防塵やおサイフケータイ対応といった特徴は同じです。したがって、

  • スペックを重視するならAQUOS sense3 plus
  • 価格や耐久性重視ならAQUOS sense3 SH-M12

といったように選ぶといいでしょう。

AQUOS sense3 plusは、「楽天モバイル」「ソフトバンク」で購入可能。

6.ユーザーの口コミを調査してみた

ユーザーの口コミが気になります。

OK、調査したから参考にしてね。

実際、AQUOS sense3 SH-M12を使うユーザーの口コミを調べてみました。

価格.comを参照

一般的な操作については過不足がない。

特別速いと言うこともないでしょうが、遅いとかストレスとは無縁です。

私の使い方では遅い(もっさり)と感じたことはないです。YouTubeはよく見ます、ゲームは全くしません。重いWebサイトでもサクサク表示します。

処理能力は他の機種に比べると大したことないらしいですが今のところ特に大きな不便は感じてません。

朝7時から夜10時まで、LINE、YouTube、ネットサーフィンなど、AQUOS sense2 が残り約15%のところ、同じ条件で本機は約50%前後

4000mAhという大容量なので1日持ち歩いてても80%を下回ることはほぼないです。仕事で朝と休憩時と帰りにしか使わないとなると90%台のまま帰ってくることがザラです。

価格が安いので暗所には多少弱いが、今流行りの超広角カメラもあるため、明るい場所であれば超広角での撮影の楽しみは増えるかとは思います。

詳しいレビュアーによるとイマイチのようだが、自分の用には十分足りる、今回はじめて超広角付きを使うけれど便利、だがこうなるともう少し両方のレンズ画角に差をつけたほうが便利だと思う

PCに転送して鑑賞するとアラも見えますが、液晶での鑑賞に不満は無いです。必要なら、レフ機を使用するのでメモ写真程度の使用です。

処理速度についてはハイエンドモデルには劣るものの、ゲームをしないなら問題ないという声が多いです。普段使いがメインの人ならAQUOS sense3で困ることはありません。

一番のメリットであるバッテリーはやはり好評です。電池持ちを重視するならAQUOS sense3 SH-M12で間違いないでしょう。

カメラの評判も悪くはありませ。ただ、暗い場所でもきれいに撮りたいなどこだわる人には物足りないという評価ですね。

7.AQUOS sense3 SH-M12がおすすめな人とは?

結局、AQUOS sense3 SH-M12はどんな人におすすめなんですか?

ずばり、ハイスペックにこだわりすぎず電池持ちや耐久性を重視する人がおすすめよ。

スペックやメリット・デメリットを踏まえると、AQUOS sense3は以下のような人におすすめです。

  • 電池持ちを重視する人
  • 1つのスマホを長く使いたい人
  • DSDV+防水+おサイフケータイに対応したスマホを使いたい人
  • 3Dゲームなど負荷の大きいアプリを使わない人

AQUOS sense3 SH-M12はとにかく電池持ちが良いです。電池持ちを重視するなら、まず検討したいスマホの1つですね。

また、19のMIL規格に準拠しています。過酷な環境でも故障しにくいので、1つのスマホを長く使いたい人に最適。

防水、おサイフケータイ、そしてDSDVに対応しているスマホはほとんどないので貴重です。

逆に、AQUOS sense3 SH-M12は3Dゲームなどの負荷の大きいアプリの利用には向きません。

そういったアプリは使わず、SNSやブラウジングなど普段使いがメインなら全く問題ありません。

8.AQUOS sense3 SH-M12を安く購入できるMVNO(格安SIM)

AQUOS sense3 SH-M12はどこで購入できますか?

主な販路は格安SIM(MVNO)になるわ。回線とセット契約で、簡単に乗り換えもできるわよ。

①OCNモバイルONE【特価価格で最安値】

OCNモバイルONEのロゴ

OCNモバイルONE」は、歴代のAQUOSシリーズを常に最安値で販売してきた格安SIMです。今回も、いつもどおり圧倒的な値下げに。

定価3万円を超える端末に対して、半額の14800円となっています(期間限定価格)。 その他の端末も特化価格なので、セール会場を一度覗いてみるといいですよ。

最新価格を見る

OCNモバイルONEの公式サイトへ

②BIGLOBEモバイル【Youtube見放題】

BIGLOBEモバイルのロゴ

動画好きの方におすすめなのが「BIGLOBEモバイル」です。BIGLOBEモバイルは「エンタメフリーオプション」でYoutubeやAbemaTVがカウントフリーで見放題に。

3GBプラン+エンタメフリーオプション(月額480円)で月額2000円以下。端末代金を合わせても圧倒的なコスパです。

さらに、当サイトとBIGLOBEモバイルのタイアップで3000円分のキャッシュバックもあります。

最新価格を見る

(CBあり)BIGLOBEモバイルの公式サイトへ

その他、AQUOS sense3 SH-M12を購入できるMVNO

9.【まとめ】日本製のSIMフリースマホが欲しいなら第一候補に

以上、AQUOS sense3 SH-M12のレビューでした。

AQUOS sense3 SH-M12は手ごろな価格ながら必要十分以上のスペックに大容量バッテリー、防水・おサイフケータイ・DSDV対応、MIL規格準拠と盛りだくさんでコスパはかなりのものです。

とくにDSDV対応はAQUOSシリーズでは初めてで、DSDV+防水+おサイフケータイの3つ同時に対応しているスマホもほとんどありません。

日本製のSIMフリースマホを購入したいなら、間違いなく第一候補となる1台です。

この記事のおさらい

メリット

 

デメリット

 

おすすめな人

  • 電池持ちを重視する人
  • 1つのスマホを長く使いたい人
  • DSDV+防水+おサイフケータイに対応したスマホを使いたい人
  • 3Dゲームなど負荷の大きいアプリを使わない人

 

購入できる格安SIM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。