LINE Outとは?料金から使い方まで丸わかり【無料通話OK】

LINE Outとは?

この記事のポイント

  • LINE Outは、相手がLINEを立ち上げていなくても発信できる格安通話サービス
  • 2つの有料プランが用意されているが、広告再生ありで短い通話なら無料で発信できる
  • デメリットとして非通知扱いで発信される可能性があるので注意

「LINE Outって何?お得に通話できるの・・?」

無料通話アプリとして不動の地位を築いているLINE。ですが、LINE同士でないと通話できないデメリットがあります。

そこで活用したいのがLINE Out。LINE Outなら固定通話宛でも発信可能です。

この記事では、LINE Outとは何か徹底解説。料金プランからメリット・デメリットまで詳しく掘り下げます。

発信方法についても説明しているので、ぜひご参考に。

1.LINE Outとは?

LINE Outって、どんなサービスですか?

無料のLINE通話と違って、誰にでも発信できるの。

LINE Outとは、LINE株式会社が提供する格安通話サービスです。通話料のかかる有料サービスですが、LINEの無料通話と違って誰にでも発信できます。

無料通話(LINE)との違い

LINE Out 無料通話
通話相手 誰でも LINE同士
通話料 2円/分~
※一部無料あり
無料

相手先は固定通話でもOK。LINEアプリをインストールしていない相手でも発信できます。

国内だけでなく海外(一部除く)発信にも対応しています。


2.LINE Outの料金プラン・通話料

LINE Outの料金ってどうなっていますか?

2つの有料プランから選択できるわ。広告再生と通話時間の条件が付いていいなら無料で使えるわよ。

LINE Outの料金プランはチャージ制のコールクレジットか、定額制の30日プランに分かれます。また、条件次第では無料で利用することも可能です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

コールクレジット(チャージ式)

コールクレジットは、チャージ式の支払い方法です。都度払いなので、必要なときだけ購入することができます。

毎回チャージするのが面倒なら、オートリチャージ(自動入金)も可能ですよ。

コールクレジット

コールクレジット

コールクレジットの通話料は以下の通りです。

通話料

  • 携帯電話:14円/分
  • 固定電話:3円/分

注意点として、LINE STOREまたはAndroidで購入したコールクレジットは180日の有効期限があります。

また、別のOS(iPhoneからAndroid、もしくはAndroidからiPhone)にアカウントを引き継ぐ際は、残額を引き継げない点にも気を付けてください。

MEMO
AndroidはLINEコインでコールクレジットを購入できる

>コールクレジットの購入はこちら

30日プラン

30日プランは購入してから30日間、上限時間まで定額で通話できるプランです。通話料はコールクレジットより安くなります。

30日プラン

30日プラン

プラン価格(30日あたり)

  • 携帯電話・固定電話に120分までかけ放題:720円
  • 携帯電話・固定電話に60分までかけ放題:390円
  • 固定電話に60分までかけ放題:120円

通話料

  • 携帯電話:6円/分
  • 固定電話:2円/分

30日プランは、都度購入の他に毎月継続して使いたい場合は自動継続を選べます。

30日以内に同一プランを複数購入できないため、上限時間を超過したら別のプランかコールクレジットを購入しましょう。通話残高は翌月に繰り越されないので注意して下さい。

>30日プランの購入はこちら

LINE Out Free(無料)

LINE Outには料金のかからない無料プランが用意されています。無料の条件として、広告が付くのと通話時間が限られます。

LINE Out Free

  • 携帯電話:2分以内
  • 固定通話:3分以内

※広告動画が再生される

通話時間は短いのですが、簡単な用途を伝えるだけなら十分でしょう。なお、LINE Out Freeは海外通話でも利用できます。

海外通話は通話時間の条件が変わるので、詳しくはこちらのページで確認して下さい。

3.LINE Outのメリット・デメリット

特徴は分かりましたけど、LINE Outのデメリットが気になります。

OK、メリットも合わせて説明するわね。

メリット

LINE Outのメリットは以下の通りです。

メリット
  1. 条件次第で無料通話が可能
  2. 都度購入・自動継続を選択できる
  3. 通話料が最安で2円(1分あたり)
  4. LINEアプリからすぐに利用できる

まず、広告再生(30秒)と通話時間の条件が付きますが、無料通話のプランが用意されているのは大きな魅力。LINE同士で通話できない相手にも、無料で発信できるのは魅力です。

肝心の通話料も十分な安さ。特に、30日プランなら1分あたり2円(固定電話宛て)です。使い慣れたLINEから、すぐに発信できるのも嬉しいポイントです。

デメリット

LINE Outは、以下のデメリットがあるため注意して下さい。

デメリット
  1. 非通知扱いで発信される場合あり
  2. 受信の機能はない
  3. 通話音質が少し悪い

最も気を付けたいのが、非通知扱いで発信される場合があること。基本はLINEに登録した電話番号が相手に表示されますが、不具合や契約内容により非通知扱いになる可能性があります。

特に、相手先がソフトバンクかドコモユーザーだと非通知または通知不可能と表示されやすいです。非通知だと知り合い宛でも着信拒否される恐れがあります。

また、LINE Outは着信機能がありません。相手が不在着信を元に折り返し電話をかけた場合、LINE Outではなく通常通話で受信されます。

通話音質については、日常会話はまったく問題ありませんがクリアな音質ではありません(少し曇った感じ)。

4.【図説】LINE Outの使い方

LINE Outの使い方は簡単ですか?

LINEを使っているなら、今すぐ利用できるわ。

LINE Outの使い方は以下の通りです。

MEMO
コールクレジットか30日プランを利用する場合は、事前に支払いを済ませておく
STEP.1
LINE Out Freeのメニューを開く

LINE Out Freeのメニュー

LINEのホーム画面から「サービス」の「すべてを見る」をタップ。サービス一覧から、「LINE Out Free」を選択してください。

※LINEアプリをまだ持っていない方は、こちらからインストールしておきましょう

STEP.2
キーパッドのアイコンをタップ

キーパッドのアイコン

STEP.3
「利用開始」をタップ

利用開始

LINE Outの画面が表示されるので、「利用開始」をタップしてください。

STEP.4
アクセス許可を承認する

アクセス許可

アクセス許可の画面が表示されたら、「許可」をタップしてください。

STEP.5
有料プランを購入した方は切替え設定を行う

有料プランの選択

コールクレジットか30日プランを購入した方は、画面上部の「LINE Out Free」のマークをタップ。有料通話の「LINE Out」にチェックを入れましょう。

※無料通話(広告あり)で発信する方は、この項目を飛ばして下さい

STEP.6
電話番号を入力して発信する

LINE Outの発信画面

発信画面には、残高クレジットも表示されます。

以上で完了です。相手先は、

  • 「+81」が付いた電話番号
  • 相手のアドレス帳に登録された氏名
  • 非通知

のいずれかで受信します。折り返しの際は「+81」を「0」に変えてもらいましょう。

5.まとめ

LINE Outを上手く活用すれば、月々の通話料を劇的に下げられます。一時的に使用するならコールクレジットの購入でOK。

広告再生に我慢できるなら、無料通話がおすすめですよ。LINEアプリをインストールしているなら、すぐに利用開始できます。

デメリットとして、非通知発信になる可能性があるため注意して下さいね。

2021年おすすめの携帯会社とは?

【キャリアを選ぶなら】楽天モバイル

公式キャンペーン

 

3278円でデータ無制限、20GB以内のデータ消費に収まれば2178円以下に。現在、ポイント還元で実質0円で端末購入できます。
さらに、3ヵ月無料キャンペーン中(2021年4月~)。契約事務手数料&解約金は0円です。

レビューを見る

【格安SIMを選ぶなら】J:COMモバイル

公式キャンペーン

 

データ容量をあまり使わないなら、J:COMモバイルが狙い目です。最安980円(税込1078円)から。

iPhoneやGalaxyをセット購入できます。今なら、WEB申込み限定で3300円の契約事務手数料が0円です。

レビューを見る