ドコモのスマホ代が高い!今すぐ見直すべき6つのポイント

ドコモのスマホ代見直し

ドコモのスマホ代が高くて困る・・

スマホ代は毎月のしかかる固定費。できることなら、無駄をなくして節約したいですよね。

実は、多くの人がオプション契約や不要なかけ放題で、無駄な出費をドコモに支払っています。簡単なプラン見直しだけでスマホ代が下がる可能性があるので要チェックです。

この記事では、ドコモの料金が毎月高くて困っている方に向けて、具体的な対処方法を解説していきます。

一つでもいいので、見直しポイントを実践すれば、毎月のスマホ代が安くなりますよ。

ぜひ、参考にして下さいね。

1.はじめに:毎月の利用料金が8500円以上の人は平均より高い

そもそも、どれくらいの金額だと高すぎになりますか?

平均は約8500円。これ以上高いなら、見直しが必要ね。

まずは、毎月のスマホ代が、高いのか安いのかを把握しておきましょう。

ずばり、日本人のスマホ代の平均支払額は月額8451円です。

auとドコモも含めた価格ではありますが、3キャリアとも料金は横並びなので、ソフトバンクの平均支払額と捉えて問題ないでしょう。

通話料を入れて、毎月の利用料金が8500円を超えている方は、平均より高いので見直しが必要です。

POINT
アプリ課金を抜いて8500円が基準

2.ドコモのスマホ代を安くするポイント

具体的に何を見直せばいいんでしょうか?   

基本の料金プランはもちろん、オプションやかけ放題もすべてチェックしていくべきね。あと、割引が利用できるならすぐに適用してね。

①不要なオプションはすべて外す

最初に確認しておきたいのが不要なオプション。新規契約時に、店員さんに勧められるがまま、入ってしまったオプションはありませんか?

とくに忘れやすいのが、「最初の2ヶ月は無料です」といった類のオプション。 そのまま解約し忘れて、毎月の無駄な出費となっているかもしれません。

オプション例

  • いちおしパック:500円
  • あんしんパック:1330円~
  • ケータイ補償サービス:330円~
  • あんしん遠隔サポート:400円
  • あんしんセキュリティ:200円
  • あんしんパック ホーム:880円
  • dTV:500円
  • dマガジン:400円
  • dアニメストア:400円

オプションは、月に数百円とはいえ積み重なると年間で数万円を超える場合も。セキュリティ系、エンタメ系を中心に、不要なオプションを契約していないか確かめてみますよう。

5年以上契約している方は、ガラケー時代のオプションに加入していないかチェックも忘れずに。

なお、オプションの解約はMy docomoから手続き可能です。

解約手順

  1. My docomo」にアクセス
  2. 「契約内容・手続き」をタップ
  3. dアカウントでログイン
  4. 不要なオプションを選び「解約」をタップ

②7GB以下のデータ消費抑えられるなら、ギガライトへプラン変更する

現在、ギガホなどギガライト以外のプランに加入中の方は、プラン変更を考えたほうがいいでしょう。

とくに、毎月7GB以内のデータ容量しか使っていない方は、ぐっと月額料金が下がります。

ギガライトのプラン内容

データ容量 月額料金
1GBまで 2980円
3GBまで 3980円
5GBまで 4980円
7GBまで 5980円
参考
ギガホ:6980円(30GB)

ギガライトは7GBを超えると速度制限にかかります。逆にいえば、最大で5980円(その他の料金は加入任意のかけ放題しかからない)。

頑張って3GBに抑えられるなら、3980円です。

従量制なので、月によって多くデータ消費するときは7GB料金(5980円)、データ消費を抑えられるときは3GB料金(3980円)といった使い方もできます。

POINT
Wi-Fiで上手くやりくりすれば、データ消費量は抑えられる

なお、毎月のデータ消費量はMy docomoで確認可能。その他、以下の方法でも確認できます。

データ消費量のチェック方法

  • iPhone:「設定」→「モバイルデータ通信」→「現在までの合計」
  • Android:「設定」→「データ使用」
ギガホ ギガライト落とし穴に注意!ドコモのギガライトとギガホを詳しく解説します

③毎回の通話時間が5分以内なら、かけ放題なしか5分通話無料オプションに変更する

頻繁に通話をする方は、通話料を見直しましょう。見直しのポイントは、1回あたりの平均通話時間を把握すること。

通話回数が多くても、毎回の通話時間が5分で収まるなら、完全かけ放題は不要です(5分かけ放題に乗り換えるべき)。

かけ放題の月額料金

  • かけ放題オプション(完全かけ放題):1700円
  • 5分通話無料オプション(5分かけ放題):700円

通常の通話料は30秒あたり20円。LINEなど、無料の通話アプリを除いて毎月の通話時間が12分で収まるなら、かけ放題自体なしの方がお得となります。

POINT
ギガホ・ギガライトはかけ放題の加入が任意で選べる

なお、オプションと同じくかけ放題のプラン変更も、My docomoから手続きできます。

④家族でドコモを使うなら、みんなドコモ割を適用する

みんなドコモ割はいわゆる家族割だと思ってOKです。

適用方法は、ファミリーグループといって家族を含む3親等以内でグループを組みます。このグループ内で音声通話回線が2回線以上あれば、500円/1000円の割引を受けられます。

みんなドコモ割の割引額

  • 2回線:500円
  • 3回線以上:1000円

さらに、ファミリー割引の申し込みを行えば、家族間(3親等内)の通話料が無料に。離れて暮らす家族にも適用できます。

なお、みんなドコモ割の対象プランはギガホとギガライトだけ。旧プランやキッズケータイプランの人は割引対象外となる点に気をつけましょう。

⑤ドコモ光のセット割を活用する

ドコモ光を契約すると、ドコモユーザー限定でスマホセット割を適用できます。

割引額

  • ギガホ:1000円
  • ギガライト~5/7GB:1000円
  • ギガライト~3GB:500円

※旧プラン(データパック)でも最大1600円の割引適用

割引期間は決まっておらず、永年継続です。

光回線の全ユーザーのうち、40%は既にセット割を受け取っています。まだセット割を適用できていないなら、この機会に適用させましょう。

なお、他の光回線から乗り換える場合は、違約金や工事費がかかりますが、「GMOとくとくBB」経由で契約すればキャッシュバックが貰えるので必要費用をすべて相殺できます。

ドコモ光【2020年】ドコモ光の評判とは?メリット・デメリットから通信速度まで解説

⑥dカードゴールドに加入して利用料金を10%安くする

dカードゴールドとは、ドコモが発行しているクレジットカードです。

年会費が1万円かかるのですが、ドコモ(ドコモ光も含む)の利用料金が10%も安くなります。また、家族カードを発行すれば、家族全員に10%還元を適用できるので非常にお得です。

家族カード

  • 1枚目:無料
  • 2枚目以降:1000円

仮に、家族全員合わせて毎月のスマホ代が2万円だとすると、2000円分がdポイントとして還元されます。

年会費1万円を払ったとしても、入ってくるポイントが倍以上なので、十分におつりが来る計算です。

TOPIC
dカードゴールドは3年間の端末補償が無料で付くため、ドコモの端末補償オプションを外すこともできる

3.さらにスマホ代を安くしたいなら格安SIMに乗り換えよう

何とか、毎月500円安くできそうです。

いい感じね。
でも、思ったより安くはならないんですね。

これ以上安くしたいなら、格安SIMに乗り換えるべきよ。

3-1.ドコモと使い心地が変わらないのはY!mobile

冒頭で解説したスマホ代の平均支払額ですが、同じMMD研究所が格安SIMの平均価格も算出しています。その金額は、なんと2753円です。

平均支払額

  • 大手キャリア:8451円
  • 格安SIM:2753円

ただ、いくら格安SIMが安いとは言え、なかなか重い腰が上がらないのも事実。

そんなときは、ドコモと通信品質が変わらないY!mobileなら乗り換えのハードルがグッと低くなります。

Y!mobileが乗り換えやすい理由

  • 格安SIMで唯一、通信速度がドコモと変わらない
  • 大手キャリア(ソフトバンク)の子会社である安心感
  • 全プランに10分かけ放題付き(+1000円で完全かけ放題)
  • 月額1480円〜
  • 全国でショップ展開している

上記のほか、PayPayの優遇やまとめて支払いの利用など、サービスレベルもドコモと変わりません。

唯一のデメリットが、新型iPhoneの販売が無いこと。それを許容できるなら、Y!mobileに乗り換えるのが吉。スマホ代をおよそ半額にすることができますよ。

(参考)Y!mobileの料金プラン

プランS プランM プランR
月額料金 1980円 2980円 3980円
データ容量 4GB 12GB 17GB
無料通話 10分かけ放題
解約金 なし
TOPIC
2019年10月のルール改正でドコモの解約金は1000円に。格安SIMへ乗り換えやすい環境となりました。

CHECK!

Y!mobileの詳細を見る

3-2.手持ちのスマホで契約するならドコモ系の格安へ

ドコモ系の格安SIMなら、ドコモのスマホをSIMロック解除無しで利用できます。

TOPIC
Y!mobileでドコモのスマホを使う場合は、My docomoにてSIMロック解除の手続きが必要

手持ちのスマホのSIMカードを入れ替えるだけで、スマホ代が大幅に安くなるので利用しない手はありません。

しかも、ドコモ系の格安SIMなら、使用する回線は今までのドコモと一緒。通話エリアもまったく変わらないので、違和感なく乗り換えられるでしょう。

代表的なドコモ系格安SIM

乗り換え先は、楽天モバイルの「スーパーホーダイプラン」が最もおすすめです。

楽天会員なら毎月1500円割引。さらに、10分かけ放題もプラン内に付属しています。

ドコモ系の格安simドコモ系でおすすめの格安SIMを比較

4.【まとめ】これ以上無駄に、ドコモへ貢ぐのは辞めよう

今回は、ドコモのスマホ代が高いと感じている方に向けて、詳しい対処法を解説してきました。

高品質のイメージがあるドコモですが、利用料金はやはり高め。

平均価格は毎月8000円前後なので、このレンジに収まっていない人は今すぐ対処したほうがいいでしょう。

まずは、無駄なオプションや料金プランを見直してみて下さいね。思ったより節約できなかった場合は、格安SIMの導入も考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。