落とし穴に注意!ドコモのギガライトとギガホを詳しく解説します

ギガホ ギガライト

ドコモの料金プラン、ギガライトとギガホがよく分からない・・。

ドコモに限りませんが、スマホの料金プランは本当に分かりにくいですよね。

ドコモショップの店員さえも、完全に理解できていない始末。一般ユーザーにわかりっこありません。

ですが、2019年6月から始まったギガライト・ギガホでは、プラン内容がかなりシンプルになりました。誰でも理解できる内容です。

この記事では、ギガライトとギガホの違いから、どちらのプランを選ぶべきかまで徹底解説。

旧プランとの比較やおすすめの契約方法についても説明していますよ。ぜひ、参考にして下さいね。

2万円CB

1.まずは料金プランを理解!ギガライトとギガホは何が違うのか

ギガライトとギガホの違いは何ですか?

簡単にいえば、使えるデータ容量が違うの。ギガホはネットがたっぷりで、ギガライトは少なめ。詳しく解説するわね。

1-1.超シンプルになったドコモの料金プラン:事実上の2択に

今まで、ドコモの料金プランはかなり複雑でした。

その理由は、基本プランに加えてパケットパック(データ容量)やオプションを組み合わせていくシステムだったからです。

どの組み合わせがいいのか、さっぱり分からず。

裏話をすれば、大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)は他社と比較されないために、あえて料金プランを複雑にしていたわけですが・・。

そんな分かりにくかったドコモの料金プランも、2019年6月から一新。今までと比べてかなりわかりやすくなりました。

  • 今まで(シェアパック) → 基本プランに加えて様々な組み合わせが必要だった
  • これから(ギガライト・ギガホ) → 基本プランのみで組み合わせなし

簡単にいえば、ギガライト・ギガホはすべてをパッケージ化したわけですね。 ネット接続に必要なSPモード(月額300円)も、パッケージ内に。

最終的に、シェアパックが無くなったことで、ドコモの全料金プランは以下に集約されました。

ドコモの全料金プラン

  • ギガホ
  • ギガライト
  • データプラス(タブレット向け)
  • ケータイプラン(ガラケー向け)
  • キッズケータイプラン(12歳以下のみ)

5つの料金プランがありますが、スマホを使う一般の方はギガホとギガライトに絞られることに。 つまり、ドコモの料金プランは事実上の2択になったわけです。

1-2.ギガライトはネットをあまり使わない人向けの従量制プラン

ギガホとギガライトの違いは、超シンプルに言うとネットをどれくらい使うのか?の一点のみ。細かな違いはありますが、ネットの消費量以外はあまり気にしなくて構いません。

ギガライトは、ライト(軽い)と名が付く通り、ネットをあまり使わない人向けのプランです。

詳しい解説に入る前に、ギガライトの料金を見てみましょう。

ギガライトのプラン内容

データ容量 月額料金
1GBまで 2980円
3GBまで 3980円
5GBまで 4980円
7GBまで 5980円

ギガライト

ご覧の通り、ギガライトは従量制で月額料金が決まります。例えば、データ消費量が4.6GBなら月額4980円です。

普段は、LINEとSNSくらいしか使わない、あるいはWi-Fiで運用できる方は3GB以内に収まるでしょう。その場合は、通話料を除いて月額3980円となります。

最大データ容量の7GBを超えた場合は、128kbpsの速度制限にかかります。 チャージ料金は1GB1000円です。

ギガライトがおすすめな人
  • ネットはSNSとLINEがメイン
  • 動画をあまり見ない
  • Wi-Fiルーターや光回線を使っている
  • 毎月のデータ消費量が変わる

1-3.ギガホはネットをたっぷり使う人向けの定額制プラン

最大7GBまでのギガライトでは、とても足りない・・。そんな人はギガホがおすすめ。

こちらは、シンプルに30GBの定額制プランとなります。月額料金は6980円です。

MEMO
ギガホ割で5980円に(最大6ヶ月)

勘の良い方なら気づいたかもしれませんが、ギガホは30GBも使えるのにギガライトの7GBと1000円しか変わりません。

  • ギガホ(30GB):6980円
  • ギガライト(7GB):5980円

そのため、毎月のデータ消費量を見直して7GB以上使っていたら、迷わずギガホを選べばOKです。 中途半端にデータ消費量が10GB・・という人でもギガホの方がお得です。

ちなみに30GBあれば、ほぼデータ無制限と考えてOKです。毎日、動画やゲームを好きなだけ楽しんでも、そう簡単には30GBを超えることはありません。

また、30GBならパソコンやタブレットをネット接続するテザリング(無料)も十分に使えます。

ギガホの目玉:速度制限時の通信速度が1Mbpsに

ギガライトでは速度制限時の通信速度が128kbps(LINEくらいしかまともに使えない)でしたが、ギガホの場合は1Mbpsとなります。

1Mbpsあれば、SNSはもちろんWEBサイト閲覧も可能に。普通画質なら動画も再生できます。

あまりクローズアップされていませんが、地味に凄い特典です。

ギガホが向いている人
  • 動画やゲームを毎日楽しみたい
  • 自宅にネット環境が無い
  • テザリングを使いたい
  • 毎月、確実に7GB以上消費する

1-4.4つの割引特典が用意されている

ギガライト・ギガホでは、4つの割引特典が用意されています。

  1. みんなドコモ割
  2. ドコモ光セット割
  3. ずっとドコモ特典
  4. はじめてスマホ割

それぞれの特典の、適用条件を見ていきましょう。

①みんなドコモ割

  • 割引額:最大1000円
  • 対象者:ファミリーグループ内で2回線目以降を契約

みんなドコモ割はいわゆる家族割だと思ってOKです。ファミリーグループは家族を含む3親等以内でグループを組めます。

このグループ内で音声通話回線が2回線以上あれば、500円/1000円の割引を受けられます。

みんなドコモ割の割引額

  • 2回線:500円
  • 3回線以上:1000円

対象プランはギガホとギガライトだけなので、旧プランやキッズケータイプランの人は割引対象外となる点に気をつけましょう。

②ドコモ光セット割

  • 割引額:最大1000円
  • 対象者:ドコモ光に契約

こちらは、ドコモ光を契約している人を対象とした、光回線とスマホのセット割です。

ギガホとギガライト~5/7GBなら1000円割引。ギガライト~3GBは500円割引となります(~1GBは割引なし)。

ドコモ光セット割の割引額

  • ギガホ:1000円
  • ギガライト~5/7GB:1000円
  • ギガライト~3GB:500円

ドコモ光の詳しいサービス内容については、以下の記事も参考にして下さいね。

ドコモ光【2019年】ドコモ光の評判とは?メリット・デメリットから通信速度まで解説

③ずっとドコモ特典

  • 特典内容:最大3000ポイント
  • 対象者:全員

ずっとドコモ特典は誕生月にdポイントが貰えます。 ドコモに長期契約していれば、最大3000ポイント貰えますよ。

ずっとドコモ特典で貰えるdポイント

ドコモ継続利用/
dポイント獲得(6ヶ月)
獲得ポイント
4年未満/
600pt未満
3000pt
4年以上/
600pt以上
2000pt
8年以上/
1800pt以上
1500pt
10年以上/
3000pt以上
1000pt
15年以上/
10000pt以上
500pt

ドコモ継続利用とdポイント獲得は、どちらかを満たしていればOK

④はじめてスマホ割

  • 割引額: 1000円×12ヶ月
  • 対象者:ガラケーからスマホに変えた人

はじめてスマホ割はガラケーからスマホに変える人向けのプランです。

ガラケー向けのケータイプランの方が、ギガライト・ギガホにプラン変更すれば適用されます。 割引額は1000円で、割引期間は12ヶ月となります。

1-5.かけ放題はオプション扱いに(通話料は30秒/20円)

以前の料金プランでは、かけ放題なし、5分かけ放題、完全かけ放題にプランが分かれていました。

ですが、ギガライト・ギガホでは、かけ放題がプランに付属することはなく、オプション扱いとなります。

こちらのほうがシンプルで分かりやすいですよね。

かけ放題の内容

  • 5分通話無料オプション:700円
  • かけ放題オプション(完全かけ放題):1700円

なお、通常の通話料は30秒あたり20円です。この金額は、国内のすべての携帯会社が共通となっています。

家族で契約すれば、家族間の通話は無料(ファミリー割引)

家族(3親等以内の親族まで)でドコモを使っていれば、ファミリー割引が適用されて家族間の通話料が無料になります。

家族は離れていてもOK。請求を別に分けることもできますよ。

1-6.今までのプランは受付停止:既存プランの方はギガライト・ギガホへ変更できる

ギガライト・ギガホの登場に伴い、今までの料金プランはすべて提供終了となります。

主な旧プラン

  • カケホーダイ&パケあえる
  • シンプルプラン
  • カケホーダイプラン
  • カケホーダイライトプラン
  • ベーシックシェアパック
  • ウルトラシェアパック

現在、旧プランを契約中の方は、プラン変更しなくてもそのまま継続利用できます。

ただし、今後は割引特典の適用がギガライト・ギガホに集中するので、早かれ遅かれプラン変更することになるでしょう。

契約状況によっては、旧プランの方がお得なので急ぐ必要はありません。旧プランとギガライト・ギガホの料金比較は記事後半で詳しく解説します。


2.落とし穴あり!ギガライト・ギガホの注意点

これまでの説明で、すごくお得に感じました。

待って。ギガライト・ギガホには注意したいポイントがいくつかあるの。しっかりと確認してちょうだい。

2-1.CMの1980円~は厳しい条件をクリアする必要がある

ドコモのテレビCMを見たことがある方なら、1980円~の文字に度肝を抜かれたことでしょう。

こちらのCMですね。

ギガライトが1980円~となっていますが、実際は以下の条件をクリアしなければなりません。

ドコモに1980円で契約する条件

  1. ギガライト~1GBに契約
  2. みんなドコモ割(3回線以上の家族契約)

まず、月額1980円を維持するなら、データ容量がたったの1GBまでしか使えません。

さらに、通常2980円から1000円割引されるためには、みんなドコモ割に加入する必要があります。 みんなドコモ割は家族で3回線以上のドコモ契約が必要です。

こうしてみると、月額1980円はかなり厳しい条件であることが分かります。

2-2.データ繰り越しが無い

ギガライト・ギガホにはデータ繰り越しがありません。データ繰り越しとは、今月使いきれなかったデータ容量を翌月に持ち越す仕組みのことです。

ギガライトは従量制プランなので繰り越しなしでも問題ではありませんが、手痛いのがギガホ。

せっかく30GBまで定額なのに、今月10GBしか使わなかったからといって、翌月に余った20GBを持ち越すことができません。せめて半分でも繰り越しできればいいのに・・。

もったいなくて、何だか損した気分になってしまいますね。

2-3.端末代金の割引なし(月々サポート終了)

こちらは、以前から言われていた分離プラン(回線料金と端末代金を分ける)の弊害ですね。

今までは、契約縛りを条件に端末代金が安くなる月々サポートが利用できていました。しかし、ギガライト・ギガホでは月々サポートが終了に。

実際、公式サイトの料金シミュレーションを見ても、端末代金が定価で請求されることが分かります。

ドコモの端末価格

MEMO
新しいiPhoneなら、2年後に端末を返すことを条件に割引を適用できる

現在、旧プランで月々サポートを受けている方は、端末代金を支払い終えてからギガライト・ギガホに乗り換えましょう。

2-4.2年縛りは継続(解約金は9800円)

2年縛りの仕組みはギガライト・ギガホに変わっても引き続き適用されます。自動更新ありの2年契約で、解約金は9800円です。

契約更新月(2年後に訪れる2ヶ月の更新期間)に解約すれば、解約金はありません。

どうしても2年契約が嫌なら定期契約なしを選ぶことができます。そのかわり、ギガライト・ギガホともに通常料金に+1500円上乗せされるので注意してください。

半年以上契約するなら、解約金ありでも2年契約のほうが得になります。

3.結局、ギガライト・ギガホは以前より安くなったの?その答えはドコモwithの加入状況で変わります

本当に前の料金プランより安くなったんですか?

基本は安くなったけど・・ドコモwithと比べると正直高いわね。

ずばり、旧プランからギガライト・ギガホに変更して、かえって利用料金が高くなるのは、ドコモwith(ドコモの指定機種を購入)に契約している人です。

実際に料金比較してみましょう。

~5GBで比較

ギガライト(新) ベーシックパック(旧)
月額料金 4980円 6280円
ドコモwith -1500円

ご覧の通り、ドコモwithを適用していない場合は、同じ5GBまでのデータ容量でギガライトの方が安いです。

しかし、旧プランでドコモwithに契約していれば、-1500円で月額料金は4780円に。ギガライトより安くなります。

今度はギガホで料金比較してみましょう。

30GBで比較

ギガホ(新) ウルトラデータ
LLパック(旧)
月額料金 5980円 6880円
ドコモwith -1500円

同じ30GBでの比較ですが、ドコモwithに加入していなければ、ギガホの方が安いです。

ですが、ドコモwithを利用中なら、旧プランの方が安い結果に。ギガライトと同じ結果ですね。

こうしてみると、ドコモwithはいかに安かったのかよく分かります。プラン廃止が名残惜しいですね。

結論を以下にまとめます。

結論
  • 新プラン以降で月額料金が高くなる人 → 現在ドコモwithに契約中の方
  • 新プラン以降で月額料金が安くなる人 → ドコモwithを契約していない人

4.ギガライト・ギガホの申し込みはドコモオンラインショップが一番お得【新規契約・MNP・機種変更対応】

プラン内容に納得できたら、あとは契約するだけですね。

契約だけど、ドコモショップは損するわよ。機種変更でも、店舗は使わないほうがいいわ。

4-1.ドコモオンラインショップなら余計な手数料(最大1万円)が取られない

ドコモの契約はドコモショップで・・と誰しも考えるわけですが、実はかなりの損をしています。

その理由は、ドコモオンラインショップ(ネットで契約)なら余計な手数料が取られないからです。

実は、ドコモショップで契約すると、頭金や事務手数料の名目で5000円から10000円が請求されます。

この請求は端末代金などに当てられるのではなく、ショップの売上として計上されます。つまり、払わなくていいはずのお金を取られてしまうわけです・・。

店舗運営は人件費や家賃がかかるからでしょう。私達ユーザーにとってみれば、関係ない話なのですが。

一方、ドコモオンラインショップなら、不要な手数料はなし。公式サイトにも明記されています。

ドコモオンラインショップの手数料

ドコモ公式サイトにて

ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の全てに対応。

契約方法は、画面の指示に沿ってギガライト・ギガホを選ぶだけ。もちろん、端末(新型iPhone含む)も購入できますよ。

ドコモオンラインショップはこちら

4-2.補足:ギガライトなら格安SIMの契約を考えたい

格安SIM?ドコモのほうがいいんですけど。

確かに、ドコモのほうが回線の品質は上だしギガホは安いわ。ただ、ギガライトは格安SIMと比べて月額料金がかなり割高になるのよ。

ギガライトの契約を考えているなら、格安SIMを使ったほうがいいかもしれません。その理由は、シンプルにスマホ代が安いからです。

一番人気の楽天モバイルと料金比較をしてみましょう。

データ容量 ギガライト(ドコモ) 楽天モバイル
3GB 3980円 1600円
5GB 4980円 2150円

ご覧の通り、半額どころの差ではありません。楽天モバイルなら4980円で20GBの契約ができます。

さらに、楽天モバイルのかけ放題付きプラン「スーパーホーダイ」なら、ギガホと同じく速度制限時の通信速度1Mbpsが保証されています。

ドコモ・auの方なら手持ちの端末でも乗り換え可能に。ギガライトよりかなり安いので、検討してみましょう。

>>楽天モバイルの詳細を見る

>>その他の格安SIMについて詳細を見る

MEMO
格安SIMは大容量プランがあまり安くないので、30GB使う場合はドコモのギガホの方がおすすめです。

5.【まとめ】冷静に見れば分かる!ギガライトとギガホの違いを正しく理解しましょう

この記事では、ギガライトとギガホについて詳しく解説してきました。

それぞれの主な違いは、データ容量です。毎月のデータ消費が7GB以下ならギガライト、7GB以上ならギガホを契約しましょう。

総務省が求めていた「4割以上安く」は実現できているか微妙ですが、確かに旧プランと比べて安くなりました。

ただし、ドコモwithを利用中ならギガライト・ギガホでかえって高くなるので注意してください。

ギガライト・ギガホの申し込みはドコモオンラインショップがおすすめです。 申し込み時間は10分程度。余計な手数料は取られません。

もしギガライトの契約を考えている方は、格安SIMの利用も視野に入れるといいですよ。ドコモと比べてスマホ代を半額以下にできます。

ドコモオンラインショップはこちら

TOPIC

ソフトバンクへMNP乗り換えするとき、「正規代理店(おとくケータイ.net)」を経由すれば新型iPhoneを含むすべての端末で高額キャッシュバックを受け取れます。

 

キャッシュバック額はおよそ最大で12万円(一人あたり)。 1分間の無料問い合わせでいくらキャッシュバックしてもらえるか分かります。

 

1分で終わる

おとくケータイに無料問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。