iPhone13 販売開始(9/24~) >>

ドコモからMNP予約番号を発行する3つの方法【電話(151)・WEB・ショップ】

ドコモからMNP予約番号を発行

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

【速報(2021年9月)】
UQモバイルが超お得なキャンペーンを実施中▼

  • SIMのみ契約なら1万円キャッシュバック ※WEB限定
  • iPhone11/12/SE(第2世代)が割引価格に
  • iPhone8(リユース品)が一括550円
  • UQでんき(電気代変わらず)を併用すれば月額990円~

UQモバイル 公式サイトへ

この記事のポイント

  • MNP予約番号を発行する方法は、電話・オンライン・ショップの3通り
  • MNP予約番号の発行手数料はかからない

「ドコモからMNP予約番号を発行するにはどうすればいいの・・?」

電話番号を維持したままドコモから他社に移るとき、必ず必要となるのがMNP予約番号です。

発行方法は全部で3通り、最も手っ取り早いのが電話取得です。

この記事では、MNP予約番号の発行方法はもちろん、費用や注意点についても解説していきます。ぜひ、参考に。

\20GBで2970円(5分かけ放題込)/

アハモ公式サイトへ

1.ドコモからMNP予約番号を発行する3つの方法

MNP予約番号はどうやって発行できますか?

ずばり、電話・オンライン・ショップの3通りよ。電話がおすすめだけど、20時までだから注意してね。

MNP予約番号を取得するには、以下の3つの方法があります。

MNP予約番号の発行方法

受付時間 手数料
電話 9時~20時 無料
WEB 9時~21時半
ショップ 各店舗の営業時間
MEMO
MNP予約番号後に、いつでもキャンセルOK

それぞれ詳しく見ていきましょう。

電話(151)

今すぐMNP予約番号を取得したいなら、電話がおすすめです。受付時間は午前9時から午後8時まで、年中無休で対応してくれます。

受付時間

  • 9時~20時

 

取得の手順

  1. 151に連絡(ドコモ携帯以外は0120-800-000)
  2. 音声ガイダンスが流れたら4→1をプッシュ
  3. 4桁の暗証番号をプッシュ
  4. オペレーターにMNP予約番号を発行したい旨を伝える
  5. MNP予約番号が伝えられる

音声ガイダンス中に4桁の暗証番号を聞かれますが、分からなければそのままで大丈夫です。混雑しない平日なら、取得まで5分もかかりませんよ。

通話料は無料

オペレーターに繋がるまで数分待たされる可能性がありますが、151も0120~の番号も通話料は無料なので安心して下さい。格安通話アプリなどを通さなくても大丈夫ですよ。

WEB

電話や対面で話したくない方は、WEBにてオンライン取得するのがおすすめです。受付時間は、21時30分までなので夜中に取得する方は時間を過ぎないよう注意して下さいね。

受付時間

  • 9時~21時30分

 

取得の手順

  1. My docomoにログイン
  2. 「契約内容・手続き」をタップ
  3. 「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をタップ
  4. 「解約お手続き」をタップ
  5. 注意事項を確認して「次へ」をタップ
  6. 予約番号の送信先を選ぶ
  7. 「手続きを完了する」をタップ

発行したMNP予約番号は、メールアドレスにも連絡が届くのでチェックしておきましょう。

ドコモショップ

対面でMNP予約番号を発行したい場合はドコモショップを利用します。発行方法はスタッフに申し出るだけ。

本人確認書類が必要なので忘れずに。また、店舗によって営業時間が異なるため事前に確認しておきましょう。

本人が来店できない場合は、委任状を利用して代理人に手続きをお願いできます。

iPhone11が49390円~/

アハモ公式サイトへ

2.発行手数料はかからない

2021年4月から、ドコモのMNP転出手数料は0円になりました。以前は、ドコモから他社に移った段階で2200円が請求されていたので、無料化されたのは嬉しい出来事です。

3.MNP予約番号を取得する際の注意点

MNP予約番号の発行って、簡単なんですね。

そうね。だけど注意点もあるから、しっかり確認してね。

有効期限がある

MNP予約番号には、15日の有効期限があります。15日を過ぎれば自動的にキャンセルとなるため注意して下さい。

期限に余裕があるように感じますが、多くの携帯会社では10日~13日以上有効期限が残っている必要があります。

つまり、ドコモでMNP予約番号を発行したら、2日以内には次の携帯会社に申し込んだ方がいいです。

有効期限が切れたら再発行OK

有効期限切れでキャンセルになっても、MNP予約番号は再発行できるのでご安心を。もちろん、再取得費用もかかりません。

解約扱いにはならない

MNP予約番号を発行した時点では、解約扱いにはなりません。ドコモの契約は継続したままです。

いつ解約になるかというと、次の携帯会社にMNP乗り換えが完了した時点(厳密に言うと開通したあと)となります。

乗り換え後は、ドコモとの契約は自動解除されるため、解約の連絡をいれる必要はありません。手元に残ったSIMカードの返却も不要ですよ。

解約月の日割りはない

ドコモはほとんどのプランで解約月の日割りがありません。日割り無しの場合、月初に解約しても1か月分の請求がかかります。

そのため、ドコモからMNP乗り換えするなら月末付近の方がお得です。あまり月末を狙いすぎると手続きの遅れで翌月にまたぐことがあるため、数日は余裕を持った方がいいですよ。

引き止められる場合あり

MNP予約番号を取得するということは、次の携帯会社へ乗り換えることを意味します。そのため、ドコモとしては何としても顧客流出を防ぎたいところ。

実際、ポイント付与を餌に引き止めをかけてくる場合があります。よくあるのが、1~2万円分の機種変更で使えるクーポン付与です。

引き止められるのが嫌なら、WEBでMNP予約番号を発行するといいですよ。

4.まとめ

ドコモでは3つの方法でMNP予約番号を取得できます。最も手っ取り早いのが電話です。

スタッフと話すのが億劫・・という方は、WEBで発行するといいですよ。手数料はかからないので、安心して下さいね。

iPhone11が49390円~/

アハモ公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。