おすすめの格安SIM比較

賢くデータ節約!Wi-Fiスポットが使える格安スマホ会社

Wifiスポット
まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

Wi-Fiスポットを上手く活用すれば、データ通信量の消費を節約できます。

外でたくさんネットを使いたい人もWi-Fiを賢く使えば、格安スマホはデータ通信量が少ないプランを契約しても大丈夫です。

この記事では、Wi-Fiスポットが使える格安スマホ会社をまとめてご紹介!

さらに、誰でも無料で使える、知っておきたいWi-Fiスポットも合わせてご紹介していきます。

1.格安スマホでWi-Fiスポットを利用する

Wi-Fiルーターを設置している店舗や施設で、自動的にWi-Fi接続されるエリアをWi-Fiスポットと呼びます。

大手キャリアでは無料でWi-Fiスポットが利用できました。

格安スマホの場合は、大手キャリアに比べてWi-Fiスポットが利用できるかは通信事業者によって異なります。

1-1.全国各地でWi-Fiスポットが使える格安スマホ会社

格安スマホ会社によってはWi-Fiが利用できます。オプション価格は無料の場合と有料の場合があります。

格安スマホ会社のWi-Fiは新幹線やカフェでも繋がるので仕事で必要な方にもおすすめです。

以下が、格安スマホ会社ごとのWi-Fiスポットまとめ表です。

 格安スマホ会社 Wi-Fiスポット 設置数 オプション料
(月額)
楽天モバイル Wi2 300
BBモバイルポイント
63,000箇所以上 362円
BIGLOBEモバイル Secured Wi-Fi
DoSPOT
83,000箇所以上 250円
OCNモバイルONE DoSPOT 83,000箇所以上 無料
U-mobile Secured Wi-Fi
DoSPOT
82,000箇所以上 無料

※U-mobile SUPERは利用対象外

NifMo BBモバイルポイント 5,200箇所以上 無料
UQ mobile Wi2 300
BBモバイルポイント
UQ Wi-Fi
記載なし
63,000~85,000箇所と思われる。
無料
ワイヤレスゲート BBモバイルポイント
Wi2 300
40,000箇所 362円
BIC SIM Wi2 300 記載なし 無料

上記の格安スマホ会社なら、Wi-Fiルーターの設置箇所が非常に多いため、全国各地でWi-Fiが利用できます。

特にオプション料金が無料の格安スマホ会社は、ぜひ契約の候補に入れたいところです。

1-2.Wi-Fiスポット別のアクセスポイントまとめ

今度は、格安スマホ会社で利用されているWi-Fiスポットの、

  • Wi2 300
  • BBモバイルポイント
  • DoSPOT

について、詳しく見ていきましょう。

それぞれ、どの店舗や施設で使えるのかアクセスポイントをまとめてみます。

Wi-Fi接続できるアクセスポイント

■Wi2 300

ドン・キホーテ、ガスト、かまどや、びっくりドンキー、ほっかほっか亭、まいどおおきに食堂、イエローハット、イズミヤ、オートバックス、カプリチョーザ、カメラのキタムラ、ケンタッキー、ケーズデンキ、コメダ珈琲、珈琲館、サブウェイ、サンマルク、サークルK、スターバックス、ダイソー、トヨタ販売店、ドトール、バーガーキング、バーミヤン、ファミリーマート、マクドナルド、モスバーガー、ROUND1、ロッテリア、ローソン、和食麺処サガミ、餃子の王将、auショップ、CoCo壱番屋、TSUTAYA、その他新幹線など交通機関

■BBモバイルポイント

マクドナルド、その他新幹線など交通機関

■DoSPOT

スターバックス、タリーズコーヒー、プロント、ロッテリア、セブンイレブン、ローソン、イトーヨーカドー、オートバックス、その他宿初施設や交通機関

Wi2 300が最も有利

スポット数の多さではWi2 300が最も多く、データ通信量の節約が最も期待できます。

DoSPOTは設置箇所数が最も多いはずですが、どこに設置されているかは明確な記載がありませんでした。

利用者の口コミを見る限りは広い範囲で利用できると見ていいでしょう。

2.知っておきたい無料で使えるWi-Fiスポット

ここでは、格安スマホのオプション契約とは関係なく使えるWi-Fiスポット(公衆無線LANサービス)をご紹介していきます。

上手く活用してデータ通信量の消費を節約しましょう。

2-1.無料Wi-Fiがよく設置されている場所

コンビニ

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3社は、それぞれ独自の無料Wi-Fiスポットを提供しています。利用するにはオンラインで登録が必要です。

また、Wi-Fi接続の利用時間も制限があります。例えばセブンイレブン提供のセブンスポットは1回の接続で60分まで(1日3回まで利用可能)となります。

カフェ

スターバックスやタリーズコーヒー、ドトールが無料Wi-Fiスポットを提供しています。

タリーズコーヒーとドトールでWi-Fi接続する場合は空メール送信で登録が必要です。

カフェのWi-Fi接続は、利用時間が約1時間と制限されていますが、再度ログインすれば継続して利用可能です。

長時間カフェで仕事や勉強をする方でもずっとWi-Fiが使えます。

交通機関

交通機関では以下の無料Wi-Fiスポットが有名です。

■METRO Free Wi-Fi

東京メトロの主要108駅で利用可能。メール登録を済ませれば、180分利用できます。

■Toei Bus Free Wi-Fi

東京では都営バスも無料Wi-Fiスポットが利用できます。東京以外でもバスの無料Wi-Fiは意外と多いので探してみて下さい。

■Free Wi-Fi NARITA

成田空港のロビーでWi-Fiが使用できます。以前はメール登録が必要でしたが、現在は登録不要でWi-Fi接続ができます。

■Osaka Free Wi-Fi

大阪府内の4,000箇所で無料Wi-Fiが登録不要で利用できます。駅や施設に設置されており、提供エリアの充実度は東京を上回ります。

  • Osaka Free Wi-Fi 1時間接続可能 利用制限なし
  • Osaka Free Wi-Fi Lite 30分接続可能 1日8回まで

2-2.無料Wi-Fiスポットを便利に利用できるアプリ

便利な無料Wi-Fiですが、場所ごとにWi-Fiサービスの内容が変わるため、毎回登録作業を行うのは非常に面倒です。

しかし、Japan Connected-free Wi-Fiというアプリを使えば、この悩みが解消されます。

使い方は、アプリを格安スマホにインストールして利用登録を一度するだけ。

登録後はアプリが自動でWi-Fiスポットを検出し、ConnectボタンをタップすればWi-Fi接続が完了します。

Japan Connected-free Wi-Fi
Japan Connected-free Wi-Fi

2-3.無料Wi-Fiを活用する時はセキュリティに注意

無料のWi-Fiスポットではパスワード入力なしでネット接続ができます。不特定多数の人が同じネットワークに入るため、セキュリティ面でリスクがあります。

最悪の場合、口座・クレジットカード番号、SNSのID・パスワードが盗まれてしまいます。

不安な人はセキュリティソフトを導入しよう

無料Wi-Fiスポットを安全に利用するための簡単な方法はセキュリティソフトをインストールすることです。

無料Wi-Fiスポットの利用頻度が多い方は有料版をおすすめします。有料なセキュリティソフトならノートンWi-Fiプライバシーがおすすめです。

ノートン WiFi プライバシー
ノートン WiFi プライバシー

3.まとめ

いかがでしたか?

格安スマホでWi-Fiスポットを活用すれば、毎月のデータ通信量は劇的に節約できます。

Wi-Fiを賢く利用すれば契約するデータ通信量のプランも、安いプランで事足ります。

格安スマホ会社によってWi-Fiのオプションは異なりますが、ぜひ活用を検討してみましょう!

まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。