UQ mobile(UQモバイル)

どっちがおすすめ?UQモバイルとY!mobileを15項目で比較

UQモバイルとY1mobile
まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)

UQモバイルとY!mobileはどっちを選ぶべき・・・?

格安SIMの中でもトップクラスの人気を誇るUQモバイルとY!mobile。格安SIMながら大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)に近い存在として異彩を放つ両者は、あらゆる項目で比較されています。

今回は、通信速度や料金プランを中心にUQモバイルとY!mobileを徹底比較しました。どっちに契約しようか迷っている方は、ぜひ参考にして下さいね。

0.結論

(1)総合比較

比較項目 UQモバイル Y!mobile 勝者
通信速度 21.47Mbps 42.73Mbps Y!mobile
3日間の通信制限 6GBで制限
300kbps
10GBで制限
128kbps
引き分け
iPhoneの持込契約
  • SIMロック解除不要
  • テザリング不可
  • SIMロック解除必要
  • テザリング可能
引き分け
iPhoneのセット契約 実質負担額が安い 実質負担額が少し高い UQモバイル
かけ放題付きプラン 月額1980円~ 月額1980円~ 引き分け
通常の料金プラン 月額980円~ 月額」1980円~ UQモバイル
家族割 毎月500円引き 毎月500円引き 引き分け
キャリアメール付与 有料 無料 Y!mobile
電波・エリア 人口カバー率99% 人口カバー率99% 引き分け
店舗 あり あり 引き分け
無料Wi-Fi あり あり 引き分け
通話料 20円/30秒 20円/30秒 引き分け
端末の種類 約25種類 約20種類 UQモバイル
光セット割 なし あり Y!mobile
LINEのID検索 不可 可能 Y!mobile

UQモバイル 3勝 / Y!mobile 4勝

(2)UQモバイルが向いている人

  • auスマホで乗り換えたい
  • 新しいiPhoneをセット契約したい
  • かけ放題以外の料金プランを契約したい

(3)Y!mobileが向いている人

  • 通信速度にこだわりたい
  • iPhoneでテザリングしたい
  • LINEのID検索機能が重視する

それぞれ詳しくは、次章から解説していきます。

1.UQモバイルとY!mobileが比較される理由

そもそも、どうしてUQモバイルとY!mobileは常に比較されるのでしょうか?

その理由はお互いの会社形態を見ると理由が分かります。まず、UQモバイルはauのサブブランドです。同じKDDIグループが運営しています。そして、Y!mobileはソフトバンクのサブブランドです。ソフトバンクグループが運営しています。

ドコモはサブブランドを持っていません。そのため、数ある格安スマホの中でもUQモバイルとY!mobileだけは、au・ソフトバンクの弟分という位置づけで、格安SIMサービスを提供しているのです。

お互いを最大のライバルと認識している両者は、料金プランからキャンペーン(学割や家族割など)まで、相手がサービスを展開すればこちらも似たような内容のサービスを展開するといった具合に熾烈な争いを繰り広げています。

2.通信速度を比較

さっそく、最も気になる通信速度の違いを比較してみましょう。

2-1.実際に速度測定

UQモバイルとY!mobileの速度測定を行いました。測定条件は以下の通りです。

UQモバイルの通信速度2
  • 測定場所:横浜駅内
  • 端末:iPhone6 Plus
  • 測定アプリ:スピードテスト

平日

測定日時 UQモバイル Y!mobile
朝(9:00~9:30) 27.9 41.68
昼(12:00~12:30) 16.5 40.92
夜(18:00~18:30) 20.0 45.58
平均速度 21.47 42.73

(単位:Mbps)

休日

測定日時 UQモバイル Y!mobile
朝(9:00~9:30) 10.4 17.16
昼(12:00~12:30) 7.18 8.64
夜(18:00~18:30) 1.29 9.66
平均速度 6.29 11.82

(単位:Mbps)

両者を比較すると、Y!mobileの方が2倍くらい速いです。特に平日の測定は、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)に匹敵するほどY!mobileのスピードが早く、回線混雑する昼と夕方の時間も安定していました。

通信速度に関してはY!mobileの勝ちです。ただし、UQモバイルの通信速度も格安SIMの中では十分にトップクラスとなります。UQが遅いわけではなく、Y!mobileが速すぎます。

▼通信速度の比較結果

Y!mobileの勝ち

※Y!mobileが圧倒的に速い理由

なぜY!mobileの通信速度がUQモバイルを含む格安SIM全体で断トツに速いのか?その理由は回線の違いに秘密があります。通常、格安SIMでは大手キャリアから回線をレンタルしています。UQモバイルは親会社のau回線を使っています。

Y!mobileもソフトバンクから回線をレンタルしているのですが、同時に自社のイーモバイル回線も併用しています。つまり、状況によってソフトバンク回線と自社回線を使い分けているのです。

格安SIMの中で自社回線を持っているのはY!mobileだけです(自社回線を持っているため厳密にはキャリア扱いされている)。そのため、通信品質に関しては自社回線を持っているY!mobileに対して、他の格安SIM会社は歯が立たない状態となっているのです。

2-2.3日間の速度制限

UQモバイルとY!mobileは直近3日間で規定のデータ消費量を超えた場合、速度制限が適用されます。3日間の速度制限に関して、両者の条件は以下の通りです。

UQモバイル

  • 3日で6GBを超えた場合に速度制限
  • 全プランが速度制限対象
  • 制限時の通信速度:300kbps

Y!mobile

  • 3日で10GBを超えた場合に速度制限
  • スマホプランは対象外
  • 制限時の通信速度:128kbps

両者を比較すると、Y!mobileの方が速度制限の条件が緩いです。Y!mobileの3日制限はスマホプランが対象外となるのも魅力的です(データプランは対象)。

対してUQモバイルは6GBで速度制限となるため、Y!mobileより条件は厳しいです。ただし、3日で6GBまでの条件は1日あたり2GBの計算(1ヶ月で60GB)なので、そう簡単に超える数字ではありません。

速度制限されたときの通信速度を見ると、UQモバイルの方が有利となっています。300kbpsと128kbpsは大きく違います。300kbpsなら低画質動画を何とか見ることができますし、ネットラジオの視聴やテキスト中心のWEBサイト閲覧も可能です。

速度制限時の使い心地はUQモバイルの方が間違いなくいいですよ。

▼3日間の速度制限の比較結果

引き分け

3.iPhoneの使いやすを比較

次はiPhoneを軸に、UQモバイルとY!mobileを比較してみましょう。

3-1.iPhoneの持込契約

手持ちのiPhoneで格安SIMを使う場合は、どちらの方が使いやすいのでしょうか?

比較した結果は以下の通りです。

(1)対象機種

UQモバイル

  • iPhoneX
  • iPhone8/8 Plus
  • iPhone7/7 Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone6s/6s Plus
  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone5s

※iPhone6/6 Plus/5sはau版・SIMフリー版のみ使用可

Y!mobile

  • iPhoneX
  • iPhone8/8 Plus
  • iPhone7/7 Plus
  • iPhoneSE
  • iPhone6s/6s Plus
  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone5s

※iPhone6/6 Plus/5sはSIMフリー版のみ使用可

持ち込み契約できるiPhoneを比較した場合、両者ともほぼ同じ結果となりました。iPhone6s以降は、SIMフリー版はもちろん、キャリア版iPhone(au、ドコモ、ソフトバンク)で使用できます。

ただし、iPhone6/6 Plus/5sに関しては、Y!mobileはSIMフリー版しか対応していません。対してUQモバイルではSIMフリー版に加えてau版iPhoneでも使用できます。

(2)SIMロック解除の必要性

UQモバイル

以下の機種はau版iPhoneならSIMロック解除の必要がありません。

  • iPhoneX
  • iPhone8/8 Plus
  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone5s

Y!mobile

※キャリア版iPhoneはすべての機種でSIMロック解除が必要

SIMフリー版以外のキャリア版iPhoneでは、UQモバイルならSIMロック解除無しで乗り換えできる可能性があります。条件はau版iPhoneであることです。対象のau版iPhoneならSIMカードを入れ替えるだけで乗り換えができます。

あわせて読みたい
iPhone
世界一詳しい!UQモバイルでiPhoneを利用するための完全ガイドUQモバイルでiPhoneを使いたいけど、どうすればいいの・・・? UQモバイルに乗り換えたいけど、iPhoneが使えないと困りま...

対してY!mobileはキャリア版iPhoneを使う際はすべての機種でSIMロック解除の手続きが必要です。ソフトバンク版iPhoneも必ずSIMロック解除が必要となります。

あわせて読みたい
【1分で理解】Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneを使う3つの方法Y!mobileでiPhoneを使いたい!だけどどうすればいいのか分からない・・・ Y!mobile(ワイモバイル)に乗り換えた後...

(3)テザリングの可否

UQモバイル

テザリングができる機種は以下の通りです。

  • iPhoneSE
  • iPhone6s/6s Plus
  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone5s

Y!mobile

※すべての機種でテザリングが可能

iPhoneのテザリングに関してはY!mobileが圧勝です。Y!mobileはすべての機種でテザリングに対応しています。UQモバイルはiPhone7以降で残念ながらテザリングが使えません。ただし、「au系の格安SIM」は、UQモバイル以外はすべてiPhoneでテザリングができません。そう考えると、au系の格安SIMで唯一iPhoneテザリングができるUQモバイルは頑張っていると言えるでしょう。

あわせて読みたい
テザリング
iPhoneはダメ?UQモバイルのテザリングを設定方法まで全解説UQモバイルでテザリングが使えるのか知りたい! UQモバイルで気になることといえばテザリングの可否です。テザリングを使ってパソコン...
あわせて読みたい
iPhoneも対応?Y!mobile(ワイモバイル)のテザリング設定と料金Y!mobileでテザリングはできるの? Y!mobile(ワイモバイル)を利用する前に気になるのがテザリングの利用可否ですよね。...

▼iPhoneの持込契約の比較結果

引き分け

3-2.iPhoneのセット契約

UQモバイルとY!mobileはiPhoneをSIMカードとセット契約できます。iPhoneを提供できている格安SIM会社は数えるほどです。さらに、市場価格より圧倒的に安い金額でiPhoneを提供できているのはUQモバイルとY!mobileの2社だけとなります。

セット契約できるiPhoneを比較してみましょう。

iPhone6s

  UQモバイル Y!mobile
32GB 59724円
(実質負担額 26028円)
70524円
(実質負担額 25920円)
128GB 72684円
(実質負担額 38988円)
83484円
(実質負担額 38880円)

 

iPhoneSE

  UQモバイル Y!mobile
32GB 44172円
(実質負担額108円)
52380円
(実質負担額12960円)
128GB 54540円
(実質負担額13068円)
65340円
(実質負担額25920円)

まず、実質負担額ですが、こちらは対象プランに加入した場合に適用される端末価格です。両者とも2年契約のかけ放題付きプランに加入すれば、実質負担額の金額で端末を購入することができます。iPhone6sは僅差でY!mobileの方が安いですが、両者ともほぼ同額です。

しかし、iPhoneSEはUQモバイルの方が安くなっています。端末自体の性能やスペックはまったく同じです。端末価格を比較すると、iPhoneSEを安く購入できるUQモバイルの方がお得です。

あわせて読みたい
iPhonese
なぜ料金値下げ?UQモバイルのiPhoneSEを裏事情まで全解説UQモバイルのiPhoneSEを使いたい! UQモバイルではiPhoneSEを購入することができます。ただ、気になるのが端末価格で...

▼iPhoneのセット契約の比較結果

UQモバイルの勝ち

4.料金プランを比較

ここでは、UQモバイルとY!mobileの料金プランを比較していきます。

4-1.かけ放題付きプラン

UQモバイルとY!mobileではかけ放題・無料通話がセットになった料金プランで契約できます。かけ放題付きの料金プランはほとんどのユーザーが選ぶメインプランです。

比較結果は以下の通りです。

  UQモバイル Y!mobile
プラン名 おしゃべりプランS/M/L
ぴったりプランS/M/L
スマホプランS/M/L
月額料金
  • プランS:1980円
  • プランM:2980円
  • プランL:4980円
  • プランS:1980円
  • プランM:2980円
  • プランL:4980円
かけ放題
  • おしゃべりプラン
    5分かけ放題
  • ぴったりプラン
    60~180分の無料通話
10分かけ放題
通話料 20円/30秒 20円/30秒
データ通信量
  • プランS:2GB
  • プランM:6GB
  • プランL:14GB
  • プランS:2GB
  • プランM:6GB
  • プランL:14GB
データ繰り越し あり なし

※両者とも2年目から月額料金が1000円上がり、3年目からデータ通信量が半減する

かけ放題はY!mobileが有利

かけ放題付きの料金プランでは、UQモバイルが2種類選べるのに対して、Y!mobileは1種類のみとなります。月額料金は両者とも同じです。両者の比較で重要なのが、かけ放題の時間です。

UQモバイルは5分かけ放題なのに対してY!mobileは10分かけ放題となっています。5分の通話時間は大きな差なので、かけ放題に関してはY!mobileの方が有利です。さらに、Y!mobileはオプションで時間無制限のかけ放題が利用できます。

UQモバイルはぴったりプランならかけ放題ではなく1ヶ月分の無料通話がもらえます。頻度は多くないけど1回の通話時間が長い方は、UQモバイルのぴったりプランの方が使いやすいでしょう。

データ通信はUQモバイルが有利

データ通信量に関しては両者とも3年目からキャンペーンが終わりもらえるデータ通信量が半分になりますが、月額500円のオプション料金を支払えば元のデータ通信量に戻せます。どちらも条件がほぼ同じに見えますが、見逃せないのがデータ繰り越しの条件です。

UQモバイルは余ったデータ通信量を翌月に持ち越せます。しかし、Y!mobileはデータ繰り越しが無いため、余ったデータ通信量は当月で無くなります。せっかくデータが余っても繰り越しができないY!mobileは不利です。そのため、データ通信の比較はUQモバイルの勝利となります。

あわせて読みたい
UQモバイルの料金プラン全6種類からおすすめを完全ガイドUQモバイルの料金プランはどれを選べばいい・・・? UQモバイルに興味があるけれど、問題なのが料金プラン選びですよね。どの料金プラ...
あわせて読みたい
本当に安い?Y!mobile(ワイモバイル)のスマホ向け料金プランとは?Y!mobileの料金プランについて本当のことを知りたい! 毎月のスマホ利用料金が安くなると言われているY!mobile(ワイモバ...

▼かけ放題付きプランの比較結果

引き分け

※楽天モバイルと比較

かけ放題付きの料金プランを展開している格安SIMはごく少数です。UQモバイルとY!mobile以外なら「楽天モバイル」のスーパーホーダイプランが、かけ放題付きの料金プランとして有名です。

楽天モバイルも含めて料金プランを比較してみました。

プランMで3社比較

格安SIM会社 プラン名 価格 かけ放題
UQモバイル おしゃべりプランM 2980円 5分かけ放題
Y!mobile スマホプランM 2980円 10分かけ放題
楽天モバイル スーパーホーダイプランM 2980円 5分かけ放題

月額料金は3社とも同じです。しかし、楽天モバイルのかけ放題は専用アプリの楽天でんわアプリを経由(発信時に指定の番号を入力)する必要があります。

専用アプリを経由すると通常の通話料も安くなるメリットがあるのですが、やはり発信時に手間が増えるのと通話品質で通常の音声通話に劣ります。楽天モバイルのかけ放題プランは、UQモバイルとY!mobileには一歩及ばないと言えるでしょう。

4-2.通常の料金プラン

次は、かけ放題付きではない通常の料金プランを比較してみましょう。

(1)かけ放題無しの音声通話プラン

UQモバイル

  • データ高速+音声通話プラン(3GB):月額1680円
  • データ無制限+音声通話プラン:月額2680円

Y!mobile

※なし

かけ放題が付かない通常の音声通話プランですが、Y!mobileはなんと提供がありません。かけ放題無しの料金プランは潔く捨てています。UQモバイルも3GBプランと無制限プランの2種類しか無いため、かけ放題無しのプランにあまり力入れていません。

とは言え、3GBプランの料金は割高でないですし、何より無制限プランを利用できる格安SIMは非常に少ないので貴重です。無制限プランは300kbpsの低速通信になりますが、他社は128kbpsの使い放題が多いので、UQモバイルの方が使い勝手は良いです。

(2)データ通信プラン

UQモバイル

  • データ高速プラン(3GB):月額980円
  • データ無制限プラン:月額1980円

Y!mobile

  • データプランS(1GB):月額1980円
  • データプランL(7GB):月額3696円

ネット専用のデータ通信専用SIMを契約するなら、確実にUQモバイルの方がいいです。Y!mobileのデータプランですが、わずか1GBで月額1980円となっており、思わず2度見してしまうほどの金額です。

さらに、データ通信専用SIMでありながら、3年の契約縛りで解約金が9500円かかります。格安SIM全体から見ても、Y!mobileのデータ通信プランは最も契約してはいけないと言えるほどの悪条件です。

対してUQモバイルのデータ通信プランは、種類こそ少ないものの3GBで月額980円とリーズナブルで、低速通信のデータ無制限プランも選ぶことができます。音声通話プランも含めて、かけ放題以外の料金プランは圧倒的にUQモバイルの方が優れています。

▼通常の料金プランの比較結果

UQモバイルの勝ち

5.その他の比較

通信速度や料金プラン以外の項目を一斉に比較してみましょう。

  UQモバイル Y!mobile 勝者
家族割 あり
(毎月500円引き)
あり
(毎月500円引き)
引き分け
キャリアメール あり(有料) あり(無料) Y!mobile
電波・エリア 人口カバー率99%
(auエリア)
人口カバー率99%
(ソフトバンクエリア)
引き分け
店舗 あり あり 引き分け
無料Wi-Fi あり あり 引き分け
通話料 20円/30秒 20円/30秒 引き分け
端末の種類 約25種類 約20種類 UQモバイル
光セット割 なし あり Y!mobile
LINEのID検索 不可 可能 Y!mobile

全体的に引き分けの項目が多いですが、重要度の高い端末の種類ではUQモバイルの方が優れていました。Y!mobileはiPhoneかAndroid Oneの2択といった状況で、あまり多くの端末から選ぶことができません。

光セット割とキャリアメールについてはY!mobileの勝ちです。UQモバイルは光セット割がなく、専用メールアドレスの利用も月額200円の有料オプションとなります。

その他、LINEのID検索も両者で使い勝手が異なります。Y!mobileは年齢認証ができるためID検索機能が利用できます。格安SIMでLINEのID検索を使う場合、Y!mobile以外なら本家のLINEモバイルしか対応していません。

6.おすすめはどっち?

6-1.勝者は僅差でY!mobile

最終勝ち負け表は以下となりました。

UQモバイルの勝ち

  • セット契約できるiPhone
  • 通常の料金プラン
  • 端末の種類

Y!mobileの勝ち

  • 通信速度
  • キャリアメール
  • 光セット割
  • LINEのID検索

引き分け

  • 3日間の速度制限
  • 持ち込みiPhoneの利用条件
  • かけ放題付きプラン
  • 家族割
  • 電波エリア
  • 店舗
  • 無料Wi-Fi
  • 通話料

勝ち負けの項目を見るとUQモバイルが3勝、Y!mobileが4勝となりY!mobileの勝利となりました。両者ともまったくの五分で、いい戦いでした。UQモバイルは通信速度では負けましたが、料金プランや端末の種類など重要項目でY!mobileを上回りました。

必ずしもY!mobileの方が格上というわけではありません。確実にどちらかが上というわけではないので、契約はそれぞれ向き不向きを考慮して選ぶといいでしょう。

6-2.UQモバイルがおすすめな人

UQモバイルは以下の方がおすすめです。

(1)auスマホで乗り換えたい

auユーザーの方はUQモバイルだと乗り換えが楽です。特にau版iPhoneを使っている方は、iPhone6s/7/SE以外ならSIMカードを入れ替えるだけで乗り換えできます。その他、AndroidもSIMロック解除なしで乗り換えできる機種が多いです。

詳しくは以下の記事を確認して下さい。

(2)新しいiPhoneをセット契約したい

新しいiPhoneをSIMカードとセットで契約したい方は、UQモバイルの方がお得です。UQモバイルの方が端末代金の割引に積極的で、実質負担額0円でiPhoneを購入できる場合もあります。

UQモバイルで購入できるiPhoneはこちらです。

(3)かけ放題以外の料金プランを契約したい

データSIMプラン」や通常の音声通話プランを契約したい場合は、UQモバイルを利用しましょう。Y!mobileはかけ放題無しの料金プランにまったく力を入れていません。

契約できるプランも割高です。かけ放題付きの料金プランであればY!mobileも考慮して良いのですが、その他のプランであればUQモバイルを選びましょう。

UQモバイルの公式サイトはこちら

6-3.Y!mobileがおすすめな人

Y!mobileは以下の方がおすすめです。

(1)通信速度にこだわりたい

UQモバイルも通信速度は速いので体感上の使い心地はほとんど変わりありません。しかし、通信速度の数値がどうしても気になるならY!mobileを使った方がいいでしょう。

Y!mobileは調子のいい日なら常時40Mbps超えを記録する勢いです。また、通信速度だけでなく回線の安定度も高いため、急に速度低下する心配もありません。

両者の通信速度について、さらに詳しくは以下の記事も参考にして下さい。

(2)iPhoneでテザリングしたい

iPhoneのテザリングに関しては、Y!mobileの方が条件がいいです。UQモバイルはiPhone7以降がテザリング不可となります。iPhone6s以前ならUQモバイルでもテザリングできるので、どちらで契約してもいいです。

しかし、最新のiPhoneでテザリングを使いたい場合はY!mobileを選びましょう。

(3)LINEのID検索機能を重視する

LINEのID検索が使えなくなると困る方はY!mobileを選びましょう。Y!mobileならLINEの全機能を快適に使うことができます。

友達登録はふるふるやQRコードを使うため、ID検索は使わないという方ならUQモバイルでもいいでしょう。

Y!mobileの公式サイトはこちら

※節約効果はほぼ同じ

かけ放題付きの料金プランを選ぶ場合は、UQモバイルもY!mobileも節約効果は変わりません。UQモバイルは「データ繰り越し」ができる、Y!mobileはかけ放題の時間が5分長い、といった機能面の違いはあるものの料金はまったく同じです。

ただし、かけ放題が付いていない料金プランであればUQモバイルの方が安くなります。

7.まとめ

いかがでしたか?

この記事ではUQモバイルとY!mobileを徹底的に比較してみました。しのぎを削る両者なので、どの項目も非常にいい勝負でした。

今回は僅差でY!mobileが勝利しましたが、キャンペーン内容、料金プラン、端末の種類などは目まぐるしく変わるため、UQモバイルが逆転することも十分にありえます。

Y!mobileとUQモバイルは人によっておすすめは変わります。どちらを選べば良いのかわからない方は、UQモバイルがおすすめな人・Y!mobileがおすすめな人を参考にして下さいね。

まもなく終了

  • Y!mobile:タダ学割 基本使用料が最大3ヶ月無料(5/31まで)
  • mineo:もうすぐ100万回線ありがとうキャンペーン 6ヶ月間900円割引(5/8まで)
  • UQモバイル:UQゼロ学割 最大3ヶ月基本使用料無料(5/31まで)
  • UQモバイル:iPhoneSE実質0円(在庫限り)
  • TONEモバイル:春の学割キャンペーン 基本使用料6ヶ月無料(5/31まで)
  • LINEモバイル:ぜーんぶゼロキャンペーン 基本使用料2ヶ月無料(5/7まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(4/30まで)