UQ mobile(UQモバイル)

UQモバイルの審査内容と審査落ちパターン

UQモバイルの審査

格安SIMを契約する際には「審査」があります。UQモバイルも例外ではなく、契約するためには審査に受からないといけません。UQモバイルの審査はクレジットカードやローンなどと比べると易しいですが、それでも何かしらの原因で審査に落ちてしまう人が一定数います。審査に落ちると当然UQモバイルを利用することはできません。

スムーズにUQモバイルを契約するためには、審査内容や審査落ちしてしまう原因について事前に知っておくことが大切です。今回はUQモバイルの審査について詳しく解説します。

【UQモバイルの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

UQモバイル詳しくはこちら>>

  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

UQモバイルの公式サイト

1.UQモバイルの審査とは?

UQモバイルではどのような審査が行われるのでしょうか?審査対象や審査にかかる時間など、詳しい内容を見ていきましょう。

1-1.審査対象は契約者全員

UQモバイルの審査はプランやSIMカードタイプ、端末の有無に関わらず申し込んだ人全員が対象です。格安SIMによっては審査があるのは音声通話SIMや端末セットだけで、データ通信専用SIMの場合は審査がないこともあります。

契約者全員が審査しないといけないUQモバイルは、他社よりも厳しいと言えます。ただし、審査の内容自体はそこまで厳しいものではありません。よほど過去に問題があったか、書類に不備がなければ落ちることはないでしょう。

1-2.口座振替は審査にやや不利

UQモバイルの審査は支払い方法が口座振替の場合、やや不利になるので注意が必要です。UQモバイルはクレジットカード払いだけでなく口座振替による支払いもできます。口座振替に対応している格安SIMはあまりないので、クレジットカードを持てない人や持っているができるだけ使いたくないという人には貴重です。

しかし、口座振替を選ぶとクレジットカードよりも審査がやや厳しくなるのがデメリットです。クレジットカードの場合、取得するのにも審査がありますよね。クレジットカードを持っているということは、クレジットカード会社の審査を通過しているということなので、ある程度信頼ができます。

一方、銀行口座を開設する際に審査はありません。誰でも簡単に作れるので、口座を持っているだけではその人が信頼できるという証明にならないわけです。そのため、口座振替の場合は審査がやや不利になります。

uq mobileの口座振替
UQモバイル(UQ mobile)で口座振替を利用する条件と申し込み方法UQモバイルは支払い方法で口座振替を選ぶことができるのか、お悩みではありませんか? 以前はクレジットカードしか選択できなかったUQ...

1-3.審査が終わるまでの時間

UQモバイルの審査は基本的には1~2日ほどで終わります。とくに平日の場合はかなり早く、午前中に申し込めばその日の午後には審査が終わることがほとんどです。土日もしっかり審査しており、平日と同じく1~2日ほどで審査が終わります。ただ、土日のほうが平日よりも申し込みが多くなるので、やや遅くなることあります。

また、期間限定キャンペーンを行っているときや新シーズンが始まる3~4月のように申し込みが多くなる繁忙期は審査に1週間ほどかかることがあります。急いでいるときは土日や繁忙期を避け、平日に申し込むようにしましょう。

審査状況は確認できる?

UQモバイルでは審査状況の確認はできません。繁忙期を除いて、UQモバイルの審査は1日で終わってしまうことがほとんどです。スピーディに審査が行われるので、わざわざ状況を確認するほどでもないということなのでしょうね。

審査結果はメール連絡

UQモバイルの審査結果はメールで送られてきます。ただ、「審査が終わった」という内容のメールは送られてこず、いきなり「配送完了のご案内」というメールが送られてきます。配送が完了した=審査に通ったのでSIMカード(もしくは端末)が手配された、ということですね。これも、審査がスムーズに行われるUQモバイルならではでしょう。

1-4.ブラックリスト者は端末代金の割賦(分割払い)が厳しい

UQモバイルの審査は最短申し込んだその日のうちに終わるほどスピーディです。審査に時間がかからないということは、内容もそこまで厳しいものではないということになります。ただし「ブラックリスト」に入れられている人が端末を分割で購入する場合は審査が厳しくなります。ブラックリストとは、過去の延滞や支払いに関するトラブルが信用情報に掲載されてしまうことです。

具体的には、

  • 携帯電話の料金が未払い
  • クレジットカードの料金を滞納している
  • ローンを滞納している

といったことを何度も繰り返していると「ブラックリスト」に載ってしまいます。UQモバイルも審査の際には信用情報を確認するはずなので、ブラックリストに載っていると「支払い能力がない」「ちゃんと料金を支払ってくれない」と判断されてしまい、審査に落ちやすいです。分割払いのように長期間にわたって料金を支払う契約の場合はなおさらです。

一度ブラックリストに載ると、消えるまで5年~10年ほどかかると言われています。非常に時間がかかりますね。こういった自体を避けるためにもブラックリスト入りは絶対に避けるようにしましょう。

1-5.無職でも審査に通る?

UQモバイルは無職でも審査に通りますが、やや審査が厳しくなる可能性があります。UQモバイルを公式サイトから申し込む際、職業を入力する項目があります。わざわざ職業を入力させるということは、多少なりとも職業も重視するということです。信用情報に問題がなければ無職というだけで落とされることはないと思いますが注意はしておきましょう。

なお、UQモバイルを代理店経由で契約する場合、職業欄がないため無職かどうかは問題にならなくなります。代理店は契約をたくさんとることを第一に考えているので、審査が緩いのでしょう。もし無職であることが気になるなら、代理店から申し込むのがおすすめです。

1-6.審査に落ちた人はキャッシュバック付きで再申し込みできる

一度UQモバイルの審査に落ちてしまっても、キャッシュバック付きで再申し込みすることができます。何度落ちても審査に通るまではキャッシュバックを受け取る権利はなくならないので、何度もチャレンジしましょう。UQモバイルを契約してキャッシュバックをもらいたいなら、正規代理店の「リンクライフ(https://uqmobile-store.jp/)」を利用するのがおすすめです。

今ならUQモバイルを契約することで最大13,000円のキャッシュバックがもらえます。また、代理店の方が公式よりも審査がやや緩いので、公式で落ちてしまっても代理店なら受かる可能性が高いです。

(CB付き)UQモバイルの代理店ページはこちら

2.UQモバイルで審査落ちする全パターン

UQモバイルの審査はそこまで厳しくないですが、審査に落ちてしまう人も当然います。しかし、審査に落ちてしまう原因はほとんど決まっており、パターン化することができます。そこで、UQモバイルで審査落ちする全パターンをまとめました。UQモバイルの審査に落ちてしまった人はこのパターンのどれに当てはまることがほとんどなので、ぜひ参考にして対策をとってください。

(1)本人確認でアップロードした写真が不鮮明

UQモバイルの審査に落ちてしまう原因でもっとも多いのが本人確認書類の不備です。その1つとして「アップロードした写真が不鮮明」というものがあります。本人確認書類のアップロードをする際は、全ての情報がはっきりと見える写真をアップロードしないといけません。その際に、

  • 反射して文字が読めない
  • ピントがあっておらずぼやけている

といった写真をアップロードしてしまうと、本人確認ができないため審査に落ちてしまいます。スマホやカメラで撮影する場合は全体がはっきり映るように心がけましょう。可能であればスキャナでパソコンに写真を取り込むのがおすすめです。

(2)本人確認書類の住所がSIMカードの配送先と異なる

写真が不鮮明と同じくらい多いのが「本人確認書類の住所」と「SIMカード配送先の住所」が異なることです。UQモバイルの審査では入力した個人情報と本人確認書類の情報が完全に一致していないと落ちてしまいます。名前や生年月日はほとんど変わらないので引っかかる人は少ないですが、多いのが住所です。

引っ越しをした直後などで本人確認書類の住所が古いままになっており、入力した住所と異なるため審査に落ちてしまう人が非常に多いです。本人確認書類の住所が古い場合は、まず本人確認書類を更新しないといけません。

また、本人確認書類は正しいのに事前に入力した住所に誤字があり、住所不一致で審査に落ちてしまうこともあります。マンションやアパートに住んでいる人は建物の名前の有無や部屋番号の記載の仕方も、本人確認書類と完全に一致していないといけないので気を付けましょう。

(3)本人確認書類の補助書類が間違えている

UQモバイルでは本人確認書類の種類によっては「補助書類」も一緒に提出しないといけないケースがあります。

UQモバイルで利用できる本人確認書類は以下の通りです。

本人確認書類 注意点
運転免許証 国際免許証を除く
パスポート 有効期限内かつ現住所が記載されているもの
住民基本台帳カード 有効期限内かつ顔写真・住所・生年月日が記載されているもの
身体障がい者手帳 住所が記載されているもの
療育手帳 住所が記載されているもの
精神障がい者保健福祉手帳 住所が記載されているもの
特別永住者証明書 有効期限内のもの
在留カード 住居地が「未定(届出後裏面に記載)」の場合は補助書類が必要
健康保険証 有効期限内のもの。補助書類が必要

このうち、在留カード(住居地が「未定(届出後裏面に記載)」の場合)と健康保険証を本人確認書類として提出する場合は、補助書類も一緒に提出する必要があります。

補助書類として利用できるのは以下の通りです。

  • 公共料金領収証(電気、ガス、水道など)
  • 住民票
  • 届出避難場所証明書
  • 行政機関発行の領収証

いずれの書類も発行日より3ヶ月以内で、現在住所が記載されている必要があります。また、公共料金領収証については記載されている苗字が契約者と同一でないといけません。発行日が古かったり、公共料金領収証に住所が記載されていなかったりすると、書類不備となって審査に落ちてしまいます。

本人確認書類をしっかり用意するのはもちろんですが、補助書類が必要な場合は補助書類についてもしっかり確認しましょう。

(4)MNP予約番号の発行者と契約者の名義が違う

MNPを利用して他社からUQモバイルに乗り換える場合は名義に注意が必要です。UQモバイルにMNPをする場合、原則として「元のキャリアのMNP予約番号発行者の名義」と「契約者の名義」が同じでないといけません。名義が違う場合は審査に落ちてしまいます。

例えば今のキャリアを夫名義で契約している妻がUQモバイルを妻名義で契約したい場合は、事前に今のキャリアの名義を妻に変更しないといけません。ただし、以下の条件を満たせばMNP予約番号発行者の名義と契約者の名義が違っていても契約できます。

  • 店舗で契約する
  • MNP予約番号発行者と新しい契約者が家族である
  • 一緒に来店する

一緒に店舗に行かないといけないので手間がかかりますね。できる限り、転出元の名義を変更してからMNPをするようにしましょう。ちなみに、MNPを利用する場合は有効期限にも気を付けましょう。有効期限が切れるとMNP予約番号が失効してしまうので、再度取得しないといけません。

また、オンラインから申し込む場合はMNP予約番号を取得してから2日以内に申し込む必要があります。MNPを利用する場合は、UQモバイルを申し込む直前にMNP予約番号を取得すると良いでしょう。

(5)複数回線の同時申し込み

UQモバイルは同一名義で複数回線を申し込めますが、申し込める上限が決まっており、それを超える数の回線を同時に申し込もうとすると審査に落ちてしまいます。具体的には、同一名義では最大5回線まで申し込めます。それ以上の回線を申し込むことはできません。

また、契約当初の90日間は2回線までしか申し込めません。契約してから90日以内に3回線以上を申し込もうとしても審査に落ちます。

(6)携帯ブラック・過去の滞納者

これまでに何度も携帯料金の未払いがある「携帯ブラック」やクレジットカードの料金を滞納してブラックリスト入りしている場合も審査に落ちてしまいます。とくに端末を分割払いで購入する場合は審査が厳しくなります。分割払いは24ヶ月という長い時間をかけて端末代を支払うので、途中で料金を滞納されては困ります。

一括払いの場合はそこまで厳しくないので、過去に料金の未払いや滞納をしていて不安な人は一括払いを選びましょう。

(7)クレジットカードが本人名義以外

UQモバイルの料金をクレジットカードで支払う場合は名義にも気を付けましょう。原則として、契約者本人名義のカードしか使えません。家族名義など、本人名義以外のカードを登録すると審査に落ちてしまいます。あとから名義を変更することもできないので、必ず本人名義のクレジットカードを用意しましょう。

ただし、店舗で申し込む場合に限り、家族名義のカードで申し込めます。どうしても家族名義のカードを利用したい場合は店舗で契約しましょう。なお、UQモバイルではデビットカードは利用できません。

3.まとめ

今回はUQモバイルの審査について詳しく解説しました。UQモバイルの審査で落ちる人のほとんどは書類の不備や個人情報の入力を誤るなど、小さなミスが原因です。一度落ちた人でも、再度確認しながら申し込むことちゃんと審査に通ることが多いです。したがって、審査だからといって身構える必要はなく、気軽に申し込んでください。

また、UQモバイルの審査に落ちてしまったという人も本ページのパターンを参考にして対策をとれば、次はちゃんと受かる可能性が高いです。あきらめずに、再度UQモバイルを申し込みましょう。

【UQモバイル】速い、安い、かけ放題
uqモバイルのロゴ
  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。