auのスマホ代が高い!今すぐ見直すべき5つのポイント

auのスマホ代見直し

auのスマホ代が高くて困る・・

スマホ代は毎月のしかかる固定費。できることなら、無駄をなくして節約したいですよね。

実は、多くの人がオプション契約や不要なかけ放題で、無駄な出費をauに支払っています。簡単なプラン見直しだけでスマホ代が下がる可能性があるので要チェックです。

この記事では、auの料金が毎月高くて困っている方に向けて、具体的な対処方法を解説していきます。

一つでもいいので、見直しポイントを実践すれば、毎月のスマホ代が安くなりますよ。ぜひ、参考にして下さいね。

1.はじめに:毎月の利用料金が8500円以上の人は平均より高い

そもそも、どれくらいの金額だと高すぎになりますか?

平均は約8500円。これ以上高いなら、見直しが必要ね。

まずは、毎月のスマホ代が、高いのか安いのかを把握しておきましょう。

ずばり、日本人のスマホ代の平均支払額は月額8451円です。

ソフトバンクとドコモも含めた価格ではありますが、3キャリアとも料金は横並びなので、auの平均支払額と捉えて問題ないでしょう。

通話料を入れて、毎月の利用料金が8500円を超えている方は、平均より高いので見直しが必要です。

POINT
アプリ課金を抜いて8500円が基準

2.auのスマホ代を安くするポイント

具体的に何を見直せばいいんでしょうか?  

基本の料金プランはもちろん、オプションやかけ放題もすべてチェックしていくべきね。あと、割引が利用できるならすぐに適用してね。

①不要なオプションはすべて外す

最初に確認しておきたいのが不要なオプション。新規契約時に、店員さんに勧められるがまま、入ってしまったオプションはありませんか?

とくに忘れやすいのが、「最初の2ヶ月は無料です」といった類のオプション。 そのまま解約し忘れて、毎月の無駄な出費となっているかもしれません。

オプション例

  • 故障紛失サポート:680円
  • auスマートパスプレミアム:499円
  • auスマートパス:372円
  • ビデオパス:562円
  • 電話きほんパック:300円
  • お留守番サービスEX:300円
  • 迷惑電話撃退サービス:100円
  • 三者通話サービス:200円
  • 待ちうた:100円
  • テザリングオプション:500円

オプションは、月に数百円とはいえ積み重なると年間で数万円を超える場合も。セキュリティ系、エンタメ系を中心に、不要なオプションを契約していないか確かめてみましょう。

特に、auスマートパスはスタッフから強く契約を勧められやすいオプションです。多くの方が不要なのに契約している、代表的なオプションとなっています。

MEMO
5年以上契約している方は、ガラケー時代のオプションに加入していないかチェックも忘れずに

オプションの解約は「My au」から手続き可能です。

もし、My auにログインできなかった方は、auカスタマーサポートにて解約手続きが可能です。

auカスタマーサポート
157(9:00~20:00、年中無休)

auスマートパスなどパス系のオプションは解約方法が異なる

パス系のオプションについては、My auから解約できません。以下の専用サイトから解約手続きを行って下さい。

解約手順

  1. auスマートパスの専用ページ」にアクセス
  2. メニューから「各種サービス入会・退会」をタップ
  3. 解約するオプションを選び「退会」をタップ
  4. 注意事項を読んで「退会する」をタップ
  5. au IDの暗証番号を入力して「OK」をタップ

以上で完了です。

②7GB以下のデータ消費抑えられるなら、新ピタットプランNに変更する

現在、フラットプランなど新ピタットプランN以外のプランに加入中の方は、プラン変更を考えたほうがいいでしょう。

毎月7GB以内のデータ容量しか使っていない方は、ぐっと月額料金が下がります。

新ピタットプランN

データ容量 月額料金
1GBまで 2980円
4GBまで 4480円
7GBまで 5980円

新ピタットプランNは7GBを超えると速度制限にかかります。7GB以上の利用料金はかからないので、最大で5980円までに抑えられます。

頑張って4GBまでに抑えられるなら、4480円です。

従量制なので、月によって多くデータ消費するときは7GB料金(5980円)、データ消費を抑えられるときは1GB料金(2980円)といった使い方もできます。

POINT
Wi-Fiで上手くやりくりすれば、データ消費量は抑えられる

なお、毎月のデータ消費量はMy auで確認可能。その他、以下の方法でも確認できます。

データ消費量のチェック方法
  • iPhone:「設定」→「モバイルデータ通信」→「現在までの合計」
  • Android:「設定」→「データ使用」

※Androidは端末によって確認方法が若干異なる

③毎回の通話時間が5分以内なら、かけ放題なしか通話定額ライトに変更する

月額基本料金だけでなく通話料も見直しましょう。見直しのポイントは、1回あたりの平均通話時間を把握すること。

通話回数が多くても、毎回の通話時間が5分で収まるなら、完全かけ放題は不要です(5分かけ放題に乗り換えるべき)。

かけ放題の月額料金

  • 通話定額(完全かけ放題):1700円
  • 通話定額ライト(5分かけ放題):700円

通常の通話料は30秒あたり20円。LINEなど、無料の通話アプリを除いて毎月の通話時間が12分で収まるなら、かけ放題自体なしの方がお得となります。

なお、オプションと同じくかけ放題のプラン変更も、My auから手続きできます。

④家族でauを使うなら、家族割プラスを適用する

家族割プラスは、同居する家族に対して適用できる割引サービスです。

家族割プラスの割引額

  • 2回線:500円
  • 3回線以上:1000円

auスマートバリューに加入していれば、離れて暮らす家族でも適用できます。家族でauを使用しているのに、まだ申請していない方はシンプルに損をしています。

auショップあるいは、以下の手順でWEBから家族割プラスの申請をしておきましょう。

家族割プラスの申請方法

  1. My au」にログイン
  2. 「ご契約情報の確認・変更」をタップ
  3. 「家族割プラス / auスマートバリュー」欄の「変更」をタップ
  4. 「同意する」をタップ
  5. 「固定通信サービス無し」を選択
  6. 「他サービスを追加する」をタップ
  7. 家族の回線情報を入力
  8. 「この内容で申し込む」をタップ

⑤auスマートバリューを活用する

auスマートバリューとは、auが提供するネット回線サービスを利用することで適用されるセット割のことです。

適用される割引額は以下の通りです。

プラン名 割引額
新auピタットプランN
auピタットプランN(s) 2GBまで
500円
auデータMAXプランPro
auデータMAXプラン Netflixパック
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auピタットプランN(s) 2GB以上
1000円

割引期間は決まっておらず、永年継続となります。対象のネット回線サービスは、「auひかり」が最も有名です。

auひかり以外だと、以下の光コラボサービスでauスマートバリューを適用できます。

auスマートバリュー適用可

光回線の全ユーザーのうち、40%は既にセット割を受け取っています。まだセット割を適用できていないなら、この機会に適用させましょう。

auひかり【2020年】auひかりの評判を考察!実際の通信速度からメリット・デメリットまで詳しく解説します

3.さらにスマホ代を安くしたいなら格安SIMに乗り換えよう

何とか、毎月500円安くできそうです。

いい感じね。
でも、思ったより安くはならないんですね。

これ以上安くしたいなら、格安SIMに乗り換えるべきよ。

冒頭で解説したスマホ代の平均支払額ですが、同じMMD研究所が格安SIMの平均価格も算出しています。その金額は、なんと2753円です。

平均支払額

  • 大手キャリア:8451円
  • 格安SIM:2753円

根本的にスマホ代を安くしたいなら、格安SIMを使うのが最も効果的です。

TOPIC
auの解約金は9500円から1000円に値下げ。格安SIMへ乗り換えやすくなりました。

3-1.手持ちのスマホが使えるUQモバイルがおすすめ

au系の格安SIM」なら、手持ちのスマホをSIMロック解除無しで利用できます。SIMカードを入れ替えるだけで、スマホ代が大幅に安くなるので利用しない手はありません。

au系の格安SIMで最もおすすめなのがUQモバイル。

実は僕も、実際に「auからUQモバイル」に乗り換えました。その結果、スマホ代が半額に。

UQモバイルはauの子会社です。通信速度が非常に速く、全国に「店舗(UQスポット)」を展開しています。

auから違和感なく乗り換えできるので(事実、体感が何も変わらない)、auユーザーには一番人気です。

CHECK!

UQモバイルの詳細を見る

3-2.頻繁に通話するならY!mobileがお得

大手キャリア(ソフトバンク)の子会社であるY!mobileには、全プランに10分かけ放題が付いています。

+1000円で完全かけ放題にすることも可能。auの完全かけ放題は2700円なので、随分とお得です。

その他、通信速度やキャリア決済の利用など、サービスレベルもauと変わりません。通話重視の方は、Y!mobileが乗り換えやすいですよ。

CHECK!

Y!mobileの詳細を見る

4.【まとめ】これ以上無駄に、auへ貢ぐのは辞めよう

今回は、auのスマホ代が高いと感じている方に向けて、詳しい対処法を解説してきました。

平均価格は毎月8000円前後なので、このレンジに収まっていない人は今すぐ対処したほうがいいでしょう。

まずは、無駄なオプションや料金プランを見直してみて下さいね。思ったより節約できなかった場合は、格安SIMの導入も考えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。