iPhone 11を安く買うなら

電話ならすぐ!auからMNP予約番号を発行する手順

auからMNP予約番号を発行

auユーザーの私が、実際に電話でMNP予約番号を取得してみました。所要時間は通話保留の時間を含めておよそ10分。

オペレーターとの会話内容も含めて、MNP予約番号の発行方法を詳しく解説していきます。

その他、MNP予約番号の有効期限やMNP乗り換えに必要な費用なども説明しているので、ぜひ参考にして下さいね。

最大12万円CB

1.実録!電話(0077-75470)でauからMNP予約番号を発行する流れ

MNP予約番号の発行は、電話が手っ取り早いわよ。

auからMNP予約番号を発行する場合は、基本的に電話で行います。即時発行なので、すぐにMNP予約番号を取得できますよ。

詳しい流れは以下の通りです。

STEP.1
0077-75470に連絡する

対応時間は9:00~20:00(年中無休)となります。

STEP.2
自動音声で「携帯電話番号ポータビリティのお手続き」を選択

自動音声にて「携帯電話番号ポータビリティのお手続き(1をプッシュ)」→「今おかけになっているau電話のお問い合わせ(1をプッシュ)」を選択します。

STEP.3
暗証番号を入力してオペレーターの接続を待つ

4桁の暗証番号を入力しましょう。オペレーターへ繋がりにくい場合は、そのまま待ちましょう。

※私の場合は、繋がるまで4分かかりました

STEP.4
オペレーターにMNP予約番号発行の希望を伝える

オペレーターに繋がったら、要件を聞かれるのでMNP予約番号を発行したいと伝えましょう。その際、本人確認として電話番号・名前が聞かれます。

また、次の乗り換え先予定と乗り換えの理由も聞かれるので答えて下さい。状況によっては最後の引き止めがありますが、強い意志で断りましょう。

STEP.5
担当が変わり、MNP予約番号が伝えられる

最後に、予約番号担当の人に電話が変わって、10桁のMNP予約番号が口頭で伝えられます。

以上で、MNP予約番号の発行は完了です。MNP予約番号は、SMSでも送ってくれるので、もしメモをなくしても安心して下さいね。


2.auからMNP予約番号を発行する際の注意点

MNP予約番号の発行って、簡単なんですね。

ええ、だけど注意点もあるから、しっかり確認してね。

auからMNP予約番号を発行する際、以下の注意点があります。

注意
  • MNP予約番号の有効期限は15日
  • MNP転出手数料が2000円かかる
  • 解約月の利用料金は日割り無し
  • My auでMNP予約番号を発行できるのはガラケーのみ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

注意点1:MNP予約番号の有効期限は15日

auから発行したMNP予約番号の有効期限は15日です。15日を過ぎれば自動的にキャンセルとなるため注意して下さい。

格安SIMに乗り換える場合は、MNP予約番号の残り日数が10~13日以上あることを条件としている場合が多いです。

そのため、予約番号発行後はすぐに乗り換えた方がいいでしょう。なお、有効期限切れでキャンセルになっても、MNP予約番号は再取得することが可能です。

注意点2:MNP転出手数料が2000円かかる

auから他社へMNP乗り換えを行うと、MNP転出手数料として2000円が請求されます。

MNP予約番号発行時点ではなく、MNP乗り換え完了後の請求です。

なお、auからMNP転出すると、MNP転出手数料のほかに解約金 9500円も必要となるので注意しましょう(解約金はMNP乗り換えが完了した時点で発生)。

MEMO
解約金は2年に一度訪れる契約更新月(My auで確認可能)なら無料

注意点3:解約月の利用料金は日割り無し

auは解約月の利用料金に対して、日割りを行っていません。以前は日割りだったのですが、現在は1日でも利用したら1ヶ月分の満額請求となります。

そのため、auからMNP転出するなら月初より月末付近の方がお得です。

注意点として、月末のMNP乗り換えを狙いすぎてMNP転入が翌月にまたぐ場合があります。

この場合、無駄に1ヶ月分の利用料金が発生するので、あまりギリギリにMNP乗り換えしないように気をつけましょう。

注意点4:My auでMNP予約番号を発行できるのはガラケーのみ

残念ながらスマホユーザーは、オンラインでMNP予約番号を発行することができません。

My auでMNP予約番号を発行できるのは、ガラケーユーザーのみです。

My auからMNP予約番号を発行(ガラケーのみ)
  1. EZボタンを押してトップメニューに接続
  2. My au→「申し込む/変更する」を選択
  3. 「au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)」を選択

電話以外のMNP予約番号発行はauショップを選ぼう

電話以外でMNP予約番号を発行するなら、auショップに出向きましょう。

本人確認書類を持参して、スタッフにMNP予約番号を発行したい旨を伝えればOKです。土日は混雑しているため、平日に手続きをするのがおすすめです。

3.【お得情報】auからのMNP乗り換えでキャッシュバックは貰える

どうせなら、お得にMNP乗り換えしたい・・。

auからのMNPなら、3つの携帯会社で現金キャッシュバックを受け取れるわよ。

auから他社にMNP乗り換えする場合、以下の携帯会社にて現金キャッシュバックを貰えます。

キャッシュバック(CB)の内容

  • ソフトバンク → おとくケータイ経由の契約で最大10万円以上CB
  • Y!mobile → ヤングモバイル経由の契約で最大15000円CB
  • UQモバイル → 専用ページ経由の契約で最大13000円CB

最もキャッシュバックが大きいのがソフトバンクへの乗り換え。正規代理店の「おとくケータイ」を通すことで、最新iPhoneの一括0円や高額キャッシュバックを受け取れます。

格安SIMでは、Y!mobileとUQモバイルでキャッシュバックを実施。

Y!mobileは正規代理店の「ヤングモバイル」経由の契約でキャッシュバックを受け取れます。

auから格安SIMへの乗り換えで人気のUQモバイルは、「専用のキャンペーンページ」で契約すればキャッシュバックを受け取れます。

4.auからMNP予約番号を取得する際のQ&A

最後に、auからのMNP予約番号を発行する際の疑問点をまとめたから確認してね。

Q1.引き止め特典(コジ割)は貰える?

auにとってはMNP予約番号の発行は顧客を失うことを意味するので、最後に引き止めがあります。 このとき、長期のauユーザーは特典を掲示されます。

au歴8年の私は、以下の引き止め特典がありました。

  • 月額料金を7000円から5000円に割引
  • 機種変更時に86400円割引

1~2万円を予想していたので、8万円以上の割引には驚きました。

ただ、恐らくアップグレードプログラムの加入(実質4年縛り)などの条件が付くはずです。引き止め特典(コジ割)を利用する際は、慎重に決めましょう。

Q2.解約の連絡は必要?

次の携帯会社で無事MNP転入が完了すると、auとの契約は自動解約されます。 そのため、auに連絡する必要はありません。

POINT
MNP予約番号を発行した時点では解約扱いにならない

au解約後に残ったSIMカードですが返却は不要です。

5.【まとめ】今すぐauからMNP予約番号を発行しよう

この記事では、auからMNPする方に向けて、MNP予約番号の発行方法から手数料の有無まで詳しく解説してきました。

MNP予約番号の発行は特に難しいことはありません。auのスタッフに予約番号発行の希望を伝えるだけ。電話なら10分以内です。

auからのMNP乗り換えはMNP転出手数料と解約金が必要ですが、次の乗り換え先でキャンペーンを利用したり、格安SIMへ乗り換えたりすれば相殺できる金額ですよ。

TOPIC

ソフトバンクへMNP乗り換えするとき、「正規代理店(おとくケータイ.net)」を経由すれば新型iPhoneを含むすべての端末で高額キャッシュバックを受け取れます。

 

キャッシュバック額はおよそ最大で12万円(一人あたり)。 1分間の無料問い合わせでいくらキャッシュバックしてもらえるか分かります。

 

1分で終わる

おとくケータイに無料問い合わせ

TOPIC

iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro MAXを安く買うなら、オンラインショップがお得です。

※実は値下げされたiPhone 8 / XS / XRも狙い目!

 

オンラインショップなら・・

5000円~15000円の頭金(無駄な手数料)なし

ドコモ・auは3000円の事務手数料が0円

 

iPhone 11の機種変更・新規契約はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。