4STEPで完結!ソフトバンクからmineo(マイネオ)に乗り換える手順

ソフトバンクからmineo

ソフトバンクを利用しているけど、スマホ代が高くてmineoに乗り換えたい。だけど、何だか乗り換えが難しそう・・。

初めて格安SIMを使う方なら、心配が尽きないかと思います。

mineoではソフトバンク回線のSプランがあるため、手持ちのソフトバンク端末をそのまま使うことができます。

乗り換えオンラインで簡単に手続きできますよ。

今回の記事では、

  • ソフトバンクからmineoに乗り換える手順
  • mineo乗り換えに必要な費用

について解説。ソフトバンクからmineoに乗り換えれば、月額7000円~8000円→月額2000円以下まで節約できます。

ぜひ、参考にして下さいね。

CHECK!

mineo(マイネオ)

1.はじめに:mineoで手持ちのソフトバンク端末(iPhone含む)を使うならSプランを選ぼう

今使っているソフトバンクのiPhoneをmineoで使いたいのですが・・。

もちろん使えるわよ。その場合、料金プランはSプランを選ぶと簡単に乗り換えできるわ。

mineoには大きく分けて3つの料金プランがあります。

  • au回線(Aプラン)
  • ドコモ回線(Dプラン)
  • ソフトバンク回線(Sプラン)

もしmineoで手持ちのソフトバンク端末(iPhone含む)を使うならSプランを選びましょう。

1-1.SプランならSIMロック解除は不要

mineoのSプランは「ソフトバンク回線」を利用しているので、ソフトバンクのスマホが原則SIMロック解除不要で使えます。

ソフトバンクで使っていたスマホをそのままmineoで使いたいならSプランを選びましょう。

一方、A・Dプランでソフトバンクのスマホを使う場合は「SIMロック解除」をしないといけません。

ごく一部、ソフトバンク端末でもSIMロック解除が必要な場合もある

ソフトバンクのスマホでも一部のAndroidスマホはSIMロック解除しないとSプランでも使えないことがあります。

mineoは独自に端末の動作確認を行い、「動作確認済み端末検索」ページにて公開しています。

手持ちのソフトバンクスマホをmineoで使う場合はプランに関係なく動作確認されているかどうかを必ずチェックしてください。

1-2.注意:mineoのSプランは高いので、安さを求めるならLINEモバイルがおすすめ

mineoのSプランはソフトバンクのスマホがそのまま使えるのがメリットです。ただし、月額料金は他のプランと比べると割高な点に注意してください。

実際に「mineoの各プラン」の音声通話SIMの料金を比較してみました。

mineoの料金プラン

データ通信量 Aプラン Dプラン Sプラン
500MB 1,310円 1,400円 1,750円
3GB 1,510円 1,600円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30Gb 6,510円 6,600円 6,950円

SプランはAプランと比べると月額440円、Dプランと比べると月額350円も高く設定されています。 利用できるサービスや通信速度はほぼ同じでこれだけ高いと、割高に感じますね。

SプランはSIMロック解除ができないソフトバンクのスマホで使いたい場合のみおすすめです。

安さにこだわる場合やSIMロック解除が出来る場合はなるべくAプランかDプランを選びましょう。

SIMロックがかかったソフトバンクのスマホをそのまま使いたいけど安く済ませたい、という人は「LINEモバイル」がおすすめです。

LINEモバイルもドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応していますが、mineoと違いすべての回線で月額料金が同じです。

mineoのSプランとLINEモバイルの音声通話SIMの月額料金を比較してみました。

mineoとLINEモバイルの比較(ソフトバンク回線)

データ通信量 mineo LINEモバイル
500MB 1,750円
1GB 1,200円
3GB 1,950円 1,690円
10GB 3,570円 3,220円

データ通信量が同じ3GBと10GBではLINEモバイルのほうが300円ほど安いです。 また、mineoだと500MBで1,750円ですが、LINEモバイルなら1GBが1,200円で使えます。

少しでも安くしたいなら、LINEモバイルがおすすめです。

lineモバイルのソフトバンク回線【SBユーザー必見】LINEモバイルのソフトバンク回線を詳しく解説

2.ソフトバンクからmineoへ乗り換える4ステップ

ここから、具体的な乗り換え手順ですね!

緊張しなくて大丈夫。手順通り進めれば、早ければ2日後にはmineoデビューよ。

ここからはソフトバンクからmineoへ乗り換える手順について解説します。

ソフトバンクからmineoへの乗り換えはたった4ステップで完了です。

  • STEP1:電話番号を引き継ぐならMNP予約番号を取得
  • STEP2:mineoに申込み
  • STEP3:開通手続きを行う(MNP乗り換えのみ)
  • STEP4:APN設定を行う(SIM単体契約のみ)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

STEP1:電話番号を引き継ぐならMNP予約番号を取得

ソフトバンクで使っている電話番号をmineoに引き継ぐ場合はMNPを利用して乗り換えます。

MNPを利用するには最初にソフトバンクからMNP予約番号を取得する必要があります。

MNP予約番号を取得する方法

手続き方法 受付窓口 受付時間
電話 ソフトバンク携帯から:*5533
一般電話:0800-100-5533
9:00~20:00
ウェブ My Softbank 9:00~20:00
ショップ ソフトバンクショップ
(本人確認書類が必要)
各ショップによって異なる

MNPで乗り換える場合はソフトバンクとmineoの契約名義が同じでないと引き継げません。

例えばソフトバンクを父親名義で契約している場合は、mineoも父親名義で契約する必要があります。

名義を変えたい場合はソフトバンクから乗り換える前に名義変更をしましょう。

STEP2:mineoに申込み

MNP予約番号を取得したらmineoに申し込みます。mineoの申込に必要なものは以下の通りです。

申込みに必要なもの

  • 本人名義のクレジットカード
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号(MNPを利用する場合)
  • 連絡用のメールアドレスと電話番号

mineoの支払い方法は原則クレジットカードです。必ず本人名義のクレジットカードを用意しましょう。

本人確認書類は運転免許証やパスポート、個人番号カードなどが利用できます。

必要なものがそろったら、「mineoの公式サイト」から以下の手順で申し込んでください。

  1. サービス(端末の有無やプラン、タイプなど)を選択
  2. 契約者情報(契約者名や住所)の入力
  3. 支払い方法(クレジットカード情報)の入力
  4. 本人確認書類のアップロード

申し込みが終わったら審査が行われ、完了次第SIMカード(端末セットを購入した場合は端末)が発送されます。到着までしばらく待ちましょう。

mineoの申込み世界一詳しい!mineo(マイネオ)に新規申込みする方法

重要:mineoでソフトバンク版iPhoneを使うなら、SIMカードは「iPhone7以前用nanoSIM」か「nanoSIM」を選択する

ソフトバンクのiPhoneをmineoのSプランで使う際はSIMカードサイズに注意が必要です。

DプランとAプランで使う場合はいずれのiPhoneでもnanoSIMを選択すれば問題ありません。

対して、Sプランは「iPhone 7以前用nano SIM」と「nanoSIM」の2種類のnanoSIMが用意されています。

SプランのSIMカード選択

ソフトバンクのiPhoneでSプランを利用する場合は、iPhoneによって選ぶべきSIMカードの種類が異なります。

ソフトバンクのiPhone iPhone 7以前用
nano SIM
nanoSIM
iPhone 8以降
iPhone 6s/6s Plus/SE/7/7 Plus
(SIMロック解除が必要)
iPhone 5/5c/5s/6/6 Plus

iPhone 8以降についてはnanoSIMしか使えないので、nanoSIMを選べばOKです。

逆にiPhone 7より古いiPhoneのうち、iPhone 5/5c/5s/6/6 PlusについてはiPhone 7以前用nanoSIMのみ使えるので、こちらも問題ありませんね。

少しややこしいのが「iPhone 6s/6s Plus/SE/7/7 Plus」の5機種です。この5機種はiPhone 7以前用nano SIMとnanoSIMの両方に対応しています。

しかし、nanoSIMを利用する場合はSIMロック解除が必要です。

基本的には最新のiPhoneにも対応しているnanoSIMがおすすめですが、もしSIMロック解除をせず乗り換えたい場合はiPhone 7以前用nanoSIMを選びましょう。

なお、他社またはSIMフリーのiPhoneでSプランを使うは、いずれの機種でもnanoSIMでOKです。

mineo iPhone最新!mineo(マイネオ)でiPhoneを使うための完全ガイド

STEP3:開通手続きを行う(MNP乗り換えのみ)

mineoのSIMカード到着

到着したmineoのSIMカード

mineoのSIMカードが届いたら開通手続きを行います。

MEMO
MNP乗り換えでない場合、開通手続きは不要

開通手続きの手順は以下の通りです。

開通手続きの手順

  1. mineoの「マイページ」にアクセス
  2. 「登録情報の変更/サポート」にある[MNP転入切替/回線切替手続き]をタップ
  3. SIMカード台紙に記載されている[ICCID/製造番号]の下4ケタを入力
  4. [回線切替]をタップ

開通手続きの受付時間はA・Dプランは9:00~21:00、Sプランは10:00~19:00です。 受付完了後、A・Dプランは約30分、Sプランは約1時間で回線の切り替えが完了します。

回線切替と同時にソフトバンクは自動的に解約となります。別途ショップに行って解約手続きをする手間が省けて楽ですね。

STEP4:APN設定を行う(SIMカード単体契約のみ)

mineo設定8

mineoのAPN設定

最後にデータ通信をするためのAPN設定を行います。

iPhone(iOS端末)はAPN構成プロファイルというファイルをインストールすれば完了です。

Wi-Fiに接続したiPhoneでSafariを起動し、「こちらのページ」から契約したプランおよび利用機種にあったプロファイルをインストールしてください。

Androidの場合はAPN情報を直接入力します。

[設定]→[無線とネットワーク]→[モバイルネットワーク]→[高度な設定]→[CPA設定]の順に進み、以下の項目を入力すれば完了です。

APN情報

表記例 入力項目
名前、ネットワーク名 任意の名前
APN、APN設定 Aプラン:mineo.jp
Dプラン:mineo-d.jp
Sプラン:mineo-s.jp
ユーザーID、ユーザー名 mineo@k-opti.com
パスワード mineo
認証タイプ CHAPを選択
mineoのAPN設定iPhone・A/Dプランも対応!mineoのAPN設定を図説で理解

3.ソフトバンクからmineoに乗り換える際の費用はいくら?

ソフトバンクからmineoに乗り換えたいけど、お金がどれくらいかかるのか心配・・。

解約金が無くなったから。以前と比べてぐっと安くなったわよ。端末の残債が無ければ、mineoの初期費用を入れても6400円程度ね。

ソフトバンクからmineoに乗り換える際にかかる費用をまとめました。

必要な費用

MNP転出手数料 3,000円
初期費用(mineo) 3,000円
SIMカード発行料(mineo) 400円
合計 6,400円

合計で6,400円の費用が掛かります。

これまではソフトバンクを更新月以外に解約すると高額な違約金がかかっていましたが、2019年9月にスタートした新プランでは違約金がなくなりました。

従来のプランを契約している人も違約金のないプランに移行できるので、違約金は実質なしと言えます。

ただし、端末代を分割払いしている場合、残債は解約後も支払う必要があるので要注意です。

mineoに乗り換える際に「意外と費用がかかるな」と思うかもしれません。しかし、月額料金が大幅に安くなるのでトータルでは乗り換えたほうがお得です。

例えば毎月3GBのデータ通信を利用するとします。ソフトバンクのミニモンスター(3GB)は月額7,480円ですが、mineo Sプラン(3GB)は月額1,950円です。

プランによって異なりますが、ソフトバンクからmineoに乗り換えることで毎月4,000~5,000円前後安くなります。6,400の費用がかかっても、2ヶ月で取り返せますね。

4.【まとめ】ソフトバンクからmineoの乗り換えは簡単です

以上、ソフトバンクからmineoに乗り換える方法や注意点について解説しました。

ソフトバンクからmineoへの乗り換えは4ステップで完了します。ソフトバンクのほとんどのスマホをそのまま使うこともできるので、乗り換えはとても簡単です。

簡単な手続きをするだけで毎月のスマホ代が大幅に安くなります。

ソフトバンクのスマホそのままでスマホ代を節約したいなら、ソフトバンク回線のプランがあるmineoがおすすめですよ。

mineoとは?
  • 3大キャリアに完全対応
  • 2年連続で顧客満足度1位
  • ユーザー数増加数No.1
  • 解約金・契約縛りが0
  • キャンペーンが激アツ

10分で乗り換え

mineoの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。