mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)でデビットカードの審査に通る方法

mineoでデビットカード

mineo(マイネオ)でデビットカードを使うにはどうすればいいのか、お悩みではありませんか?

特に気になるのが審査の基準です。せっかくmineoに申し込んでも審査落ちすると契約はできなくなります。この記事では、デビットカードでmineoと契約するために知っておきたい審査に通るコツと、実際の申込み方法について詳しく解説しました。

ぜひ、参考にして下さいね。

【mineoの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

mineoのレビュー詳しくはこちら>>

  • 3大キャリアに完全対応
  • 2年連続で顧客満足度1位
  • ユーザー数増加数No.1
  • 解約金・契約縛りが0
  • キャンペーンが激アツ

mineoの公式サイト

1.デビットカードでmineoの審査に通るには?

さっそく、でデビットカードをmineoで使う方法について詳しく見ていきましょう。

1-1.mineoの審査に通るポイント

そもそも、mineoはでデビットカードの利用を推奨していません。本人確認や一定の所得水準が確実なクレジットカードと比べて、デビットカードは簡単に作成できるために審査が厳しくなっているのです。

デビットカードでもmineoの審査を突破するには、いくつかコツがあります。

  • 申込者とカード所有者の名義が一致
  • 支払い履歴を付けておく
  • 口座残高に一定の現金を預ける
  • 月次決済対応のカードで申し込む
  • 過去に滞納があるカードは避ける

(1)申込者とカード所有者の名義が一致

申込者の名義とデビットカードの名義が異なる場合は、ほぼ確実に審査に落ちます。家族も含めて誰かにデビットカードを借りて申し込むのはNGです。

(2)支払い履歴を付けておく

一度も使用されたことの無いデビットカードは信頼性に乏しいため審査に落ちやすくなります。1~2回でもいいので実際に買い物を行ったデビットカードで申し込みましょう。

(3)口座残高に一定の現金を預ける

審査の対象になるかどうかは分かりませんが、一般的に口座残高が0のデビットカードは審査落ちしやすくなると言われています。いくら預けておけばいいのか基準は不透明ですが、携帯代の支払いに十分な1万円程度は口座に入れておいた方がいいでしょう。

(4)月次決済対応のカードで申し込む

毎月決まった期日に口座引き落としをしてくれる月次決済。デビットカードによって月次決済の可否が変わります。月次決済非対応のデビットカードは携帯代の支払いに不向きなため審査に落ちやすいです。

(5)過去に滞納があるカードは避ける

クレジットカードも共通ですが、過去に支払い滞納があった方は信用機関に情報が登録されています。ブラックリストは氏名・住所で特定されてしまいますが、少しでも審査通過率を上げるため、滞納があったカードでは申し込まないようにしましょう。

1-2.審査に通りやすいデビットカード

mineoはどのデビットカードが審査に通りやすいのか質問しても教えてくれません。しかし、mineoユーザーの膨大な口コミから、審査に通りやすいデビットカードが分かります。

mineoのデビットカード

デビットカードの情報は口コミで出回っている

実際にmineoの審査に通ったデビットカードは以下の通りです。

審査通過の実績あり

  • 楽天銀行VISAデビットカード
  • 楽天銀行JCBデビットカード
  • JNB (ジャパンネット)Visaデビット
  • スルガVisaデビットカード

審査に通過したデビットカードに共通するのは月次決済機能があることです。そして、意外にもネット銀行が強いことが分かります。これからデビットカードを作るなら、年会費のかかる楽天銀行VISAデビットカード以外の3枚がおすすめです。

楽天銀行JCBデビットカード、JNB・スルガのVISAデビットカードは年会費無料でネットから簡単に申し込みができます。

※上記のデビットカードでも確実に審査に通るわけではありません。状況によっては審査落ちする可能性もあります。

1-3.審査に落ちやすいデビットカード

以下のデビットカードは、審査に落ちる可能性が高いデビットカードです。

  • 三菱UFJデビット(JCB・VISA)
  • 住信SBI Visaデビット付キャッシュカード
  • りそなVisaデビットカード
  • Sony Bank(ソニー銀行) WALLET
  • SMBC(三井住友銀行)デビット
  • みずほJCBデビット

※実際は審査に通る可能性もあります

特に審査に落ちやすいのが、三井住友銀行のデビットカードです。理由は分かりませんが、審査落ちが続出しているため、mineoの申し込みには利用しない方がいいでしょう。

審査に落ちやすいデビットカードに共通しているのは、大手メガバンク系のデビットカードである点です。ネット銀行が審査に通りやすいのに対して、大手メガバンクや地方銀行のデビットカードは審査に通りにくくなっています。

理由は分かりませんが、一般銀行系のデビットカードはmineo側で与信(返済能力の判断)の確認が取りにくいのかもしれません。カード自体は有名でも、mineoにとっては難しい面があるのでしょう。

2.デビットカードでmineoに契約するには?

2-1.申し込み方法

デビットカードを使ってmineoに申し込む際は、クレジットカードの番号登録画面でデビットカードの番号を入力します。

詳しい手順は以下の通りです。

1.公式ページにアクセス

2.プラン・コース内容を選択

mineoのプラン・コース選び
  • Aプラン(auプラン)・Dプラン(ドコモプラン)
  • シングルタイプ(データ通信専用SIM)・デュアルタイプ(音声通話SIM)
  • 利用するデータ容量

を決めます。その他、端末セット・SIMカードのみの契約を選択します。

3.お支払い情報でデビットカードを登録

mineoの申込み13

お支払い情報では、クレジットカード会社、クレジットカード番号、有効期限・・・と表示されていますが、ここにデビットカードの情報を入力します。mineoはクレジットカードを推奨しているためか、支払い選択の画面でデビットカードについての記述がまったくありません。

少し不安になりますが、クレジットカード情報の欄にデビットカード情報を入力しても大丈夫なので、このまま手続きを進めていきましょう。

4.本人確認書類をアップロードして申し込み

mineoの申込み14

ここで、デビットカードの所有者と違う名義の本人確認書類をアップロードしてしまうと審査に落ちるので注意して下さい。以上で、デビットカードを使った申し込みは完了です。

申し込みできるのは18歳から

15歳から発行できるデビットカードですが、mineoに申し込みできるのは18歳からとなります。18歳未満の方は保護者の方に申し込みしてもらい、手続き途中に表示される利用者登録の欄に子供の個人情報を入力しましょう。

2-2.条件付きで口座振替も対応

mineoではクレジットカード以外の支払い方法として、デビットカードだけでなく口座振替も条件付きで利用できます。口座振替の利用条件は、eo光の契約者であることです。

eo光とは、関西地区限定で提供されている光回線サービスです。運営会社はmineoと同じケイ・オプティコムとなります。eo光のサービスを口座振替で申し込んでいる方ならmineoの利用料金も銀行口座から口座振替で引き落としできます。

eo光を口座振替払いで契約している方は、

  1. mineoの申し込みで「すでに弊社サービスをご利用中の方」を選択
  2. 支払方法の選択で「現在ご契約中の支払い方法」を選択

以上の手順でmineoの利用料金も口座振替にできます。

2-3.デビットカードを使うメリット

クレジットカードより審査の厳しいデビットカードですが、mineoでデビットカードを使うと

  • クレジットカードなしで契約可能
  • 使いすぎを防ぐことができる

といったメリットがあります。デビットカードはほぼ即日で発行ができます。事情によりクレジットカードを作成できない方でもmineoと契約可能です。その他、口座残高以上の支払いができないため、使いすぎを防ぐ効果もあります。そのため、デビットカードを使用するだけで家計の節約が可能です。

逆にデメリットとしては、クレジットカードのような還元ポイントがほとんど付かないことです。還元率以外もあらゆる特典内容が乏しいのがデビットカードの弱点となります。

2-4.デビットカード対応の格安SIM一覧

デビットカードが使える格安SIMはmineoだけではありません。

  • 楽天モバイル
  • OCNモバイルONE
  • DTI SIM

数は少ないですが、上記の格安SIMならデビットカードで申し込みができます。もし、mineoの審査に通らなくても、格安SIMの利用を諦めるのは早いです。別の格安SIMでも、デビットカードの申し込みにチャレンジしてみましょう。

デビットカードが使える格安SIM
デビットカード支払いで契約できる格安SIM4選一般的に格安SIMを契約する際にはクレジットカードが必要ですが、中にはデビットカードで契約できるものもあります。デビットカードは審査不要...

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、mineo(マイネオ)でデビットカードを使う方法について詳しく解説してきました。審査に通るかどうかは実際に申し込みをするまで分かりませんが、少しでも審査通過率を上げたいなら、記事内で取り上げた審査に通るコツを参考にしながら事前対策してみましょう。

デビットカードの申し込み自体は簡単です。通常の契約方法と特に変わらないので、15~20分程度で手続きは完了するでしょう。クレジットカードが使えない方は、この記事を参考にデビットカードで申し込んでみてくださいね。

【mineo】安さとサポートが決め手
mineoのロゴ
  • 3大キャリアに完全対応
  • 2年連続で顧客満足度1位
  • ユーザー数増加数No.1
  • 解約金・契約縛りが0
  • キャンペーンが激アツ

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。