楽天モバイル

【iPhone/Android】楽天モバイルでテザリングを使う方法を完全ガイド

楽天モバイルでテザリング

楽天モバイルでテザリングは使えるの・・・?

スマホからゲーム機・パソコン・タブレットとあらゆる通信機器にネット接続できるテザリング。楽天モバイルで利用できるか気になりますよね。

結論から言うと、楽天モバイルではテザリングに対応しているのですが、いくつか利用条件が分かれています。この記事では、楽天モバイルでテザリングを使いたい人に向けて詳しい利用条件からおすすめの料金プラン、テザリングの設定方法まで解説していきます。ぜひ、参考にして下さいね。

【楽天モバイルの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

楽天モバイル詳しくはこちら>>

  • 楽天ポイントが最大6倍に
  • デビットカード&口座振替OK
  • 端末代金が最大95%OFF
  • 格安スマホで1位の契約数
  • 最安クラスの月額料金

楽天モバイルの公式サイト

1.楽天モバイルでテザリングを利用する条件

さっそく、楽天モバイルでテザリングするための利用条件を詳しく見ていきましょう。

1-1.iPhoneの対応状況

iPhoneのテザリング対応状況は以下となります。

iPhone端末 テザリング可否
ドコモ版
au版
ソフトバンク版
SIMフリー版

楽天モバイルでiPhoneを使う場合は、すべてのパターンでテザリングが可能です。何も心配することはありません。注意点として、au・ソフトバンク版iPhoneを楽天モバイルで使うときはSIMロック解除の手続きが必要となります。詳しくは「iPhoneをSIMロック解除する方法」の記事を参考にして下さい。

ドコモ・SIMフリー版iPhoneはそのままSIMカードを入れ替えるだけで楽天モバイルに乗り換え可能です。なお、テザリングに対応するiPhoneですが、楽天モバイルで使用できるのはiPhone5sから(SIMフリー版のみiPhone5から)となります。

iPhone5以前は3G端末となるため、楽天モバイルのSIMカードに対応していません。テザリングの利用可否以前に、契約自体できないので注意しましょう。

※追記
2018年からスタートしたau回線のプランでは、すべてのパターンでiPhoneのテザリングが使えません。iPhoneテザリングを使うならドコモ回線で契約しましょう

1-2.Androidの対応状況

Androidのテザリング対応状況は以下となります。

Android端末 テザリング可否
ドコモ版
au版
ソフトバンク版
SIMフリー版

ご覧の通り、ドコモ版Androidのみテザリングの利用が不可となります。楽天モバイルはドコモのみSIMロック解除無しで乗り換えできるためドコモユーザーからの申し込みが非常に多いです。しかし、残念ながらドコモ端末だけテザリングが使えないのは何とも辛い話です。

ドコモ版AndroidはSIMロック解除してもテザリングが使えません。諦めて楽天モバイルで販売しているSIMフリースマホを使うのがベターな選択でしょう。楽天モバイルでセット販売している端末ならすべてSIMフリーなのでAndroidでもテザリングができます。

au・ソフトバンク・SIMフリー版Androidはテザリングが利用可能です。ただし、au・ソフトバンク版Androidで楽天モバイルと契約する際はSIMロック解除が必要となります。詳しいSIMロック解除のやり方は以下を参考にして下さい。

SIMロック解除のやり方

※追記
au回線のプランならドコモ端末でもテザリングが使えます。ただし、au回線はスーパーホーダイに非対応です(組み合わせプランのみ加入可)。

1-3.ドコモ端末でテザリングができない理由

ドコモ版Androidだけテザリングが使えない理由は技術的な問題によるものです。決してドコモユーザーを冷遇しているわけではありません。ドコモ端末テザリングできない具体的な理由は、APNの強制切り替えにあります。APNにはデータ通信(ネット接続)するために端末と通信事業者を繋ぐ役割があります。

Wi-Fi以外でネットが使える端末は必ずAPNが設定されていて、通信事業者によってAPN情報は異なります。楽天モバイルでは、rmobile.jpかrmobile.coというAPNを使っています。しかし、ドコモ端末はテザリングをするときだけ、強制的にAPNをdcmtrg.ne.jpに書き換える仕様となっているのです。

ドコモと契約中なら問題ありませんが、ドコモ以外の通信事業者の場合、勝手にAPNが切り替わるとデータ通信ができなくなります。テザリングをOFFにすると元のAPNに戻るので使用できないのはあくまでテザリングのみです。

ドコモ端末でもAPNを強制的に変えない方法もあるのですが、プログラムを書き換える必要があるため初心者は到底手が出せません。SIMロック解除をしても同じこと。Android版ドコモは残念ながらテザリングを諦めざるを得ない状況です。

一部の機種はテザリングできる

基本的にテザリングができないとされているドコモ版Androidですが、機種によってはテザリングができてしまいます。XperiaやGalaxyなど有名メーカーでかつ新しい機種の場合はテザリングできる可能性が高いです。ただし、どの機種がテザリングできるかは実際に使ってみるまでわかりません。

楽天モバイルでは、端末の動作確認を行っていますがドコモ版Androidのテザリング状況までは確認していません。楽天モバイルではあとから「機種変更」もできるので、ドコモ版Androidの方はテザリングが使えるか試してみるのもありでしょう。

1-4.テザリングの利用料金

楽天モバイルでは無料でテザリングが使えます。追加料金などは一切発生しません。ちなみに、大手キャリアではauとソフトバンクがテザリングのオプション料金として月額500円を徴収しています。今どきテザリングに課金するなんて時代錯誤もいいところです・・・。ドコモは無料でテザリングが利用できます。

なお、格安SIMでは楽天モバイルに限らずすべての通信事業者でテザリングのオプション料金が無料となっています。

1-5.テザリングの通信速度

まず、そもそもの「楽天モバイルの通信速度」ですが、平常時は10~30Mbpsで速度低下する時間帯は0.5~3Mbpsとなります。速度が低下する時間帯はお昼の12時から13時と夕方の17時から18時です。この時間帯は1Mbpsを切ることもあります。

ただし、スーパーホーダイに加入している方は最低速度が1Mbpsなのでこの時間帯でもテザリングできます。料金プランについて詳しくは後ほど解説します。テザリングを使った場合の通信速度ですが、テザリングの種類によって変わります。

USBで端末を接続した場合、速度の劣化は小さいのですがほとんどの方が使用するのがWi-Fiテザリングです。Wi-Fiテザリングの場合、多少通信速度が落ちます。そのため、平常時は5~7Mbps、速度低下する時間帯は0.2~1Mbpsあたりが目安となります。残念ながら、速度低下する時間帯はまともにテザリングができないのが現状です。

お昼休みと帰宅時はテザリングを諦めてWi-Fiを探した方が賢明でしょう。あるいは1Mbpsが確保されているスーパーホーダイに加入するのもありです。

1-6.スーパーホーダイなら自宅の固定回線代わりに

テザリングの利用条件が分かったら、次に悩ましいのが料金プラン選びですよね。

楽天モバイルには、

  • 組み合わせプラン
  • スーパーホーダイ

の2つの料金プランがあります。

組み合わせプラン

データ通信量 通話SIM 050データSIM データSIM
ベーシック 無制限 1,250円 645円 525円
3.1GB 3.1GB 1,600円 1020円 900円
5GB 5GB 2,150円 1570円 1450円
10GB 10GB 2,960円 2380円 2260円
20GB 20GB 4,750円 4170円 4050円
30GB 30GB 6,150円 5520円 5450円

スーパーホーダイ

プランS プランM プランL
月額料金 1980円 2980円 4980円
月額料金
(2年目以降)
2980円 3980円 5980円
データ通信量 2GB 6GB 14GB
通話 5分かけ放題

楽天モバイルで快適にテザリングを使うなら、スーパーホーダイがおすすめです。かけ放題が標準で付いているため組み合わせプランよりも料金が高いのですが、注目は最低通信速度の優遇です。組み合わせプランは最低速度が200kbpsですが、スーパーホーダイなら1Mbpsとなります。その差は5倍。

1MbpsあればLINEやWEB閲覧はもちろん普通画質の動画再生もできます。さらに最低1Mbpsあれば自宅の固定回線代わりにすることもできます。

楽天モバイルを自宅の固定回線代りにした女性

スーパーホーダイを使って良かったのは安定して1Mbps程度の速度が出ること。おかげで大幅に通信料を節約できました。私は家でパソコンを使う時も大体1Mbpsの速度が出ていれば問題ないので、今まで使っていた自宅の光回線を解約してスマホのテザリングだけで十分になりました。

さすがに光回線ほどの快適さはありませんが、日常的なWEB閲覧ならスーパーホーダイだけでも十分です。

この女性のインタビューやスーパーホーダイの詳細について詳しくは以下の記事でまとめています。気になる方は参考にして下さいね。

楽天モバイル スーパーホーダイ
楽天モバイルのスーパーホーダイを実際の評判から通信速度まで全解説楽天モバイルでスーパーホーダイって評判いいの・・・? 楽天モバイルでは、かけ放題がセットになったスーパーホーダイが契約できます。楽...

2.楽天モバイルでテザリングを使う際の設定方法

ここでは、楽天モバイルと契約した後どうやってテザリングを使うのか?

詳しい設定方法をまとめました。

2-1.テザリングの種類

テザリングには、

  • Wi-Fiテザリング
  • USBテザリング
  • Bluetoothテザリング

の3種類があります。一般的に利用されるのはWi-Fiテザリングです。多少の速度低下はありますが、無線で簡単にテザリングの設定ができます。パソコンを持ち歩く方はUSBケーブルも一緒に持っているかと思います。その場合は、できればUSBテザリングを使った方がいいです。

USBテザリングはWi-Fiテザリングと比べて通信品質がよく、通信速度が速いです。また、端末を充電しながら使えるのも利点となります。Bluetoothテザリングは通信速度が最大10分の1程度まで遅くなるため通常は使用しません。ただ、Bluetoothテザリングはバッテリーをほとんど消費しないメリットがあります。

バッテリー残量がほとんど残っていない中、テザリングしないといけない状況になったらBluetoothテザリングを使うといいでしょう。楽天モバイルではWi-Fiテザリング、USBテザリング、Bluetoothテザリングの3種類とも問題なく使用できますよ。

2-2.iPhoneでテザリング

楽天モバイルでiPhoneを使う方は以下の手順でテザリングを使いましょう。なお、iPadのテザリングも同じ手順となります。

  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 「インターネット共有」をタップ
  3. ネットワーク名とパスワードを確認
  4. 接続先の通信機器で「ネットワーク名」をタップしてパスワードを入力

ネットワーク名は「◯◯(自分の名前)のiPhone」となる場合が多いです。パスワードは好きな文字列に変更が可能です。テザリング中は画面に「インターネット共有中」と表示されます。

2-3.Androidでテザリング

  1. 楽天モバイルでAndroidを使う方は以下の手順でテザリングを使いましょう。
  2. 「設定」アプリをタップ
  3. 「データ通信・機内モード」をタップ
  4. 「テザリング」をタップ
  5. 「Wi-Fiテザリング」をタップ
  6. Wi-Fiアクセスポイントの情報を設定
  7. 「保存」をタップ
  8. 接続先の通信機器で「ネットワーク名」をタップしてパスワードを入力

AndroidはOSバージョンによって表記が一部異なりますが、基本的にはこの流れでテザリングが使えます。Wi-Fiアクセスポイントの情報を設定する際は、セキリティの項目で「WPA2 PSK AES」を選ぶと他人に情報が漏れにくくなります。

2-4.USB・Bluetoothテザリングのやり方

上記のテザリングは一般的なWi-Fiテザリングの手順でした。しかし、利用場面によってはUSB・Bluetoothでテザリングしたい時もあるでしょう。

USB・Bluetoothでテザリングする手順は以下となります。

USBテザリング

Android

  1. USBケーブルで端末をつなぐ
  2. 「設定」→「データ通信・機内モード」をタップ
  3. 「テザリング」→「USBテザリング」をタップ

iPhone

  1. USBケーブルで端末をつなぐ
  2. 「インターネット共有」をタップ
  3. 接続方法の確認画面が立ち上がるので「USBのみ」をタップ

Bluetoothテザリング

Android

  1. 「設定」→「データ通信・機内モード」をタップ
  2. 「テザリング」→「Bluetoothテザリング」をタップ

iPhone

  1. 「インターネット共有」をタップ
  2. 接続方法の確認画面が立ち上がるので「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップ

2-5.テザリングを使う際の注意点

楽天モバイルでテザリングを使い祭は以下の点に気を付けましょう。

(1)長時間の使用はバッテリー消費が激しい

テザリングの利用中は節約モードに入れないためバッテリーの消費が激しくなります。3000mAh以上の大容量バッテリーを備える機種なら数時間使っても大丈夫ですが、3000mAh以下の機種はバッテリー残量を気にしながらテザリングを使った方がいいです。

仕事の用事などで頻繁にテザリングを使う方は、モバイルバッテリーも一緒に持ち歩くといいでしょう。

(2)使い方によってはあっという間にデータ消費する

テザリングを使う方はデータ消費量が大きくなるため小容量の料金プランは避けた方がいいです。最低でも5GBプランは欲しいところ。5GB以下のプランは3.1GBプランと低速通信で使い放題となる「ベーシックプラン」があります。

3.1GBプランでテザリングを使うのはちょっと厳しいですね。すぐに通信制限にかかるので辞めておいた方が良いです。ベーシックプランは200kbpsと超低速ですが使い方次第ではテザリングでも有効活用できます。

例えば、仕事のメールだけパソコンから送りたい場合やPC版LINEを使いたいとき。テキストメッセージの送受信は高速通信が不要なのでベーシックプランでも十分活用できます。とはいえ、やはり楽天モバイルでテザリングを使うなら5GB以上のプランかスーパーホーダイに加入した方が快適ですよ。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、楽天モバイルのテザリングについて詳しい利用条件から設定方法まで解説してきました。Androidの場合はドコモ端末がテザリングできないため注意して下さい。iPhoneはすべての端末でテザリングに対応しています。

楽天モバイルでテザリングを使う際は料金プランもじっくり考えた方がいいです。おすすめはスーパーホーダイ。最低速度が1Mbpsなのでまさにテザリング向きのプランと言えます。

組み合わせプランの場合は、テザリングのデータ消費を考えて5GB以上のプランで申し込むといいですよ。テザリングの利用料金は無料です。この記事を参考に、楽天モバイルでテザリングを使ってみてくださいね。

【楽天モバイル】楽天会員を手厚く歓迎
楽天モバイルのロゴ
  • 楽天ポイントが最大6倍に
  • デビットカード&口座振替OK
  • 端末代金が最大95%OFF
  • 格安スマホで1位の契約数
  • 最安クラスの月額料金

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。