楽天モバイルのスーパーホーダイを実際どう?通信速度やメリット・デメリットを解説

スーパーホーダイ

楽天モバイルがメインで押しているスーパーホーダイは、10分かけ放題がセットになった料金プランです。

最低通信速度1Mbpsで月額1480円(ダイヤモンド会員は980円)から契約できるスーパーホーダイ。事実上、動画も見放題となっています。

この記事では、スーパーホーダイのメリットを詳しく解説。また、メリットだけでなくデメリットも考察しています。

その他、実際の使い心地や実測値なども掲載しているので、ぜひ参考にして下さいね。

公式サイトへ

1.楽天モバイル スーパーホーダイのメリットとは?

スーパーホーダイは何が魅力なんですか?

ずばり、料金の安さと最低通信速度1Mbps保証が大きいわね。

はじめに、スーパーホーダイのメリットについて解説していきます。

メリット
  • 最安で月額980円!長期割&楽天会員割で激安に
  • 全プラン10分かけ放題付きで通話料を節約できる
  • 最低通信速度1Mbps保証(動画が見放題)
  • 楽天スーパーポイントが貯まりやすい&支払いに使える

①最安で月額980円!長期割&楽天会員割で激安に

スーパーホーダイの魅力は何といっても安さでしょう。適用できる割引は、楽天会員割と長期割です。

楽天会員割

  • 楽天会員:500円割引(2年間)
  • ダイヤモンド会員:追加で500円割引(1年間)

長期割

  • 2年契約:500円割引(2年間)
  • 3年契約:1000円割引(2年間)

多くの人に該当するのが、楽天会員(500円割引)と2年契約(500円割引)です。 プランSなら、月額基本料金2980円なので、1000円割引で1980円となります。

3年契約でいいのなら1480円に。ダイヤモンド会員の方は、さらに500円割引で月額980円となります。

スーパーホーダイ(楽天会員+2年契約)

月額料金
1~2年目 3年目以降
プランS(2GB) 1980円 2980円
プランM(6GB) 2980円 3980円
プランL(14GB) 4980円 5980円
プランLL(24GB) 5980円 6980円

※2年以内に解約すると9800円の解約金

スーパーホーダイ(楽天会員+3年契約)

月額料金
1~2年目 3年目以降
プランS(2GB) 1480円 2980円
プランM(6GB) 2480円 3980円
プランL(14GB) 4480円 5980円
プランLL(24GB) 5480円 6980円

※3年以内に解約すると9800円解約金

(補足)ダイヤモンド会員の条件

  • 6ヶ月で4000ポイント貯める
  • 6ヶ月で30回ポイント獲得する
  • 楽天カードを所有している

楽天市場で毎月5~6回買い物する方は、ダイヤモンド会員になれる可能性が高いです。

スーパーホーダイと似た料金プランを提供している「UQモバイル」「Y!mobile」と比べると、楽天モバイルには契約期間の自動更新が無いメリットがあります(契約年数を過ぎれば、いつでも解約金なし)。

②全プラン10分かけ放題付きで通話料を節約できる

スーパーホーダイには、全プランに10分かけ放題が付いています。かけ放題を利用する際は、「楽天でんわ」を経由します。

IP電話でなく通常の音声回線を使用するため音質が良いです。 また、050アプリと違い自分の電話番号で発信できるのも大きなメリットです。

10分を超えた通話も30秒あたり10円と、通常通話料の半額となります。

MEMO
楽天モバイルのもう一つの料金プラン「組み合わせプラン」には、10分かけ放題の付属がありません
楽天モバイルのかけ放題楽天モバイルで使える10分かけ放題のサービス内容と必要性【無制限かけ放題は終了】

③最低通信速度1Mbps保証(動画が見放題)

スーパーホーダイは最低通信速度1Mbpsが保証されています。

他の格安SIMでは、毎月のデータ容量を使い切ると翌月まで200kbpsに速度制限がかかります。これは、大手キャリアも同じルールです。

しかし、スーパーホーダイは最低通信速度が1Mbps。実測値でも、ほぼ1Mbps出ます。事実上のデータ使い放題と言えるでしょう。

ちなみに、1Mbpsの通信速度があれば以下のことができます。

1Mbpsで出来ること

  • テザリング
  • 普通画質で動画再生
  • LINE・SNS
  • ゲームアプリ

とくに大きいのが動画を見られること。 普通は、速度制限にかかると翌月までまともに動画を見られませんが、スーパーホーダイなら問題なく再生できます(テザリングもOK)。

動画好きには、非常に大きなメリットです。

専用アプリで低速 / 高速モードを上手く使い分けできる

楽天モバイルSIMアプリ」を使えば、いつでも低速通信と高速通信を切り替えできます。

スーパーホーダイは低速通信で1Mbps出るため、高速通信を使うほどの用途でない場合(LINEやTwitterなど)は低速通信で十分です。低速通信なら切高速通信容量を節約できます。

④楽天スーパーポイントが貯まりやすい&支払いに使える

スーパーホーダイでは利用料金に対して(通話料も含む)1%の楽天スーパーポイントが貰えます。

さらに美味しいのが、スーパーホーダイを契約している状態で楽天市場を利用すると、付与されるポイントがキャンペーンの時期関係なしに2倍となります。楽天ユーザーは、本当にお得です。

また、楽天カードや楽天市場アプリの利用と条件を重ねていけば、最大で6倍までポイント付与率を伸ばすことも可能です。

貯めたポイントですが、そのまま楽天モバイルの支払いに充てることもできます。

楽天スーパーポイント払い

楽天ポイント楽天モバイルで貯まるポイントを毎月の支払いに充てる全手順

2.楽天モバイル スーパーホーダイのデメリットとは?

逆に、デメリットってありますか?

まず、高速通信の通信速度はそんなに期待できないこと。他にも小さなデメリットがあるわ。
微妙な感じですか?

メリットを考慮すると、そんなに大きなデメリットじゃないわよ。

スーパーホーダイには以下のデメリットがあります。

デメリット
  • 高速通信の通信速度が遅い(回線混雑時がとくに重い)
  • 混雑時に低速モードは300kbpsに制限される
  • 初月は一律でプランSの利用料金(日割りなし)
  • 対応しているのはドコモ回線のみ

①高速通信の通信速度が遅い(回線混雑時がとくに重い)

楽天モバイルの通信速度は1日の最高速度だけで比較するとかなり優秀です。

しかし、回線混雑時を起こす12時から13時と18時から19時の時間帯は、全格安SIMで最低クラスの通信速度となります。

楽天モバイルの通信速度(実測値)

  • 回線混雑時:500kbps~1.5Mbps
  • 平常時:5~25Mbps

回線混雑時ですが、ひどい場合は300kbpsくらいになることも。次項で解説しますが、この時間帯は最低通信速度1Mbpsも適用されず、激遅となります。

②混雑時に低速モードは300kbpsに制限される

スーパーホーダイの最低通信速度は1Mbpsではあるのですが、回線混雑時だけ300kbpsに制限されます。

300kbpsに制限される時間帯

  • 12時から13時
  • 18時から19時

以前はこのルールがなかったのですが、契約者数が増え続けた結果、低速通信にも速度制限されることになりました。

回線混雑時は、高速通信も合わせて遅いので、Wi-Fiで凌ぐか動画を見るなら低画質にするなどの対策が必要です。

③初月は一律でプランSの利用料金(日割りなし)

スーパーホーダイの初月料金は一律でプランSの価格(1480円~)となります。

変わるのは料金だけでデータ容量はそのまま。なので、プランSの価格で最大24GB(プランLL)貰えることに。翌月繰り越しも可能です。

MEMO
初月はプランLLにしておき(プランSの価格で支払い)、2ヶ月目からプラン変更してもOK

一見お得に見えるこの仕組ですが、月末付近に契約するとあまりお得感はありません。

ちょうど月末に契約したとすると、1日しか利用していないのに1ヶ月分のプランS価格を請求されることに。日割り請求はありません。

④対応しているのはドコモ回線のみ

楽天モバイルは、ドコモ回線とau回線を利用しています。そのため、ドコモ・au端末をSIMロック解除無しで使用することも可能です。

ですが、残念ながらスーパーホーダイはau回線に非対応。ドコモ回線しかありません。

スーパーホーダイでau端末(iPhone含む)を使いたい方は、「SIMロック解除の手続き」を行いましょう。

キャリアごとの乗り換え方法やSIMロック解除の必要性については、以下の記事も参考にして下さい。

3.実際にいいの?楽天モバイル スーパーホーダイを使うユーザーにアンケート調査

スーパーホーダイの概要は分かりましたけど、リアルな感想が知りたいです。

OK、2人のインタビューを参考にしてちょうだい。

スーパーホーダイを使う2人の方に、実際の使い心地をインタビューしてみました。

42歳男性の方

 

ー通信速度はどれくらいでますか?

 

お昼の時間帯、夕方の時間帯はかなり遅いです。ストレスがかかるのでこの時間帯はWi-Fiを使って通信しています。他の時間帯は非常に快適です。

 

動画を再生すると少し砂時計が回るくらいです。スピードテストはしていませんがストレスなく使えます

 

ー速度制限時は理論値の1Mbpsが出ていますか?

 

速度制限になってもいつ高速から低速に変わったのかわからないくらい快適です。

 

高速通信の時と大差はないです。YouTubeで動画を見る際もストレスなく閲覧できています。WEB閲覧はサクサクです。

 

ー最後に全体的なスーパーホーダイの感想をお願いします

 

良かった点は月額料金が1/4まで減ったことです。プラン変更で最安の1980円のプランにしました。これまでキャリアを使っていた時は制限がかかると明らかに遅くなってかなりストレスでした。

 

今は、速度制限時の速度が約8倍の速さです。もっと早く変えれば良かったと思います。

37歳女性の方

 

ー通信速度はどれくらいでますか?

 

時間帯等で速度が違ってくると思いました。お昼の時間になるとやはり速度が遅くなります。低速モードは170kbps、高速モードでも300kbpsしか出ない事も多いです。

 

夕方の時間も速度が遅くなるのですが大体500kbpsくらいです。夜中になると5Mbpsくらい出ています。

 

ー速度制限時は理論値の1Mbpsが出ていますか?

 

スーパーホーダイを使えば速度制限になっても1Mbpsは出るという事で契約しました。実際に契約してみて確かに速度制限時の速度は大体1Mbpsの速度を維持しています。

 

お昼と夕方は速度を落としますが、それ以外の時間は最低でも900kbpsは出ています。

 

ー最後に全体的なスーパーホーダイの感想をお願いします

 

スーパーホーダイを使って良かったのは安定して1Mbps程度の速度が出ること。おかげで大幅に通信料を節約できました。

 

私は家でパソコンを使う時も大体1Mbpsの速度が出ていれば問題ないので、今まで使っていた自宅の光回線を解約してスマホのテザリングだけで十分になりました。

 

以前はスマホでテザリングしても速度制限で速度が出なくてパソコンも使い物にならなかったです。スーパーホーダイにしてから一部の時間帯を除けばテザリングでも十分な速度が出ます。

口コミをまとめると、

  • 速度制限時の1Mbpsはしっかりと出た
  • 毎月の通信料金が大幅を節約できた
  • テザリングで自宅の固定回線が要らなくなった

との意見が見られました。これは、私の同感です。利用料金に対するサービス品質がとてもいいと感じます。

4.結論:楽天モバイル スーパーホーダイがおすすめな人

最後に、スーパーホーダイを契約すべき人をまとめるわね。

ずばり、スーパーホーダイがおすすな人は以下の通りです。

  • 今の携帯料金を半分以下に節約したい
  • 一部の時間帯で速度が遅くなっても大丈夫
  • 速度制限時も快適にデータ通信をしたい
  • データ消費量を気にせずにテザリングをしたい

まず、大手キャリアの月額料金に不満がある方はスーパーホーダイが向いています。10分かけ放題込みで1980円は、圧倒的なコスパです。

そして、料金以外の大きなメリットが、速度制限時に最低通信速度1Mbpsが出ること。 これは、スーパーホーダイだけのサービスで、他社から見ればもはや反則技です。

逆にスーパーホーダイがおすすめでないのは、最高速度を求める人。通信速度を重視するなら、格安SIMで最も速い「Y!mobile」を選びましょう。

5.【まとめ】安さ以外のメリットも魅力のスーパーホーダイ

この記事では、楽天モバイルのスーパーホーダイについて詳しく解説してきました。

スーパーホーダイは、最安980円から契約できます(多くの人は1480円)。シンプルな4択で選びやすいのも魅力です。

そして強力なのが速度制限時でも1Mbps出ること(回線混雑時は除く)。

安さ以外でも、ここまで好条件が揃っているのは、格安SIM全体を見回してもスーパーホーダイくらいでしょう。契約者数No.1も納得です。

キャンペーン速報

人気機種が、期間不定期で大幅割引に。

キャンペーン

キャンペーン端末(一部)

キャンペーン価格 割引額
HUAWEI P30 lite 一括:29819円
分割:1366円
-3061円
AQUOS sense2 SH-M08 一括:24800円
分割:1136円
-5000円
OPPO Reno 10x Zoom 一括:95880円
分割:4694円
-4000円

キャンペーンの適用条件は、通話SIMで申し込むのみ。端末のみ購入はできません。

POINT
どの端末を選ぶか迷ったら、HUAWEI P30 liteがおすすめ。価格の割に高性能です。

CHECK!

キャンペーン中の端末を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。