楽天モバイルのスーパーホーダイとは?実際に使って分かったおすすめな人

スーパーホーダイ

楽天モバイルがメインで押しているスーパーホーダイは、10分かけ放題がセットになった料金プランです。

最低速度1Mbpsで月額1480円(ダイヤモンド会員は980円)から契約できるスーパーホーダイ。事実上、動画も見放題となっています。

この記事では、スーパーホーダイのメリットを詳しく解説。また、メリットだけでなくデメリットも考察しています。

その他、実際の使い心地や実測値なども掲載しているので、ぜひ参考にして下さいね。

CHECK!

楽天モバイルの詳細を見る

1.はじめに:楽天モバイルのスーパーホーダイとは?

スーパーホーダイは、どんなプラン内容ですか?

無料通話が付くシンプルなプランよ。楽天会員は安く契約できるのが魅力ね。

スーパーホーダイは、楽天モバイルが主力としている料金プランです。以下、詳しい料金表となります。

スーパーホーダイ

S M L LL
月額料金 2980円 3980円 5980円 6980円
楽天会員割 1480円 2480円 4480円 5480円
楽天会員割
(ダイヤモンド会員)
980円 1980円 3980円 4980円
データ容量 2GB 6GB 14GB 24GB
無料通話 10分かけ放題

スーパーホーダイでは利用料金に対して(通話料も含む)1%の楽天スーパーポイントが貰えます。楽天市場を利用すると、ポイント2倍に。

初月の日割りはなく、一律でプランSの価格が請求されます。

MEMO
初月はプランLLにしておき(プランSの価格で支払い)、2ヶ月目からプラン変更してもOK

対応しているのはドコモ回線のみ。スーパーホーダイでauとソフトバンク端末を使う場合は、SIMロック解除が必要です。

2.スーパーホーダイの特徴

スーパーホーダイの特徴について、もっと詳しく知りたいです。

OK、抑えておきたいポイントを挙げていくわね。

①楽天会員割を適用できる

スーパーホーダイの魅力は何といっても楽天会員割を利用できること。楽天ユーザーなら割引特典を受けられます。

楽天会員割

  • 楽天会員:1500円割引(1年間)
  • ダイヤモンド会員:追加で500円割引(1年間)

楽天会員なら無条件で月額1480円から契約可能。「ダイヤモンド会員」はやや達成条件が難しいのですが、条件に該当すれば月額980円に。

ダイヤモンド会員の達成条件

  • 6ヶ月で4000ポイント貯める
  • 6ヶ月で30回ポイント獲得する
  • 楽天カードを所有している

楽天市場で毎月5~6回買い物する方は、ダイヤモンド会員になれる可能性が高いです。

②最低速度1Mbps保証

スーパーホーダイは最低通信速度1Mbpsが保証されています。

他の格安SIMでは、毎月のデータ容量を使い切ると翌月まで200kbpsに速度制限がかかります。これは、大手キャリアも同じルールです。

しかし、スーパーホーダイは最低通信速度が1Mbps。

実測値でも、ほぼ1Mbps出ます。事実上のデータ使い放題と言えるでしょう。

ちなみに、1Mbpsの通信速度があれば以下のことができます。

1Mbpsで出来ること

  • テザリング
  • 普通画質で動画再生
  • LINE・SNS
  • ゲームアプリ

とくに大きいのが動画を見られること。普通は、速度制限にかかると翌月までまともに動画を見られませんが、スーパーホーダイなら問題なく再生できます(テザリングもOK)。

動画好きには、非常に大きなメリットです。

MEMO
ネットを使いながらLINEも利用する・・といった使い方だと、1Mbpsが分割されてそれぞれ少し遅くなるので注意(総合で使用できるデータが1Mbps)

③全プランに10分かけ放題付き

スーパーホーダイには、全プランに10分かけ放題が付いています。かけ放題を利用する際は、「楽天でんわ」を経由します。

IP電話でなく通常の音声回線を使用するため音質が良いです。 また、050アプリと違い自分の電話番号で発信できるのも大きなメリットです。

10分を超えた通話も30秒あたり10円と、通常通話料の半額となります。

なお、楽天モバイルのもう一つの料金プラン「組み合わせプラン」には、10分かけ放題の付属がありません。

3.スーパーホーダイの注意点

スーパーホーダイに注意点があるんですか?

ええ、速度に関して事前に知っておくべきことがあるの。

①お昼の時間帯は速度低下する

こちら、実際にスーパーホーダイを測定した結果です。

時間帯 平均速度
9:00〜12:00 10〜15Mbps
12:00〜13:00 1~4Mbps
13:00〜17:00 5~25Mbps
17:00〜18:00 2~5Mbps
18:00以降 2~15Mbps

ご覧の通り、12時から13時の時間帯で随分と遅くなっています。

速度低下の原因は、回線貸し出しの大本である大手キャリア(ドコモ・au)が、ユーザー数増加による帯域制限を行うから。

これは格安SIM全体の問題ですが、スーパーホーダイも例外ではありません。

②回線混雑時の最低速度は300kbpsにダウン

スーパーホーダイの最低速度は1Mbpsなのですが、回線混雑時だけは300kbpsに制限されます。

300kbpsに制限される時間帯

  • 12時から13時
  • 18時から19時

以前はこのルールがなかったのですが、契約者数が増え続けた結果速度制限されることに。いわゆる改悪です。

4.スーパーホーダイがおすすめな人

最後に、スーパーホーダイを契約すべき人をまとめるわね。

ずばり、スーパーホーダイがおすすな人は以下の通りです。

  • 楽天ユーザー限定の割引を適用したい
  • 通話頻度が多いのでかけ放題が大事
  • 速度制限時も快適にデータ通信をしたい

まず、スーパーホーダイは楽天ユーザー限定の割引を適用可。楽天ユーザーなら迷わず選びたいプランです。

また、10分かけ放題が付いているのも魅力。通話料込みで1980円と圧倒的なコスパを実現できます。

そして、料金以外の大きなメリットが、速度制限時に最低通信速度1Mbpsが出ること。 これは、スーパーホーダイだけのサービスで、他社から見ればもはや反則技です。

速度制限時も動画やWEBサイトを閲覧したいのなら、スーパーホーダイが強い味方になってくれます。

補足:スーパーホーダイの口コミ

42歳男性の方

良かった点は月額料金が1/4まで減ったことです。プラン変更で最安の1980円のプランにしました。

これまでキャリアを使っていた時は制限がかかると明らかに遅くなってかなりストレスでした。今は、速度制限時の速度が約8倍の速さです。もっと早く変えれば良かったと思います。

37歳女性の方

スーパーホーダイを使って良かったのは安定して1Mbps程度の速度が出ること。おかげで大幅に通信料を節約できました。

私は家でパソコンを使う時も大体1Mbpsの速度が出ていれば問題ないので、今まで使っていた自宅の光回線を解約してスマホのテザリングだけで十分になりました。

以前はスマホでテザリングしても速度制限で速度が出なくてパソコンも使い物にならなかったです。

スーパーホーダイにしてから一部の時間帯を除けばテザリングでも十分な速度が出ます。

※口コミは株式会社クラウドワークスにて依頼調査

5.【まとめ】安さ以外にもメリットがある

この記事では、楽天モバイルのスーパーホーダイについて詳しく解説してきました。

スーパーホーダイは、最安980円から契約できます(多くの人は1480円)。シンプルな4択で選びやすいのも魅力です。

そして強力なのが速度制限時でも1Mbps出ること(回線混雑時は除く)。

安さ以外でも、ここまで好条件が揃っているのは、格安SIM全体を見回してもスーパーホーダイくらいでしょう。

いくつか注意点もありますが、安さ・サービス内容ともにハイレベルなプラン内容です。

CHECK!

楽天モバイルの詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。