楽天モバイル

楽天モバイルでiPhoneを使う方法【au・ドコモ・ソフトバンク対応】

楽天モバイル iPhone

楽天モバイルでiPhoneを使うにはどうすればいいのかお悩みではありませんか?

楽天モバイルでも現在お持ちのiPhoneで契約することが可能です。楽天モバイル乗り換え後もiPhoneの使い心地が変わることはありません。この記事では、楽天モバイルでiPhoneを使う方法について詳しく解説します。

iPhoneの種類は大きく分けて4種類です。

  • au版iPhone
  • ドコモ版iPhone
  • ソフトバンク版iPhone
  • SIMフリー版iPhone

それぞれのiPhoneで契約ステップを解説していきます。なお、解説は「MNP」で乗り換えることを想定します。MNPを使わない方は、「MNP予約番号を取得する」のステップは飛ばして下さいね。

【楽天モバイルの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

楽天モバイル詳しくはこちら>>

  • 楽天ポイントが最大6倍に
  • デビットカード&口座振替OK
  • 端末代金が最大95%OFF
  • 格安スマホで1位の契約数
  • 最安クラスの月額料金

楽天モバイルの公式サイト

1.ドコモ・SIMフリーiPhoneで契約

ドコモ版iPhoneとSIMフリー版iPhoneは、SIMロック解除の手続きが不要です。そのため、わずか3ステップで楽天モバイルに乗り換えることができます。

ステップ1 MNP予約番号を取得する

現在の電話番号を引き継ぐ場合は、MNPの手続きが必要です。MNPのやり方は簡単。ドコモからMNP予約番号を取得して、楽天モバイルの申し込み時に予約番号を入力するだけです。

ドコモからMNP予約番号を取得する方法

  • 電話番号:151(受付時間 9:00~20:00)
  • My docomo:「My docomo各種サービス一覧」→「各種お申込・お手続き一覧」→「ご契約内容確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」

MNP予約番号は有効期限があるため、取得後すぐに楽天モバイルに申込みましょう。

ドコモからMNP
5分以内にMNP予約番号を取得!ドコモからMNPする方法ドコモからMNPするにはどうすればいいの・・・? ドコモから他社にMNPする場合は、MNP予約番号が必要です。この記事では、MNP...

ステップ2 楽天モバイルに申し込む

公式サイトから楽天モバイルに申込みます。「お申込み」をタップして手続きを進めていきましょう。

申込みのポイントは、

  • お申込みタイプは「SIMのみ」を選ぶ
  • SIMタイプは「通話SIM」を選ぶ
  • SIMサイズは「nano SIM」を選ぶ

の3点です。手持ちのiPhoneを使うため、端末セットを選ばないように気を付けましょう。SIMタイプは通話SIMでないとMNPができません。また、iPhoneのSIMサイズはnano SIMとなります。こちらも間違えないように慎重に選択して下さい。

その他は、希望の料金プランと支払い方法を選択して指示通り申し込みを進めていきます。
料金プランの選び方については、こちらの「楽天モバイルの料金プラン」の記事で詳しく解説しています。本人確認書類のアップロードやMNP予約番号の入力など、画面の指示に従って確実に申し込みを行いましょう。

ステップ3 初期設定を行う

申し込みが完了すると、SIMカードが郵送で送られてきます。SIMカードの到着を待つ間は、現在の携帯会社で通話・データ通信ができるため安心して下さい。

iPhoneの初期設定で必要となるのは、

  • 回線切り替え(MNP転入)
  • APN設定

の2点です。回線切り替えは、楽天モバイル開通受付センター(0800-805-1111)に連絡するだけでOK。21時までに連絡すれば、当日中に回線切り替えが完了します。切り替え作業は約15分です。21時を過ぎた場合は、翌日の午前中に回線切り替えが行われます。

回線切り替え(MNP転入)が終わったらAPN設定を行いましょう。iPhoneのAPN設定はAPN構成プロファイルをインストールするだけ。3分程度で終わります。詳しくは、「楽天モバイルのAPN設定」の記事を参考にして下さい。

以上で、楽天モバイルへの乗り換えは完了です。ドコモとの契約は、回線切り替えを行った時点で、自動解約となります。

2.au・ソフトバンク版iPhoneで契約

au・ソフトバンク版iPhoneを楽天モバイルで利用する場合は、SIMロック解除の手続きが必要となります。

詳しい乗換方法は以下の通りです。

※追記 2018年から登場したau回線で契約すれば、au版iPhone(iPhone8以降)はSIMロック解除不要です

ステップ1 SIMロック解除をする

SIMロック解除の手続きは、My au・My SoftBankから数分で完了します。

詳しいやり方は以下の通りです。

My au

  1. SIMロック解除の手続きページにアクセス
  2. 暗証番号を入力
  3. SIMロック解除する機種を選択
  4. 解除の理由を選択
  5. 「この内容で申し込む」をタップ

My SoftBank

  1. My SoftBankにログイン
  2. 「契約・オプション管理」をタップ
  3. 「SIMロック解除手続き」をタップ
  4. IMEI番号を入力
  5. 「解除手続きする」をタップ

au、ソフトバンクともにキャリアショップで手続きした場合は3000円の手数料がかかります。My au・My SoftBankからの手続きは無料です。

auのSIMロック解除
世界一詳しい!au端末をSIMロック解除する方法auのスマホはどうやってSIMロック解除するの・・・? SIMロック解除をしたいけど、肝心のやり方がよく分かりませんよね。また、手...
ソフトバンクでSIMロック解除
5分でできる!ソフトバンク端末をSIMロック解除する方法ソフトバンクのスマホをSIMロック解除するには・・・? 手持ちのソフトバンクスマホを他社で利用するにはSIMロック解除が必要です。...

ステップ2 MNP予約番号を取得する

現在の電話番号を楽天モバイルでも使用するならau・ソフトバンクからMNP予約番号の発行が必要です。発行したMNP予約番号を楽天モバイルの申し込み時に入力すれば、電話番号が引き継げます。

au・ソフトバンクからMNP予約番号を発行する方法は以下の通りです。

au

電話番号:0077-75470(受付時間 9:00~20:00)

ソフトバンク

電話番号:*5533(受付時間9:00〜20:00)

MNP予約番号を発行できたら、有効期限があるためすぐに楽天モバイルに申し込みましょう。なお、MNP予約番号を発行した時点では、解約扱いとならないため安心して下さい。

auからMNP
今すぐauからMNP予約番号を取得するための全手順auから今すぐMNPしたい! auからMNP転出するためには、MNP予約番号が必要です。この記事では、はじめてMNPする方に向けて...
ソフトバンクからMNP
即効でソフトバンクからMNP予約番号を発行する方法ソフトバンクのMNP予約番号はどうやって発行すればいいの・・・? ソフトバンクからMNPする場合に必ず必要となるのが、MNP予約番...

ステップ3 楽天モバイルに申し込む

MNP予約番号が発行できたら、楽天モバイルの公式サイトから申し込みを行いましょう。

公式サイトにアクセスしたら「お申込み」→「今すぐWebでお申込み」をタップ。お申し込みタイプの選択で「SIMのみ」を選びます。そして次のSIMタイプの選択は通話SIMを選びましょう。インターネット専用のデータSIMではMNPができません。

その後、「楽天モバイルの料金プラン」を選択。SIMサイズは「nano SIM」を選んで下さい。あとは手順通りに、本人確認書類のアップロード、支払い方法の選択をしていけば申し込みが完了します。

ステップ4 初期設定を行う

楽天モバイル申込み後、数日でSIMカードが到着します。到着を待つ間は、au・ソフトバンクの契約で通話、データ通信が可能です。

SIMカードが到着したら初期設定として以下の2つの作業を行います。

  • 回線切り替え(MNP転入)
  • APN設定

回線切り替え(MNP転入)は、楽天モバイル開通受付センターに連絡すれば完了です。あとは、楽天モバイル側で回線切り替えが行われるのを待つのみです。

■楽天モバイル開通受付センター:0800-805-1111

受付時間は24時間ですが、当日中に回線切り替えを完了したいなら21時までに連絡しましょう。21時を過ぎると翌日9時以降の切り替えとなります。回線切り替えが完了したら、au・ソフトバンクとの契約は自動で解除されます。

次に、APN設定ですがやり方はAPN構成プロファイルをiPhoneにインストールするだけです。APN構成プロファイルのインストール方法については、「楽天モバイルのAPN設定」の記事で詳しく解説しています。

3.楽天モバイルでiPhoneを使用する際のQ&A

3-1.楽天モバイルで使用できないiPhoneはある?

楽天モバイルで使用できるiPhoneは、公式サイトの動作確認済み端末のページから確認できます。

楽天モバイルで利用できるiPhoneは以下の通りです。

  • 利用可能:iPhone5s以降
  • 利用不可能:iPhone5以前

※SIMフリー版のみiPhone5の利用可

iPhone5s以降であれば、最新版iPhoneでも問題なく楽天モバイルで利用できます。iPhone5以前は端末の規格が楽天モバイルのSIMカードと合わないため利用不可となります。3G端末であるiPhone4以前は楽天モバイルに限らず、すべての格安SIMで利用不可です。

au・ソフトバンク版iPhoneは6s以降しか使用できない

au版iPhoneとソフトバンク版iPhoneはSIMロック解除をしなければ楽天モバイルと契約できません。そして、SIMロック解除できるiPhoneは規格上、iPhone6s以降からと決まっています。

そのため、iPhone6/6 Plus以前の機種は楽天モバイルで利用不可となります。iPhone6/6 Plus以前の機種をお持ちの方は、Apple StoreでSIMフリー版iPhoneを購入するか、次章で解説する楽天モバイルのiPhoneを購入しましょう。

3-2.iPhoneでテザリングは利用できる?

楽天モバイルではiPhoneで問題なくテザリングが使えます。au・ドコモ・ソフトバンク・SIMフリーすべてのiPhoneがテザリング対応です。ちなみに、楽天モバイルでテザリングできないケースは、ドコモ版Androidのみとなります。

楽天モバイルのテザリングですがオプション料金は無料。特別な手続きも不要です。テザリングの使い方は大手キャリアと同じ。「設定」→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」をタップすればテザリングが利用できます。USB・Wi-Fi・Bluetoothの中から好きな接続方法でテザリングを行いましょう。

3-3.故障時の補償はある?

手持ちのiPhoneで楽天モバイルに契約する場合でも故障時の補償オプションを付けることができます。格安SIMの補償オプションはほとんどがiPhone対象外なので、非常に珍しいです。手持ちのiPhoneに端末補償を付ける場合は、楽天モバイルの申込画面で「つながる端末保証 by 楽天モバイル」にチェックを入れましょう。

つながる端末保証

端末補償を付けることができるのは、新規契約時の1回のみです。

なお、補償内容は以下となります。

  • オプション料金:月額500円
  • 保証期間:自然故障のみ端末の発売日から36ヶ月以内
  • 保証対象外:バッテリー交換、盗難、紛失
  • 修理費用:無料(上限5万円まで)
  • 補償回数:1年に2回まで
  • 代替機の貸し出し:あり

オプション料金は月額500円なので1年で6000円、2年で12000円です。決して安くはありませんが、iPhoneは高額なので補償を付けておくのもありでしょう。普段から画面割れなどiPhoneを壊しやすい方は補償オプションの加入を検討してみましょう。

楽天モバイルの端末補償
楽天モバイルの端末保証(補償)とは?端末故障時の修理対応を調査楽天モバイルでは端末保証を利用できるの・・・? 端末が故障すると高額な修理費用がかかる場合があります。そんな時に頼りになるのが端末...

4.楽天モバイルでもiPhoneの購入が可能

楽天モバイルでは格安SIMでは珍しくiPhoneの販売を行っています。手持ちのiPhoneではなく、新しいiPhoneで契約したい方はこちらを参考にして下さい。

4-1.2種類のiPhoneが購入可能

楽天モバイルはiPhoneの販売を行う数少ない格安SIMです。執筆時点ではiPhoneSE(16GB/64GB)とiPhone6s Plus(64GB/128GB)が購入できます。執筆次点の端末代金はそれぞれ以下の通りです。

iPhoneSE

  • 16GB:41800円(キャンペーン12700円)
  • 64GB:46800円

iPhone6s Plus

  • 64GB:72800円
  • 128GB:79800円

支払いは分割払いも選択できます。なお、iPhoneSE、iPhone6s PlusともにApple Storeと同じSIMフリー版iPhoneとなります。

4-2.手持ちのiPhoneは買取りしてくれる

楽天モバイルには端末買取りサービスが利用できます。内容は手持ちのiPhoneを楽天スーパーポイントで買い取ってくれるため、不要な機種がある方は利用してみるといいでしょう。買取り額はiPhoneの状態によって変わるため実際に査定に出してみないと分かりません。

査定額は下がりますが、本体にヒビが入っている場合でも買取り対象となります。現金ではなく楽天スーパーポイント払いとなりますが、得たポイントをそのまま楽天モバイルの利用料金に充てることが可能です。そのため、実質現金払いに近い買取りサービスと言えるでしょう。

執筆時点では状態のいいiPhone7で26100ポイント、iPhone6sで18000ポイントとなっています。

4-3.楽天モバイルでiPhoneを購入しない方がいい?

楽天モバイルで購入できるiPhoneは以下の欠点があります。

  • 正規品ではない
  • 端末代金が高い

まず、楽天モバイルのiPhoneは完全な正規品ではありません。iPhoneSE、iPhone6s Plusともに海外販売モデルのメーカー整備品です。そのため、一部で仕様が異なる場合があります。

また、正規品ではないにも関わらず、値段がそこまで安くありません。iPhoneSE(16GB)はキャンペーンで安くなっていますが、その他は正規価格です。格安SIMでiPhoneを購入するなら、Y!mobileかUQモバイルがおすすめです。こちらの2社はSIMロックが付いている代わりに購入価格が安くなっています。

iPhoneをセット購入できる格安SIMについて詳しくは以下の記事も参考にして下さい。

iPhoneをセットで購入できるおすすめの格安SIM格安SIMはiPhoneでも利用できます。大手キャリアのiPhoneをそのまま使うこともできますし、別途SIMフリー版iPhoneを購入...

5.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、楽天モバイルでiPhoneを使う方法について詳しく解説してきました。ドコモユーザーの方はSIMロック解除なしでそのまま乗り換えできるため非常に楽です。au、ソフトバンクの方はSIMロック解除が必要となりますが、手続自体は数分で終わるため大きなデメリットではありません。

ただし、利用できるのはiPhone6s以降となることを覚えておきましょう。楽天モバイルに申し込む際は、SIMカードのみを選択して手順通り申し込むだけです。SIMカード到着後の初期設定も、同梱されているユーザーズガイドにやり方が丁寧に書かれていますよ。

楽天モバイルでiPhoneを使って、毎月の通信費用を節約してみてくださいね。

【楽天モバイル】楽天会員を手厚く歓迎
楽天モバイルのロゴ
  • 楽天ポイントが最大6倍に
  • デビットカード&口座振替OK
  • 端末代金が最大95%OFF
  • 格安スマホで1位の契約数
  • 最安クラスの月額料金

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい
楽天モバイルの支払い方法 楽天モバイル

楽天モバイルの支払い方法を特徴別にまとめ

2018.7.15
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
楽天モバイルの支払い方法は何が使えるのでしょうか。特にクレジットカード以外の決済手段が気になりますよね。この記事では、楽天モバイルで利用できる支払い方法をすべてまとめました。  …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。