格安スマホの乗り換え方法

格安SIMをお試ししてから後からMNPする方法

スマホ写真

格安SIMに乗り換えたいけど、ちゃんと動作するか不安・・・

格安SIMや格安スマホに興味はあるけれど、実際に乗り換えるとなると心配になりますよね。

特にMNPする場合は、手続きに手間がかかるので、できるだけ失敗したくありません。

この記事では、格安SIMの通話・通信品質を確認したあとに、後からMNPする方法をご紹介。後悔すること無く安全に格安SIM・格安スマホへ乗り換えることができますよ。

1.後からMNPとは?

後からMNPとは、

  1. 新規電話番号でMNPせずに格安スマホ会社と新規契約
  2. そのあと今まで使っていた電話番号で新たにMNP契約

をすることです。

1-1.後からMNPするメリット

後からMNPする最大のメリットは、本格的に格安スマホに乗り換える前に、格安SIMカードの通話・通信品質を確かめることができることです。

格安SIMに乗り換えたら、ネットが遅くなったり、通話が途切れやすくなったりする可能性があります。後からMNPの手法を使えば、既存の電話番号で格安SIMに乗り換える前に、格安スマホ会社の品質を確認できます。

2.後からMNPができる格安スマホ会社

2-1.mineoなら後からMNPが可能

キャリアから格安SIM乗り換え後に、後からMNPができる格安スマホ会社はmineoです。

新しい電話番号を発行して、通信品質を確かめてから、既存の電話番号で乗り換えるかどうかを決めることができます。

2-2.mineoは契約縛りがない

mineoの音声通話SIMプランは、大手の格安スマホ事業者の中では珍しく、年間契約の縛りがありません。

※音声通話SIMとは電話番号が付いたプランのこと。MNPする場合は必ず音声通話SIMで契約する

mineoを試してみて通信品質に問題なければ、そのまま後からMNPができます。逆に通信品質に納得できない場合は、違約金を払わずに解約することができます。

もちろん、mineoで発行した電話番号を解約しても、元々使っていた電話番号がなくなるわけではないので安心です。

※新規契約で取得した電話番号は無くなります

2-3.mineo以外は後からMNPができない

mineo以外の格安スマホ会社は、後からMNPの手法が使えません。

例えば、楽天モバイルの場合、音声通話SIMプランを契約して、新しい電話番号を発行。その後、今まで使っていた電話番号で楽天モバイルに乗り換えることはできません。

もちろん、新規契約した楽天モバイルを一度解約してから、今まで使っていた電話番号で再度楽天モバイルと契約することはできます。

ただし、音声通話SIMプランの場合は、最低利用期間内に解約すると、9,800円の契約解除料がかかります。例として楽天モバイルを挙げましたが、mineo以外の格安スマホ会社はすべて同じパターンで後からMNPができません。

3.mineoで後からMNPする流れ

mineoを使って後からMNPするには、以下手順が必要です。

  1. 音声通話SIMで新規契約する
  2. MNP転出手続きをする
  3. SIMカードの交換手続きをする
  4. MNP転入手続きをする

それでは、各項目について詳しく見ていきましょう。

3-1.音声通話SIMで新規契約する

mineoで後からMNPを利用する場合は、音声通話SIM(デュアルタイプ)で契約します。音声通話SIM(デュアルタイプ)で契約すると、新しい電話番号をもらうことができます。

mineoの申し込み

音声通話機能が無いデータ通信専用SIM(シングルタイプ)では、後からMNPすることができないので注意しましょう。また、現在使用している電話番号でMNP契約しないようにしましょう。

契約後は通話・通信品質を確認しよう

mineoを音声通話SIM(デュアルタイプ)で契約したら、現在使用している電話番号とは別に新しい電話番号が発行されます。実際に使用感を確かめてみましょう。

また、通話だけでなく通信品質もチェックしてみましょう。普段、頻繁にネットを開く時間帯に、通信スピードを体感してみるといいでしょう。

3-2.MNP転出手続きをする

MNP転出手続きとは、新規発行した電話番号ではなく、現在キャリアなどで使用している電話番号の方でmineoに乗り換えるために必要な手続きです。

mineoの通話・通信品質に問題なければ、以下の手順に従ってMNP転出手続きをしましょう。

MNP予約番号を取得

現在契約している通信事業者(au、ドコモ、ソフトバンクなど)からMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号は、

  • 電話
  • ショップ

から取得することができます。

MNP予約番号の詳しい取得方法は以下の記事を参考にして下さい。

MNP予約番号の有効期限に注意

MNP予約番号は発行した日から有効期限が15日以内と定められています。しかし、mineoにMNPする際は、有効期限が10日以上残っていなければ申し込みできません。

MNP予約番号を発行したら、必ず5日以内にmineoへ申し込み手続きを行いましょう。

3-3.SIMカードの交換手続きをする

MNP予約番号を取得したらmineoの公式サイトからSIMカード交換手続きを行います。

現在、お試しで使っているmineoの格安SIMカードをそのまま使用することはできません。後からMNPする場合は、必ず新しい格安SIMカードが必要です。

※SIMカードの交換費用として2,160円(税込)の手数料がかかります

ここまで手続きができれば、新しい格安SIMカードが発送されます。

3-4.MNP転入手続きをする

新しい格安SIMカードが届いたら、MNP転入手続きを行います。

MNP転入手続きの方法は、以下の手順で行います。

(1)mineoの公式サイトから「マイページ」にログイン

(2)「MNP転入切替/回線切替手続き」をタップ

ここでICCIDを入力してくださいという画面が出てきます

(3)SIMカード台紙の裏に記載されているICCIDコードを入力

iccidコードの入力

登録したメールアドレス宛に「回線切替受付メール」が送られてきます。約30分〜1時間程度でMNP転入手続きが完了します。

分からなければサポートセンターに問い合わせよう

MNPの転入・転出手続きについて分からないことがあれば、mineoのサポートセンターに問合せましょう。

管理人も格安SIMカードの交換手続きで電話問い合わせをしたことがありますが、非常に丁寧にやり方を教えてくれました。

■mineoサポートダイヤル(AM9:00〜PM 21:00)

  • 固定電話/携帯電話/ PHSから
    0120-977-384(通話料無料)
  • La La Call/他社IP電話から
    0570-7102-8890

電話以外でもチャットやメールでも問い合わせ可能です。

4.後からMNPでかかる費用

3大キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)からmineoに後からMNPした場合、以下の費用がかかります。

■キャリアでかかる費用

  • MNP転出手数料 ドコモ・au 2160円/ソフトバンク 3240円
  • 違約金(更新月以外に解約した場合) ドコモ、au、ソフトバンク 9,500円

■mineoでかかる費用

  • 新規契約事務手数料 3240円
  • SIMカード交換手数料 2160円

■契約手数料は無料にできる

mineoでは新規契約事務手数料を無料にする裏ワザがあります。やり方は、Amazonなどで販売されているmineoのエントリーパッケージを購入するだけです。

mineoエントリーパッケージ

mineoエントリーパッケージ

エントリーパッケージは1,000円程度かかりますが、契約事務手数料は無料にできます。実質2,000円以上コストを浮かせることが可能です。

5.まとめ

いかがでしたか?

後からMNPする方法はつかめましたか?

mineoは申し込み手続きの流れがシンプルで分かりやすいので、後からMNPするときも非常に簡単です。

少し難しそう・・・と思われたかもしれませんが、実際にやってみるとスムーズにできますよ。分からないことがでてきたら、mineoのサポートも活用してみましょう。

2018年7月の注目キャンペーン
  • LINEモバイル:スマホ代 月300円キャンペーン(8/31まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(7/31まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

 

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。