楽天アンリミット5Gが1年無料(300万人)

【落とし穴あり?】ギガホのデメリットやおすすめな人を解説

ギガホのデメリットとは?

この記事のポイント

  • ギガホとは定額制(30GB)の大容量プラン
  • ギガホは使い切れないデータ容量を繰り越しできない
  • 毎月7GB以上データ消費するならギガライトよりお得

「ギガホが良さそうだけど、プラン内容に落とし穴はないの・・?」

今まで、ドコモの料金プランはかなり複雑でした。ドコモショップの店員さえも、完全に理解できていない始末。

その理由は、基本プランに加えてパケットパック(データ容量)やオプションを組み合わせていくシステムだったからです。

しかしギガプラン(ギガホ・ギガライト)が登場してから、一気にプラン内容はシンプルに。特に、ギガホは30GBの大容量が定額で使えるため注目度が高いです。

そこで気になるのがギガホのデメリット。致命的な落とし穴はないのでしょうか。

この記事では、ギガホのプラン内容を解説したうえでデメリットやおすすめな人をまとめていきます。

TOPIC
本記事ではギガホ=ギガホ2(2019年10月1日以降)として記事を作成しています

ギガホの申し込み・機種変更はドコモオンラインショップで

 

オンラインショップ限定

  • 頭金0円
  • 事務手数料無料0円
  • 送料0円(2700円以上)
  • 待ち時間なし

CHECK!

ドコモオンラインショップはこちら

dポイントが最大限に貯まるdカードGOLD

 

dカードGOLDを使用することで、ドコモユーザーは毎月10%のポイント還元あり。年会費1万円の元を取った上で、dポイントがザクザク貯まります。

 

会員数は1200万人超え(dカードが600万人、dカードGOLDが600万)。審査は最短5分で完了します。

 

ポイントバックキャンペーン中▼

 

年会費無料のdカード(10%還元なし)はこちら

1.ギガホとは?

ギガホについて教えてください

定額制で使える大容量プランよ

大容量向けの定額制プラン

ギガホは30GBまで使えるシンプルな定量制プランです。

ギガホの料金

月額料金 データ容量 解約金
2年契約あり 6980円 30GB 1000円
2年契約なし 7150円 0円

※ギガホ2(2019年10月以降)のプラン内容

TOPIC
ギガホ割で1000円割引(最大6ヶ月)。さらに現在は、キャンペーンで最大60GBまで使える

2年契約あり/なしによって料金が変わります。解約金は1000円なので、7か月以上利用するなら2年契約ありの方がお得です。

MEMO
2年契約ありだと月額170円安くなる。7か月目で2年契約なしと比べて1190円の差が付くので、解約金の元が取れる。

最低1Mbps保証の実質使い放題

あまりクローズアップされていませんが、地味に凄い特典としてギガホは最低速度1Mbpsの保証が付いています。通信制限(速度制限)にかかっても1Mbpsが維持されます。

1Mbpsあれば、SNSはもちろんWEBサイト閲覧も可能に。普通画質なら動画も再生できます。

つまり、ギガホは実質的な使い放題です。

MEMO
ギガライトは速度制限にかかると128kbpsまで低下する

ギガホとギガライトの違い

ギガホの兄弟プランであるギガライト。両者の違いは以下の通りです。

ギガホ・ギガライトの料金比較

ギガホ ギガライト
1GBまで 2980円
1~3GB 3980円
3~5GB 4980円
5~7GB 5980円
30GB 6980円

※上記は2年契約(解約金1000円)の金額。2年契約なしなら+170円上乗せされる。

POINT

料金以外だと、通信制限後の速度が違う

  • ギガホ → 1Mbps
  • ギガライト → 125kbps

ご覧の通り、データ消費量が7GB以下ならギガライトの方が安くなります。逆に、7GBを超えれば30GBまで定額なので圧倒的にギガホがお得です。

料金以外だと、通信制限後の速度に違いあり。ギガホは通信制限後でも、動画を再生できる1Mbpsの速度が出ます。

ギガライトのデメリットとは?【落とし穴あり?】ギガライトのデメリットやおすすめな人を解説

ギガホとギガホ2の違い

今からギガホに申し込む方はギガホ2と表記されます。前ギガホとの違いは以下の通りです。

ギガホとギガホ2の違い

ギガホ ギガホ2
提供期間 2019年9月30日以前 2019年10月1日以降
データ容量 30GB
料金
(2年契約あり)
6980円 6980円
料金
(2年契約なし)
8480円 7150円
解約金 9500円 1000円

現在申し込めるギガホ2はプラン内容が改善されました。大きな違いは解約金です。

以前の解約金は9500円と高額でしたが、ギガホ2では1000円まで引き下げられました。

TOPIC
本項以外ではギガホ=ギガホ2(2019年10月1日以降)として解説していきます

dポイントを最大限に貯めるならd払い▼

2.【落とし穴あり?】ギガホのデメリット

何か落とし穴はありませんか?

落とし穴というほど致命的じゃないけど、いくつかデメリットがあるの。しっかりと確認してちょうだい。

データ容量を使い切れない場合でも翌月繰り越しなし

ギガホにはデータ繰り越しがありません。データ繰り越しとは、今月使いきれなかったデータ容量を翌月に持ち越す仕組みのこと。

ギガライトは従量制プランなので繰り越しなしでも問題ではありませんが、手痛いのがギガホです。

せっかく30GBまで定額なのに、今月10GBしか使い切れなかったからといって、翌月に余った20GBを持ち越せません。

せめて半分でも繰り越しできればいいのに・・。もったいなくて、損した気分になってしまいます。

対応策】テザリングを使えば無駄なくデータ容量を使い切れる

データ繰り越しの無いギガホですが、テザリングを使えば無駄なくデータ容量を使い切れます。

ドコモはテザリングのオプション料金が無料。いつでも、スマホをルーター化して、ゲーム機やパソコンにネット接続できますよ。

MEMO
Wi-Fiテザリング・Bluetoothテザリング・USBテザリングの3種類が使える
ギガホでテザリング【上限なし】ギガホ・5Gギガホはテザリングを無制限に使える

端末代金の割引がない

こちらは、2019の10月から始まった分離プラン(回線料金と端末代金を分ける)の弊害です。

今までは、キツイ契約縛りを条件に端末代金が安くなる月々サポートを利用できました。しかし、ギガホから月々サポートは終了。

実際、公式サイトの料金シミュレーションでも、端末代金が定価で掲示されています。

ドコモの端末価格

端末が定価料金

なお、auとソフトバンクも分離プランの影響で端末代金の割引は無くなっています。

TOPIC
最新iPhoneなら、2年後に端末を返すことを条件に割引を適用できる

2年縛りは実質継続

悪しき2年縛り(2年契約)はギガホに変わっても継続されています。

自動更新なのも辛いところ。契約更新月(2年後に訪れる2ヶ月の更新期間)以外の解約は、解約金が発生します。

MEMO
2年縛りなしのプランも選べる(プラン価格+170円)

解約金は1000円に引き下げられたので、ほぼデメリットではなくなった

2019年10月からの料金改定により、解約金は9800円から1000円に引き下げられました。

7か月以上契約するなら、あえて2年縛りにした方が縛りなしプランより割安です(2年縛りありは170円安いので7か月目で解約金1000円の元が取れる)。

そのため、2年縛りのデメリットについては、現在は気にしなくて大丈夫です。

ドコモのお得な申込み窓口

3.ギガホは豪華キャンペーン・割引を適用できる

なにか利用できるキャンペーンはありますか?

たくさんあるわよ

ギガプラン(ギガライト・ギガホ)の登場に伴い、今までの料金プランは提供終了となりました。

主な旧プラン
カケホーダイ&パケあえる・シンプルプラン・カケホーダイプラン・カケホーダイライトプラン・ベーシックシェアパック・ウルトラシェアパック

現在、キャンペーン・割引の適用はギガプラン(ギガライト・ギガホ)に集中しています。

デメリットを補って余りある、豪華内容です。

Amazonプライム1年無料

ギガホに契約すると、Amazonプライムが1年無料に。

Amazonプライムの年会費
4900円 → 0円

割引の適用は、ギガホ申込み後にエントリーサイトにて申請できます。すでにAmazonプライム会員の方でも、適用OKです(会員資格が1年延長される)。

dカードお支払割

支払い方法をdカードdカードGOLDに設定すると、毎月170円が割引されます。

dカードお支払割
170円

dカードGOLDは年会費が1万円かかりますが、ドコモの利用料金(ドコモ光含む)の10%が還元されます。

dカードは年会費無料ですが、10%還元はありません。

dカードお支払割は永年割引なので利用したいところ。まだdカード・dカードGOLDを持っていない方は申し込んでおきましょう。

公式サイト

みんなドコモ割

みんなドコモ割はいわゆる家族割だと思ってOKです。ファミリーグループは家族を含む3親等以内でグループを組めます。

旧プランやキッズケータイプランでは受けられない特典です。

みんなドコモ割
  • 割引額:最大1000円
  • 対象者:ファミリーグループ内で2回線目以降を契約

このグループ内で音声通話回線が2回線以上あれば、割引を受けられます。

2回線なら500円、3回線以上なら1000円の割引です。

ドコモ光セット割

こちらは、ドコモ光を契約している人を対象とした、光回線とスマホのセット割です。

ドコモ光セット割
  • 割引額:最大1000円
  • 対象者:ドコモ光に契約

ギガホなら1000円割引。ギガライトは5GB以上が1000円割引で3~5GBは500円割引です。

3GB以下のギガライトは割引が無いので注意して下さい。

割引額

  • ギガホ:1000円
  • ギガライト(5GB以上):1000円
  • ギガライト(3~5GB):500円

ずっとドコモ特典

ずっとドコモ特典は誕生月にdポイントが貰えます。長期契約なら、獲得ポイントが多くなります。

ずっとドコモ特典
  • 特典内容:最大3000ポイント
  • 対象者:全員

ステージ別の獲得ポイント

ステージ 獲得ポイント
1st 500
2nd 1000
3rd 1500
4th 2000
プラチナ 3000

各ステージの達成条件

ステージ別の達成条件

2ndステージ以降は、ドコモ継続利用・dポイント獲得のどちらかの条件を満たせばOKです。

はじめてスマホ割

はじめてスマホ割は、ガラケーからスマホに変える人向けの特典です。

はじめてスマホ割
  • 割引額: 1000円×12ヶ月
  • 対象者:ガラケーからスマホに変えた人

ガラケー向けのケータイプランの方が、ギガホにプラン変更すれば適用されます。割引額は1000円、割引期間は12ヶ月です。

4.ギガホがおすすめな人・おすすめでない人

結局、ギガホは契約すべきですか?

おすすめな人をまとめたから、確認してちょうだい。

ギガホがおすすめな人・おすすめでない人は以下の通りです。

おすすめな人

  • 動画やゲームを毎日楽しみたい
  • 自宅にネット環境が無い
  • テザリングを無制限で使いたい
  • 毎月7GB以上消費する

 

おすすめでない人

  • SNSやLINEが中心
  • Wi-Fi環境が充実している
  • 毎月7GB以内に収まる

ギガホはポケットWi-Fiや固定回線を持っていないけど、大容量のデータ通信を楽しみたい方に向いています。テザリングを使えばデータ使い放題のルーター化にすることも可。

あまり大容量を使わない人でも、毎月7GB以上消費するならギガホを選びましょう。逆に、7GBで収まるならギガライトの方が安いです。

5.申込み(機種変更)はドコモオンラインショップがお得

プラン内容に納得できたら、あとは契約するだけですね。

契約だけど、ドコモショップは損するわよ。機種変更でも、店舗は使わないほうがいいわ。

ドコモの契約はドコモショップで・・と誰しも考えるわけですが、実はかなりの損をしています。

実は、ドコモショップで契約すると、頭金や事務手数料の名目で5000円から10000円が請求されます。

この請求は端末代金などに当てられるのではなく、ショップの売上として計上されます。つまり、払わなくていいはずのお金を取られてしまうわけです。

店舗運営は人件費や家賃がかかるからでしょう。私達ユーザーにとってみれば、関係ない話なのですが・・。

一方、ドコモオンラインショップなら、不要な手数料はなし。公式サイトにも明記されています。

ドコモオンラインショップの手数料

ドコモ公式サイトにて

契約方法は、画面の指示に沿ってギガホを選ぶだけ。新規契約・MNP・機種変更の全てに対応しています。

もちろん、端末(新型iPhone含む)も購入できますよ。

CHECK!

ドコモオンラインショップへ

6.まとめ

7GBを超えると30GBまで定額のギガホ。大容量データを消費する動画・ゲームユーザーには売らしいプランです。

ただし、使いきれないデータ容量を繰り越しできないなどデメリットがあるため注意。とは言え、落とし穴と言えるほど致命的ではありません。

最低1Mbpsが保証されているので、テザリングを無制限で使いたい人にもおすすめです。

ギガホでテザリング【上限なし】ギガホ・5Gギガホはテザリングを無制限に使える 5Gギガホ・ギガライトとは?【ギガホ割あり】5Gギガホ・ギガライトとは?おすすめな人が丸わかり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。