dカードとは?メリット・デメリットから分かるおすすめな人

dカードのサムネイル

ドコモが発行するdカードは、知らない人がいないほどの知名度を誇ります。

街なかで見かけるdポイントが貯まるクレジットカードとして、その人気はとどまるところを知りません。

ただ、どんなカードにもデメリットはあり。もちろん、dカードも例外ではありません。

この記事では、dカードについて徹底解説。メリット・デメリットはもちろん、どんな人におすすめできるのか、あるいはおすすめできないのかについても言及していきます。

dカードの全体像がぱっとわかるので、ぜひ参考にしてくださいね。

CHECK!

1.はじめに:dカードとは?

dカードって、どんな特徴がありますか?

年会費無料でdポイントがたくさん貯まるのが一番の特徴ね。発行数も桁違いに多いカードよ。

dカードはドコモが発行するクレジットカードです。

ドコモユーザーでなくても発行OK。dアカウントを利用して、獲得したdポイントを管理します。

dカードの最大の特徴は、dポイントを効率よく貯められること。

詳しくは後述しますが、ローソンでは最大5%の還元あり。最低でも1%以上のポイントが貯まります。

ドコモネットワークの広さは想像以上で、コンビニ以外にもAmazonや楽天市場でもポイント優遇あり。年会費無料で、有利なポイ活を実現できます。

ドコモユーザーなら、ポイント以外にも割引や端末保障などの特典を受け取れます。不正利用に対する取り組みも業界最高クラスで、いまのところ大きな問題を起こしたことはありません。

基本情報

カード名称 dカード
年会費 0円
国際ブランド VISA・Mastercard
支払い方法 一括・分割・リボ払い・ボーナス払い
ポイント還元率 1%~
(dポイント)
利用限度額 審査による
金利
(実質年率)
リボ払い:15.0%
キャッシング:15.0%
締日 15日
支払日 翌月10日
家族カード 無料
ETCカード 無料※
申し込み資格 18歳以上
(高校生不可)
海外旅行保険 なし
電子マネー iD
nanaco 非対応
発行会社 株式会社ドコモ

※2年目以降は1回の利用で無料

CHECK!

dカードの公式サイトへ

2.dカードのメリット9つ

dカードのメリットについて教えて下さい。

dカード特約店やdポイントUPモールの優待が大きいわね。ドコモユーザー限定の特典もあるわよ。

①年会費が無料

まず、dカードは年会費無料で発行できるのが大きなメリット。年間◯円以上使ったら無料・・といった条件も付きません。

なお、dカード ETCカードは初年度無料で2年目以降は1度でも請求があれば無料となります。

②ローソンで5%のdポイントが貯まる

dカードはローソンと相性がいいです。ローソンの買い物にdカードの利用&掲示で5%も還元されます。

5%還元

  • dカード決済:3%割引・1%還元
  • dカードかdポイントカードの掲示:1%還元
MEMO
書籍類(雑誌含む)、電子マネーチャージ、タバコなどは3%割引対象外

5%還元といえば期間限定かと思いますが、いまのところ常に利用できるキャンペーンとなっています。

ちなみに、ローソンストア100も5%対象。お近くに、ローソンがある方は、勢いよくdポイントが貯まります。

③お買物あんしん保険が付いている

dカードには、お買物あんしん保険が無料で付帯します。

お買物あんしん保険
dカードで買い物した商品を90日間補償(国内・海外問わず)

自己負担額は3000円かかるものの、年間100万までの補償が付くのは大きいです。

家具など、保証書の無い製品には安心。偶発的な事故であれば申請できます。

④iDがチャージ不要で使える

dカードは、電子マネーのiD機能が搭載されています。

iDマークのあるお店では専用端末にかざすだけで決済完了。おサイフケータイ非対応のスマホでもiD決済できるのは便利です。

また、dカードとiDが一体となっているため、事前のチャージは不要。iD利用額は、dカードから自動引落されます。

MEMO
Apple Payも対応(dカードアプリで設定)

なお、iD決済の場合でも、きちんとdポイントが付与されるのでご安心を。

⑤dカードポイントUPモールが使える(Amazon・楽天対応)

普段は、ネットショッピングばかりだから、あんまりdポイントが貯められないかも・・といった方に朗報。

dカードポイントUPモールを経由するだけで、ネット通販でもdポイントを貯められます。

dカードポイントUPモール
dカードユーザー限定の優待サイト

ポイント還元は1.5倍から最大10.5倍に。クーポンの利用もOKです。

dカードポイントUPモール加盟店(一部)

  • Amazon:1.5倍
  • 楽天市場:1.5倍
  • Yahoo!ショッピング:1.5倍
  • さとふる:2倍

一番人気は何と言ってもAmazonです。ファッションカテゴリーなら、ポイント5倍に跳ね上がります。

Amazonでポイントが貯まるクレジットカードはレアなので、上手く活用したいところです。

外部参照:dカードポイントUPモールの加盟店

⑥dカード特約店は最大4%のポイント還元

dカードを使えば、dポイントが面白いほど貯まっていきます。

POINT
貯めたdポイントは1ポイント=1円で利用できる

通常支払いでも高還元率の1%付与。加えて、dカード特約店なら+0.5%〜4%も還元されます。

dカード特約店(一部)

  • 丸善ジュンク堂書店:1.5%
  • 紀伊國屋書店:2%
  • 高島屋:2%
  • マツモトキヨシ:3%
  • スターバックス:4%
  • ドトール:4%
  • サカイ引越センター:4%
  • ビッグエコー:3%
MEMO
ローソンとノジマは、ポイント付与ではなく口座引落時に3%の割引適用

dカード特約店は有名店がずらりと並んでいるので、多くの機会で利用できます。

外部参照:dカード特約店一覧

dポイント加盟店なら、さらに1%追加

さらに、dポイント加盟店なら、dカードの掲示で1%のポイント付与。レジでdカード払いする前に、dポイントカードを見せましょう。

POINT
dポイントカードはdカードアプリ内で表示できる(dカードと別に発行する必要なし)

dポイント加盟店(一部)

  • ファミリーマート
  • ローソン/ローソンストア100
  • マクドナルド
  • すき家
  • ディズニーストア
  • PLAZA

ファミリーマートやローソンなどコンビニでも対応しているので、積極的に活用していきましょう。

外部参照:dポイント加盟店一覧

⑦d払いと併用すればポイント2重取り

dカードは同じドコモグループのd払いとの相性が抜群です。

MEMO
d払いは、スマホ決済サービス(アプリ内でdポイントカードの掲示もできる)

dカードをd払いの支払い方法に設定すれば、ポイントを2重取りが可能に。

ポイント2重取り(合計1.5%)
  • dカードGOLD:1%
  • d払い:0.5%

dカードのみ支払いと比べて、d払いを間に挟むだけでプラス0.5%の付与。しかも、d払いはスマホ決済なので、クレジットカード払いよりもスマートです。

先ほど解説したdポイント加盟店なら、さらに追加でポイントが貰えます。つまり、1回の決済でポイント3重取りができる計算に・・。

POINT
dカード特約店の場合は、dカード払いにした方がお得。通常のお店ではd払い、dカード特約店ではdカード払いと使い分けるといい。
d払いd払いとは?メリット・デメリットから評判まで完全考察

⑧最大10万円までのケータイ補償あり(ドコモユーザー限定)

dカードには、購入1年以内の携帯電話に対して最大10万円までのケータイ補償が付いています。家族会員も適用OKです。

注意
au・ソフトバンクユーザーは対象外

10万円の補償金額なら新型iPhoneでもカバーできる金額です。

補償対象

  • 紛失
  • 盗難
  • 全損(水没など)

注目は、メーカー保証では対応してくれない紛失・盗難も補償してくれること。海外旅行で、スリの多い地域へ渡航する際などに心強い補償です。

MEMO
魅力的なケータイ補償ですが注意点もあり。詳しくは次章にて。

⑨dカードお支払割が利用できる(ドコモユーザー限定)

ドコモユーザーの方は、毎月のお支払いにdカードを指定することでdカードお支払割を適用できます。

dカードお支払割
毎月170円割引

注意点として、dカードお支払割は対象プランが「ギガホ・ギガライト」かケータイプランに限られます。

対象プランであれば、支払い方法をdカードに設定した時点で割引適用。面倒な申し込みは不要です。

CHECK!

dカードの公式サイトへ

3.dカードのデメリット3つ

逆にデメリットはありますか?

海外旅行保険が無いのは大きなデメリットね。あと、ケータイ保障の内容もイマイチ。

①海外旅行保険が付帯しない

dカードの大きなデメリットとなっているのが海外旅行保険です。dカードには一切、海外旅行保険が付きません。

そのため、万一海外で病気になったり事故を起こしたりした場合は、高額請求のリスクが付きまといます。

海外旅行保険を付けたいなら、ワンランク上のdカードGOLDに契約しなければなりません。楽天カード」など、年会費無料でも海外旅行保険が付帯するカードもあるので残念ですね。

②ケータイ補償の対象が紛失・盗難・全損のみ

メリットで挙げたケータイ補償ですが、補償範囲が狭いのが難点です。

メーカー保証では対応しきれない紛失・盗難を補償してくれるのはいいのですが、故障に関しては全損のみしか適用されない点は厳しいです。

スマホの故障は、ほとんどが全損ではなく画面割れや部品の不具合となります。ここを補償してくれないのは辛いところ。

また、補償期間が1年というのも短いです。すべてのスマホには、どのみち1年間のメーカー保証が付くので、その後の補償を充実して欲しかったですね。

MEMO
dカードGOLDは補償期間が3年

AppleCareや端末補償オプションの代わりになる・・とは言い難いので注意しましょう。

TOPIC
しっかりとした補償を付けたいなら「モバイル保険」がおすすめ。同じ10万円補償で毎年適用&故障対応がある。

③ドコモ支払いのポイント付与に優遇なし

dカードならドコモの支払いに対して10%還元される・・?と考えている方が多いのですが、これは残念ながらdカードGOLDのお話。dカードはドコモ支払いに対する優遇が何もありません。

ドコモ支払いのポイント還元
  • dカード:1%
  • dカードGOLD:10%

その差はなんと10倍。せめてdカードでも3%くらい還元してほしいところです。

ドコモユーザーにとっては、dカードはポイントの大きな取り逃しとなってしまいます。

CHECK!

dカードの公式サイトへ

4.補足:dカードとdカードGOLDの違い

ちょくちょく出てくるdカードGOLDですが、dカードと何が違うんですか?

大きな違いを表にまとめたから、確認してちょうだい。

dカードの上位版として用意されているdカードGOLD。両者の違いを簡単にまとめてみました。

dカードとdカードGOLDの違い

dカード dカードGOLD
年会費 0円 10000円
ポイント付与
(ドコモ支払い)
1% 10%
海外旅行保険 なし 最大1億円
空港ラウンジ利用 なし あり
(無料)
ケータイ保障 1年 3年

まず、両者の大きな違いは年会費です。

dカードが無料なのに対して、dカードGOLDは10000円かかります。そのかわり、dカードGOLDはサービス内容が充実。

ドコモ支払いに対してはポイント付与が10%(ドコモ光の支払いも対象)。基本のポイント還元率は1%で両者とも変わりませんが、ドコモ支払いの還元率は10倍も差があります。

また、海外旅行保険の付帯や空港ラウンジ利用の無料特典も付きます。旅行が好き、あるいは出張が多い方には心強いです。

  • 年会費無料でとりあえずdポイントを貯めたい → dカード向き
  • ドコモユーザー限定の10%還元特典を得たい、あるいは海外旅行保険を付けたい → dカードGOLD向き
dカードgold【2020年】dカードGOLDのすべて!メリット・デメリットが丸わかり

5.dカードがおすすめな人・おすすめでない人

結局、dカードは作成すべきですか?

おすすめできる人とできない人にまとめたからチェックしてね。

dカードがおすすめな人、おすすめでない人は以下の通りです。

おすすめな人

  • dポイントを効率よく貯めたい
  • ネットショッピングでもポイントを貯めたい
  • 年会費無料にこだわる
  • iD決済をよく使う

おすすめでない人

  • ドコモ支払いの優遇を受けたい
  • 海外旅行保険を重視する

まず、dカードは年会費無料でdポイントを効率よく貯められるのが最大のメリット。dポイントユーザーなら迷わず作成したいカードです。

ただ、ドコモユーザーの方は年会費を払ってでもdカードGOLDの方がお得なので慎重に見極めたいところです(あとでアップグレードするのもよし)。

dカードはAmazonや楽天市場でもdポイントが貯まるので、ネットショッピングを多用する方にもおすすめできます。

CHECK!

dカードの公式サイトへ

6.【まとめ】年会費無料でdポイントを貯めまくろう

この記事では、dカードについて詳しく解説してきました。

年会費無料ながら、1%の高還元率を実現するdカード。さらに、dカード特約店やdポイントUPモールでの優待も受け取れます。

海外旅行保険や空港ラウンジ利用の特典が付きませんが、あまり旅行しない人なら気になりません。

普段の支払いをdカードに変えるだけで一気にポイントが貯まるのは快感。 dポイントカードやd払いとも組み合わせてポイント多重取りも挑戦してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。