Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)のAndroid One X4を完全レビュー

android one x4

Android One X4はどんなスマホなのか気になる・・・

Googleが提供するシンプルで使いやすいAndroid Oneシリーズ。中でもX4は抜群の人気を誇ります。この記事では、Android One X4のメリット・デメリットをレビュー。また、スペックの解説やY!mobileで契約した際の月額料金シミュレーションも行っていますよ。ぜひ、参考にして下さいね。

1.Y!mobile(ワイモバイル)販売のAndroid One X4をレビュー

まずは、Android One X4とは、どんな端末なのか詳しくレビューしていきます。

1-1.Android One X4のメリット

Android One X4には、以下のメリットがあります。

  • 最新OS搭載でGoogleが使いやすい
  • 5.5インチのIGZOディスプレイで見やすい
  • インカメラも含めてカメラ性能が高い
  • シャープの省エネ技術でバッテリーが3日持つ
  • アプリを同時起動してもサクサク動く
  • 防水対応でお風呂でも使える
  • 丸みを帯びたデザインが可愛らしい
  • 保存容量を400GB以上に拡張できる
  • ワンセグ・おサイフケータイに対応

(1)最新OS搭載でGoogleが使いやすい

X4に限らず、Android Oneシリーズは、すべての機種で最新のAndroid OSを使うことができます。Googleフォト、Googleマップ、Googleアシスタント、Google Payなどの便利機能を最新バージョンで楽しむことができますよ。

(2)5.5インチのIGZOディスプレイで見やすい

液晶技術に優れたシャープ製らしく、ディスプレイの美しさは他のスマホと比較にならないレベルです。大画面の5.5インチで、フルHDの画質を楽しめます。発色がいいため、動画コンテンツも鮮やかですよ。また、ハイレゾ対応なので映像だけでなく音質もいいです。

(3)インカメラも含めてカメラ性能が高い

1640万画素のアウトカメラと800画素のインカメラを備えるAndroid One X4。特にインカメラはセルフィーフラッシュで暗い場所でも綺麗に撮影できます。SNS映えを重視するなら心強い機種ですよ。GIFアニメ(ミニ動画)も簡単に作成できます。

(4)シャープの省エネ技術でバッテリーが3日持つ

3100mAhの大容量バッテリーに加えてシャープ独自の省エネ技術で、最大3日間もバッテリーが持ちます。すぐに電池切れするヘビーユーザーの方でも1日充電せずに過ごせますよ。

(5)アプリを同時起動してもサクサク動く

高性能なCPUと3GBのメモリを備えるAndroid One X4は、アプリを複数起動してもサクサク動きます。処理の重たい3Dゲームも反応がよく、イライラする遅延もありません。指紋認証に対応しているので、スリープ状態からの端末起動も早いです。

(6)防水対応でお風呂でも使える

Android One X4は、防水・防塵対応です。防水だけどお風呂(お湯)非対応の機種は多いのですが、X4はお風呂でも完全対応しています。濡れた手で操作することも可能です。

(7)丸みを帯びたデザインが可愛らしい

角が丸いAndroid One X4は優しい印象を与えます。ピンクカラーも用意されているので女性には嬉しいでしょう。角が痛くないのも丸いフォルムのメリットです。

(8)保存容量を400GB以上に拡張できる

本体だけで32GBの保存容量ですが、micro SDを使えば+400GBまで拡張できます。パソコン並みの保存容量です。画像・動画をたくさん撮る方も容量不足で悩むことはなくなります。

(9)ワンセグ・おサイフケータイに対応

Android One X4は日本製独自のワンセグ/フルセグとおサイフケータイに対応しています。ワンセグは外出先でのテレビ視聴、おサイフケータイは電子マネーの支払いができます。普段使ったことが無い方でも、以外に便利な機能なので試してみるといいですよ。なお、海外製のSIMフリースマホにワンセグ・おサイフケータイの機能はありません。

1-2.Android One X4のデメリット(注意点)

Android One X4には、メリットだけでなく以下のデメリットもあります。

  • 充電器が同梱されていない
  • ハイスペックゆえに端末価格が高い
  • メモリが最高クラスではない
  • Y!mobile以外で購入できない

(1)充電器が同梱されていない

残念ながら、Android One X4は充電器(ACアダプタ)が同梱されていません。別売りで購入する必要があります。ただ、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)で使っていたUSB Type-Cの充電器を使い回すことは可能です。100円均一などでも売られています。

(2)スペックが高いゆえに端末価格が高い

Android Oneシリーズで最高レベルのスペックを持つX4。ただし、そのスペックと引き換えに端末価格がやや高いです。電話番号を維持するMNP乗り換えなら3万円台ですが、新規契約なら4万円台となります。新型iPhoneと比べると半値以下ですが、2万円台のコスパを期待していた方にとっては高く感じるでしょう。

(3)Y!mobile以外で購入できない

Android OneはY!mobileの独占販売となっています。そのため、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)や他の格安SIM会社で購入することはできません。なお、Y!mobileから他社に乗り換える(MNP転出)際は、SIMカードを入れ替えてAndroid One X4を使用できます。

1-3.ケース・カバーの充実度

執筆時点では発売間もないAndroid One X4ですが、ケース・カバーの充実度はまったく問題なさそうです。ネット通販大手のAmazonで検索しても、様々なケース・カバーが見つかります。人気の手帳型ケースも充実していますよ。保護フィルム(強化ガラス)も600~800円で販売されています。Amazon以外に家電量販店でもケース・カバーを購入可能です。

なお、5.5インチのAndroid One X4は、同じシャープ製であるAQUOS sense plus SH-M07のケース・カバーをそのまま使用できる場合が多いです。

1-4.カラーバリエーションは3種類

Android One X4のカラーバリエーションは、

  • オーシャンブルー
  • パールホワイト
  • ボルドーピンク

の3種類です。

android one x4のカラー

決して種類は豊富ではありませんが、カラー選びに困ることは無いでしょう。最も無難な色はパールホワイトです。オーシャンブルーは紫に近い色合いとなります。

1-5.ユーザーの評価・口コミ

Android One X4を実際に使用しているユーザーの評価・口コミを調べてみました。口コミは、価格.comから引用しています。

5.5インチもあるのに、それほど大きさを感じさせません。薄いし軽いし携帯性抜群です。

ディスプレイの発色は好みがあると思いますが、個人的には鮮やかさが目にキツいかなーという感じです。

バッテリー持ちは一番心配していましたが、通常の使用で1日は十分持ちます。

諸手を挙げて良いとは言い切れない部分も有りますが、必要な機能は網羅されていてクオリティも良い製品だと思います。

良い意見だけでなく、悪い意見も含めて代表的な口コミを集めました。まず、気になる性能面については比較対象の機種によって評価が分かれます。過去のAndroid Oneシリーズと比べると最高評価。ミドルスペック級のAndroidスマホと比べると同等。iPhoneと比べると見劣りするといったところでしょうか。

使い方にもよりますが、日常使いでは十分との評価に落ち着いていました。極端な使い方をしない限り、動作が重くなることはありません。ディスプレイの発色や手に持った操作感は好みによって意見が分かれます。操作感については、軽くて薄いため使い心地が良いと高評価でした。

2.Android One X4のスペックと価格情報

次は、Android One X4のスペックと価格について詳しく見ていきましょう。

2-1.スペック一覧表

Android One X4のスペックは以下の通りです。

発売日 2018年6月7日
価格 新規:39420円
MNP:26460円
メーカー シャープ
サイズ 高さ:約151mm
幅:約71mm
厚さ:約8.9mm
重量 約157g
画面サイズ 5.5インチ、IGZO
2160×1080(フルHD+)
OS Android 8.1
CPU SDM630(オクタコア)
2.2GHz+1.8GHz
RAM 3GB
ROM 32GB
カメラ性能 アウトカメラ:1640万画素
インカメラ:800万画素
外部メモリ micro SDHX
(最大400GB)
SIMサイズ nano SIM
バッテリー容量 3100mAh
本体カラー オーシャンブルー
パールホワイト
ボルドーピンク
デュアルSIM
防水 IP68
おサイフケータイ
ワンセグ
GPS みちびき対応

2-2.他のXシリーズと比較

Android One X4を他のXシリーズと比較してみました。

Android One Xシリーズ

X1 X2 X3 X4
発売日 2017年6月30日 2017年12月7日 2018年1月25日 2018年6月7日
価格 新規:39420円
MNP:26460円
新規:44604円
MNP:31644円
新規:39420円
MNP:26460円
新規:44604円
MNP:31644円
メーカー シャープ HTC 京セラ シャープ
画面サイズ 5.3インチ 5.2インチ 5.2インチ 5.5インチ
CPU MSM8940 SDM630 SDM630 SDM630
RAM
(メモリ)
3GB 4GB 3GB 3GB
ROM 32GB 64GB 32GB 32GB
カメラ性能 1640万画素
イン:800万画素
1600万画素
イン:1600万画素
1300万画素
イン:800万画素
1640万画素
イン:800万画素
バッテリー 3900mAh 2600mAh 2800mAh 3100mAh
防水・防塵
おサイフ
ケータイ
ワンセグ

見ての通り、Android One X4は執筆時点で最新の端末です。他のXシリーズと比較すると、X2・X4とX1・X3に区別することができます。X2・X4はスペックを重視した機種で値段もやや高いです。X2はバッテリー容量が2600mAhと少ない代わりに、1600万画素のインカメラや4GBのメモリを搭載しています。

X4を購入予定だった方も、X2に選び直すのはありでしょう。X1・X3はX2・X4と比較して約5000円安いです。スペックは抑えられているものの、実はX2・X4と大差はありません。この表を見て、コスパ重視にしたいと感じたら、X1・X3でもいいでしょう。特に、X1は「Y!mobileのタイムセール」にて一括100円でたびたび販売されています。

その他のAndroid Oneシリーズ

Android Oneは、XシリーズとSシリーズの2つに分かれます。SシリーズはXシリーズよりスペックが劣りますが、端末価格は安いです。詳しくは、「ワイモバイル販売のAndroid One(アンドロイドワン)を完全ガイド」の記事を参考にして下さい。

2-3.端末価格と月額料金シミュレーション

Y!mobileでAndroid One X4を購入するうえ気になるのが、端末価格を含む毎月の利用料金ですよね。ここでは、Y!mobileの代表的な料金プランであるスマホプランS/M/Lに加入した場合の月額料金シミュレーションを行ってみましょう。なお、Android One X4は24回の分割払いで購入すると想定します。

スマホプランS(2GB)

→月額料金 3434円

■内訳

  • プラン価格:3218円
  • 端末価格:2808円
  • ワンキュッパ割(12ヶ月):-1080円
  • 月額割引:-972円

スマホプランM(6GB)

→月額割引 3974円

■内訳

  • プラン価格:4298円
  • 端末価格:2808円
  • ワンキュッパ割(12ヶ月):-1080円
  • 月額割引:-1512円

スマホプランL(14GB)

→月額割引 6134円

■内訳

  • プラン価格:6458円
  • 端末価格:2808円
  • ワンキュッパ割(12ヶ月):-1080円
  • 月額割引:-1512円

※スマホプランS/M/Lとも初月のみ端末の頭金で540円が加算される

上記の価格はすべて税込みです。通話料を除けばぴったりこの価格となります。ちなみに、スマホプランS/M/Lには10分かけ放題が付いているので、毎回の通話(LINEなど無料通話を除く)が10分以内なら通話料はかかりません。また、かけ放題以外にも、データ増量オプション(プランS:3GB、プランM:9GB、プランL:21GB)が25ヶ月無料で利用できます。

多くの方が利用するのはプランSかプランMです。プランSなら毎月3218円の支払いで済みます。24ヶ月後は端末代金の支払いがなくなるので、毎月の月額割引はさらに下がります。スマホプランS/M/Lについてさらに詳しくは、「Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン」の記事も参考にして下さいね。

ワンキュッパ割、月額割引について

ワンキュッパ割は、12ヶ月間無条件でプラン価格から1000円割引される特典です。プランSはワンキュッパ割により税抜きで月額1980円となります。月額割引は端末代金が無条件で割引される特典です。分割払いを終えるまで24ヶ月間、毎月割引されます。割引額は加入するプランや端末によって変わります。

Android One X4の場合は、プランSで972円、プランM/Lで月額1512円の割引です。

3.Y!mobile(ワイモバイル)でAndroid One X4を購入すべき人

Y!mobileで販売されているAndroid One X4。購入は以下の方が向いています。

  • インカメラで綺麗に写真を撮りたい
  • iPhoneの半値以下(3~4万円台)で端末を買いたい
  • 中の上くらいのスペックでちょうどいい
  • ワンセグやおサイフケータイを使いたい
  • お風呂の中でスマホを触りたい
  • シンプルで分かりやすいスマホが欲しい

上記に当てはまる項目が合った方は、Android One X4がぴったりです。決して、最高スペック言えないAndroid Oneですが、価格に見合う十分な性能は兼ね備えます。極端に負荷をかけない限りは、快適に操作できますよ。また、厚さも薄く持ちやすいため、女性の小さな手にもぴったりと収まります。

Y!mobileで契約した際の月額料金は、端末代金を含めておよそ3000~4000円です。新型iPhoneを購入するより、非常に安くスマホを運用することができますよ。

4.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、Y!mobile(ワイモバイル)で購入できるAndroid One X4について詳しくみてきました。Android One X4は、Xシリーズの中でも特に高いスペックを備えます。カメラ性能がよく、バッテリー持ちや画質にもこだわった端末です。

その他はミドルスペックなので、決して最高ランクの性能を持っているわけではありませんが、価格相応の十分な機能を堪能できます。シンプルで使いやすいのも特徴的です。毎月のスマホ代を安く抑えたいけど、毎日使う端末にもこだわりたい方は、Android One X4がおすすめですよ。

【格安スマホ】10月の申し込み
UQモバイル
uqモバイルのロゴ
  • 月額料金:980円~
  • 端末セット:1980円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:安定した通信速度とauのサブブランドである安心感。初めての格安SIMに。

 

詳細ページキャンペーン

LINEモバイル
LINEモバイル
  • 月額料金:500円~
  • 端末セット:1150円~
  • 評価:4.6pt/5.0
  • 特徴:LINE、SNSが使い放題。圧倒的な使いやすさを誇る格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

mineo
mineoのロゴ
  • 月額料金:700円~
  • 端末セット:1310円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:トリプルキャリア対応。TV CMでもおなじみの格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。