DMM mobile(DMMモバイル)

DMMモバイルの専用アプリを使い方からサービス内容まで全解説

dmmモバイル アプリ

DMMモバイル(DMM mobile)では、契約者向けの専用アプリが用意されています。専用アプリを利用すれば、マイページを毎回ログインしなくてもデータ残量を一瞬で確認できたり、高速・低速通信の切り替え機能が使えたりします。

DMMモバイルの専用アプリは、DMM mobileツールアプリとDMMトークの2種類。今回は、各種手続きや設定が行える基本アプリ「DMM mobileツールアプリ」について詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.DMMモバイルで利用できる専用アプリとは?

さっそく、DMMモバイルに契約すると使える専用アプリについて詳しく見ていきましょう。

1-1.契約者だけが使えるDMM mobileツールアプリ

DMMモバイルに契約すると、DMM mobileツールアプリが利用できます。音声通話SIM、データSIMに限らず全員が使えるアプリで、iOS(iPhone)、Androidの両方に対応しています。

DMM mobileツールアプリでは、DMMモバイルに関する様々な機能を使えます。

DMM mobileツールアプリで出来ること

  • データ残量の確認
  • 高速データ通信量の追加チャージ
  • 高速・低速通信の切り替え
  • 請求内容の確認
  • 友達紹介のURL取得

プラン変更や解約手続きはマイページからでないと出来ませんが(アプリ内からマイページにアクセスできる)、その他の用途ならDMM mobileツールアプリから設定・確認が可能です。わざわざブラウザを立ち上げてマイページにログインしなくていいので、非常に楽ですよ。詳しい使い方は次章から解説します。

1-2.DMMトークアプリも合わせて利用したい

DMMモバイルのもう一つの専用アプリとして、DMMトークがあります。DMMトークは通話料を半額にするアプリです。手持ちの電話番号を使うため、音声通話SIMの契約者のみ利用できます。DMMトークのメリットは、何といっても自分の電話番号を使って格安電話を使えることでしょう。格安にするだけならIP電話アプリが無料で使えます。

しかし、050電話番号からの発信となるため、相手から受信拒否されることもしばしば。DMMトークなら自分の電話番号が相手に通知されるため、受信拒否の心配はありません。また、電話回線を使うため音質が良いのも利点です。

DMMモバイルを契約したら、設定周りのことはDMM mobileツールアプリを使い、通話するときはDMMトークを使うといいですよ。

2.DMM mobileツールアプリの使い方

ここでは、DMM mobileツールアプリの詳しい使い方を解説していきます。簡単なので、ぜひ参考にして下さいね。

2-1.インストールからログインするまでの手順

まずはこちらから、DMM mobileツールアプリをインストールしましょう。

DMM mobile
DMM mobile

インストールできたら、アプリを開いて「ログイン」をタップ。

dmmモバイルのアプリ

お手持ちのDMMアカウント(メールアドレス・パスワード)でログインして下さい。もし、パスワードを忘れた場合はブラウザでDMM.comを開き、パスワードの再設定を行いましょう。ログインに成功すると、アプリのトップ画面が表示されます。

2-2.データ残量の確認

今月のデータ残量はアプリを開くとトップに大きく表示されます。

dmmモバイルアプリのトップ画面

あとどれくらい高速データ通信量が残っているのかひと目で確認することが可能です。前月からのデータ繰り越しがある方は、繰越分が上乗せされたデータ残量が表示されます。

データ残量が20%を切ったときの通知設定

DMMモバイルでは残りのデータ残量が20%を切った時にお知らせしてくれる機能が使えます。設定方法は、DMM mobileツールアプリのメニューから「設定」をタップ。そして、高速データ通信の欄の「マイページを開く」をタップして下さい。

dmmモバイルアプリ メール通知

ブラウザが立ち上がって、DMMモバイルのマイページが開くのでログインして下さい。ログイン後、「高速データ通信残量通知」の画面が開くので、ON/OFFの設定ができます。

dmmモバイルアプリ メール通知2

高速データ通信残量通知をONにすると、データ残量が20%を切った時点でメールにお知らせが来ますよ。

2-3.高速データ通信量の追加チャージ

今月のデータ容量が無くなって速度制限にかかってしまった・・・そんなときは、DMM mobileツールアプリから追加チャージを行えばデータ残量が復活します。追加チャージのやり方は、まずメニューから「追加チャージ」をタップします。すると、「追加容量チャージ」の画面が開くので、希望のデータ容量を選択しましょう。

DMMモバイルのチャージ

追加チャージの金額

  • 100MB:200円
  • 500MB:600円
  • 1000MB:1100円(繰り越しなしは480円)

翌月への繰り越し無しでいいなら、1000MB:480円の激安価格でチャージできます。追加するデータ容量が決まったら「今すぐチャージする」をタップして下さい。

DMMモバイルのチャージ2

以上で、高速データ通信量の追加チャージは完了です。

2-4.高速/低速通信の切り替え

データ消費量を節約したい場合は、高速通信から低速通信に切り替えましょう。低速通信は通信速度が200kbpsに制限されるかわりに、データ消費量を0に抑えることができます。DMMモバイルの低速通信は一時的に高速通信となるバースト機能が付いているので、LINEやSNSはもちろん、テキスト中心のWEBサイトでも読み込むことができますよ。

高速/低速通信の切り替え方法ですが、アプリのトップ画面から「高速データ通信」の項目を「OFF」にするだけです。

高速、低速切り替え

2-5.請求内容の確認

今月の請求・明細を確認したい場合は、アプリのメニューから「ご請求内容確認」をタップ。最新の請求内容をチェックできます。

dmmモバイルの請求確認

※通話料とSMS送信料は翌月23日に確定(データSIMのSMS送信料は翌月6日に確定)します

過去の請求を確認したい場合は、◯年◯月分のセレクトボタンをタップしましょう。1年以上さかのぼって、過去の請求内容を再確認できますよ。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、DMMモバイルの専用アプリ「DMM mobileツールアプリ」について詳しく解説してきました。このアプリは、わざわざDMMモバイルのマイページにアクセスしなくても、データ残量のチェックや追加チャージが行えるすぐれものです。

今月の請求も常に最新情報が表示されるため、家計のチェックに便利ですよ。アプリの利用料はもちろん無料。DMMモバイルに契約したら、ぜひ活用してみて下さいね。

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。