楽天モバイルが3か月無料&iPhone12大幅値下げ

分割支払い可!デビットカードが使えるおすすめの格安SIMを比較【2021年】

デビットカードが使える格安SIM

【PR】iPhone13の予約スタート

 

手数料・頭金・送料0円の予約方法を解説中↓

【速報(2021年10月)】
UQモバイルが超お得なキャンペーンを実施中▼

  • SIMのみ契約なら1万円キャッシュバック ※WEB限定
  • iPhone11/12/SE(第2世代)が割引価格に
  • iPhone8(リユース品)が一括550円
  • 自宅セット割で月額990円~

UQモバイル 公式サイトへ

この記事のポイント

  • デビットカードを使えば、クレジットカードなしで格安SIMに契約できる
  • 注意点として、デビットカード対応の格安SIMは少数派で、利用できるカードも曖昧なケースがある
  • 確実にデビットカードを使いたいなら、LINEMO・ahamo・楽天モバイルなどがおすすめ

「格安SIMでデビットカードは使えるの・・?」

クレジットカードを作成できない方にとって、気になるのがデビットカード契約です。格安SIMでも利用できるのでしょうか。

結論から言うと、格安SIMでもデビットカードは使えます。しかし、選択肢は限られます。

実際に申し込まないと、どのカードが使えるか分からないケースも多いです。

そこで今回はデビットカードが使える格安SIMを徹底解説。契約前に知っておきたい注意点についても説明していきます。

本記事では、楽天モバイル・ahamo・povo・LINEMOも実質格安SIMと言えるため比較対象として考慮しています

1.格安SIMでデビットカード払いを利用するメリット

格安SIMでデビットカードを利用するメリットを教えてください。

何といっても、クレジットカードなしで申し込めるのが一番ね。

クレジットカード不要で契約できる

デビットカードを利用できるメリットは、何といってもクレジットカードを登録しなくて済むこと。

そもそも、クレジットカードを持っていない方はもちろん、WEB上にクレジットカード番号を入力するのが怖い方にも重宝します。

口座残高以上は引き落としされないので安心

デビットカードは、口座残高に入っている金額までしか使えません。クレジットカードは持っている現金以上に利用できる怖さがありますが、デビットカードなら心配なし。

必要以上の浪費を防ぐことができます。また、毎月の支払い額がメールで届くので安心です。

15歳からカードを作成できる

クレジットカードに対して、デビットカードの入会審査は実質なしと言えます。非常にカード発行のハードルが低く、15歳以上(中学生を除く)であれば誰でも所持することができます。

なお、未成年が格安SIMに申し込む場合は保護者の同意が必要なのでご注意を。

2.格安SIMでデビットカード払いを利用するときの注意点

逆に何か気を付けることはありますか?

申し込んでみないと利用できるカードが分からいケースがあるの。そもそもデビットカード対応の格安SIMが少ないのも難点ね。

利用できるカードが曖昧な場合が多い

デビットカード対応の格安SIMはいくつかありますが、肝心の利用できるカードが曖昧なケースが多いです。

恐らく、格安SIMではなく委託している金融機関側が利用可否を審査しているからでしょう。

正式対応のカードを明記している場合もありますが、口コミを頼りにどのカードが対応しているか探る必要のある格安SIMも多いです。

端末の分割払いに非対応の場合がある

格安SIMによっては、デビットカードによる端末の分割払いを認めていない場合があります。格安SIM事業者にとっては、初回のみ代金を支払ったあとに逃げられる可能性があるからです。

端末セット契約で分割払いを希望する方は要注意です。

クレジットカード払いより審査が厳しくなる

格安SIMの審査基準はブラックボックスなので分かりませんが、クレジットカードより審査が通りにくくなるのは間違いありません。

理由としては、やはりカード会社側からの拒否が考えられます。携帯料金の支払いは定期的な支払いとなるため、支払い能力を審査されるのでしょう。

過去に金融事故を起こしている、または携帯料金の未納がある方は審査落ちしやすいと思われます。もし、携帯代の滞納がある人は事前に清算してから申し込みましょう。

そもそもデビットカード対応が少ない

デビットカードに正式対応している格安SIMは少数派です。理由としては、料金を回収できない未納リスクがあるからだと思われます。

安さを追求する格安SIMサービスは、少しでも支払い滞納のリスクを避けたいはず。クレジットカード決済なら仮に支払いが滞っても、損をするのはクレジットカード会社です。

格安SIM事業者はクレジットカード会社から料金の補填があるため安心できます。

その他、デビットカードは審査不要で作成できるので、社会的信用の不安があります。その点も、クレジットカードと比べて冷遇される理由となっているのでしょう。

POINT
クレジットカードなしで格安SIMに契約したい方は、デビットカードの他に口座振替払いを検討するのもあり

3.【格安SIM別】デビットカード対応/非対応の一覧表

以下、格安SIM別のデビットカード対応状況を表にまとめました。

デビットカード対応の格安SIM

【表の見方】

◎:正式対応(種類豊富)

〇:正式対応(一部)

△:問い合わせで確認(使用できるカード不明)

✕:非対応

格安SIM 利用可否
LINEMO
楽天モバイル
ahamo
UQモバイル
mineo
OCNモバイルONE
DTI SIM
ロケットモバイル
ワイモバイル
povo
BIGLOBEモバイル
イオンモバイル
IIJmio
y.u mobile
Links Mate
エキサイトモバイル
nuroモバイル
NifMo
TONEモバイル

主要な格安SIMをすべて挙げましたが、やはり非対応が多いですね。また、対応ありでも使えるカードが分からないケースが多いのが現状です。

使用できるデビットカードは楽天銀行やPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)などネット系が多い

ちなみに、格安SIMで使用できるデビットカードはネット銀行系が多いです。メガバンク系は、使用不可の場合があります。

セブン銀行やイオン銀行など人気のデビットカードについては、申し込んでみないと使用できるかどうか分かりません。

4.デビットカード対応のおすすめ格安SIMを比較

ここから、格安SIMの紹介ですね!

デビットカード対応だけじゃなくて、各社の特徴も参考にしてね。

デビットカード対応のおすすめ格安SIMは以下の通りです。

おすすめの格安SIM

月額料金 対応カード 端末の分割払い
LINEMO
※おすすめ
990円~ VISA・Master・JCB 非対応
※販売無し
楽天モバイル
※最安
0円~ 楽天銀行・スルガ銀行 非対応
ahamo 2970円 不明 対応
UQモバイル 1628円~ 不明 対応
mineo 1298円~ 不明 対応
OCNモバイルONE 770円~ 不明 不明

各社の特徴について見ていきましょう。

LINEMO ※おすすめ

LINEMO公式では、支払い方法はクレジットカードか口座振替の2択と表記されていますが、実はデビットカードも利用できます。公式でも、しっかり利用できると書かれていますよ。

利用できるカードブランドは、VISA・Master・JCBに対応。多くのデビットカードが利用可能です。

ソフトバンク回線をそのまま利用するLINEMOは、キャリア品質の通信速度です。ソフトバンクユーザーの方は、違約金や手数料が免除されるためそのまま乗り換えてもいいでしょう。

料金は、20GBの他に3GB(ミニプラン)を利用できます。また、LINEMOではLINEアプリのデータ消費(通話も含む)が無いのもメリットです。

料金プラン

データ容量 月額料金
3GB 990円
20GB 2728円
\3GBで980円/
LINEMOの支払い方法【クレカなしOK】LINEMO(ラインモ)の支払い方法は口座振替やデビットカードを選べる!途中で変更も可能

楽天モバイル ※最安

楽天モバイルは、1GBまでなら月額料金が0円。20GBも最安となっており、小容量だけでなく大容量を使いたい方にもおすすめです。

さらに、楽天モバイルでは、Rakuten Linkを使うことにより国内通話がどこにかけても0円に。

自分の電話番号が利用可能で、相手はアプリを立ち上げていなくてOKです。その他、最新iPhoneを全携帯会社の中で最安購入できるのもメリットです。

デビットカード払いについですが、こちら正式対応しています。楽天銀行デビットカードかスルガ銀行デビットカードを登録できますよ。

毎月の利用料金に加えて、一括払いなら端末代金の支払いに充てることも可能。分割払いは非対応なので注意して下さい。

料金プラン

データ容量 月額料金
1GBまで 0円
3GBまで 1078円
20GBまで 2178円
20GB以上
(無制限)
3278円
\最安0円~/
楽天モバイルで使えるデビットカード楽天モバイルはデビットカードに対応!ただし分割払い不可で使えるカードも限られる

ahamo

ahamo(アハモ)はドコモが提供する格安プランです。月額2970円でデータ容量はたっぷり20GB、5分かけ放題が標準で付属しています。

国内で最も優れていると言われるドコモ回線をそのまま使用しており、ドコモ本家のスピードなので、驚異的な速さです。

また、無制限かけ放題を格安の1100円で使えることや、基本料金内で海外にてデータ通信を使用できるメリットなどあり。iPhoneの格安セット販売も行っていますよ。

支払い方法は、原則クレジットカードか口座振替払いのみですが、実際はデビットカードを利用できます。

どのカードを使えるか明記されていませんが、LINEMOと同じVISA・Master・JCBの対応が濃厚です。

料金プラン

データ容量 月額料金
20GB 2970円
※5分かけ放題込

UQモバイル

以前はデビットカード非対応だったUQモバイルですが、現在は利用可能に変わっています。

対応カードは明記されていませんが、当サイトへのコメントで三菱UFJ銀行VISAデビットとミライノ デビットが使えたとの報告があります。

ネット系と比べてメガバンク系のデビットカードは審査落ちしやすいのが格安SIM業界の常識でしたが、どうやらそうではないみたいです。

手持ちのカードで申し込んでみる価値は十分にあるでしょう。

なお、UQモバイルではSIMのみ契約であれば1万円のキャッシュバックを受け取れます。端末セット契約の場合でも、最新iPhoneなどを格安価格で購入できますよ。

料金プラン

データ容量 月額料金
3GB 1628円
15GB 2728円
25GB 3828円
UQモバイルはデビットカード対応【2021年】UQモバイルはデビットカードの支払い方法が選択できる

mineo

トリプルキャリアに対応するmineo(マイネオ)は、au・ドコモ・ソフトバンクのスマホ(iPhone含む)で乗り換えOKです。

デビットカード対応ですが、公式サイトには「デビットカードは登録できない場合があります」と曖昧に表記されています。

意味としては、mineo側ではデビットカードを禁止にしているわけではないけど委託している決済会社でNGが出たら使えないということでしょう。

カスタマーセンターに問い合わせたところ、クレジットカード入力欄にデビットカード番号を入れて、そのまま申し込み完了まで移行できたら使用OKとのことでした。

使用できる可能性が高いのは、スルガ銀行・楽天銀行・PayPay(ジャパンネット)銀行あたりのデビットカードです。口コミから、三井住友銀行などメガバンク系は厳しいようです。

料金プラン

データSIM 音声通話SIM
1GB 880円 1,298円
5GB 1,265円 1,518円
10GB 1,705円 1,958円
20GB 1,925円 2,178円
mineoでデビットカードは使える?mineoでデビットカードは使える?【利用OKのカードリストあり】

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、最安級の月額料金に加えて端末代金がありえない安さとなっています。頻繁に1円セールを実施しており、実質タダで端末をGetできてしまうことも。

また、以前は弱点だった通信速度も大幅に向上。安かろう悪かろうではない、総合満足度の高い格安SIMです。

デビットカードの対応状況ですが、公式Q&Aには利用不可と記載されています。しかし、口コミでは使用できたとの報告あり。

対応状況が曖昧ではありますが、どうしても契約したいならダメ元でカスタマーセンターに連絡を入れてみるのもいいでしょう。

料金プラン

データ容量 月額料金
データSIM 音声通話SIM
1GB 770円
3GB 858円 990円
6GB 1188円 1320円
10GB 1628円 1760円
OCNモバイルONEの支払い方法【クレカなし】OCNモバイルONEでデビットカードや口座振替は使える?

5.ロケットモバイルとDTI SIMはデビットカード対応でもおすすめしない

前章で挙げた格安SIMの他にロケットモバイルDTI SIMもデビットカードを利用できる可能性があります。どちらも、実際に問い合わせてデビットカード対応であることを確認しました。

しかし、サービス品質の面から契約はおすすめしません。安さだけがウリだったロケットモバイルは、近年の価格競争に付いてこれず優位性が失われました。

DTI SIMは撤廃が当たり前となっている解約金を未だに取っていたり、速度低下が厳しかったりとおすすめするのは難しい格安SIMです。

両者ともマイナーすぎて、いつサービスが終わるのか分からないのもデメリットです。

6.まとめ

デビットカード対応の格安SIMは、残念ながら数が少ないです。どのカードが使えるか分かりにくい格安SIMもたくさんあります。

ですが、LINEMOやahamoなどキャリアの格安プランなら幅広いデビットカードに対応していますよ。楽天モバイルも正式対応しているので、有力な候補です。

【2021年】スマホ代を劇的に下げるなら?

安さ重視→楽天モバイル

公式サイトへ

 

1GB以内なら0円、20GBでも全携帯会社で最安の2178円に。さらにRakuten Linkで通話料はどこにかけても無料です。

今なら誰でも5000ポイント還元&3ヵ月無料キャンペーン中。ポイント還元で実質0円の端末もあり。iPhoneは最安値で購入できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
0円~ 0円 あり

品質重視→LINEMO

公式サイトへ
LINEMO

ソフトバンク回線をそのまま利用するLINEMOは通信品質が良好です。料金は、3GB 990円と20GB 2728円の2種類のみ。

LINEアプリはデータ消費なしで使い放題。キャリア品質なのに格安SIMより割安です。通話重視なら、無制限かけ放題を利用できます。

月額料金 初期費用・解約金 iPhone販売
990円~ 0円 なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。