LINEモバイル(ラインモバイル)

即日開通できる?LINEモバイルを店舗で契約する方法

LINEモバイルを店舗で即日契約できる・・・?

店舗ならスタッフと対面で契約できるので安心できますよね。また、今すぐLINEモバイルに乗り換えたい場合は、店舗なら即日で契約ができそうです。

この記事では、LINEモバイルの店舗契約について詳しく解説しました。即日開通したい方や店舗の場所を探している方、あるいは店舗でLINEモバイルと契約する方法を知りたい方はぜひ参考にして下さいね。

1.LINEモバイルの店舗とは?

まずは、LINEモバイルの店舗はどこにあるのか?どうやって探せばいいのか?見ていきましょう。

1-1.どこに店舗はある?

LINEモバイルの店舗は大手家電量販店の中にあります。

LINEモバイルを取り扱っている家電量販店は以下の通りです。

  • エディオン
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • カメラのキタムラ
  • ノジマ
  • ヨドバシカメラ

店舗数の充実度はやはり東京を中心とした関東圏が圧倒的です。執筆時点では200店舗以上の取扱店が見つかります。関西はエディオンを中心に50店舗弱。その他、地方都市を中心にLINEモバイルの店舗が展開されています。

店舗検索のやり方

LINEモバイルの取扱い店舗は「こちらのページ」から検索できます。

lineモバイルの店舗

地域別や家電量販店別で検索可能です。

1-2.店舗でできること

LINEモバイルの店舗では、

  • エントリーパッケージの購入
  • 即日開通(MNPも含む)

ができます。

エントリーパッケージとは、LINEモバイルの契約事務手数料3000円を無料に出来るエントリーコード入りの商品です。エントリーパッケージを購入する際は店舗でそのまま契約はできず、ネット契約が条件となります。

即日開通はLINEモバイルと店舗で契約したい方の多くが目当てにしていることでしょう。電話番号を変えずに乗り換えるMNPにも、もちろん対応しています。

※契約は新規契約・MNPのみで機種変更の手続きなどはできません

1-3.即日開通できる店舗は限られる

残念ながらLINEモバイルと即日で契約できる店舗(即日受渡しカウンターあり)は非常に少ないです。執筆時点では全国でわずか20店舗程度しかありません。

東京、名古屋、大阪、横浜など人口が密集する地域のみ、数店舗ずつ展開されている程度です。即日開通は都心部に住んでいる方は利用できますが、地方の方は事実上契約不可と考えておきましょう。

2.店舗で即日契約する方法

ここでは、LINEモバイルの店舗(取扱店)で即日契約する方法を解説します。

2-1.契約に必要なもの

LINEモバイルと店舗契約する際は以下のものが必要です。

  • 本人確認書類
  • クレジットカードかLINE Payカード
  • MNP予約番号(MNPする場合のみ)

本人確認書類は、免許証、パスポート、住基カード、マイナンバーカードなどを使用します。健康保険証の場合は、補助書類として公共料金の支払明細書か住民票が必要です。

クレジットカードかLINE Payカードは毎月の利用料金支払いの登録に必要です。必ず本人名義のカードを持っていきましょう。口座振替は利用できません。

MNP予約番号は、他社から電話番号を変えずに乗り換える場合に必要となります。あらかじめ、電話あるいはキャリアショップなどで発行手続きを行っておきましょう。

また、MNP予約番号は有効期限があるため発行後なるべく早く契約手続きを行いましょう。

2-2.即日開通までの流れ

店舗でLINEモバイルと即日で契約する場合は、以下の流れとなります。

1.店舗で申し込み希望を伝える

契約に必要なものを持参してLINEモバイル即日契約に対応している店舗に行きましょう。店舗に入ったら、即日受け渡しカウンターにてLINEモバイルの申し込み希望をスタッフに伝えて下さい。

2.申し込み手続き

申し込み手続きでは料金プラン、SIMカードの種類(音声通話SIM、データ通信専用SIM)、オプションの有無などを決めて手続き書類に記入していきます。もちろん分からないことがあれば、スタッフに質問することが可能です。

3.開通を待って終了

すべての手続きを終えたら後は開通を待つだけです。開通までの空白期間は1時間から2時間程度かかります。回線切り替えは技術的な要因で時間がかかるため致し方ありません。

以上で、即日開通は完了です。MNPの方は以前の携帯会社との契約は自動で解約となります。

手数料と解約金

ネット契約の場合も同様ですが、LINEモバイルと契約した場合は以下の手数料と解約金がかかります。

  • 解約金(違約金):9500円
  • MNP転出手数料:2000円(ソフトバンクは3000円)
  • 登録事務手数料:3000円
  • SIMカード発行手数料:400円

※MNPしない場合はMNP転出手数料がかかりません

※解約金は契約更新月の期間なら無料です

3.店舗で契約する際の注意点

LINEモバイルを店舗で契約する場合は以下の注意点があります。

3-1.エントリーパッケージは店舗で購入するメリットが無い

LINEモバイルの取扱店舗のほとんどがエントリーパッケージのみの販売となります。エントリーパッケージは購入しても、そのまま店舗で契約することができません。自宅に持ち帰りネット経由で契約することになります。

また、LINEモバイルのエントリーパッケージはアマゾンや楽天市場などネット通販からも購入できるため、あまり店舗まで足を運ぶ意味は無いでしょう。

LINEモバイルのエントリーパッケージはこちら

3-2.端末セットの契約ができない

店舗契約の致命的な欠点なのが、端末セットでSIMカードの契約ができないことです。LINEモバイルでは最新のSIMフリースマホ(格安スマホ端末)を揃えているのですが、店舗では取扱がありません。

他社のSIMフリースマホとLINEモバイルのSIMカードを組み合わせて契約することができないため、店舗の場合はLINEモバイルのSIMカードのみ契約可能となります。

SIMカードと端末をセットで契約したい方は必ずネット契約を利用しましょう。

3-3.店舗数が少なく待ち時間が長い

LINEモバイルの店舗数はかなり限られています。特に地方の方はほとんど店舗がありません。

都心部の方なら大手家電量販店からLINEモバイルの店舗を利用できますが、残念ながらほとんどの店舗がエントリーパッケージの販売のみとなります。即日開通できる店舗は全国で20店舗程度と極端に少ないのが現状です。

また、LINEモバイルの店舗は来店予約が取れません。「Y!mobile」など専門店を展開する通信事業者なら来店予約が取れますが、LINEモバイルでは利用不可となっています。

即日開通できるLINEモバイル店舗は限られるため当然利用者は殺到します。来店予約が取れないので長い待ち時間は覚悟しておいた方がいいでしょう。

3-4.契約以外のサポートは無い

LINEモバイルの店舗は専門店ではなく取扱店となります。取扱店とは、LINEモバイルのSIMカード販売に特化したサービスで、簡単に言えば販売代理店です。

最近では、「楽天モバイル」や「mineo」など豊富なサービス・サポートを用意した独自の専門店を展開する格安SIMが増えてきましたがLINEモバイルは独自店舗を持っていません。

あくまで、SIMカードの取扱店という立場なので、店舗サービスのレベルは高いとはいえません。契約時のアドバイスは貰えますが、契約後の手厚いサポートは期待しないようにしましょう。

3-5.キャンペーンを利用できない可能性がある

LINEモバイルのキャンペーンは、キャンペーンコードを打ち込む仕組みのため、店舗からは利用できない場合が多いです。

そのため店舗契約ではキャンペーンが適用外となるケースが多いです。3000円分のギフト券プレゼントなど目玉となるキャンペーンも店舗からは利用不可の場合が多く、非常に勿体無いです。

LINEモバイルのキャンペーン不可

店舗契約はキャンペーン対象外の記述

店舗契約は長い待ち時間や店舗数の少なさだけでなく、金銭面でもデメリットが大きいのが現状です。

あわせて読みたい
line キャンペーン
【2018年7月】LINEモバイルのキャンペーンを利用条件まで全まとめLINEモバイルで利用できるキャンペーンを知りたい! せっかくLINEモバイルと契約するなら、お得なキャンペーンやキャッシュバック...

4.LINEモバイルはネットでも即日開通できる

デメリットが大きくても、店舗なら即日開通できる・・・そう思っている方が多いのですが、実はLINEモバイルはネット契約でも即日開通が可能です。

ネット契約で即日開通する流れ

  1. LINEモバイルにネット経由で申し込み
  2. SIMカードが自宅に到着
  3. 開通センターに連絡すれば即日開通

店舗契約との違いは、対面で質問できないこととSIMカードは郵送となるため2~3日の待ち時間が生じることです。

対面で質問できない件ですが、ネット契約で分からないことがあればチャットや電話で質問することが可能です。LINEモバイルらしくLINEアプリからも質問できます。

2~3日の郵送期間についてですが、あくまで郵送を待つ時間であってSIMカードが使えない空白期間(電話が不通となる期間)ではありません。

SIMカードの空白期間は開通センターに連絡した時点で発生します。また、空白期間の時間は店舗契約と同じ1~2時間です。

つまり、SIMカードが郵送されたら、好きなタイミングで開通センターに連絡すれば1~2時間程度で即日開通ができます。さらにネット契約ならエントリーパッケージやキャンペーンを利用してお得に契約ができます。

※エントリーパッケージとキャンペーンコードは併用できません

専門店なら店舗契約のメリットもあるのですが、LINEモバイルの場合はSIMカードを販売するだけの取扱店なので、わざわざ店舗で契約する意味は無いでしょう。

ネット契約の申込画面は非常に分かりやすいですし、即日開通も可能なのでLINEモバイルの契約は、ネットを利用した方がいいですよ。

LINEモバイルと即日開通でネット契約する方法は以下の記事を参考にして下さいね。

あわせて読みたい
lineモバイル
図説!LINEモバイルにMNPで乗り換えるための全手順LINEモバイルにMNPで乗り換える方法って・・? LINEモバイルと契約することを決めたけど、いざ申し込むとなると様々な疑問が浮...

5.まとめ

いかがでしたか?

LINEモバイルの店舗はサービス内容や店舗数が、残念ながらあまり充実しているとは言えません。

さらに、店舗契約の場合はキャンペーンの利用ができなかったり、端末セットが無かったりとデメリットが非常に大きいのが現状です。

もちろん、店舗で即日開通できるメリットもあるのですが、LINEモバイルの場合はネット契約からも即日開通はできます。

どうしても対面で契約したい方は別ですがLINEモバイルの場合、通常はネットから契約した方がいいでしょう。ネット契約でも申し込みから開通まで2~3日しかかかりませんよ。

LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルの注目記事
あわせて読みたい