Y!mobile(ワイモバイル)

利用注意!Y!mobile(ワイモバイル)のソフトバンクWi-Fiスポット

ソフトバンクwifi

Y!mobileでソフトバンクWi-Fiが使えるって本当?

Y!mobile(ワイモバイル)に契約すると、特典としてソフトバンクWi-Fiスポットが無料で利用できます。ブランド名が違いますがソフトバンクとY!mobileは同じ会社なので、実現したサービスです。ただし、利用するには対象機種、対象プランが限られるのでしっかりと確認しておきましょう。

この記事では、Y!mobileに契約すると使えるソフトバンクWi-Fiスポットについて徹底的に解説。利用条件から設定方法までまとめました。ソフトバンクWi-Fiスポットを活用すれば、動画視聴やアプリのダウンロードでデータ通信量を節約できます。Y!mobile契約後にWi-Fiを活用したい方はぜひ参考にして下さいね。

1.注意!SIMフリースマホは利用できない

Y!mobileのソフトバンクWi-Fiスポットは、SIMフリースマホでは利用できないため注意して下さい。Y!mobileオンラインストアでは、Y!mobileスマホ(Y!mobileのSIMロック付き)とSIMフリースマホの両方が販売されています。

見分け方として、SIMフリースマホには端末販売ページにて「SIMフリー」と表示されています。

SIMフリー ワイモバイル

SIMフリースマホの見分け方

SIMフリーの表示がある機種を購入する場合は、ソフトバンクWi-Fiスポットが利用できません。他社で購入したSIMフリースマホも同様に使用できません。Y!mobileで販売されているiPhoneシリーズは、Y!mobileスマホとなるためソフトバンクWi-Fiスポットが利用できます。

2.Y!mobileで使えるソフトバンクWi-Fiスポットとは?

ここから、ソフトバンクWi-Fiスポットの特徴や利用条件を見ていきましょう。

2-1.特徴

ソフトバンクWi-Fiスポットとは、街中で使える公衆無線LANサービスのことです。利用方法は簡単で、ソフトバンクWi-Fiのマークを見つけらたWi-Fi接続するだけです。データ消費量の多いアプリのダウンロードなどに活用できます。

ソフトバンクwifiスポットのマークこちらのマークがあればWi-Fi接続できます

通信速度

ソフトバンクWi-Fiスポットの通信速度は最大で72.2Mbpsとなります。ただし、この数値は理論値(ベストエフォート)であり、実際は最大値の半分以下20~30Mbpsとなります。場所によっては10Mbps前後になるかもしれません。

とは言え、十分に高速通信なので、ソフトバンクWi-Fiスポットの通信速度に関して、不満を覚えることは無いでしょう。

ネットワーク名(SSID)

ソフトバンクWi-Fiスポットに入ったら、Wi-Fi一覧にネットワーク名(SSID)が表示されます。

ソフトバンクで利用されているネットワークは、

  • 0001softbank:セキュリティ低
  • 0002softbank:セキュリティ高
  • mobilepoint:セキュリティ中

の3つです。複数のネットワーク名(SSID)が表示された場合は、迷わず「0002softbank」を選択しましょう。WPA2エンタープライズという暗号化された安全な通信が可能です。他人に個人情報を抜き取られる心配はありません。

また、「mobilepoint」もWEPという暗号化通信を採用しており、安全な通信が可能です。「0001softbank」はセキュリティレベルの低いオープンなデータ通信となるので、ネット閲覧や動画視聴など個人情報を送信しない用途で利用するといいでしょう。

銀行やクレジットカード情報は打ち込まない方が無難です。iPhoneは最もセキュリティレベルの高い0002softbankのみ自動接続されます

2-2.利用条件

Y!mobile契約者で、ソフトバンクWi-Fiスポットを利用するための条件は以下の通りです。

  • 申し込み:不要
  • オプション価格:無料
  • 対象者:対象プラン、対象機種に該当している方のみ

対象プラン

  • スマホプランS/M/L
  • データプランS/L
  • Pocket WiFiプラン

シェアプラン(子回線)とケータイプランSS(ガラケー向けプラン)が含まれていないので注意しましょう。SIMカードだけ契約した場合は、音声通話SIM、データ通信専用SIMともにソフトバンクWi-Fiスポットが利用できます。

対象機種

機種 ネットワーク名
iPhone iPhone 6s , iPhone SE , iPhone 5s 0002softbank
Android Android One X3 , Android One X2 , Android One X1 , Android One S1 , Nexus 6P , Nexus 5X , DIGNO DUAL 2 0001softbank
0002softbank
mobilepoint
Android One S4 , Android One S3 , Android One S2 , 507SH , HUAWEI nova lite for Y!mobile , DIGNO E , AQUOS CRYSTAL Y2 , AQUOS Xx-Y , LUMIERE , AQUOS CRYSTAL Y , DIGNO C , Spray , Nexus 6 , DIGNO T , STREAM S , Nexus 5 , ARROWS S , AQUOS Phone ef , AQUOS Phone es , DIGNO DUAL , STREAM , STREAM X 0001softbank
mobilepoint
タブレット MediaPad T2 Pro , Lenovo TAB3 , Lenovo TAB2 , MediaPad M1 8.0 0001softbank
mobilepoint
Pocket WiFi Pocket WiFi 603HW/504HW/502HW/305ZT/303HW/GL10P/GL09P 0001softbank
0002softbank
mobilepoint
Pocket WiFi 601ZT 0001softbank
mobilepoint

※対象機種のリストは記事執筆時点の情報です

2-3.サービスエリア

ソフトバンクWi-FIスポットのアクセスポイント数は全国一と言われています。サービスエリアは日本全国のカフェ、商業施設、駅、空港などが対象です。

住所や最寄りの場所からソフトバンクWi-Fiスポットを検索したい場合は、ソフトバンク公式サイトの「通信・エリア」→「Wi-Fiスポット」を参考にして下さい。ページ内の「Wi-Fiスポット検索」よりアクセスポイントの検索可能です。

主なアクセスポイント

ソフトバンクWi-Fiスポットの主なアクセスポイントは以下の通りです。

  • マクドナルド
  • モスバーガー
  • サブウェイ
  • スターバックス
  • ルノアーク
  • タリーズ
  • ドトール
  • JR駅内
  • JAL、ANAラウンジ
  • 東海道新幹線N700系車内
  • 都営地下鉄全線
  • ローソン
  • コジマ

地下鉄、新幹線で利用可能

ソフトバンクWi-Fiスポットの強みは何と言っても、地下鉄と新幹線で利用できることでしょう。これは他の格安SIM会社のWi-Fiスポットサービスには無い強みです。

参考:OCNモバイルONEWi-Fiスポットサービス

地下鉄は一部を除き、都営地下鉄全線で利用できます。また、出張の際に利用したい新幹線も東海道新幹線N700系車内、常磐線ひたち号、ときわ号E657系車内で利用可能です。

3.ソフトバンクWi-Fiスポットの設定手順

ソフトバンクWi-Fiスポットの利用設定は、アプリを使うのが最も簡単です。ここでは、専用アプリを使ったソフトバンクWi-Fiスポットの設定手順について解説します。

3-1.Android

Androidは「Wi-Fiスポット設定」アプリをインストールすることで、簡単に設定ができます。

1.Google Playストアから「Wi-Fiスポット設定」をインストール

Wi-Fiスポット設定

検索窓に「ソフトバンク wifi」と打ち込めば見つかります。インストールが完了したらアプリを開きます。

2.位置情報のアクセス確認画面で「許可」をタップ

Wi-Fiスポット設定2

3.通話の発信と管理の確認画面で「許可」をタップ

Wi-Fiスポット設定3

4.利用規約に同意して「次へ」をタップ

Wi-Fiスポット設定4

5.4桁の暗証番号を入力

Wi-Fiスポット設定5

6.「ソフトバンクWi-Fiスポット」がONになっているのを確認

Wi-Fiスポット設定6

以上でソフトバンクWi-Fiスポットの設定は完了です。今後は、ソフトバンクWi-Fiスポットのサービスエリアに入ったら自動でWi-Fi接続されます。

※新幹線のWi-Fiのみ時間制限があるので手動設定が必要です

新幹線で接続する場合

1.Wi-Fiスポット設定の「詳細設定」をタップ

Wi-Fiスポット設定 新幹線

2.「東海道新幹線N700系車内Wi-Fi」をタップ

Wi-Fiスポット設定 新幹線2

以上で、新幹線内でソフトバンクWi-Fiスポットが接続できます。接続時間は4時間までとなります。

3-2.iPhone

iPhoneは一括設定プロファイルをダウンロードするだけで、ソフトバンクWi-Fiスポットに自動接続できます。

※以下の方法は、Y!mobileで購入できるiPhoneを対象にした設定方法です

1.一括設定プロファイルのダウンロードページを開く

ブラウザはSafariの使用をおすすめします。

2.「同意して設定開始」をタップ

iPhoneのソフトバンクwifi設定

3.Yahoo!とY!mobileの連携設定を行う

Y!mobile携帯電話番号でログインして下さい。Yahoo!JAPAN IDかY!mobileメールアドレスでもログインできます。連携が完了していない場合は、「IDの初期登録を行う」をタップして設定しましょう。

4.「一括設定プロファイル」をインストール

以上でソフトバンクWi-Fiスポットの設定は完了です。今後は、ソフトバンクWi-Fiスポットのサービスエリアに入ったら自動でWi-Fi接続されます。

※新幹線のWi-Fiのみ時間制限があるので手動設定が必要です

新幹線で接続する場合

新幹線でソフトバンクWi-Fiスポットに接続する場合はMy SoftBankの一括設定ファイルをインストールしてください。インストールが完了したら設定は完了です。新幹線でのネットワーク名(SSID)は、「mobilepoint1」となります。

3-3.ソフトバンクWi-Fiに繋がらない場合

Y!mobileを契約していてソフトバンクWi-Fiにつながらない場合、以下の原因が考えられます。

  • SIMフリースマホを使っている
  • WI-Fi設定がONになっていない
  • アクセスポイントの電波環境が悪い

上記の原因をすべて見直しても繋がらない場合は、端末を再起動してみて下さい。端末の再起動でも繋がらない場合は、別のソフトバンクWi-Fiスポットを試しましょう。それでも繋がらない場合はWi-Fi設定がおかしいので、Wi-Fiスポット設定アプリ(iPhoneの方はプロファイル)を再インストールして設定をし直しましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?

Y!mobileと契約すれば、便利なソフトバンクWi-Fiスポットが利用できます。ただし、SIMフリースマホは対象外なので注意して下さい。Wi-Fi接続を利用すれば、データ消費量を節約できるため、毎月の通信費を安く抑えることも可能です。特に利用したいのが動画視聴とアプリのインストール。

アプリのインストールは、データ通信量を1GB消費する場合もあるので、Wi-Fiは必ず活用した方がいいですよ。新幹線でも利用できるのでY!mobileに契約したら、ソフトバンクWi-Fiスポットをぜひ活用しましょう。

Y!mobileの注目記事
あわせて読みたい