楽天モバイルの全オプションをおすすめ・不要で仕分けしました

楽天モバイルのオプション

楽天モバイルに乗り換えようと思っているけれど、どんなオプションがあるのか?必要性も含めて気になるところです。

とにかく種類が豊富な楽天モバイルのオプション。内容を全て把握するのは面倒ですよね。

でも、一度加入すれば、その後のスマホ生活をより便利にしてくれるオプションもあります。

この記事では、楽天モバイルを2015年から使い続けている筆者が、全てのオプションをご紹介します。

さらに、おすすめできるオプションと不要なオプションとで、ばっさり仕分けしましたので、ご参考ください。

OUTLINE -読みたい項目をタップ-

公式サイトへ

1.楽天モバイルでおすすめのオプションとは?

楽天モバイルのオプションが多すぎて、どれを選べばいいのか分かりません。

すべてを検討するのは、大変よね・・。だけど、契約すべきオプションの数はそう多くないわ。

ここでは、楽天モバイルのオプションの中でも加入するメリットがあるオプションの概要をご紹介します。

検討すべきおすすめオプション

  • あんしんリモートサポート
  • スマホ交換保証サービス / つながる端末保証
  • i-フィルター for マルチデバイス
  • データシェア
  • 楽天マガジン
  • Rakuten NBA Special by 楽天モバイル
  •  Rakuten パ・リーグ Special by 楽天モバイル

①あんしんリモートサポート(月額500円):初めてスマホを使うなら

あんしんリモートサポートは、スマホの使い方がわからない時や困った時に、電話や遠隔操作でサポートを受けられるサービスです。

月額500円でアドバイザーに何度でも相談することができます。通話料は無料です。

遠隔操作でサポートしてもらうためには、事前に専用のアプリをダウンロードする必要があります。

このアプリは、スピーカー機能でアドバイザーと通話しながら、スマホの画面を共有することができます。

また、スマホの操作以外にも、LINEやFaceookなどメジャーなアプリの利用方法も教えてもらえます。

あんしんリモートサポートが有用な人

  • 初めてスマホを使う人
  • 楽天モバイルの店舗が近くにない人
  • 高齢の親のスマホを契約する人

最初の数ヶ月加入して、楽天モバイルの利用に慣れてきたら解約するのも1つの手です。

②スマホ交換保証サービス / つながる端末保証(月額500円):高額機種に保険をかけたいなら

スマホ交換保証サービスは、スマホ・タブレット・モバイルルーターが壊れた場合に新品同様の同機種と交換してもらえるサービスです。

こんなときに交換してもらえる

  • スマホを踏んで画面にヒビが入ってしまった
  • トイレに落としてしまった
  • 原因がわからないけど突然動かなくなった

上記のような症状がでたとき、このオプションに入っていれば交換できるので、うっかりしがちな人も安心です。最短で当日交換が可能なのもありがたい点です。

ただし、月額500円の他に、交換時には負担金6000円がかかります。 そのため、安い端末の場合はかえって損をする可能性があります。

交換できるのは原則同機種のため、年数が経つほどその機種が型落ちして価格そのものが下がっていくのも懸念点です。

例として、新品価格が4万円のスマホで加入した場合をシュミレーションしてみましょう。スマホの価格は仮に年10%ずつ値下がりした場合を想定しています。

4万円の端末で保証に入った場合

交換の
タイミング
年間の
オプション費用
負担金を加えた
金額
想定端末価格
1年後 6000円 12000円 36000円
2年後 12000円 18000円 32000円
3年後 18000円 24000円 28000円

必ずしも交換するとは限らないことも考慮すると、4万円程度までの端末は加入するメリットが小さいでしょう。

スマホ交換保証サービスを申し込めるのは、新規契約時だけです。すでに、楽天モバイル会員になっている人は申し込めません。

故障が不安な人は加入しておいて、自分なりの損益分岐点の期間を超えたら解約するといいでしょう。

手持ちの端末に保証を付けるなら、つながる端末保証

一方で、他社で使用していたスマホを、楽天モバイルに乗り換えても使い続けたい人のためのオプションもあります。

それが、つながる端末保証です。楽天モバイル乗り換え時に端末を買わなくても加入できます(新規契約時のみ)。

つながる端末保証では、修理できる場合は修理、できない場合は楽天モバイルが指定する機種に交換となります。

修理・交換できるのは年に2回までの制限があります。負担金が1回目に4000円、2回目には8000円かかります。

2回目でぐんと値段が上がりますが、そもそも年に2回も壊す可能性は低いでしょう。

楽天モバイルの端末補償楽天モバイルの端末保証(補償)とは?端末故障時の修理対応を調査

③i-フィルター for マルチデバイス(月額300円):18歳未満のお子さんは契約必須

i-フィルター for マルチデバイスは、子どものためのフィルタリングアプリです。下記の機能で、子どもをインターネット上のトラブルから守ります。

i-フィルター for マルチデバイスの機能

  • アダルトや出会い系など有害なサイトへのアクセスを制限する
  • 誤って個人情報を流出しないようにする
  • 利用時間を管理してスマホ中毒を予防
  • アプリやゲームの課金を防ぐ
  • 架空請求の詐欺から守る

18歳未満の利用者が楽天モバイルを契約する場合は、i-フィルター for マルチデバイスの加入が必須条件となります。

ただし、加入必須と言っても後から解約できます。

MEMO
解約したい時は、メンバーズステーション内のオプション解約の欄にある未成年者に向けた注意事項を読み、書面を印刷して提出する必要があります。

④データシェア(月額100円):家族で乗り換えるなら検討したい

データシェアは、高速データ通信の容量を、家族や友人などのグループで分け合えるオプションです。 分け合えるデータは、前月の繰り越し分です。

例えば、家にいる時間が長くWi-Fi利用が多い妻と、通勤時間にスマホで動画を見る夫。

この夫婦がデータシェアに加入すれば、妻が消費しきれなかった容量を、翌月夫と分け合うことができます。家族で楽天モバイルへ乗り換えるなら、十分有効に使えるオプションです。

一点、注意点があります。月額100円はグループのオーナーだけでなく、招待されたメンバーそれぞれも支払う必要があります。

家族3人でシェアする場合は、合計で300円かかる仕組みになっていますので、考慮しましょう。

⑤楽天マガジン(月額380円):無料期間に試して損なし

楽天マガジンは、スマホやタブレットで200誌以上の雑誌を読めるサービスです。楽天モバイル利用者は、初めての申し込みで、31日間無料で読み放題になります。

さらに、継続して有料の契約をした場合は、税込みの月額料金と同等の410楽天ポイントがもらえます。実質2カ月無料と言えます。

また、有料契約は自動課金ではないため、安心して無料期間を楽しめます。

雑誌の品ぞろえは有名どころを抑えています。下記に一部をピックアップしました。すでに1冊でも購読している雑誌があるなら、元がすぐ取れます。

ITガジェット系

  • 週間アスキー
  • DIME
  • 日経PC21

ビジネス系

  • 日経マネー
  • 東洋経済
  • 週刊ダイヤモンド

ライフスタイル

  • 日経おとなのOFF
  • BRUTUS Casa
  • サライ
MEMO
楽天マガジンは有料契約に移行する場合、年額払いにすると3600円で1000円近くお得になります。

⑥Rakuten NBA Special by 楽天モバイル(月額900円):申し込み月が無料!NBAファンならお得

Rakuten NBA Special by 楽天モバイルは、北米のプロバスケットボールのリーグであるNBAの試合の生放送を、日本語の実況解説付きで見られるサービスです。

また、見逃した試合の録画を後から見ることもできます。

サービス内容は楽天TVが月額900円で提供しているRakuten NBA Specialと同じです。ただ、楽天モバイルを経由すると、加入した月は無料となるため、お得です。

楽天TV でも無料トライアルキャンペーンを実施していますが、期間が1週間程度と短いのです。NBAのファンであれば見逃せないオプションになるでしょう。

2017年より楽天はNBAの独占的な放映権を得ています。NHKやWOWOWで中継・録画をほぼ見られなくなっているのでNBAファンは契約しておきたいオプションです。

外部参考(朝日新聞):楽天のNBA放送権取得について

MEMO
楽天モバイルでは月額払いしか契約できません。無料期間が終わったらオプションを解約して、楽天TVにて年払いで申し込むとお得です。年払いは7560円と、月払いよりも4000円以上安くなります。

あとから楽天TVに加入しなおせば、楽天ポイントもたくさん貯まる

楽天TVでRakuten NBA SpecialかRakuten パ・リーグに加入すると、楽天のポイントアッププログラムSUPの対象となります。

楽天市場で高額の買い物をする人は、買い物が多い期間にどちらかに加入しておくと、最終的にお得になることがあります。

例えば、楽天市場で10万円分購入した場合、通常のポイント1倍では1000ポイント付与されますが、SUPのプラス1倍があると2000ポイントになります。

ポイ活をしている人にとってはSUP条件を達成する候補の1つになるでしょう。 初月無料の期間に解約すると、SUP対象外になりますのでご注意ください。

⑦Rakuten パ・リーグ Special by 楽天モバイル(月額693円):申し込み月が無料!

Rakuten パ・リーグ Special by 楽天モバイルは、パ・リーグ主催の全試合を生中継や録画で見られるサービスです。テレビでは放映されない試合も見ることができます。

楽天TVの提供するRakuten パ・リーグ Specialと同じサービス内容ですが、楽天モバイルからの加入で、申し込み月が無料となります。

しかし、楽天TVから年払いで申し込めば、年額5500円で、2700円以上節約できます。

Rakuten NBA Special by 楽天モバイルと同様に、無料期間が終わったら、いったん解約して「楽天TV」から直接年払いで加入し直しましょう。

プロ野球全般を見たいなら、DAZNの方がいい

このオプションは、パ・リーグにこだわらずプロ野球全般が好きな人には物足りないでしょう。

DAZN(ダゾーン)というスポーツに特化した動画配信サービスがあります。セ・リーグやMLBの試合も見られて満足できるでしょう。

DAZNは月額1750 円(税抜)で、1カ月間の無料お試し期間がありますよ。

dazn【図解】DAZN(ダゾーン)を無料で楽しめる契約・登録方法

2.ほぼ必要なし!無視してOKな楽天モバイルのオプション

逆に、スルーしていいオプションは何がありますか?

おすすめ以上に数が多いから、1個ずつ理由をあげて説明するわね。

続いて、加入しなくてもいいオプションと、その理由をご紹介します。

無視していいオプション

  • 楽天でんわ10分かけ放題
  • 楽天モバイルWi-Fi by エコネクト
  • データ復旧サービス / マカフィーモバイル
  • 留守電サービス/スマート留守電
  • 楽天モバイルお得生活
  • アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プラン
  • キャッチホン / 割込通話サービス
  • 迷惑電話撃退サービス

①楽天でんわ10分かけ放題(月額850円):スーパーホーダイに加入したほうがお得

楽天でんわ10分かけ放題は、1回10分までの通話であれば、何回かけても通話料がかからないオプションです。

該当する通話は、国内通話で楽天でんわを使用した場合です。「楽天でんわアプリ」を使ってかけるか、発信する時に電話番号の頭に「003768」を追加する必要があります。

最近は、LINEの通話機能を使う人が増えていますが、LINE自体を使っていない家族や、仕事の得意先などには、まだまだ電話で話す必要がある人も多いですよね。

月額850円ならつけようかな・・・と思うかもしれませんが、ちょっとお待ちください。

このオプションは組み合わせプランにつけるものですが、そんなに通話するなら最初から10分かけ放題がついているプラン「スーパーホーダイ」で契約した方がお得です。

スーパーホーダイのプランS(2GB)なら、10分かけ放題付きで2年間ずっと月額1480円です。

また、スーパーホーダイは、データ容量を使い切った後も、最低通信速度1Mbpsが保証されています。

そのため、速度制限中でもほとんどストレスなくWEBブラウジングを楽しめます。実質、データ使い放題と言えるので、プランSでも十分です。

3年目からは2980円になりますが、それでも組み合わせプラン+楽天でんわ10分かけ放題よりも安くサービスも充実しています。

スーパーホーダイ楽天モバイルのスーパーホーダイを実際どう?通信速度やメリット・デメリットを解説

②楽天モバイルWi-Fi by エコネクト(月額362円):まずは無料Wi-Fiだけで足りるか判断

楽天モバイルWi-Fi by エコネクト」は、有料のWi-Fiスポットにネット接続できるオプションです。

対象になるのはWi2 300とBBモバイルポイント。全国69000か所以上で使用できます。駅やカフェ、出張先のホテルなどで作業する時に接続できたら便利ですよね。

ただし、近年は無料のWi-Fiスポットを設置する施設が増えてきています。 災害時の通信手段や、外国人観光客への対応のため、政府がWi-Fiスポットの全国的な整備を進めているからです。

宿泊者が無料でWi-Fiを利用できるホテルも増えています。

まずは自分の生活行動圏が無料Wi-Fiで足りるかどうか、確かめてから加入しても遅くはありません。

外部参考(総務省):2020年に向け全国約3万箇所のWi-Fi整備を目指して

③データ復旧サービス / マカフィーモバイル(月額500円/300円):楽天モバイルを経由するメリットなし

データ復旧サービスは割高

データ復旧サービスは、スマホが壊れてしまったり、データを削除してしまったりした時に、下記のデータを復旧してもらえるオプションです。

復旧対象例

  • 写真
  • メール
  • 通話履歴
  • 音楽データ

実際にデータを復旧するのは日本でのデータ復旧のパイオニアであるAOSリーガルテック株式会社です。

検察庁や金融庁にシステムを提供するなど、信頼できる実績があります。

ただ、このオプションは料金が割高です。月額500円のほか、データ復旧時に一律5000円かかります。

そもそも、写真やメールなど大事なデータは定期的にクラウド上に保存しておけば、復旧が必要になる場面も少ないでしょう。

GoogleフォトやiCloudを活用して、こまめにバッグアップを取る環境を作れば加入する必要はありません。

マカフィーモバイルは直接契約の方が安い

マカフィーモバイルは、Android専用のウイルス対策アプリです。アカウントの乗っ取り帽子や個人情報の保護の観点から、必要と感じる人が多いかもしれません。

だからといって、楽天モバイルから申し込むと損をする可能性があります。直接「マカフィーの公式サイト」から申し込むと1年間の利用で3065円(税込)と割安になります。

楽天モバイルから月額300円で加入するメリットはありません。

④留守電サービス/スマート留守電(月額300円/ 290円):本当に必要な人は少ない

留守番電話サービスは、自分が電話に出られない時に、かけてきた相手が伝言メッセージを残せるシンプルな機能です。

月額300円で、後から録音された音声データを聞くことができます。普段から留守電が無いと困る方のみ加入しましょう。

スマート留守電は、留守電に吹き込まれた音声を、文章化してスマホのプッシュ機能やメール、LINEで通知してくれるサービスです。

会議中や運転中などで、すぐに留守電を聞けない場合も、チラッと通知を目で確認することができます。

電話に出られない時間帯も、家族からの連絡を素早く確認したい人には心強いオプションでしょう。

ただ、スマート留守電がなくてもLINEで要件を伝えれば済む話でもあるので、本当に必要かどうかよく判断してください。

MEMO
スマート留守電を楽天モバイルを経由せずにアプリストアから直接契約した場合、Androidが310円でiOSが360円かかります。楽天モバイル経由のほうが、月額290円とお得です。

⑤楽天モバイルお得生活(月額500円):近くに対象施設がないと使えない

楽天モバイルお得生活は、旅行やショッピング、グルメなど140万件以上の特典を提供する会員制のサービスです。

例えば下記のような特典があります。

特典内容の一部

  • 映画の鑑賞券1800円が1300円に
  • カラオケの室料が30%オフに
  • 温泉施設の入場料3044円が1900円に

上手く活用できれば、消費生活がお得になる場合も。とはいえ、140万件の中に普段使うお店や施設がなければ、月額500円の元が取れません。

特に、地方に住んでいると、使いたくても使えない状況になる可能性があるでしょう。基本的には加入しなくていいオプションです。

さらに、楽天モバイルを経由すると200円高くなる

楽天モバイルお得生活は、ベネフィット・ワンが運営するベネフィット・ステーションに直接加入すれば、ほぼ同等の特典を受けることができます。

楽天モバイル経由だと月額500円ですが、直接加入なら月額300円と安いです。そのため、楽天モバイルから加入する必要はありません。

ただし、割高な楽天モバイル経由の契約ですが、月に1回プレゼントが当たる抽選くじ「マンスリーハッピーくじ」に応募できる特典が付いています。

このプレゼントの内容についてベネフィット・ステーションのカスタマーセンターにメールで問い合わせました。

すると、当選商品例を1つだけ「ミニストップのコーヒーSサイズ」と教えてくれました。かなり微妙ですね・・。

やはり、楽天モバイル経由で契約する価値はありません(2ヶ月の無料期間だけお試しするのはあり)。

⑥アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プラン:データ移行は自分でできる

アドレス帳・写真移行サービス 出張設定プランは、自宅に専用スタッフがやってきて、新しい端末にアドレス帳・メール・写真のデータを移行するサービスです。

対象になるのは、端末セットで契約した人のみ。機種変更やSIMカード単体契約の申し込みに、このオプションはつけられません。

オプション料金は1回11000円です。

10時から19時以外の時間帯では追加料金がかかります。また、移行するデータが10GBを超えても追加料金が発生します。気軽に申し込める料金ではありません。

そもそも、データ移行は自分でできますので、申し込む必要はありません。

ほとんど人がGoogleやAppleのアカウントを使い、クラウド上にデータを保存しているはずです。

新しい端末でこれまでと同じアカウントでログインすることで、今までとほぼ同じ環境で使い始めることができます。

Androidなら、Googleアカウントの引継ぎだけでも、Googleフォト・ドライブ・カレンダーなども一気に移行できますよ。

iPhoneの場合は、iCloudを使ってバックアップを取り、移行しましょう。その他、失敗しがちなLINEの引継ぎは、準備万端にしておきましょう。

⑦キャッチホン / 割込通話サービス(月額200円):一般の人は不要

キャッチホンサービスはdocomo回線が対象で、割込通話サービスはau回線が対象です。名称は異なりますが、機能は同じです。

通話している最中に他の人から電話がかかってきたら、いったん保留にして出られます。

海外のドラマや映画でキャッチホンに対応するシーンを見ることはありますが、日本で実際にキャッチホンに対応している人を見たことがありません。必要のある人はごく一部でしょう。

大事な電話を逃したくない仕事をしている人なら、必要かもしれません。

⑧迷惑電話撃退サービス(月額100円):迷惑電話に悩まされてから契約検討すればいい

迷惑電話撃退サービスは、au回線が対象のオプションです。いたずら電話や怪しいセールスなど、かかってきてほしくない電話を、次から着信しないように30件まで登録できます。

スマホの着信拒否設定との違いは、非通知からの着信でも登録できることと、着信履歴が残らないことです。

多少の迷惑電話であれば着信拒否で対応できますので、悩まされるようになってから検討すればいいオプションです。

また、docomo回線で契約している人は、申し込み不要で、迷惑電話ストップサービスという同等の機能を無料で使うことができます。

3.楽天モバイルには無料で使えるオプションがある

無料のオプションなんてあるんですね。

ええ、そうよ。最初の数ヶ月だけ無料のオプションと、ずっと無料のオプションがあるわよ。

3-1.期間限定で無料となるオプション

楽天モバイルでは、以下のオプションに無料期間があります。

最大2ヶ月無料

  • マカフィー® モバイル セキュリティ Android版
  • 楽天モバイルWiFi by エコネクト
  • 楽天モバイルお得生活

最大1ヶ月無料

  • Rakuten NBA Special by 楽天モバイル
  • Rakuten パ・リーグ Special by 楽天モバイル

31日間無料

  • 楽天マガジン

最大2ヶ月無料とは、利用を始めた月を1カ月目とし、2カ月目まで無料のこと。最大1ヶ月無料とは、利用を始めた月が無料となります。

月初の方が、無料期間が長くなるのでお得です。

どのオプションも、適用条件は初めての申込みに限ります(過去に利用した経験がないこと)。

3-2.ずっと無料で使えるオプション

楽天モバイルには、月額料金がかからないオプションがあります。

楽天でんわ

楽天でんわアプリを経由すると、通話料が半額に。

国際電話・国際ローミング

海外でスマホを使用したい時に申し込みます。加入自体は無料ですが、利用時間に応じた従量課金となります。

転送電話

申し込み不要で、利用時間に応じた従量課金となります。留守番電話サービスと併用できません。

楽天メール

@rakuten.jpでアドレスを取得しできます。無料の専用アプリが使用できます。

迷惑電話ストップサービス

docomo回線のみ申込み不要で利用できます。au回線が対象の迷惑電話撃退サービスと同等のサービスになります。

4.楽天モバイルでは後から自由にオプションの解約・変更ができる

楽天モバイルのオプションは、後から追加で加入することができます(端末保証のみ新規契約時しか加入できない)。

また、必要がなくなれば解約することもできます。手続きはネット上から自分ででき、2~3分で済みます。

オプションの解約・申し込みの方法

  1. メンバーズステーションにログインする
  2. 「各種オプションご利用状況」の中から該当するオプションを選択
  3. 「お申し込みへ」か「内容変更へ」のボタンを押す
  4. 画面の指示に従って完了(オプションによって手続きのステップが多少異なります)

※楽天マガジンの解約のみ楽天マガジン マイページから行う

オプションの解約日

オプション名 解約日(適用のタイミング)
スマホ交換保証サービス 25日までの申請で当月末解約
スマート留守電
あんしんリモートサポート
楽天モバイルWiFi by エコネクト
データ復旧サービスマカフィー®
モバイル セキュリティ Android版
スマホ交換保証サービス
i-フィルター for マルチデバイス
楽天でんわ 当月月末までの申請で当月末解約
Rakuten NBA Special
by 楽天モバイル
Rakuten パ・リーグ Special
by 楽天モバイル
楽天マガジン 無料期間中は解約と同時にサービス利用不可

有料期間中は契約期間内まで利用可能

どのオプションも、解約料金の日割はありません。 そのため、ギリギリまでオプション使用する方がお得です。

5.【まとめ】楽天モバイルのオプションでおすすめは一部のみ、新規契約時はすべてスルーしてもOKです

楽天モバイルのオプションは後から加入できるものばかりです。そのため、新規で契約する時には一切申し込まなくても大丈夫。必要になってから加入すればOKです。

ただし、スマホ交換保証サービス(つながる端末保証)だけは後からつけられないので、高額の端末を購入する場合は事前に検討しておくといいです。

ちなみに、筆者が加入したオプションは楽天マガジンです。無料期間に使ってよかったため、有料契約に移行しました。 必要な時期にはデータシェアも家族と利用しています。

オプションは加入も解約も簡単な手続きで済むので、必要な時期だけ・必要なものを限定して使うのも無駄がなくていいですよ。

キャンペーン速報

人気機種が、期間不定期で大幅割引に。

キャンペーン

キャンペーン端末(一部)

キャンペーン価格 割引額
HUAWEI P30 lite 一括:29819円
分割:1366円
-3061円
AQUOS sense2 SH-M08 一括:24800円
分割:1136円
-5000円
OPPO Reno 10x Zoom 一括:95880円
分割:4694円
-4000円

キャンペーンの適用条件は、通話SIMで申し込むのみ。端末のみ購入はできません。

POINT
どの端末を選ぶか迷ったら、HUAWEI P30 liteがおすすめ。価格の割に高性能です。

CHECK!

キャンペーン中の端末を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。