楽天モバイルWiFi by エコネクトは本当に必要なのか完全検証

楽天モバイルWiFi by エコネクト

楽天モバイル WiFi by エコネクトってどんなサービス?

楽天モバイルでは有料のWi-Fiスポットサービス、楽天モバイル WiFi by エコネクトが利用できます。オプション料金はかかりますが、外出時に快適なデータ通信が可能です。

しかし、本当にオプション契約するほど必要なサービスなのでしょうか。この記事では、楽天モバイル WiFi by エコネクトについて徹底的に解説。詳しい設定手順から、オプションの必要性まで言及しています。ぜひ、参考にして下さいね。

1.楽天モバイル WiFi by エコネクトとは?

さっそく詳しいサービス内容について見ていきましょう。

1-1.特徴

楽天モバイル WiFi by エコネクトは、Wi2 300とBBモバイルポイントの2つのWi-Fiスポットを利用できます。

以下のWi-Fiマークがある場所がアクセスポイントです。

wifiマーク

楽天モバイル WiFi by エコネクトのWi-Fiマーク

アクセスポイント数は執筆時点で全国69000箇所です。ショッピングモール、カフェ、交通機関、公共施設などで利用できます。接続中はもちろん時間無制限で使い放題です。Wi2 300は3時間152円で、新幹線(東京-新大阪間のみ)で利用可能です。

アクセスポイントでは、スマホ以外にもパソコンやタブレットにもネット接続できます。

セキュリティも万全

外でWi-Fi接続する際は、他人に個人情報を抜き取られないためのセキュリティが重要となります。楽天モバイル WiFi by エコネクトは、Wi2 300でWEP・WPA・WPA2-PSK、BBモバイルポイントでWEPに対応しています。

WEPやWPAとは暗号化通信のことで、誰かに情報を盗まれることなくデータ通信が可能です。

1-2.利用料金

楽天モバイル WiFi by エコネクトの利用料金は、月額362円となります。残念ながら無料サービスではありません。

ちなみに、以下の格安SIMでは無料でWi-Fiスポットサービスを利用できます。

毎月25日までなら、当月内でいつでも解約が可能です。

1-3.通信速度の評判

まず、通信速度の理論値ですが、Wi2 300が最大300MbpsでBBモバイルポイントが最大4Mbpsとなります。

測定環境で多少変化しますが、両者の実効値はおよそ以下の通りです。

  • Wi2 300:5~10Mbps
  • BBモバイルポイント:3~4Mbps

やはり、無料の公衆無線LANと比べて優秀な数値が出ています。使い物にならないとの評判は少数派(測定場所が悪かったと思われる)で、多くの方が快適なデータ通信をできています。Wi2 300は平均で7Mbps程度です。外出時のネット接続には十分過ぎる速度です。

BBモバイルポイントも、ほぼ理論値通りの通信速度が出るため使いやすいです。3~4Mbpsでも動画を高画質で視聴することが可能です。よほどの大容量ファイルをダウンロードでもしない限り、不便はないでしょう。

1-4.申込み方法

楽天モバイル WiFi by エコネクトは、新規契約時でも契約途中からでも申込みが可能です。

新規契約時

契約手続きの途中でオプションの選択画面が表示されます。楽天モバイルWiFi by エコネクトにチェックをして申し込みましょう。時期によっては無料キャンペーンを行っていますよ。

楽天モバイルWiFi by エコネクト 申し込み

既に契約中の場合

楽天モバイルメンバーズステーションにログインして、「オプションサービスの申し込み」→「楽天モバイルWiFi by エコネクト」をタップしましょう。

楽天モバイルWiFi by エコネクト 申し込み2

※解約する場合

楽天モバイル WiFi by エコネクトを解約する場合は、楽天モバイルメンバーズステーションにログインして「オプション解約申請」をタップして手続きを行います。26日以降の解約は、翌々月から解約扱いとなるため注意しましょう。

1-5.本当に必要なオプション?

楽天モバイルWiFi by エコネクトの特徴や申し込み方法は分かったけど、そもそも必要なオプションサービスなのでしょうか?結論から言うと、無くてもいいかなと思うのが正直な感想です。

観光客の誘致も関係しているのかもしれませんが、日本の無料Wi-Fiスポットは非常に充実しています。カフェ、コンビニ、ショッピングモール、交通機関など楽天モバイル WiFi by エコネクトとほぼ同じ場所に無料Wi-Fiスポットがあるのです。

全体的には遅いのですが、無料Wi-Fiスポットでも場所によっては10Mbps以上の通信速度が出る場合があります。無料Wi-Fiスポットの欠点は、接続するたびにアカウントを作成したり手動設定が必要になったりすることです。

しかし、この問題も徐々に解決されつつあります。海外の観光客向けにリリースされたアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」では、440種類の無料Wi-Fiに自動接続します。一度登録すれば自動接続するので、Wi-Fiを繋ぐたびに面倒な設定は必要ありません。もちろん、日本人でも利用可能です。

Japan Connected-free Wi-Fiで利用できるアクセスポイントは17万を超えていて、有料の楽天モバイルWiFi by エコネクトよりも多いです。以上の結果から、楽天モバイル WiFi by エコネクトは無くても問題ないと言うのが結論です。

楽天モバイル WiFi by エコネクトは無料Wi-Fiスポットだけではいざという時に心配な方のみ契約しましょう。

キャンペーン速報

2019年8月8日まで

 

人気14機種の端末代金が大幅割引に。7980円のHUAWEIは狙い目です。

 

楽天モバイルの公式サイトへ

>>さらに詳しく最新キャンペーンを見る

2.楽天モバイルWiFi by エコネクトの設定方法

Android端末、iPhoneともに通常の設定アプリから楽天モバイルWiFi by エコネクトのネットワーク名を選んで接続できますが、ここでは自動接続可能なアプリを使ったWiFi by エコネクトの設定方法について詳しく解説します。

2-1.Android

Androidでは以下の手順で楽天モバイルWiFi by エコネクトを設定します。

1.「楽天モバイルSIMアプリ」をインストール

楽天モバイルSIMアプリ

楽天モバイルSIMアプリ

※楽天モバイルでSIMカードとセットで端末を購入した方は、最初から楽天モバイルSIMアプリがインストールされています

2.左上のメニューから「楽天モバイルWiFi」をタップ

楽天モバイルSIMアプリでwifi設定

3.右上の設定アイコンをタップ

4.「接続アカウント」、「パスワード」を入力して「保存」をタップ

楽天モバイルSIMアプリでwifi設定2

自動接続のチェックも入れておきましょう。

5.「WiFi」をONにする

以上で完了です。最寄りのアクセスポイントはマップ上に表示されます。

2-2.iPhone

iPhoneでは以下の手順で楽天モバイルWiFi by エコネクトを設定します。

1.「エコネクト」アプリをインストール

エコネクト

エコネクト

2.楽天モバイルWiFiのIDとパスワードでログイン

エコネクトの設定2

3.「自動接続」をタップ

4.「自動接続の設定をする」をタップ

エコネクトの設定2

以上で完了です。メニューのマップからアクセスポイントの確認ができます。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、楽天モバイルWiFi by エコネクトについて詳しく解説してきました。楽天モバイルWiFi by エコネクトは有料サービスとなりますが、外出時のネット環境をよくしたい方には便利なオプションでしょう。

利用できるWi-FiスポットがWi2 300とBBモバイルポイントの2つであることも高評価です。しかし、近年の無料Wi-Fiスポットはかなり進化して有料サービスと遜色ないレベルになっています。アプリを使えば面倒な手動設定もしなくていいため、使い勝手も悪くありません。

そのため、どうしてもWi-Fi環境を充実させたい方は別ですが、一般の方は楽天モバイルWiFi by エコネクトの契約はおすすめしません。楽天モバイルWiFi by エコネクトはいつでも解約できるので、気になる方は1ヶ月お試ししてみるといいでしょう。

執筆時点では、2ヶ月無料キャンペーンを行っていましたよ。

朗報:楽天モバイルで端末価格が大幅値下げ中です(2019年8月8まで)

楽天モバイル公式サイトにて、キャンペーンで端末がありえないセール価格に。

通常価格 セール価格
HUAWEI nova lite 3 26880円 7980円
(分割359円)
HUAWEI nova 3 54800円 42980円
(分割1934円)
HUAWEI P20 69800円 48980円
(分割2204円)
HUAWEI P20 lite 31980円 7980円
(分割359円)
AQUOS zero
SH-M10
89980円 79980円
(分割3599円)
AQUOS R2 compact
SH-M09
69800円 62800円
(分割2826円)
AQUOS sense2
SH-M08
29800円 14580円
(分割656円)
AQUOS R compact
SH-M06
67800円 49480円
(分割2226円)
AX7 29880円 9580円
(分割431円)
ZenFone 5 52800円 30980円
(分割1394円)
ZenFone 4 Max 19800円 17480円
(分割786円)
HTC U12+ 89800円 74980円
(分割3374円)
HTC U11 life 39800円 13980円
(分割629円)
LG Q Stylus 39800円 14980円
(分割674円)
Essential Phone 49800円 27980円
(分割1340円)

在庫限りなのでお早めに↓

セール中の端末一覧を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。