おすすめの格安スマホ(SIMフリースマホ)比較

ツムツム好きにおすすめしたい格安スマホ端末3選

ツムツム

格安スマホ端末に乗り換えたらツムツムができない・・。それはちょっと困りますよね。

動作が軽いツムツムはどんな端末でも動かすことはできますが、さすがに性能が悪い格安スマホ端末だと快適に遊べなくなる可能性があります。

この記事ではツムツムを思いっきり楽しめる格安スマホ端末をご紹介していきます!

1.ツムツムが快適に遊べる格安スマホ端末

ツムツムを快適に楽しめる格安スマホ端末を厳選してご紹介していきます。

こちらの機種はすべてSIMフリー端末なので、基本的にはどの格安スマホ会社でも契約できますよ。

※一部例外あり、格安スマホ会社の動作確認端末一覧より確認しましょう

1-1.arrows M03

arrows M03
メーカー 富士通
ディスプレイ 約5.0インチHD IPS液晶(720×1280
外形寸法(H×W×D) 約144mm×72mm×7.8mm
CPU MSM8916 1.2GHz クアッドコア
メモリ内部 ROM:16GB/RAM:2GB
メモリ外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)
バッテリー容量 2580mAh
バッテリー充電時間 約150分
OS Android™ 6.0
カメラ 外部 約1310万画素 CMOS

内部 約500万画素 CMOS

その他 防水&防塵機能・おサイフケータイ対応

富士通のarrows M03は女性の手でもピッタリと収まるサイズで吸い付くような握り心地があります。長時間プレイでも疲れないのが嬉しいポイント。スペックも全体的に申し分なく、サクサクとツムツムを楽しめます。

さらに防水機能があるので、お風呂でも使用可能。その他、ディスプレイが節電仕様となっているため、電池持ちが非常にいいです。普通に3日持つこともあります。機種代金も約2万円から購入できるのでコスパも抜群。節約したい女子にはおすすめの機種です。

arrows M03を購入できるMVNO

1-2.ZonFone Max

Zenfone 3 Max
メーカー ASUS
ディスプレイ 約5.0インチHD IPS液晶(720×1280 5.5インチ
外形寸法(H×W×D) 高さ約156mm×幅約77.5.mm×奥行き約5.2mm~10.55mm
CPU Qualcomm Snapdragon 410  1.2GHz クアッドコア
メモリ内部 ROM 16GB RAM 2GB
メモリ外部 microSDXCメモリーカード最大128 GB
バッテリー容量 5,000mAh
バッテリー充電時間 約4.8時間
OS Android™ 5.0
カメラ 外部1300万画素

内部500万画素

5.5インチの大画面で、ツムツムを操作しやすいASUSのZonFone Max。5,000mAhの超大容量バッテリーが特徴的で、連続待受時間38日間の記録があるそうです。ミドルレンジの格安スマホ端末では電池持ちがずば抜けています。

その他、カメラの性能も1300万画素あるので、インスタで写真を上げたい方にもおすすめ。普段からスマホを使いすぎて電池がすぐに切れる方に最も適している端末です。

ZonFone Maxを購入できるMVNO

1-3.ZonFone3 Max

 

ASUS ZonFone3 Max
メーカー ASUS
ディスプレイ 約5.2インチ
外形寸法(H×W×D) 高さ約149.5mm×幅約73.7.mm×奥行き約8.55mm
CPU MediaTek MT6737M  1.25GHz クアッドコア
メモリ内部 ROM 16GB RAM 2GB
メモリ外部 microSDXCメモリーカード最大128 GB
バッテリー容量 4,100mAh
バッテリー充電時間 約4.2時間時間
OS Android™ 6.0
カメラ 外部1300万画素

内部500万画素

Zenfone Maxの後継機モデルである、Zenfone3 Max。Zenfone Maxよりも電池容量がやや劣りはするものの、4,100mAhのバッテリー容量は必要十分。さらにZonFone Maxよりも軽量化されているので、使い勝手も抜群。

丸いフォルムで手に馴染みやすいので、ツムツムも快適にプレイできます。その他、カメラ性能やメモリなどスペック面は申し分ありません。

Zenfone3 Maxを購入できるMVNO

2.格安スマホ端末を自分で探す場合

ここでは、紹介している機種ではなく、自分で格安スマホ端末を探す場合はどうすればいいのか?ツムツムに必要なスペックを中心に解説していきます。

2-1.ツムツムをするならミドルレンジ端末で十分

格安スマホ端末は、スペックや価格帯により

  • ハイエンド
  • ミドルレンジ
  • ローエンド

3つに分類されます。

分類 価格帯 CPU 使用用途
ハイエンド 4万円以上 オタクコア(8コア)以上 3Dゲーム
ミドルレンジ 2万円~4万円 クアッドコア(4コア)以上 2Dゲーム(ツムツムやパズドラ)、動画再生
ローエンド 2万円以下 シングルコア(1コア)~デュアルコア(2コア) SNS、ネット閲覧、LINE

ツムツムのために、高額な格安スマホ端末は購入しなくて大丈夫です。ツムツムは2Dゲームのため難しい処理が必要ありません。高性能のスペックは搭載されている必要はないのです。

ミドルレンジの機種ならツムツム以外にもLINEやネット閲覧、動画再生も問題なく楽しめます。

2-2.ツムツムに必要なスペック

ツムツムはロースペック端末でも動作しますが、最低限以下のスペックを押さえておくといいでしょう。

(1)画面サイズ

ツムツムでは画面サイズが重要です。最低でも5インチ以上は確保しましょう。4インチ台はツムツムに適していません。

画面が小さいと、誤って他のツムを触ってしまいます。画面が小さいだけで時間をロスしたり、ツムが消せなくなる可能性があるので要注意です。

(2)CPU

ゲームをサクサクプレイするのに必要なのがCPUです。CPUと聞くと難しく感じるかもしれませんが、単純にCPUのコア数(処理能力の高さを示す値)が多ければ良い端末と考えてOKです。

欲しいCPUはクアッドコア(4コア)です。CPUは端末のスペック表に必ず記載されています。ちなみに、3Dゲームをしたい方はオタクコア以上のコア数が搭載されている端末を選ぶといいでしょう。

2-3.ツムツムは低速通信でも動く

ツムツムは消費するデータ通信量が少ないので通信速度が遅くても動きます。格安スマホを使う際は高速通信と低速通信の切り替えでデータ通信量の節約が可能です。

実際に低速通信でツムツムをプレイしてみたところ、アプリの起動に時間はかかりましたが、ゲーム自体はサクサクプレイできました。できるだけ毎月の通信費を抑えたい方は、低速通信を上手く活用してデータ通信量の少ないプランで契約するといいでしょう。

3.機種変更時のデータ引き継ぎ方法

新しい格安スマホ端末に乗り換えても、現在のツムツムのデータはそのまま引き継げます。ツムツムのデータ引き継ぎはLINEアカウントと連動しています。

引き継ぎ設定は以下の流れで行いましょう。

(1)LINEの引き継ぎ準備

現在使用している機種のLINEに

  • メールアドレスを登録
  • Facebookアカウントを連動

のどちらかを行います

※メールアドレスで引き継ぐ場合は、格安スマホ会社と契約するSIMカードは音声通話SIMかSMS付きデータ通信専用SIMにしましょう

(2)新しい格スマホ端末にLINEをインストール

(3)LINEのデータを引き継ぐ

LINEのデータは、最初のログイン時に旧端末で登録しておいた、

  • メールアドレスを入力
  • Facebookアカウントでログイン

のどちらかで引き継ぎできます。

(4)ツムツムをインストール

(5)LINE IDでツムツムにログイン(同期を承認)

以上で、ツムツムのデータ引き継ぎは完了です。

※LINEの引き継ぎに関しては以下の記事も参考にして下さい。

4.まとめ

いかがでしたか?格安スマホ端末でツムツムを遊ぶイメージは掴めたでしょうか?

この記事を参考に乗り換える機種を選べば、今と変わらないクオリティでツムツムは遊べます。ぜひ、参考にしてみて下さいね!

【格安スマホ】10月の申し込み
UQモバイル
uqモバイルのロゴ
  • 月額料金:980円~
  • 端末セット:1980円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:安定した通信速度とauのサブブランドである安心感。初めての格安SIMに。

 

詳細ページキャンペーン

LINEモバイル
LINEモバイル
  • 月額料金:500円~
  • 端末セット:1150円~
  • 評価:4.6pt/5.0
  • 特徴:LINE、SNSが使い放題。圧倒的な使いやすさを誇る格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

mineo
mineoのロゴ
  • 月額料金:700円~
  • 端末セット:1310円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:トリプルキャリア対応。TV CMでもおなじみの格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

あわせて読みたい
NuAns NEO Reloadedの防水性能 おすすめの格安スマホ(SIMフリースマホ)比較

防水機能付きの格安スマホ(SIMフリースマホ)おすすめ9選

2018.3.28
格安スマホ・格安SIMのおすすめ比較【格安スマホの巨人】
大手キャリアでは数多く取り扱われている防水機能付きスマホですが、格安スマホでも防水機能付きの機種はあります。 防水機能があるとその名の …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。