格安スマホ(SIMフリースマホ)とは

格安スマホをウイルスから守るための全知識

ウイルス

近年、スマホのウイルスに感染による被害が後を絶ちません。そこで大事なのがウイルス対策。

しかし、ウイルス対策が大事と聞いても、何だか難しそうだし何をすればよくわかりませんよね。

この記事では、格安スマホをウイルスからどうやって守るのか?すべてを解説します。

1.ウイルスはどこから感染する?

そもそもウイルスはどこから感染するのでしょうか?

格安スマホのウイルス対策法を知る前に、ウイルスの感染ルートを確認しておきましょう。

1-1.非公式アプリ

Android端末はGoogle Play Store以外でも非公式アプリがダウンロードできます。個人でも作成できる非公式アプリには、ウイルス感染の危険性があります。

また、GooglePlayStoreも万全とはいえず、アプリの出品審査が緩いため、大量の怪しいアプリが多数見受けられます。

iPhoneのiOSはセキュリティレベルが高く、App Storeも厳しい審査に通ったアプリしかないためウイルスに感染する可能性は低いです。

1-2.ウェブサイト

ウェブサイトを開いただけではウイルスには感染しません。

しかし、サイトを開いときに突然現れるポップアップ広告から不正アプリをダウンロードしてウイルス感染する可能性があります。

ポップアップ広告とは、サイトを表示したら「スマートフォンからウイルスが検出されました。

ウイルスを除去するためにアプリをダウンロードしてください」など危機感を煽るメッセージを表示する広告のことです。アダルトサイトによく仕込まれています。

1-3.メール

メールを開いてもウイルス感染はしませんが、メールに添付されているファイルをインストールすることでウイルス感染する可能性があります。

添付ファイルだけでなく、メール内に記載されているURLからポップアップ広告付きのサイトに促されるパターンもあります。

迷惑メールと判断されないために、件名に「重要連絡」などと書いてメールを送り付ける例がよく見られます。

2.ウイルス感染を防ぐにはセキュリティソフトが重要

ウイルスの作成者は、スマホ内にウイルスを侵入させようとますます手口が巧妙となっています。

私達がいくらウイルス感染に注意を払っても、いつどこでウイルスの侵入を許してしまうかわかりません。

そこでウイルス対策として一番強力なのがセキュリティソフトの導入です。ここでは、どんなセキュリティソフトがおすすめなのか?解説します。

2-1.セキュリティソフトが重要な理由

スマホ用のウイルス対策ソフトを導入すると、寝ている間でもスマホ全体にウイルスが侵入していないかスキャンを行ってくれます。

またウェブサイトを閲覧するときも、危険なサイトの場合、警告メッセージを表示してくれます。セキュリティソフトがあれば、たとえウイルスをに感染してもすぐに除去してくれます。

2-2.おすすめのセキュリティソフト

格安スマホに導入したいおすすめのセキュリティソフトを紹介します。

複数インストールする必要はないので、どれか1つ気に入ったアプリをインストールしておきましょう。価格ですが、有料版は基本的にアプリ内購入となります。

当然有料の方が高機能ですが、セキュリティソフトが初めての方は無料のアプリからはじめるといいでしょう。

ノートンモバイルセキュリティ

■価格:1年版2800円/2年版4750円(30日間無料体験)

セキュリティソフトの中でトップクラスのウイルス検出率を誇るノートンモバイルセキュリティ。安全性の高さはピカイチです。スマホ本体のウイルススキャンも15秒前後で完了。

操作も簡単で管理も楽々に行えます。スマホを紛失した際の遠隔操作機能も可能で、他人の悪用を防げます。有料版のセキュリティソフトの中では最もおすすめです。

ウイルスバスターモバイル

■価格:1年版2838円/2年版5220円(30日間無料体験)

パソコン用のセキュリティソフトでもお馴染みのウイルスバスター。スマホ用のウイルスバスターモバイルも高評価です。ウイルス検出率はノートンモバイルセキュリティと肩を並べます。

セキュリティソフトの性能調査で有名なAV Comparativesから2年連続マルウェア(不正アプリ)防御の最高評価を受賞しています。操作もしやすく初心者でも扱いやすいソフトです。

マカフィーモバイルセキュリティ

■価格:1年3065円(14日間無料体験)

ソフトバンクモバイルも採用している最高クラスのセキュリティソフト、マカフィーモバイルセキュリティ。

高いウイルス検出率だけでなく、スマホの動作を軽くするメモリの開放機能や子供向けのアプリ制限機能など値段に見合う多機能性を備えます。

盗難対策では、GPSによる位置特定だけでなくSIMカードが抜かれた瞬間にロックする機能も兼ね揃えています。

AVL

■価格:無料

AVLは無料で使えるAndroid専用のセキュリティソフトです。無料ながら精度の高いスマホ本体のウイルススキャンが可能。

有料のセキュリティソフトと比べると、スキャンに時間がやや掛かります。機能は申し分ないのですが、日本語非対応なのが惜しい点です。

アバストモバイルセキュリティ

■価格:無料

AVLと同じくAndroid専用のセキュリティソフトです。ウイルス検出率が99.7%と有料アプリ並の高さを誇ります。

盗難・紛失時の遠隔操作など機能も豊富で、有料のセキュリティソフトとほぼ変わらないクオリティです。ただし、動作速度は有料のセキュリティソフトに比べて遅いです。

2-3.格安スマホ会社のセキュリティオプションも活用できる

格安スマホ会社によっては月額契約でセキュリティオプションのサービスが用意されています。月額料金は300円程度が相場です。

契約方法は、格安スマホを申し込む際にオプションが表示されるので、そこでセキュリティオプションを選択しましょう。

すでに格安スマホ会社と契約していても、後から追加で契約できます。

格安スマホ会社のセキュリティオプション

格安スマホ会社 セキュリティオプション 月額料金
楽天モバイル マカフィーモバイル セキュリティ 300円
mineo ウイルスバスターモバイル 270円
OCNモバイルONE Myセキュアforスマートフォン 250円
NifMo 常時安全セキュリティ24モバイル 200円
DMMモバイル Secure Anywhereモバイルプレミア 250円
BIGLOBEモバイル セキュリティセット・プレミアム 380円
イオンモバイル イオンスマホセキュリティ 150円

2-4.ランサムウェアに注意

ウイルスに感染すると電話帳や位置情報など個人情報が盗まれます。さらに悪質なウイルスとして、ランサムウェアと呼ばれる不正アプリがAndroid端末を中心に急増中です。

ランサムウェアはスマホの操作をロックして、ロック解除の条件として身代金を要求します。一度ランサムウェアに感染するとスマホ内のデータを取り出すことが困難となります。

ランサムウェアの最も効果的な予防法はセキュリティソフトの導入です。少し面倒でも、感染リスクを考えるとセキュリティソフトは必ず導入しておくべきでしょう。

3.ウイルスに対して普段から気をつけること

ウイルス感染から格安スマホを守るには、セキュリティソフトの導入が最も強力です。

しかし、事情によりセキュリティソフトがインストールできない方でも、普段から気をつけていれば格段にウイルス感染の確率を下げることができます。

ここでは、ウイルス感染しないために、何に気をつければいいのか?無料で出来る対策法を解説していきます。

3-1.怪しいサイトは開かない

アダルトサイトや海外サイトはウイルスが仕込まれているポップアップ広告が表示される可能性が高いです。

あまりウェブの閲覧に慣れていない人は、ネットサーフィンはYahoo!カテゴリーに登録されているサイトだけにしておくといいでしょう。

あるいは、雑誌やテレビで聞いたことがあるサイトだけ利用する方法も有効です。

3-2.非公式アプリはインストールしない

App StoreやGoogle Play Storeにないアプリは全て非公式です(通称、野郎アプリと呼ばれます)。

非公式アプリに必ずしもウイルスが仕込まれているとは限りませんが、審査がされていないアプリなのでウイルス感染の可能性は公式アプリより当然高いです。

サイト閲覧中にいきなりポップアップ広告からインストールを求められるアプリも非公式アプリです。

非公式アプリからのウイルス感染を防ぐためには、提供元不明のアプリをあらかじめインスールしない設定にしておくことが有効です。

格安スマホ端末で以下の設定を行いましょう。

  • メニュー画面で「設定」→「セキュリティ」をタップ
  • セキュリティ設定メニューが一覧表示されたら「提供元不明アプリ」のチェックを外す

3-3.スマホを改造しない

スマホを改造とは、iPhoneだとJail Break(通称、脱獄)、Androidだとroot化を指します。これらはOSの解放が目的で、スマホを自由にカスタマイズ出来るメリットがあります。

違法行為ではありませんが、Jail Break やroot化を行なうとOSに施されているセキュリティ対策が無効になります。

知識がない初心者はセキュリティリスクが高まるので注意が必要です。root化に興味がある方は以下の記事を御覧ください。

3-4.アプリをダウンロードするとき、アクセス許可(権限)を確認する

アプリをダウンロードするときに、アプリ側はカメラやGPSなどにアクセス許可(権限)を求めてくる場合があります。

動画や写真の編集アプリなのに、電話帳へのアクセス権限を求めてくるなど不自然な要求がある場合は要注意です。

アクセスを許すと個人情報を盗まれる可能性があります。普段、読み飛ばしがちなアクセス許可ですが、しっかりとメッセージ内容を確認する癖を付けましょう。

3-5.OSは常に最新版にする

ウイルスの作成者は常にOS内に侵入できる穴を探しています。OSをアップデートして最新版に保ては、ウイルスが入る穴をふさぐことができます。

OSの開発者とウイルス作成者ははいたちごっこ状態なので、OSのアップデートが終わることはありません。

OSアップデートは少し面倒に感じるかもしれませんが、非常に有効なウイルス対策なので、古いOSのままの方は今すぐアップデートしておきましょう。

なお、OSのアップデートは大量のデータ通信量を消費するため、Wi-Fi環境下で行うことを推奨します。

OSアップデートの方法

■iPhone

  1. 「設定」をタップ
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップ
  4. アップデートが必要な場合、ダウンロードとインストールへ誘導されるので画面の指示に従う

■Android

  1. 「設定」をタップ
  2. 「端末情報」をタップ
  3. 「ソフトウェア更新」をタップ
  4. 「今すぐ更新」をタップ

4.盗難や紛失の事前対策もしておこう

格安スマホのセキュリティはウイルスだけでなく、盗難や紛失に対する事前のセキュリティ対策も重要です。まず、画面ロックは必須。意外と設定していない女性の方は多く見受けられるので、必ずロックはしておきましょう。

近年は、勝手に居場所がばれるゴーストアプリも問題となっています。画面ロックがないと勝手にアプリをインストールされる危険性があります。

画面ロック以外には、スマホ紛失時の遠隔操作が有効です。遠隔操作では、第3者にデータを盗まれる前にデータを消去できます。また、無くしたスマホの場所をパソコンなど別の機器で表示することも可能です。

セキュリティの知識や遠隔操作の詳しい使い方などは以下の記事を参考にしてください。

5.まとめ

格安スマホでもウイルス対策は非常に重要です。一番確実なのはセキュリティソフトの導入です。

難しそうで抵抗がある方も、今のセキュリティソフトはだいぶ操作が簡単になっているので、ぜひ使ってみましょう。

またセキュリティソフト以外にも、ウイルスから身を守るために、

  • 怪しいサイトは開かない
  • 非公式サプリはインストールしない
  • スマホを改造しない
  • アプリをダウンロードするとき、アクセス許可(権限)を確認する
  • OSは常に最新版にする

を普段から意識しましょう。

これだけでも、ウイルスに感染する可能性はかなり下げることができますよ。

【格安スマホ】10月の申し込み
UQモバイル
uqモバイルのロゴ
  • 月額料金:980円~
  • 端末セット:1980円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:安定した通信速度とauのサブブランドである安心感。初めての格安SIMに。

 

詳細ページキャンペーン

LINEモバイル
LINEモバイル
  • 月額料金:500円~
  • 端末セット:1150円~
  • 評価:4.6pt/5.0
  • 特徴:LINE、SNSが使い放題。圧倒的な使いやすさを誇る格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

mineo
mineoのロゴ
  • 月額料金:700円~
  • 端末セット:1310円~
  • 評価:4.1pt/5.0
  • 特徴:トリプルキャリア対応。TV CMでもおなじみの格安SIM。

 

詳細ページキャンペーン

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。