おすすめの格安スマホ(SIMフリースマホ)比較

ゲーム向けの格安スマホ端末(SIMフリースマホ)おすすめ6選

格安スマホ向きのゲーム

格安スマホでもゲームを楽しむことはできる・・・?

せっかく格安スマホに乗り換えても、ゲームが快適に動作しないと困りますよね。この記事ではゲームにおすすめの格安スマホ端末をご紹介。

紹介している機種なら、綺麗なグラフィックでサクサクとゲームをプレイすることが可能ですよ。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

1.格安スマホでゲームはできる?

そもそも格安スマホ端末(SIMフリースマホ)でゲームアプリは快適に遊ぶことができるのでしょうか?

実際に格安スマホ端末でゲームをしてみました。人気ゲームアプリのデレステをプレイしてみます。

格安スマホでデレステ

デレステ

使用している格安スマホ端末は富士通の「arrowsM03」です。決してスペックが高い機種ではありませんが、普通にプレイできています。3Dモード標準でも問題ありません。ただし、この機種の場合は3Dリッチモードにするとやや動作が重たくなりました。

高度な映像処理を求められるゲームを行う場合は、この記事で紹介しているようなミドルスペックの格安スマホ端末を購入しましょう。3Dはもちろん、マルチプレイもサクサク動きます。

データ消費量の少ない、パズドラやモンスト、ツムツムやポケモンGOは、極端に古い機種でなければどの格安スマホ端末でも快適に動作します。シャドウハーツやグラブルなどグラフィックレベルが高いゲームも、ほとんどの機種で問題ありません。

格安スマホでシャドウハーツ

シャドウハーツ

格安スマホでグラブル

グラブル

格安スマホという名前から性能が低い機種と勘違いされていますが、最近は大手キャリアの端末を上回るスペックの機種も登場しています。もちろん、ゲームアプリもサクサクを起動することが可能です。

2.ゲームに最適な格安スマホ端末

ここからゲームに最適な格安スマホ端末(SIMフリースマホ)をご紹介していきます。ここで、紹介している機種はすべてSIMフリー端末です。SIMロック解除が外れているため、ほぼすべての格安SIMカードに対応しています。

格安スマホ端末は格安SIMカードとセットで購入することもできますよ。自分にピッタリの機種を見つけてみましょう。

2-1.HUAWEI nova lite 2(2018年発売)

novalite2
メーカー HUAWEI
発売日 2018年2月9日
価格 28000円
OS Android 8.0
CPU Huawei Kirin 659
RAM(メモリ) 3GB
ROM(内部ストレージ) 32GB
画面サイズ 5.65インチ
カメラ性能 アウトカメラ:1300万画素
インカメラ:800万画素
重量 143g
バッテリー容量 3000mAh

2018年販売のHUAWEI nova lite 2。ゲーマーにとって最高レベルに使いやすい機種です。2万円台の機種ながら3GBのメモリとKirin 659のCPUは必要十分。カメラ性能もインカメで800万画素とレベルが高いです。

HUAWEI nova lite 2はワイドビューディスプレイなので、横に向けた時に迫力のある映像を楽しめます。また、本体の重量が143gと軽いのもゲーマーにとって嬉しいポイント。長時間ゲームしてもまったく疲れません。

極めつけはマルチスクリーン機能。ゲーム中にアプリを切り替えなくても、メッセージを打ったりWEB閲覧したりすることができます。途中でゲームを中断しなくてもいいため非常に使いやすいです。

nova lite2のマルチスクリーンマルチスクリーンでアプリを同時起動

HUAWEI nova lite 2を購入できる格安SIM会社

2-2.VAIO Phone A

VAIO Phone A
メーカー VAIO
発売日 2017年4月7日
価格 24800円
OS Android 6.0.1
CPU Snapdragon617
RAM(メモリ) 3GB
ROM(内部ストレージ) 16GB
画面サイズ 5.5インチ、フルHD
カメラ性能 アウトカメラ:1300万画素
インカメラ:500万画素
重量 167g
バッテリー容量 2800mAh

VAIO Phone Aは2万円台で購入できる安価な格安スマホ端末です。SnapdragonのCPU、3GBのメモリなど最低限の性能は十分にクリア。電池持ちやカメラ性能もまずまずのスペックです。弱点はストレージ容量が16GBと少ない点。

たくさんのゲームを端末本体に保存できませんが、容量が足りなくなったらmicroSDにデータを移せば問題ありません。

 VAIO Phone Aを購入できる格安SIM会社

あわせて読みたい
VAIO Phone Aを実機レビュー!使用して分かる本当の実力VAIO Phone Aは国内のパソコンメーカーとして知られる「VAIO」が開発しているSIMフリースマホです。2万円台と低価格ながらD...

2-3.P10 lite

Huawei_P10_Lite
メーカー HUAWEI
発売日 2017年6月9日
価格 29980円
OS Android 7.0
CPU Kirin658
RAM(メモリ) 3GB
ROM(内部ストレージ) 32GB
画面サイズ 5.2インチ、フルHD
カメラ性能 アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:800万画素
重量 146g
バッテリー容量 3000mAh

HUAWEIのP10 liteは、コスパの高さが際立つ人気の格安端末です。2017年は圧倒的な売上でN0.1となりました(※価格コム調べ)。最新OS搭載で、バッテリー容量やROM(ストレージ)も大きいP10 lite。

唯一の弱点はCPUがKirinであることです。データ消費量が大きい3Dゲームはやや不安が残りますが、現状はすべてのゲームで動作報告がされています。

P10 liteを購入できる格安SIM会社

2-4.Moto G5 Plus

Moto G5 Plus
メーカー MOTOROLA
発売日 2017年3月31日
価格 35800円
OS Android 7.0
CPU Snapdragon625
RAM(メモリ) 4GB
ROM(内部ストレージ) 32GB
画面サイズ 5.2インチ、フルHD
カメラ性能 アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:500万画素
重量 155g
バッテリー容量 3000mAh

ゲーマー向けの格安スマホとして人気の高いMoto G5 Plus。CPU Snapdragon625を搭載しており、快適にゲームが楽しめます。さらに、メモリは4GB搭載でアプリの動作もサクサク。OS、バッテリー容量も申し分ありません。

ミドルスペック以上の性能ながら、価格は3万円台とコスパがいいです。格安スマホ全体を比較して、最もゲーマーにおすすめできる機種と言えます。

Moto G5 Plusを購入できる格安SIM会社

あわせて読みたい
moto g5 plus
Moto G5 Plusを完全レビュー!スペックから価格まで全解説Moto G5 Plusはモトローラから発売されているSIMフリースマホです。 コスパに優れたミドルハイクラスのスマホで、30,0...

2-5.ZenFone 3 Deluxe

ZenFone 3 Deluxe
メーカー ASUS
発売日 2016年10月
価格 89800円
OS Android 6.0.1
CPU Snapdragon821
RAM(メモリ) 6GB
ROM(内部ストレージ) 256GB
画面サイズ 5.7インチ、フルHD
カメラ性能 アウトカメラ:2300万画素
インカメラ:800万画素
重量 172g
バッテリー容量 3000mAh

ASUS 提供のZenfone 3 Deluxe(ZS570KL)。価格は高いですが、すべての性能が極めて高いハイスペック機種です。格安スマホながらキャリア端末のスペックも大きく上回るZenFone 3 Deluxe。6GBのメモリはすべてのスマホを比較しても最高レベル。

また、ROM(ストレージ)256GBも驚異的な数値で、インストールするゲーム数は気にしなくていいでしょう。CPU性能も非常に高く、Zenfone 3 Deluxeで快適に遊べないゲームアプリはありません。3Dゲームやマルチプレイ重視のヘビーユーザーには非常に満足度の高い機種となっています。

Zenfone 3 Deluxeを購入できる格安SIM会社

2-6.iPhone6s

iPhone6s
メーカー Apple
発売日 2015年9月
価格 56800円
OS iOS10
CPU Apple A9
RAM(メモリ) 2GB
ROM(内部ストレージ) 16~128GB
画面サイズ 4.7インチ、Retina HD
カメラ性能 アウトカメラ:1200万画素
インカメラ:500万画素
重量 143g
バッテリー容量 1715mAh

格安スマホ端末はAndroidが中心ですが、一部の通信事業者ではiPhoneシリーズも購入可能です。MVNOで購入できるiPhone6sは安定した性能が魅力で、対応ゲーム数も非常に多いです。液晶はiphoneらしくRetineディスプレイを採用。Android端末よりも綺麗な画面でゲームをプレイできます。

iPhone6sを購入できる楽天モバイルでは、3年契約で本体価格が36800円まで割引されます。ただし、楽天モバイルのiPhone6sは海外製のため、購入するならUQモバイルとY!mobileがおすすめです。UQモバイルとY!mobileは対象の料金プランに加入することで、実質負担額が非常に安くなります。

iPhone6sを購入できる格安SIM会社

3.快適にゲームをするために必要な端末の性能

格安スマホで快適にゲームをするためには、端末のスペックが重要です。ここではスペックの項目ごとに、ゲームを楽しむために必要な条件を解説していきます。メモリ、CPUなど難しい専門用語が出てきますが、端末のスペック表を見れば必要な数字を満たしているか簡単に確認できますよ。

※この記事で紹介している格安スマホ端末は、すべて条件を満たしています

3-1.メモリ

■2GB以上

メモリは快適にスマホの操作を行うために必要な機能です。作業領域に例えることができます。メモリが大きいとサクサクとアプリが動きます。ゲームを格安スマホでプレイするなら、メモリは最低でも2GB必要です。1GBや512MBだと、データ容量が大きいゲームがプレイできません。

メモリが足りないと動作がカクカクします。さらに厳しいのが、ゲームを一時中断して再度アプリを立ち上げたら進行状況が保存されていないこと。せっかくゲームを進めても、最初からやり直しになるので非常に辛いです。メモリ2GBは最低限のスペックなので、できれば3GB以上は確保したいところです。

3-2.CPU

■Snapdragonがおすすめ

スマホの頭脳を表すCPU。CPUが新しいとあらゆるスマホの動作・レスポンスが向上します。CPUは2.0GHZ以上のクアッドコアや、1.2GHz以上のオクタコアがオススメ。CPU性能が低いと、ゲームが快適に動作しません。

CPUの名称は、SnapdragonやKirinが代表的です。特に、CPUを大量消費する3Dゲームをプレイするには、エクスペリアやギャラクシーでも採用されているSnapdragonが無難です。Kirin、MediaTek、AtomはSnapdragonに比べて3Dゲームにおける動作があまりよくありません。

3-3.バッテリー容量

■2500mAh以上

ゲームアプリはバッテリーを消耗しやすいので、バッテリー容量は大きいに越したことはありません。ポケモンGOのような常にアプリが立ち上がるゲームはバッテリー消費が非常に早いです。

バッテリー容量は3000mAh以上の機種が理想。最低でも2500mAhは欲しいところです。ただしバッテリーについては、モバイルバッテリーでも対策ができるので、メモリやCPUに比べると優先順位は低いです。

3-4.ROM(内部ストレージ)

■16GB以上

ROMは最低でも16GBは必要です。16GBは最低限の数値で、できれば32GB以上、ヘビーユーザーなら64GB欲しいところです。ゲームアプリによっては1つで1GB以上のデータ容量を消費します。

遊ぶゲームが決まっている場合は少なくても構いませんが、新しいゲームをどんどんプレイしたい方は、ROMができるだけ大きい端末を選びましょう。ただ、Androidの場合はmicroSDで外部に最大256GBのデータを移すことができます。

アプリのデータも外部メモリに移せるため、端末のROMは小さくてもあまり気にしなくて大丈夫です。

3-5.画面サイズ

■5.0インチ以上おすすめ

画面サイズは好みにもよりますが、ゲームに迫力を求めるなら5.0インチ以上がおすすめです。現在の販売されている格安スマホ端末の主流は5.2インチとなっています。

SIMフリースマホとして人気のiPhone SEは画面サイズが4インチなので、人によっては物足りなさを感じるかもしれません。画面の解像度はHD以上が必須。フルHD対応なら鮮明な映像で、ゲームを楽しめます。

3-6.ジャイロ機能

■ポケモンGOユーザーのみ必要

ジャイロ機能は必ずしも必要ではありませんが、ポケモンGOをプレイするなら欲しい機能です。とは言え、ポケモンGOユーザーも、今ではジャイロセンサーをOFFにするのが通常なので、あまり気にしなくてもいい機能です。

今のところ優先度が低いジャイロ機能ですが、今後発売されるゲームアプリで必要となる可能性があります。

3-7.必要なスペックまとめ

重要度が高い

  • メモリ 最低2GB 理想は3GB以上
  • CPU オクタコア、クアッドコア、Snapdragon(3Dゲーム)
  • ROM 最低16GB 理想は32GB以上

重要度が低い

  • バッテリー 2500mAh
  • 画面サイズ 5.0インチ以上
  • ジャイロ機能 あり

3-8.低スペックの端末は遊べるゲームが限られる

ピンからキリまである格安スマホ端末ですが、注意したいのは2万円以下のロースペック機種です。2万円以下でもZenFoneシリーズなど優秀な機種はありますが、その他の機種は快適にゲームをするにはやや厳しいです。

ロースペックでもツムツムやパズドラなどは問題ありませんが、デレステやシャドウハーツ、リネージュといった3D演出が多いゲームは動作が重くなります。さらに、一部のロースペック端末は、同時に複数箇所のタッチができるマルチタッチに対応していない可能性があります。

この記事で取り上げている機種以外で、価格の安い格安スマホ端末を購入する場合は、しっかりとスペック表を確認してから購入しましょう。

4.ゲームデータの引き継ぎはどうすればいい?

格安スマホに乗り換える際はゲームデータを引き継ぐ必要があります。現在の機種から格安スマホ端末に乗り換えても、すべてのゲームアプリで、データは問題なく引き継げるため安心して下さい。

格安スマホは性能が悪いのでは?というイメージから勘違いされていますが、ゲームデータの引き継ぎの可否はまったく関係ありません。

代表的なゲームデータの引き継ぎ例は以下の通りです。

(1)ツムツム

ツムツムはLINEの引き継ぎとともに、ゲームデータを移します。詳しくは「格安スマホにLINEを引き継ぐ方法」の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい
ツムツム
ツムツム好きにおすすめしたい格安スマホ端末3選格安スマホ端末に乗り換えたらツムツムができない・・。それはちょっと困りますよね。 動作が軽いツムツムはどんな端末でも動かすことはで...

(2)グラブル

グラブルはモバゲーの引き継ぎとともに、ゲームデータも移行します。グラブルを格安スマホ端末にダウンロードして起動すると、「モバゲーIDではじめる」の表示が出ます。旧端末で使っていたIDとパスワードを入力すれば引き継ぎ完了です。

あわせて読みたい
グラブルのスマホ
格安スマホでグラブルを快適に遊ぶための全知識格安スマホに乗り換えてグラブルが出来なくなるのは嫌だ・・・ スマホで遊べるRPGオンラインゲームとして不動の人気を確立した、グラブ...

(3)ポケモンGO

ポケモンGOはGoogleアカウントかトレーナークラブアカウントでデータ移行ができます。旧端末でID、パスワードを確認して、新しい格安スマホ端末に入力するだけです。

あわせて読みたい
ポケモンGO
キャリアスマホ並にポケモンGOが楽しめる格安スマホ端末5選格安スマホに乗り換えても今まで通りポケモンGOが遊べるのか?不安に思いますよね。 そこで今回は、キャリア(au、ドコモ、ソフトバン...

(4)パズドラ

パズドラはGoogleアカウントか機種変コードを使ってゲームデータを引き継ぎます。Googleアカウントで移行する場合は、旧端末のパズドラ画面で「その他」→「ユーザー情報」→「ゲームデータ引き継ぎ」をタップ。パズドラのゲームIDも確認しておきましょう。

新しい格安スマホ端末にパズドラをダウンロードしたら、「Googleアカウントを使ったゲームデータ引き継ぎはこちら」をタップしてゲームIDを入力すれば引き継ぎ完了です。

機種変コードで移行する場合は、旧端末のパズドラ画面で「その他」→「機種変更」→「機種変コードの発行」をタップ。新しい格安スマホ端末にパズドラをダウンロードしたら、「機種変コードを使ったゲームデータ移行はこちら」をタップして機種変コードを入力すれば引き継ぎ完了です。

あわせて読みたい
格安スマホでパズドラ
格安スマホでもパズドラを快適に楽しむための全知識格安スマホに乗り換えたら、パズドラが快適に遊べなくなるのでは・・・ あなたはそんな心配をしていませんか? この記事では、格安...

※その他のゲーム

上記以外のゲームアプリのデータ引き継ぎについては、各ゲームの公式サイトかゲーム内の設定(オプション)画面にて詳しい解説があります。必ず、乗り換え前に必要な移行手順を確認しておきましょう。

5.まとめ

格安スマホでゲームを楽しむイメージは掴めましたか?

ゲームをサクサクと楽しむには、ある程度のスペックが必要です。この記事で取り上げた機種以外の格安スマホを購入する場合は、必ずスペック表から必要な性能の条件を満たしているか確認しましょう。

格安スマホでも今までと変わらずゲームを楽しむことは可能です。お気に入りの格安スマホ端末を見つけて、ゲームを楽しみましょう。

▼今人気のSIMフリースマホは以下の記事からチェックできます

【完全比較】格安スマホ端末(SIMフリースマホ)おすすめランキング

2018年7月の注目キャンペーン
  • LINEモバイル:2ヶ月間ぜーんぶゼロキャンペーン(8/27まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(7/31まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(7/31まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

 

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。