UQ mobile(UQモバイル)

国際電話などUQモバイルは海外でも使えるの?

uqモバイルを海外で使う

海外でUQモバイルが使えるのか、気になっていませんか?

国内では通信速度が早く通話も問題なく繋がるUQモバイル。海外に出た場合は通話・データ通信ができるのでしょうか。

この記事では、海外旅行や海外出張が多い方に向けてUQモバイルが海外でも利用できるのか徹底的に解説していきます。ぜひ、参考にして下さいね。

【UQモバイルの概要】

\【2018年版】完全レビューをチェック/

UQモバイル詳しくはこちら>>

  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

UQモバイルの公式サイト

1.UQモバイルは国際電話・国際SMSに対応

まず、国際通話と国際SMSについてですが結論から言うと、問題なく対応しています。

利用料金など詳しく見ていきましょう。

1-1.国際ローミングが無料で使える

UQモバイルでは無料で国際ローミングが使えます。国際ローミングとは海外でも日本の通信事業者(UQモバイルの場合はau)と提携して通話ができるサービスのことです。簡単にいうと国際電話が使えるということですね。

国際ローミングは申し込みや手続きは不要で、特に設定もありません。通話するときは、国番号を頭につけて発信しましょう。海外から日本に通話する際は、+81を付けて発信すれば繋がります。

1-2.国際電話の通話料金

国際電話の通話料金はかけ放題(ぴったりプラン・おしゃべりプラン)の対象外です。通話料金は、親会社のauとまったく同じ金額となります。

通話料金例(日本への国際電話)

  • アメリカ:140円/分
  • 韓国:125円/分
  • 中国:175円/分

国際電話の通話料金は高いので、できればLINEやSkypeなどIP電話を利用した方がいいでしょう。IP電話を使うにはネット接続が必要です。詳しくは次章にて解説します。

海外同士の通話は着信者に通話料金がかかるので注意

国際電話を使う際に気をつけたいのが、海外から海外へ発信するときです。海外から日本に発信する場合は、着信者に利用料金はかかりません。しかし、海外から海外に通話すると、国際ローミングの仕組みの関係で着信者も利用料金が発生します。海外旅行中に友達と連絡を取り合う際などは気をつけた方がいいです。

1-3.国際SMSも利用できる

UQモバイルでは、海外で国際SMS(ショートメッセージサービス)が利用できます。SMSとは電話番号を使ってメッセージをやり取りする機能のことです。以前は全角70文字までの文字通りショートメッセージだったのですが、近年発売された機種は全角670文字まで送信可能になっています。

■国際SMSの利用料金:1送信あたり100円

利用料金は文字数に関係なく、シンプルに1送信で100円です。ネットが繋がらない地域でも、国際SMSは利用できるため、緊急時の連絡などに使えます。なお、国際SMSの受信者は利用料金が無料となっています。

2.UQモバイルは海外でデータ通信が使えない

国際通話が使えるUQモバイル。しかし、データ通信は非対応となっています。データ通信が非対応だと、WEB閲覧やLINEが使えません。海外でデータ通信が使えないのは、UQモバイルに限らず格安SIMに共通した問題です。詳しい対処方法を見ていきましょう。

2-1.海外でデータ通信を使う4つの手段

冒頭でお伝えした通り、UQモバイルは海外でデータ通信が使えません。また、海外用のプリペイドパックなども用意されていないため、UQモバイルではなく別のサービスで代用する必要があります。

海外でデータ通信を使う手段は全部で4つです。

  • 現地の無料Wi-Fiでやりくりする
  • 空港でWi-Fiルーターをレンタルする
  • 国内でプリペイドSIMを購入
  • 現地でプリペイドSIMを購入

(1)現地の無料Wi-Fiでやりくりする

渡航先が都市圏の場合は、無料Wi-Fiが充実しています。さらに先進国であれば、公衆無線LANだけでも十分に乗り切れるでしょう。ホテルの無料Wi-Fiも使えます。

根本的な解決策にはなっていませんが、渡航先のWi-Fi情報を事前に調べて問題無さそうなら手ぶらでも大丈夫です。最悪、現地でもプリペイドSIMを調達できるので、無理にWi-Fiルーターなどを準備しなくて大丈夫ですよ。ちなみに、筆者は香港旅行に行った際に、無料Wi-Fiだけで乗り切れました。

(2)空港でWi-Fiルーターをレンタルする

初心者の方におすすめなのが、空港で海外用のWi-Fiルーター(ポケットWi-Fi)をレンタルする方法です。サービス会社はイモトのWi-FiやグローバルWi-Fiが有名です。空港でWi-Fiルーターをレンタルする場合は、日本人スタッフ相手に受け取り・返却を行うので海外慣れしていない方でも安心です。

Wi-Fiルーターを借りる際は、渡航前にオンラインからレンタルの予約を取って、当日指定の場所へ機器を受け取りに行きましょう。帰りも国内の空港で返却できます。

(3)国内でプリペイドSIMを購入

国内で海外用のプリペイドSIMを購入することができます。おすすめは、格安SIMのサービス会社でもある「mineo」と「IIJmio」のプリペイドSIMです。SIMカードを入れ替えるだけで、海外でネットが使えます。注意点として、プリペイドSIMはSIMフリースマホかSIMロック解除されたキャリア端末でなければ使用できません。キャリア端末の方は、諦めて別の手段を選びましょう。なお、通信速度はWi-Fiルーターよりも安定しています。

(4)現地でプリペイドSIMを購入

海外に慣れている方や外国人とコミュニケーションが取れる方は、現地でプリペイドSIMを購入するのが最も賢い選択肢です。現地のプリペイドSIMは非常に安いうえ、通信品質もいいです。端末がSIMフリー化されていれば、利用することができます。

購入場所は特に決まっていないので、事前にリサーチしておくか現地に着いたら街中を探してみるといいでしょう。

2-2.高額請求のトラブルはモバイルデータ通信の設定で対処

最近ではあまり聞かなくなりましたが、勝手に現地のネットが繋がることで高額請求されることが稀にあります。トラブルを避けるための最善策は、端末の設定でモバイルデータ通信をOFFにすることです。モバイルデータ通信を切っておけば、現地の通信事業者にネット接続される心配はありません。

海外で端末をWi-Fi運用する場合は、モバイルデータ通信をOFFに設定しておきましょう。プリペイドSIMを使う方は、ONにして下さいね。プリペイドSIMは指定の通信事業者に繋がるので、安心して大丈夫ですよ。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、海外でUQモバイルを使う方法について詳しく解説してきました。UQモバイルは国際通話と国際SMSに対応しています。両方とも手続きは不要で利用できますよ。データ通信に関しては、非対応なので別の手段が必要です。海外初心者の方はWi-Fiルーターのレンタル、上級者の方は現地SIMのレンタルがおすすめです。

【UQモバイル】速い、安い、かけ放題
uqモバイルのロゴ
  • 30Mbpsを超える爆速度
  • 月額1980円から契約可
  • 全プランに5分かけ放題付き
  • 口座振替対応でクレカ不要
  • 8万箇所のWi-Fiスポット無料

※大手キャリアから乗り換えると、スマホ代が月4000円(年間5万円)程度安くなります

詳細ページ公式ページ

あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。