イオンモバイル

イオンモバイル速度切り替えアプリを使い方から実効速度まで全解説

イオンモバイル速度切替アプリ

イオンモバイルで利用できる速度切り替えアプリってどうなの・・・?

イオンモバイルでは通信速度を低速通信に切り替えるアプリを利用できます。イオンモバイル公式アプリで利用料金は無料です。

この記事では、イオンモバイル速度切り替えアプリを実際に使用。低速モードの使用感を確かめてみました。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.イオンモバイル速度切り替えアプリとは?

さっそく、イオンモバイル速度切り替えアプリについて詳しく見ていきましょう。

1-1.高速通信容量を節約して通信制限を回避

イオンモバイル速度切り替えアプリの目的は、シンプルに通信制限(速度制限)を回避することです。通信制限を回避するには、データ通信をまったく使わない、あるいはWi-Fiで接続するのが常套手段です。しかし、状況によってはデータ通信を使わざるを得ない場合もあるでしょう。

そこで、役立つのが低速通信です。低速通信なら、200kbpsに速度低下する代わりに、いくら使っても高速通信容量を消費しません。200kbpsでもLINEができますしテキスト中心のニュースサイトなども閲覧できます。

低速にはなりますが、データ通信を使いながらもデータ消費量を節約することができるのです。なお、シェアプランを利用中の場合も個別に高速・低速切り替えができます。

1-2.イオンモバイル速度切り替えアプリの使い方

イオンモバイル速度切り替えアプリは以下の手順で使います。以前はAndroid版しか使えませんでしたが、現在はiOS版も利用可能。また、SIMカードのタイプも音声通話SIM・データ通信専用SIMに関わらず利用できます。

イオンモバイル速度切り替えアプリのダウンロード方法

1.イオンモバイル速度切り替えアプリをダウンロードする

イオンモバイル速度切り替え
イオンモバイル速度切り替え

2.「お客さまID」、「パスワード」を入力してログインする

イオンモバイル速度切替アプリにログイン

お客さまID、パスワードはイオンモバイル契約時に送付される「お申込み完了通知書」に記載されています。以上でイオンモバイル速度切り替えアプリが使用できるようになります。

トップ画面に入るとデータ使用量が大きく表示されます。ひと目で今月のデータ残量が分かるので便利です。

イオンモバイル速度切替アプリ

インストールが完了したら、さっそく高速・低速切り替えを使ってみましょう。特に設定は不要ですぐに利用できますよ。

高速・低速の切り替え方法

1.「切替」スライドをタップ

イオンモバイル速度切替アプリで速度切替

2.「高速データ通信を停止しますか?」で「はい」をタップ

イオンモバイル速度切替アプリで速度切替2

以上で完了です。「現在のデータ通信の状態」が「低速通信中」に変わったのを確認しましょう。注意点として、再度高速通信に戻す場合は1分以上時間を置いてください。「切替」をタップすれば高速通信に戻ります。

2.イオンモバイルの低速モードでできること

ここでは、イオンモバイル速度切り替えアプリで低速通信にした時に何ができるのか詳しく見ていきます。

2-1.低速時の実行速度

スピードテストを使って低速通信時の実行速度を計測してみました。

イオンモバイル低速時の速度

測定場所:横浜市内、測定機種:arrowsM03

  • 1回目:180kbps
  • 2回目:260kbps

何度かスピードテストで試しましたが、計測のたびにややバラツキがありました。平均すると220kbpsくらいです。理論値は200kbpsなので、実効値の方が少し早いですね。思ったよりはスピードが出ましたが、テザリングするには厳しい速度だと思います。

2-2.バースト機能あり

イオンモバイルでは低速時でも一時的に高速通信となるバースト機能が使えます。今回の計測でもバースト機能が確認できました。速度は最初の1~2秒ですが、3Mbps程度まで早くなります。画像の多いWEBサイトやInstagramは、この1~2秒の間にある程度の容量を読み込めます。

低速時のバースト機能は格安SIMによっては付いていないので、イオンモバイルの低速通信は優秀と言えるでしょう。

2-3.実際にアプリを使って確認

今度は低速通信のままアプリを使って、使い心地をテストしてみます。

Youtube

1分以内の短い動画なら、低速通信でも画質は荒いですが普通に視聴できました。

10分以上の動画も試しましたが、再生バーの読込を30秒程度待ってから再生すれば思いの外スムーズに視聴できます。

WEBサイト閲覧

低速通信でYahoo!トップページを閲覧してみました。

人によって感じ方は異なりますが、やはり遅いですね・・・。気長に待てるなら何とか閲覧できるレベルです。Yahoo!ニュースを見るくらいの用途なら問題ありませんでした。

LINE

LINEは200kbpsでも軽快です。メッセージはもちろん、通話も利用できますよ。ビデオ通話だけ少し遅延があるので気をつけた方がいいです。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、イオンモバイル速度切り替えアプリについて詳しく解説してきました。イオンモバイル速度切り替えアプリは、ワンタップで高速・低速切り替えができる便利なアプリです。

イオンモバイルを契約したら導入しておきましょう。実測値は理論値より速い260kbpsが出ました。この速度でも、用途を絞れば十分に使えるので、こまめにデータ消費量を節約してみてくださいね。

2018年6月の注目キャンペーン

  • LINEモバイル:2ヶ月間ぜーんぶゼロキャンペーン(8/27まで)
  • UQモバイル:特設ページからの契約で現金13000円キャッシュバック(終了未定)
  • 楽天モバイル:新規契約で最短当月に現金2万円キャッシュバック(終了未定)
  • IIJmio:初期費用1円、みおふぉん1年間300円割引、データ容量1年間3GB増量(7/31まで)
  • DMMモバイル:月額基本料900円 が3ヶ月割引(7/5まで)
  • nuroモバイル:15000円キャッシュバックキャンペーン(6/30まで)
  • NifMo:新規契約で最大20100円のキャッシュバック(6/30まで)

>>すべてのキャンペーンはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。