【複数契約】OCNモバイルONEの容量シェアとは?追加SIMの料金や注意点が丸わかり

OCNモバイルONEの容量シェアとは?

この記事のポイント

  • OCNモバイルONEの容量シェアでは、最大5回線までどのプランでもSIMカードを追加できる
  • 追加SIMの料金として、音声通話SIMが1000円、データSIMが400円の月額費用がかかる
  • 3回線以上の追加は個別契約より高くなる可能性が高いので注意する

「OCNモバイルONEの容量シェアが気になる・・」

OCNモバイルONEでは一つの契約で複数のSIMカードを発行できる容量シェア(俗に言うシェアプラン)を利用できます。

家族での利用や一人で複数SIMを使い分けたいときに重宝できるサービスです。ですが、利用料金は決して格安ではなく個別契約より高ってしまうケースもあるため注意が必要です。

この記事では、OCNモバイルONEの容量シェアについて徹底解説。サービス内容はもちろん、詳しい料金体系から申し込み方法まで説明していきます。

1.【複数契約】OCNモバイルONEの容量シェアとは?

OCNモバイルONEの容量シェアって、どんな仕組みですか?

最大5回線までSIMカードを分け合えるわ。メールアドレスや電話番号はそれぞれ固有で持てるわよ。

最大5回線までデータ容量を分け合える

容量シェアでは、一つの契約で複数のSIMカードを利用できます。契約している基本データ容量を分け合うことが可能です。

容量シェアのイメージ

シェアできる回線は最大5回線まで。家族で利用しても構いませんし、一人で複数SIMを使い分けるのもOK。

容量シェアは、OCNモバイルONEの全プランで申し込めます。

容量シェアを利用すべき人

  • データ容量をほとんど使わない家族がいる
  • 一人でスマホ+タブレットなどSIMカードを分けたい
  • アプリ専用のサブスマホを持ちたい

メールアドレス・電話番号は個別に割り振り

容量シェアではあくまでデータ容量だけを分け合います。電話番号やメールアドレスは個別に割り振られるので安心してください。

音声通話SIM&データSIMの併用OK

容量シェアは、音声通話SIMとデータSIMの組み合わせOK。一人で容量シェアを使う場合に重宝できます。

使い方の例としては、音声通話SIMをメインスマホにデータSIMをタブレットに使います。6GBコースなら、スマホが4GBでタブレットを2GBにするとバランスが取れるでしょう。

先にデータSIMを契約した後に、あとから音声通話SIMを追加することも可能です。

支払いを一つにまとめられる

容量シェアは、SIMカードの枚数が複数に分かれますが契約者は一人です。そのため、支払いを一つにまとめられます。

毎月の支払いをシンプル化したいときに便利ですよ。

OCNモバイルONEの支払い方法【クレカなし】OCNモバイルONEでデビットカードや口座振替は使える?
OCNモバイルONEで、
\限定スマホセール中!1円~
OCNモバイルONE/OCN光

2.容量シェア(SIM追加)の料金はいくら?

容量シェアの利用料金について教えて下さい。

月額料金の他に初期費用もあるからしっかり確認してね。

OCNモバイルONEで容量シェアを利用するには、追加SIMごとにSIMカード手配料(初期費用)と月額費用が必要です。

容量シェアの利用料金

音声通話SIM データSIM SMS付
データSIM
月額費用 520円/月 400円/月 520円/月
SIMカード手配料
(初期費用)
394円

※税抜き価格

少し分かりにくいので、料金シミュレーションをしてみましょう。

料金シミュレーション:6GBコースをシェア

ひとりでスマホ用の音声通話SIMを6GBで契約。その後、タブレット用のデータSIMとして追加SIMを申し込んだときの料金をシミュレーションしてみます。

  • SIMカード手配料:394円×1枚
  • 6GBコース:1200円/月(音声通話SIM)
  • 追加SIMの月額費用:400円/月(データSIM)
  • 毎月の費用:1600円

3.容量シェアを利用する際の注意点

SIM枚数が増えると個別契約より高くなる

容量シェアは、月額費用として400円から1000円の支払いが発生します。せっかくシェアしても個別契約より高くなるパターンがあります。

例えばこちら、スマホ用の音声通話SIMを10GBで契約して、家族4人でシェアしたときの料金シミュレーションを行ってみましょう。

4回線(合計10GB)の料金

容量シェアを利用

  • SIMカード手配料:394円×4枚
  • 10GBコース:1600円/月
  • 追加SIMの月額費用:1000円×4枚/月
  • 毎月の費用:5600円

 

個別契約

  • SIMカード手配料:394円×4枚
  • 3GBコース×3人+1GBコース×1人:3400円/月
  • 毎月の費用:3400円

ご覧の通り、個別でSIM契約するより容量シェアの方が高くなってしまいます。これだと、わざわざシェアする意味がありません。

得をするのは2回線以内?

様々なパターンで料金シミュレーションを行ってみたいのですが、3回線以上をシェアするとほぼすべてのパターンで損することが分かりました。

容量シェアを利用するなら2回線(追加SIM2枚)までにとどめた方がいいでしょう。

ちなみに、2回線に抑えても得をするのはわずかな金額です。もう少し、容量シェアの月額費用を下げてほしいものです。

最大10GBまでしかシェアできない

以前は最大30GBまで利用できたOCNモバイルONEですが、現在の最大容量は10GBです。10GBを複数SIMでシェアするとなると、1枚当たりの使用できるデータ容量がかなり限られます。

大容量プランに対して複数回線を使い分けてコストを下げる・・といったことができないのは、残念ですね。

同一名義に揃える必要がある

OCNモバイルONEの容量シェアは、子回線(追加するSIMカード)に対してMNP転入ができます。ただし、全員の名義をそろえる必要があります。

容量シェアは名義を揃える

契約者となる主回線に名義に統一する必要あり。OCNモバイルONEに乗り換える前に現在の携帯会社で手続きが必要です。

キャリアの方は、ショップで名義変更手続きができますよ。

家族乗り換えならBIGLOBEモバイルがおすすめ

家族で乗り換えるなら、

  • 大容量プランが使える
  • 追加SIMに対しても個別名義で乗り換えられる

の条件を満たすBIGLOBEモバイルのシェアプランがおすすめです。月額費用もOCNモバイルONEより割安でお得ですよ。

詳しくは以下の記事をご参考に。

biglobeモバイル シェアBIGLOBEモバイルのシェアSIMが便利!自分名義でMNP転入もできます

端末セットで追加SIMを申し込めない

追加SIMに対して、端末セット契約はできません。OCNモバイルONEは端末代金が非常に安いため、端末購入は1回線までと制限しています。

容量シェアは、SIMカードだけの追加となるため気を付けましょう。

4.容量シェアの申し込み手順

容量シェアの申し込みは簡単ですか?

ええ、すぐに申し込めるわよ。

新規契約時に申し込み

新規契約時に容量シェアを申し込む手順は、以下の通りです。

POINT
新規契約時に申し込めば、追加SIMのSIMカード手配料が1回線分で済む

電話番号を引き継ぐ場合は、MNP予約番号が必要なので事前に準備しておきましょう。

MNP予約番号の取得先

  • au:0077-75470(9:00~22:00)
  • ドコモ:151(9:00~20:00)
  • ソフトバンク:*5533(9:00~20:00)
  • ワイモバイル:116(9:00~20:00)

※全社、年中無休

STEP.1
OCNモバイルONEの公式サイトの公式サイトにアクセス
STEP.2
申し込み手続きを進める

「お申込み」のボタンをタップして、SIMの種類や料金プランの選択を進めましょう。

STEP.2
契約途中で「容量シェアSIMを追加する」をタップ

容量シェアSIMを追加する

契約途中で「お支払い・サービス情報入力」の画面に移ったら、「容量シェアSIMを追加する」のボタンをタップします。

STEP.3
追加SIMの内容を選択する

追加SIMの内容を選択

「容量シェアSIMを追加する」をタップしたら、

  • SIMカードの種類
  • SIMカードサイズ
  • 利用者情報

を入力します。SIMカードの種類は、音声通話SIM・データSIMの選択。

SIMカードサイズは、micro・nano・マルチカットサイズより選びます。

STEP.4
シェアSIM利用者情報を記入する

シェアSIM利用者情報の入力

シェアSIM利用者情報は、追加SIMを契約者本人または本人以外が使うのかを入力します。利用者が家族の場合は、本人以外を選択して利用者情報を入力しましょう。

STEP.5
必要情報を入力して申し込み

以降はクレジットカード情報や料金プランを選択して申し込めば完了です。本人確認書類のアップロードは契約者(主回線)一人分で構いません。

以上で完了です。注文したSIMカードは、追加分も含めて2~3日で郵送されます。

MNP転入(電話番号の引き継ぎ)の方は、このあと開通手続きが必要です。詳しくは以下の記事を参考にして下さいね。

OCNモバイルONEに乗り換えOCNモバイルONEにMNP転入で乗り換える手順【開通手続きまで分かる】

契約途中で申し込み

既にOCNモバイルONEに契約している方は、マイページから追加SIMの手続きができます。詳しい手順は以下の通りです。

STEP.1
OCNマイページにログインする
STEP.2
「追加の手続き」をタップ

「追加の手続き」をタップ

各種手続きのご案内から「追加の手続き」をタップしてください。

STEP.3
「申込手続きをはじめる」をタップ

申込手続きをはじめる

OCNモバイルONE SIMカード/端末追加の「申込手続きをはじめる」をタップ。

STEP.4
SIMカードの種類を選択する

SIMカードの種類を選択

追加したいSIMカードの種類(音声通話SIM・データSIM)を選んで「次へ」をタップしてください。

STEP.5
追加SIMの情報を入力する

追加SIMの情報を入力

MNPする場合はMNP予約番号を入力します。その他、オプションの加入などを選択していきましょう。

STEP.6
注意事項にチェックして申し込み

注意事項にチェック

注意事項の同意・メールアドレスの確認を行い「次へ」をタップ。

申し込むボタン

最終確認をして「申し込む」をタップしましょう。

以上で完了です。本人確認書類のアップロードは原則不要ですが、契約期間が3年を超えている場合はアップロードが必要となります。

MEMO
主回線がデータSIMで追加SIMが音声通話SIMの場合は、契約期間に関係なく本人確認書類のアップロードが必要

5.まとめ

OCNモバイルONEの容量シェア(シェアプラン)は、一つの契約で複数のSIMカードを発行できます。支払いも一つにまとまりますし、利用料金を抑えることも可能です。

ただし、3回線を超えると損するケースがほとんどなので注意して下さい。また、名義を揃えたり大容量プランが使えなかったりといった注意点もあります。

申し込みは、新規契約時でも契約途中でもOK。新規契約時に手続きすれば初期費用が抑えられてお得ですよ。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE/OCN光
ポイント
  • 端末代金が最安
  • 3GB使えて980円
  • 音楽アプリのデータ消費なし
  • ドコモ系の格安SIMで最速
  • 最新iPhoneあり
月額料金 解約金
700円〜 0~1000円

3GBで月額900円

OCNモバイルONE公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。