OCNモバイルONEで容量シェア(SIM追加)を使う方法

ocnモバイルoneでsim追加

OCNモバイルONEでは一つの契約で複数のSIMカードを発行する、容量シェア(SIM追加)を利用できます。

家族での利用や一人で複数SIMを使い分けたい方におすすめです。

この記事では、OCNモバイルONEの容量シェアについて徹底解説。サービス内容はもちろん、詳しい料金体系から申し込み方法まで説明していきますよ。

ぜひ、参考にして下さいね。

CHECK!

OCNモバイルONEの詳細を見る

1.はじめに:OCNモバイルONEの容量シェア(SIM追加)とは?

OCNモバイルONEの容量シェアって、どんな仕組みですか?

最大5回線までSIMカードを分け合えるわ。メールアドレスや電話番号はそれぞれ固有で持てるわよ。

1-1.最大5人までデータ容量を分け合える

容量シェアでは、一つの契約で複数のSIMカードを使い分けできます。契約している基本データ容量を複数人で分け合うことができます。

最大5回線まで使用OKです。家族での利用はもちろん、一人で複数のSIMカードを使い分けできます。

ocnモバイルoneの容量シェア

容量シェアのイメージ

POINT
容量シェアはOCNモバイルONEのすべてのプランで使える

格安SIMによっては、繰越分のデータ容量しかシェアできない場合があるのですが、OCNモバイルONEは基本データ容量を月の初めからシェア可能です

1-2.メールアドレス・電話番号は個別に割り振り

容量シェアではあくまでデータ容量だけを分け合います。電話番号」や「メールアドレス」は個別に割り振ることができるので安心してください。

なお、通話アプリの050 plus(OCNモバイルONE会員は月額料金が無料)を使えば、家族間の通話料を無料にすることができます。

1-3.音声通話SIM&データSIMの併用OK

容量シェアは、音声通話SIMとデータSIMの組み合わせOK。一人で容量シェアを使う場合に重宝できます。

使い方の例としては、音声通話SIMをメインスマホに、データSIMをタブレットに使います。

6GBコースの契約なら、スマホを4GB、タブレットを2GBくらいでバランスが取れるでしょう。

ocnモバイルoneの容量シェア3

音声通話SIM+データSIMでもOK

主回線はどちらでもいいので、データSIMを契約した後に音声通話SIMを追加することも可能です。

1-4.家族で利用するかタブレット・スマホを2台持ちしたい人におすすめ

容量シェアの使いみちとしては、

  • データ容量をほとんど使わない家族がいる
  • 一人で用途によってSIMカードを分けたい

といった場合に便利です。家族で利用する場合は、20~30GBの大容量コースを契約して、4~5人でシェアするといいでしょう。

20GBを4人でシェアすると、1人あたり5GB。妻は2GB、子供は6GBといった具合で、データ消費量にばらつきがあっても、家族で20GBに収めれば問題ありません。

MEMO

家族で容量シェアを利用する場合は、一人がデータを使いすぎないように注意(他の人に迷惑がかかる)

一人で容量シェアを使うなら、スマホ+タブレットの組み合わせ、あるいはアプリ専用のサブスマホを持ちたい場合などに便利です。

2.容量シェア(SIM追加)の利用料金・維持費

容量シェアの利用料金について教えて下さい。

月額料金の他に初期費用もあるからしっかり確認してね。

OCNモバイルONEで容量シェアを利用するには、追加SIMごとに初期費用(手数料)と月額料金が必要です。

必要な費用は以下の通り。

初期費用

SIMカード追加手数料/枚 SIMカード手配料/枚
新規契約時に申し込み 0円 394円
契約途中に申し込み データSIM:1800円
音声通話SIM:3000円
394円
TOPIC
SIMカード追加手数料は「キャンペーン」で0円になる場合がある

月額料金

音声通話SIM 1000円
データSIM 400円
データSIM(SMS対応) 520円

※1枚あたりの価格

20GBコース(音声通話SIM)を4人で容量シェアした場合

初期費用

  • SIMカード追加手数料:3000円×3人=9000円
  • SIMカード手配料:394円×3人=1182円
  • 合計:11182円

 

月額料金

  • 20GBコース:4400円
  • 容量シェア 月額料金:1000円×3人=3000円
  • 合計:7400円

上記の例では、家族4人分で毎月のスマホ代を7400円に収めることができます。

POINT
新規契約時に容量シェアを利用すれば、SIMカード枚数分の初期費用(3000円)を1枚に抑えられる

3【図説】容量シェア(SIM追加)の申込み方法

容量シェアの申し込みは簡単ですか?

ええ、すぐに申し込めるわよ。

①新規契約時に申し込み

新規契約時に容量シェアを申し込む手順は、以下の通りです。

POINT
新規契約時に申し込めば、追加SIMの初期費用が無料
STEP.1
OCNモバイルONEの公式サイトの公式サイトにアクセス

>公式サイトはこちら

「お申込み」をタップした後、氏名・住所などの契約者情報を記入していきます。

STEP.2
容量シェアSIMを追加するをタップ

ocnモバイルoneの容量シェア 申込み

契約途中で「お支払い・サービス情報入力」の画面に移ったら、「容量シェアSIMを追加する」のボタンをタップします。

STEP.3
追加SIMの内容を選択する

ocnモバイルoneの容量シェア 申込み2

「容量シェアSIMを追加する」をタップしたら、

  • SIMカードの種類
  • SIMカードサイズ
  • 利用者情報

を入力します。SIMカードの種類は、音声通話SIM・データSIMの選択。

SIMカードサイズは、micro・nano・マルチカットサイズより選びます(マルチカットを選べば全サイズのSIMカードに対応しているため、注文ミスの心配がない)

ocnモバイルoneの容量シェア 申込み3

利用者情報は追加するシェアSIMを契約者本人が使うのか、本人以外が使うのかを入力します。利用者が家族の場合は、本人以外を選択して利用者の個人情報を入力しましょう。

STEP.4
必要情報を入力して申し込み

以降はクレジットカード情報や料金プランを選択して申し込めば完了です。本人確認書類のアップロードは契約者(主回線)一人分で構いません。

注文したSIMカードは、追加分も含めて2~4日で郵送されます。手元にSIMカードが届いたら「APN設定」を行いましょう。

②契約途中で申し込み

既にOCNモバイルONEに契約している場合は、マイページから容量シェアの手続きが可能です。

STEP.1
OCNマイページにログインする
STEP.2
「追加の手続き」をタップ

ocnモバイルoneでsim追加2

各種手続きのご案内から「追加の手続き」をタップしてください。

STEP.3
「申込手続きをはじめる」をタップ

ocnモバイルoneでsim追加

OCNモバイルONE SIMカード/端末追加の「申込手続きをはじめる」をタップ。

ocnモバイルoneでsim追加3

追加したいSIMカードの種類を選んで「次へ」をタップしてください。

STEP.4
追加SIMの情報を入力する

ocnモバイルoneでsim追加4

MNPする場合はMNP予約番号を入力します。その他、オプションの加入などを選択していきましょう。

STEP.5
注意事項にチェックして申し込み

ocnモバイルoneでsim追加5

注意事項の同意・メールアドレスの確認を行い「次へ」をタップ。

ocnモバイルoneでsim追加6

最終確認をして「申し込む」をタップしましょう。

以上で、SIM追加の申込みは完了です。本人確認書類のアップロードは原則不要ですが、契約期間が3年を超えている場合はアップロードが必要となります。

MEMO
主回線がデータSIMで追加SIMが音声通話SIMの場合は、契約期間に関係なく本人確認書類のアップロードが必要

注意:MNP転入するなら名義を揃える必要あり

※bigなら揃えなくていい

MNP転入で容量シェアを使いたい場合は、主回線(契約者)に名義を揃える必要があります。

容量シェアは一つの契約で複数のSIMカードを利用します。そのため、利用者はバラバラでも、すべて主回線の名義に統一されます。

OCNモバイルONEでは名義変更ができないため、乗り換え前に現在の携帯会社で名義を揃えましょう。

MEMO
ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えるなら、ドコモで名義変更の手続きを行う。もし夫が主回線なら、妻・子供の名義を夫名義に変更。
TOPIC
BIGLOBEモバイルのシェアSIM」なら名義変更せずにそれぞれの名義でMNP転入できる

4.【まとめ】一つの契約で複数のSIMカードを発行しよう

この記事ではOCNモバイルONEの容量シェア(SIM追加)について詳しく解説してきました。

容量シェアは一つの契約で複数のSIMカードを発行できます。支払いも一つにまとまりますし、利用料金を抑えることも可能です。

申し込みは、新規契約時でも契約途中でもOK。新規契約時に手続きすれば初期費用が抑えられてお得ですよ。

CHECK!

OCNモバイルONEの詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。