楽天アンリミット5Gが1年無料(300万人)

OCNモバイルONEの速度は遅い?

OCNモバイルONEは遅い?

この記事で分かること

  • OCNモバイルONEの速度に関する考察
  • 速度低下する時間帯の実効速度

OCNモバイルONEの速度って遅いの?契約後に、使い物にならなかったら心配・・。

いくら料金が安くても、肝心の速度が遅いと意味がありません。メインスマホとしてしっかりと使えるのか、気になるところです。

結論から言うと、OCNモバイルONEの速度はトップクラス級です。以前は逆に、最も遅い部類でしたが、新プランに変わって一気にスピードアップしました。

この記事では、OCNモバイルONEの速度について詳しく解説。他社比較も行いながら、客観評価していきます。

OCNモバイルONE

ポイント
  • 端末代金が最安値
  • たっぷり6GBで1980円
  • 音楽アプリがカウントフリー
  • Wi-Fiスポットサービスが無料
  • NTT運営の安心感
月額料金 解約金 オンライン契約
880円〜 0~1000円 可(最短3日)

CHECK!

OCNモバイルONEの公式サイト

1.【結論】今のOCNモバイルONEは遅くない

OCNモバイルONEの速度って、遅いですか?

以前は最悪だったけど、今は超速くなったのよ。

1-1.旧プランは最低レベルの遅さだった

旧プランのOCNモバイルONEは、格安SIMの中で最低レベルの速度でした。僕は、2017年から2年くらい使っていたのですが、遅すぎて常にイライラ。

過去の口コミも散々です。

当時は料金も高かったので、オススメできない格安SIMの筆頭でした。

1-2.新プラン以降に伴い大幅スピードアップ

2019年11月より、OCNモバイルONEは新プランに移行。月額料金が大幅に安くなりました。

そして、2019年12月より通信速度も大幅にスピードアップ(旧プランと帯域を分けている)。下位圏だった速度が中位を飛び越えて、一気にトップクラスとなりました。

MEMO
5〜20Mbpsを安定的にキープ

いかに、OCNモバイルONEの速度が優秀かよく分かると思います。現在の新プランなら、メインスマホとして十分に利用できます。

CHECK!

2.速度低下する時間帯でも5Mbps以上をキープ

格安SIMは、お昼に大きく速度低下するって聞きましたけど?

普通わね。だけど、OCNモバイルONEは、お昼でもかなり速いの。

OCNモバイルONEに限らず、ほとんどの格安SIMはお昼の時間帯に速度低下を起こします。

その理由は、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)が帯域制限を行うから。お昼休み&夕方の帰宅時間はスマホユーザーが増えるため、格安SIMの帯域が絞られるのです。

しかしながら、OCNモバイルONEは速度低下する時間帯でも、5〜10Mbpsをキープしています。

最も回線混雑する12時半の速度

格安SIM 速度(Mbps)
OCNモバイルONE 7.74
BIGLOBEモバイル 0.69
IIJmio 0.39
LINEモバイル 0.34
mineo 0.34
UQモバイル 14.92
ワイモバイル 7.53

12時半の速度

回線混雑時の速度比較
(数値は上記表と同じ)

通常この時間帯は1Mbps以下に速度が落ちる格安SIM。LINEモバイルやmineoは、速度制限にかかったような速度に落ちていますが、OCNモバイルONEは安定しています。

驚きなのが、格安SIMで最速を誇るワイモバイルに一時的とはいえ勝っていること。過去のOCNモバイルONEを知っている方なら、腰を抜かすほどの衝撃ではないでしょうか。

3.OCNモバイルONEより確実に速い格安SIMは2社だけ

もっと速い格安SIMって、ありますか?

OCNモバイルONE以上に速いのは、ワイモバイルとUQモバイルだけよ。

十分すぎるほど速いOCNモバイルONEですが、さらに上を目指したいなら選択肢は2社しかありません。

POINT
2社とも、OCNモバイルONEより月額料金が高い

①ワイモバイル

y mobile

ワイモバイルの通信速度は格安SIM全体でトップに君臨。親会社のソフトバンクさえ上回る速さです。

爆速の理由は自社回線を使用するから(一部、ソフトバンク回線も利用)。他社と違い、回線混雑を起こしません。

お昼の時間帯でもほとんど速度が落ちず、平均40Mbps程度の速度がでます。現状、2位を大きく突き放している状況なので、速度を重視する方は第一候補にすべきです。

スマホベーシックプラン

プランS プランM プランR
月額料金 1980円
2980円 3980円
月額料金
(新規割終了後)
2680円 3680円 4680円
データ容量 4GB 12GB 17GB
無料通話 10分かけ放題
解約金 0円
メリット デメリット
・通信速度が一番速い
・10分かけ放題が付属する
・iPhoneのセット購入が安い
・全国にワイモバイルショップがある
・データ繰り越しができない
・購入できるAndroidの種類が少ない
おすすめな人
  • 大手キャリアと同等の通信速度がいい
  • 頻繁に通話する
  • iPhoneセットで乗り換えたい

CHECK!

ワイモバイルの体験レビューを見る

②UQモバイル

UQモバイル

ワイモバイルに次ぐ通信品質を誇るUQモバイル。平均20Mbps程度のスピードをキープしています。

特筆すべきはお昼、夕方に速度低下しないこと。他社が回線混雑で遅くなる中、UQモバイルは悠々自適なデータ通信が可能です。

UQモバイルはauのサブブランドなので、速度が優遇されていると思われます(他のau系格安SIMより明らかに速い)。

スマホプラン

S M L
月額料金 1980円 2980円 3980円
データ容量 3GB 9GB 14GB
解約金 0円
メリット デメリット
・回線混雑による速度低下が無い
・口座振替で契約できる
・UQ家族割で500円引き
・通話オプション加入でデータ増量
・プラン価格が高い
・au回線しか選べない
おすすめな人
  • 格安SIM特有の速度低下を回避したい
  • 口座振替で契約したい
  • 家族割を適用させたい

CHECK!

UQモバイルの体験レビューを見る

4.この記事のまとめ

今回はOCNモバイルONEの速度について詳しく解説してきました。

旧プラン時代は最悪の遅さだった OCNモバイルONEですが、新プラン移行に伴い大幅にスピードアップしました。

圧巻は回線混雑の時間帯でも、5Mbps以上をキープしていること。格安SIMの常識を覆すような速さです。

遅すぎて使い物にならないかも・・と心配している方は安心して大丈夫ですよ。十分にメインスマホとして活躍できるレベルです。

おさらい

 OCNモバイルONEは遅いの?

旧プランは非常に遅さかったのですが、新プラン移行に伴い業界内で屈指の速さに変わりました。

 

速度低下しない?

お昼に少し落ちますが、それでも5Mbps以上をキープ。他社を圧倒する速さです。

お知らせ

2020年より、楽天モバイルは格安SIMからキャリアへ移行。月額2980円でデータ使い放題の楽天アンリミットが登場しました。

現在、1年間無料キャンペーン中。体験談を詳細にレビューしています。

 

>楽天アンリミットの評判・口コミを見る

OCNモバイルONEの魅力とは?

OCNモバイルONEって、何が優れているんですか?

安さがずば抜けていることが一番ね。端末代金もデータ通信費も最安クラス。それでいて、通信速度が速いの。

OCNモバイルONEの最大の強みは安さです。端末代金は他社を圧倒する最安値で半額以下になることも。

データ通信費は月額880円から。たっぷり使える6GBプランでも1980円です(全格安で最安値)。

さらに、2020年からは通信速度も爆速に。以前は遅くて高いダメダメSIMでしたが、今では最もおすすめできる格安SIMとなっています。

ポイント
  • 端末代金が最安値
  • たっぷり6GBで1980円
  • 音楽アプリがカウントフリー
  • Wi-Fiスポットサービスが無料
  • NTT運営の安心感
月額料金 解約金 オンライン契約
880円〜 0~1000円 可(最短3日)


CHECK!

OCNモバイルONEの申込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。