楽天モバイル

【無料&有料】楽天モバイルで留守電を使う方法

楽天モバイルで留守電

楽天モバイルで留守電を使いたいけど、どうすればいいんだろう・・・

楽天モバイルに乗り換えて利用料金が安くなるのはいいけど、留守電が使えなくなるのは不便ですよね。結論から言うと、まったく心配は不要です。楽天モバイルでは月額300円程度で留守電サービスを用意しています。また、無料でも留守電を利用する手段があります。

この記事では、楽天モバイルで留守電機能を使う方法について詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.【無料】楽天モバイルの留守電を使う方法

まずは、無料で留守電を使う方法をご紹介します。楽天でんわアプリは留守電が無いので、IP通話アプリを使います。

1-1.楽天モバイルの転送サービスとFUSION IP-phone SMARTを組み合わせる

FUSION IP-phone SMARTは楽天コミュニケーションズが運営する通話サービスです。050IP通話のSMARTalkアプリが使えます。FUSION IP-phone SMART を使えば050IP通話に乗り換えることなく、普段の電話番号に着信があった場合でも留守電機能が使えます。その仕組みは以下の通り。

無料で留守電が使える仕組み

  1. いつもの携帯番号に着信
  2. 不在時にFUSION IP-phone SMARTへ転送
  3. FUSION IP-phone SMARTにて留守電メッセージを記録

楽天モバイルの転送サービス(無料)とFUSION IP-phone SMARTの留守電メッセージ記録機能を組み合わせる流れです。

具体的な設定方法は以下の手順となります。

FUSION IP-phone SMARTの留守電設定

1.FUSION IP-phone SMARTに申し込み

FUSION IP-phone SMART

初期費用、月額料金ともに無料です。公式サイトの「お申込みはこちら」から登録しましょう。050IP電話番号が発行されるので、こちらを転送先の電話番号として使います。

2.楽天モバイルで転送電話の設定

発行したIP電話番号に転送設定をかけます。楽天モバイルで転送設定を行うには、「1429」を発信して下さい。自動ガイダンス「3」を押した後に、転送先の電話番号(FUSION IP-phone SMARTで取得した電話番号)を入力。確認後に「#」を押せば完了です。

3.転送に入るまでの呼び出し時間を設定

呼び出し時間を設定すれば一定の着信時間の後、転送をかけることができます。やり方は、「1429」に発信後、自動ガイダンスで「1」を入力。最大120秒までの呼び出し時間を設定して「#」を押しましょう。

4.転送電話サービスを開始

転送先の電話番号、呼び出し時間が設定できたら、転送電話サービスを開始します。やり方は「1421」に発信。自動ガイダンスが流れたら「1」を押して設定完了です。なお、転送電話サービスを停止したいときは「1420」に発信して下さい。

以上で留守電の設定は完了です。転送先のFUSION IP-phone SMARTにて留守電メッセージが記録されます。記録された留守電メッセージはメールにて音声ファイルが送られてきますよ。

なお、留守電メッセージはFUSION IP-phone SMARTのマイページにログイン後、「留守電」の項目からも取得できます。メッセージの保存件数は10件までです。

1-2.他のIP通話アプリで留守電機能は使える?

IP通話アプリなら、FUSION IP-phone SMART以外でも楽天モバイルの転送機能を使って留守電を使えます。

留守電設定ができるIP通話アプリ

  • 050 Plus
  • LaLa Call
  • G-Call050

転送・留守電設定の流れはFUSION IP-phone SMARTと同じです。ただし、注意したいのが月額料金です。上記のIP通話アプリは月額100~300円の利用料金が必要です。そのため、無料で留守電機能を使えるわけではありません。

現状、無料で留守電設定ができるのはFUSION IP-phone SMARTのみ。その他のIP通話アプリは有料なので、既に契約済みの方のみ利用しましょう。

1-3.Androidの伝言メモ機能で代用できる

伝言メモ機能を使えば留守電の代用ができます。伝言メモとは、留守電サービスを使わずにメッセージを記録する機能のことです。呼び出し時間も設定できるため、ほぼ留守電と同じ機能と考えて間違いありません。iPhoneの方は残念ながら伝言メモ機能はありません。Androidの方のみ利用しましょう。

伝言メモ機能の使い方

1.通話アプリ(標準)の設定メニューから「通話設定」をタップ

伝言メモ機能

2.「伝言メモ」をタップ

伝言メモ機能2

3.伝言メモをONにして「伝言メモ設定」をタップ

伝言メモ機能3

4.「着信呼出設定」から呼び出し時間を設定する

伝言メモ機能4

呼び出し時間は120秒まで設定できます。

以上で設定は完了です。呼び出し時間を過ぎると、自動で伝言メモのメッセージ録音に切り替わります。伝言メモ設定から応答メッセージを設定することも可能ですよ。

2.【有料】楽天モバイルで留守電を使う方法

楽天モバイルでは有料オプションで2つの留守電サービスを提供しています。

利用できるのは、

  • スマート留守電(月額290円)
  • 留守番電話サービス(月額300円)

の2つです。高機能な留守電サービスが使いたい方は、スマート留守電。シンプルに伝言メッセージの録音・再生だけできればいい方は留守番電話サービスがおすすめです。

それぞれ詳しく解説していきます。

2-1.スマート留守電の特徴と設定方法

スマート留守電は従来の留守電機能に加えて伝言メッセージをテキストで表示してくれる便利なサービスです。複数端末の伝言メッセージを集約したり、メールでお知らせしたりする機能もあります。iPhone、Android対応でオプション料金は月額290円となります。

スマート留守電の契約が向いている方は、とにかく留守電が多い方です。保存件数が無制限なので、容量を気にする必要はありません。また、伝言メッセージのテキスト変換機能はとにかく便利で、プッシュ通知の画面にも表示されます。

スマート留守電

留守電をメッセージで表示できる

メッセージを再生する時間が勿体無い方はテキストでサクッと伝言メッセージを確認できますよ。

スマート留守電の設定方法

  1. スマート留守電をオプション契約する
  2. 発行されたシリアルナンバーを確認する
  3. スマート留守電アプリを端末にインストールする
  4. シリアルナンバーを入力して利用開始する
  5. 表示された050電話番号を確認する
  6. 1429発信をして050電話番号に転送設定を行う

以上で完了です。仕組みとしては、不在時にスマート留守電サービスに転送して伝言メッセージを録音する流れとなります。転送するまでの呼び出し時間は「1429」発信後、自動ガイダンス「1」で設定できます。

スマート留守電のオプション契約は、楽天モバイルの新規契約時はもちろん、契約途中でもメンバーズステーション(マイページ)から申し込みできますよ。解約する場合も、同じくメンバーズステーションから手続き可能です。

2-2. 留守番電話サービスの特徴と設定方法

留守番電話サービスは、シンプルに伝言メッセージの録音・再生に特化したオプションです。アプリのダウンロードなどは不要で、大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)と同じ使い勝手で留守電を利用できます。

留守電に高機能はいらない、むしろ色々な機能があるのは面倒くさいという方は、こちらのサービスを申し込みましょう。転送設定も不要です。

留守番電話サービスの設定方法

  1. 留守番電話サービスをオプション契約する
  2. 「1419」に発信して呼び出し時間を設定する
  3. 「1411」に発信して留守電サービスを開始する

以上で完了です。アプリのインストールや転送設定が無いため、非常にシンプルです。伝言メッセージは「1417」に発信すれば確認できます。その他、「1416」に発信すれば応答メッセージを作成することもできますよ。

留守番電話サービスの機能まとめ

  • 1411:サービスの利用開始
  • 1419:呼び出し時間の設定
  • 1417:伝言メッセージの確認
  • 1416:伝言メッセージの作成
  • 1410:サービスの利用停止

オプション契約はメンバーズステーションの「音声付加サービス」→「留守番電話サービス」より可能です。

3.まとめ

いかがでしたか?

この記事では、楽天モバイルで留守電サービスを使う方法について解説してきました。留守電機能は、転送設定を使うことで有料オプションだけでなく無料で利用することもできます。月額300円のオプション料金がもったいないと感じる方は、無料で留守電サービスを利用してみましょう。

有料オプションを使う場合は、テキスト変換など高機能な留守電サービスを使いたいならスマート留守電、シンプルな機能だけで十分な方は留守番電話サービスを使いましょう。

楽天モバイルの公式サイトはこちら

楽天モバイルの注目記事
あわせて読みたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。